フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

2018年6月16日 (土)

ねこつぶ(私だって出来るのに)

2018年6月3日。

猫のブルーが、
だらけた感じで、すわっていました。

1

2

3

4

5

ワイモバイルCMのねこ、春馬くん。

P

Photo
(※手短に、画像ファイルから拝借しちゃいました。)

(おわり)

2018年6月17日 (日)

メモ:自分に似合う色・女は「赤」の理由

テレビ番組 「あしたも晴れ! 『人生レシピ』」~「見つけた!私に似合う色」~ 
(2018年5月11日放送 Eテレ」)から

指導は、色彩アドバイザー「佑貴つばさ」さん

40歳を超えたあたりから、

・色の冒険ができない
・目立ちたくない→地味な色合いの服になってしまう
・自分に似合う色はコレと思い込んでて、そればかり選んでしまう
・どんな色が自分に似合うかがわからない

という悩みが出てくる。

◆ 自分にあった色の調べ方 ◆

まずは、自分が「黄色い肌」か、「赤みがかった肌」かを知ろう。
Cimg0542

手のひらを見れば簡単、黄色がかってたら「黄みタイプ」
Cimg0543

黄みタイプ」は、黄色ベースの色の服。→血色がよく見え、肌つやよく、元気に見える。
「赤みタイプ(色黒)」は、青い色合いの服。→色白に見える。
Cimg0548

黄みタイプのkさんが、色を合わせてみると・・・。
イエローベースの時にくらべ、
ブルーベースでは、顔が青ざめて血色悪く見えてしまう。
Cimg0551

顔立ちによっても、合う色が違います。
Cimg0552

くっきりしてない顔立ちのkさん。
「クリアな色」のほうが、肌つやがよく見えます。
Cimg0554

くっきりしてない顔には、「クリアな色」 → 顔立ちがはっきりする。
くっきりした顔には、「クリアでない色」 → 顔がソフトに見える。

Cimg0556


Cimg0558

白は、色が顔に反射して、しわやほうれい線を目立たなくさせる色。
黒は、目鼻立ちをはっきりに見せる効果がある。
Cimg0559


◆ 似合う色を着こなそう ◆

「自分にとって派手な色かな・・・」と思っても、
まずは、自分が持ってる服に合わせられるものから始めるのも手。
ジーパンは、不思議と、どんな色でも受け止めてくれます。
Cimg0565

◆ 歳とっても、ピンクはあきらめないで ◆

ピンクといっても、色合いはさまざま。
必ず、自分に似合うピンクがある。
Cimg0561

◆ 元気が出る色を身につけよう ・ 色の力で気持ちを変えよう ◆

自分に合わない色のものでも、
顔の近くに白色をもってきて、
スカートやネックレスなどの、強い色をもってくれば、華やかさが増す。
Cimg0571

ストール、バッグ、などの小物からはじめるのもおすすめ。
Cimg0572

歳と共に、だんだん肌はくすんでくるので、
少しでも「元気に華やか」という気持ちで、選んでいこう。

新しい色を取り入れることで、
自分の新しい面を引出し、
色をきっかけとして、なりたい自分になっていく。

.

✿~✿~✿~✿~✿~✿

.

◆ 「男は黒、女は赤となった理由」 ◆

「チコちゃんに叱られる」の番組(NHK)から。

古来から日本では、色に男女差はなかったが、戦後、海外の人たちの服装の影響でそうなった。

ヨーロッパでは、昔から、貴族は赤色を着ていて、庶民はくすんだ色を着ていたが、
布を簡単に作れる時代がくると、
男は、貴族に反発して「黒」を着だし、女は、明るい服を着るようになった。

◆ 「ピンク色」が、女性の色となったわけ ◆

ファーストレディの「マミー・アイゼンハワー」が、
大統領の就任式典にピンクのドレスを着て登場。

それ以来、大統領夫人になった女性たちは、
こぞって、ピンク色のドレスを着るようになった。

そうして、一般人にも、ピンク色が女性の色として、定着した。

ちなみに、
あの「ローマの休日」のオードリーヘプバーンが終盤に来てたドレスも、
ピンク色である。

Cimg0298

(おわり)

猫座布団カバーで母ともめる

2018年6月13日。

母が、四角い布を、切り刻もうとしていたので、
近寄って見てみれば、やはり、猫用の座布団カバーだった。

私が「それは必要なもの」だと文句を言うと、母は、「(私は)いらないの!」と叫んだ。

毎度ながら、母には、どういうわけか「思いやり」や「相手の思いに添う」という意識がない。

母の言い分では、
「猫は、コンクリートの上で眠るので座布団は必要ない」
とのことだった。

毎日、猫たちは、座布団の上で寝てると言うのに、
‘発達障害と思われる母’には、それが目に入らないらしい。

Cimg0438


Cimg0440 猫は、座布団代わりの畳んだカーペットもお気に。

母は、自分発信でないものを邪魔に思えるらしく、特に座布団カバーを毛嫌いして、
しょっちゅう私に、恨み節で文句を言ってくる。

母は、カバーが入った箱を手に、「カバーなら、こんなにあるでしょう!!」と、
私の目の前につきつけた。

「それはセーター生地やフリースで出来た冬物だから」と私が説明しても、
母は理解してくれない。

母の文句はヒートアップし、「私の老い先短いのに、この先どうするの?」とか、
「お前は、いつも猫の写真ばかり撮って」と、直接関係ないことまで飛び火していった。

・・・気分がめいる。

私は、ひんやり、かつ、ふんわりの寝床を、猫たちに提供したいと思っているのに、
作った先から、勝手に捨てられてしまうなんて。

どうしたら、母にわかってもらえるのだろう?

母は、「こんなんじゃ、猫のための人生みたいじゃない!!」と私を責めるが、
野良猫の世話は、すべて母が始めたもので、
私は、母が気が付かないことや、やり忘れてることをサポートしてるだけなのだが、
それも、母は、わからないのだった。

Cimg0447

猫の座布団カバーは、私の手作り。

材料となる布は、夫の古着の夏用LLポロシャツを使用している。

適度な凹凸が、布と肌との密着をさけ、熱反射も少ないから、
こころなしかひんやりして夏には最適。

「手縫い」で作ってるので、時間がかかってる代物なのだった。

.

縫い方としては、直線縫いばかりなので、ミシンを使いたいところなのだが、
あいにく、我が家のミシンは故障して使えないのだった。

Cimg0451

愛用のミシンは、コンパクトで、1750gと軽量。価格2000円。

余裕で棚にしまえるし、片手で持てて、しまったり、出したりが簡単。

音が少々、うるさかったものの、
直線縫いしかしない私には、便利なミシンだった。

Cimg0453

けれども、昔から、どのミシンでも、
私が使おうとすると、下糸(裏側)が、ぐちゃぐちゃになってしまう。

説明書どおりに糸を通してるのに、なぜか、糸がからまってしまうのだ。

ただの1本線の縫いが、何時間もかかることもある。

なので、イライラして、せっかちに糸を取ってたら、壊れてしまったのだった。

ためしに、電気屋を見て回ったら、ミシンは、5キロの重さがあり、5万円あたりが最安値。

いかに、持ってたミシンが、最適だったか・・・。

同じものは見かけないし、修理に出したら、金額は高そうだし、
なんだかんだで、いまは、裁縫は、手縫いで我慢してるのだった。

そんな中での、猫用座布団カバー製作。

手間暇かかってる猫用ざぶとんカバー、勝手に捨てないで欲しい。

(おわり)

2018年6月18日 (月)

ねこつぶ(ペ~ロ、ペ~ロ)

2018年6月15日。

ねこハウスの箱の中に、くびわとシロ。

シロは、同席してる猫の毛づくろいをしてあげるのが好きです。

今回は、くびわに。

1 くびわ : ぼ~~・・・


2 くびわ : チラッ


4 くびわ : うつらうつら・・・


5 くびわ : 「どうしたの?」


6 くびわ : 「・・・だって☆」


舌が出てるところを、とらえることが出来ませんでした。

カメラを構えてるあいだは、なめないようなので、今回はあきらめです。

(おわり)

2018年6月19日 (火)

ねこつぶ(シロの飲み水容器)

2018年6月14日。

外猫の水容器の前に、シロとくびわ。

見れば、シロは飲んでない様子。

なんだろう?

1_2


2_2


3


4_2


(おわり)

2018年6月20日 (水)

ねこつぶ(あら、行けないわ(前)

『たまには外食でも(3)』

2018年4月12日。

下の白と、その孫たちがやってきました。

1


2


3


4


5


6

下の白は、あの柱の上で、孫たちも食事させようと、連れてきたのですが、
さて、のぞみ通り、うまくいくのでしょうか?


(つづく)

2018年6月21日 (木)

ねこつぶ(あら、行けないわ(後)

『たまには外食でも(4)』

なわばりの主のくびわが、進入許可を出してくれたので、
下の白は、安心して上に向かうことが出来ました。

7


8


9


10


11


12


13

階段上で、くびわの縄張り仲間である、メスのシロとちびが、とうせんぼしていたのでした。

猫社会も、メス猫は、仲間でないメス猫に対して、厳しいのです。

下の白たちは、外食を断念して帰っていきました。

(おわり)

2018年6月22日 (金)

ねこつぶ(ぶつかって恋始まる)

2018年3月30日。

学園ドラマや漫画では、走ってきた男女が廊下や道の角っこでぶつかり、
恋がはじまるといった、定番のシュチュエーションがある。

現実では、ありえないけど、よく使われるのは未婚男女の‘あこがれ’だからでしょうか?

1


2


3


4

くびわの心に、恋の炎が・・・!?

カメラからくり:
実際のくびわは、ぶつかって倒れたのではなく、
「足で首をかいて、そのあと、ねそべった」だけ。
間の写真をはしょると、ぶつかって倒れ込んだように見えるのだ。

(おわり)

2018年6月23日 (土)

ねこつぶ(エサのもらいかた)

2018年5月14日。

下に住む猫たちの様子を見に来ました。

すると、すぐさま、ブルーと下の白の親子が近づいてきました。

1


2


23


3

4

ブルーは、「アレ」を欲しいときは、こういった態度をとります。ちょっと、笑える。

5


6


7


8


9

ふつうのエサをあげたとき、彼らが「足りない」というので、持ってた「懐石」をあげたら、
やみつきになってしまたようで、私に出会うと、2匹は、目を輝かせて近づいてくるのでした。

食べが悪い時の最終兵器なので、大さじ1杯ずつしかあげないけどね。

(おわり)

2018年6月24日 (日)

はみだしっ子ちゃんという子猫

‘はみだしっ子ちゃん’

ブログでは、そう表記しているけれども、
それは単なる識別番号的なだけであって、
実際のところ、
その子猫に、名前はない。

(※はみだしっ子ちゃんの家族全員にも、名前はついていない。)

◆ 「はみだしっ子ちゃんは、いつも家族からはみ出ている」 ◆

「はみだしっ子ちゃん」と呼んでたゆえんは、
その猫の家族の中で、いつも、ひとり、はみ出ていたからだった。


2017625

2017620 2017.6.20


201778 2017.7.8


2017721 2017.7.21


2017103 2017.10.3


2018215 2018.2.15


20183 2018.3

理由はわからないが、
はみちゃんは、いつも、家族から少し離れた場所にすわっていた・・・。

◆ 「母猫と折り合いが悪い」 ◆

親子関係が、うまくいってないようで、
あるとき、ヘビににらまれたカエルのように、
母猫に、にらまれ、ツツジに逃げ込むはみちゃんを見かけたことがある。

3p

虐待されてるのかな?・・・と感じ、
ディヴ・ベルザーの「It(それ)と呼ばれた子」のストーリーが頭をよぎった。

はみちゃんは、同時に生まれた兄弟とくらべ、
体は小さく、ガリガリだった。

20017118

猫の世界でも、‘肌が合わない’親子関係があるのかもしれない。

お互いに努力しても、歩み寄ろうとしても、いら立ちばかりがつのるのだ。

12017.6.15
2_2 何かに耐えかねて泣き叫ぶ」母猫ブルー

もしかすると、はみちゃんが、発達障害だったのかもしれない。

◆ 「はみちゃんの家出」 

2017年8月、生後3ヶ月頃のはみちゃんは、家出を決行した。

叔父(ブルーの双子の弟)のオッドがいる‘くびわの猫ハウス’にやってきたのだ。

頼れるものはやはり、親戚。
5_2 2017.8.23

食事も分け合って。
8

帰らない子猫にオッドも心配です。
1_3 2017.8.25

2_3

ちゃっかり猫ハウスの中で寝んね。
9


10 2017.8.31

はみちゃんは、母に、母猫の元に返され、
はみちゃんは、二度と、このねこハウスに来ることはありませんでした。

しかし、それ以降のはみちゃんは、
家族から離れた壁際の草むらに、よく、ひとりうずくまるようになりました。

1_4 2017.11.13

陽が落ちても、親や兄弟ねこの元に帰ろうとしません。

母猫が「ニャ、ニャ、ニャ」と、子猫を呼ぶ声で呼んでも、動こうとしません。

そこまで頑なになるほど、家族の元に居場所がないのでしょうか?

◆ 「はみちゃんの価値、母猫に見直される」 ◆

はみちゃんは、ふつうの野良猫と違って、人間を恐れず、甘え上手だった。

もしかすると、満たされない愛情を人間に求めてたのかもしれない。

はみちゃんが、人間たちに可愛がられ、もらうエサの量が増えたので、
ブルーママは、はみちゃんを連れ、エサをねだるようになりました。

「ほら、子猫がいますよ。ごはんちょうだい」 byブルーママ

Cimg6286 
(※このポーズのはみちゃんの写真がみつかりませんでした。)

はみちゃんは、先頭きって、人間に近寄り、足にすりすり、
そして、甘えるように可愛く転がります。

Cimg4927minikannsei 
(写真がないので、イラスト&写真で)

エサ場に向かう私の60㎝先を、はみちゃんが、誘導するかのように進んでは、
何度も、転がって甘えの繰り返し。
Rara
はみちゃんは、誰でも、これをするので、近所人たちから愛されていました。

おやつもたくさんもらえます。

ブルーママは、
はみちゃんを見直したのか、親子の溝が埋ったのか、
はみちゃんは、壁際にひとりぼっちでいることはなくなりました。

Photo 祖母の下の白が、はみちゃんを見守ってるときもある

はみちゃんが、育ってこれたのは、
祖母の下の白の母乳の手助けも会ったと思う。

とはいえ、はみちゃんは、いつも孤独で、さみしそうにしてたから、
大好きな『毛糸の手袋でのキャッチボール』などで、
たくさん遊んであげようと思った矢先、
不慮の交通事故死で天国へ旅立ってしまった。

「‘みんなと平等’ではなく、私を‘特別’だと思って!」

そう、亡くなる3日前にはみちゃんが、私に悲鳴のように鳴き叫んでたのが、
目に焼きついている。

虐げられてるものにとっては、「平等」も「差別」のうち。

「平等」では、ふだんの生活と変わりなく、しいたげられたままなのだ。

もっと「特別扱い」を、はみちゃんに味あわせてあげたかったと思う。

それが、今も、心残りなのである。

2

はみだしっ子ちゃん (生まれ2017年5月頃~死亡2018年4月22日)

(おわり)

«ねこつぶ(エサのもらいかた)