フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月 4日 (月)

自転車④(機能)

Photo体調悪いし、 描いてるうちにあきてしまいました。なので、ぜんぜん面白くない作品となりました。sad

自転車③(パンク修理)

Photo_2

自転車②(安いやつ)

Mini

自転車①(盗難)

Photo_3

2011年7月 8日 (金)

ドアクローザー

Photo

ドアクローザーの調節 参考・日本DIY協会 島津子さんのTV番組から。

2011年7月15日 (金)

虫よけ殺虫剤

Photo

先日「徹子の部屋」に出演してた成宮寛貴さんが

「ドアのすきまから侵入してくる虫を防ぐ殺虫剤ありますよ。」

と、いっていたので買いに行った。

これでしょうか?

毎年網戸の隙間からゴキブリがはいってくるから困ってたのでいい情報でした。

ゴキブリは悪いことしないといっていてけど、巣になったところは、糞尿で臭いし、汚くなって使えなくなります。

見つけ次第どうにかしないと後で大変なことになるからね。

あらかじめ家に入れないというのは、いいやり方ですheart02

今年もシソ生えた!

Photo_2 シソの鉢のまわりの土に、知らず種が落ちて、次の年にもシソが生えてくる。

シソ周辺の古い土は捨てられないね。

この写真のシソは8年くらい前に植えたシソの子孫。

手入れしなくても勝手に生えて勝手に育つ。

シソには虫がつかないから園芸下手な私でもそだてられるのがいいねwink

年賀 イノシシ年 2007年

Photo_3  

2007年に描いた模写イラスト。

宮崎駿さんのキャラは私には似せて描くのは無理だったみたいで・・・。

20年ぶりに絵を描いた1枚目の作品。

猪が出てるまんが、ほかにあるだろうか?

2011年7月20日 (水)

美とそれなり(後)

Photo

「今や伝説となった名場面ベスト50」の50位に入ってた「サメとキス」の撮影のときのはなしです。

資料を求めて散々検索したけど、映像を見つけることができませんでした。なので記憶だけで描きました。wink

美とそれなり(前)

Photo_2

6月26日放送の「さんまのからくりてれび」で、歌手の松村和子さんが持ち歌の替え歌で野口五郎さんへの想いを歌っていた。

わたしも実物の野口五郎を見たことあるから、気持ちはわかるよ。

20年前のこの日は、ほかにも芸能人来てたのに3人しか見れなかったsad。警備の配置してた場所によって、会えた芸能人はいろいろだったみたいだから。無線で「○○さんが見れた♡」と聞こえてきて、「あーいいなぁ」って思ったんだもの。happy01

年賀 ねずみ年 2008年

Photo

当時出した年賀の再現。

年賀 うし年 2009年 ④

Photo_4

この時、大河ドラマ「篤姫」が人気だったので、描いてみた。でも、絵が似てないんであまりよろこばれなかったワ。

年賀 うし年 2009 ③

Photo_5

パル牛さんです。このキャラクターかわいかったので使わしてもらいました。夫には好評だったようです。

年賀 うし年 2009年 ②

Burogu

ネットで「牛キャラクターを教えてください」の質問を見かけた。答えにあったそのまんがを読んだり、アニメをみたりして研究して描きました。性格がわからないと描けないからね。顔が難しかった。

年賀 うし年 2009年 ①

Photo_6

勉強してがんばって描きました。山本の顔が難しかった。アニメとまんがじゃ顔が違うから、どうしたものかと、ものすごく悩んだよ。

年賀 とら年 2010年

Photo_2

ボールの上のが、虎の子トラちゃん。大塚康夫のキャラクター絵はかわいいよね。

2011年7月24日 (日)

アイテムかぶり

ドラえもんの「ひみつの道具」の中には、おなじ性能のアイテムがいくつかかぶっているらしい。

ここ20年くらい「ドラえもん」は見てないが、

ドラえもんがアイテムの「モニター調査」をしてたとしたらどうだろう?

それを使った時の、「周りの反応」「使い心地」「問題点」「想定外の利用のしかた」などを調査してたとしたら。「ひみつの道具」に使い慣れてない(過去の)人間との接触、悪用されたときにすぐに回収できる立場をさがしたら、ドラえもんが適任なのだとおもう。

アイテムかぶりは、AタイプBタイプなどあって新商品が出るたび試してるからかもね。

「このアイテムを使った時に、こういうことが起こりこうなった」などという調査報告書をのびたたちが見たら、いやな気持になるから秘密なのよ。4 

2011年7月27日 (水)

銀魂フェアと小話

Photo ある日のこと、人手がたりないということで、新選組のメンバーに入ることになった。

これがメンバーである証拠のカードだ→。

Photo_2 高杉晋助という男を探すということだが、結局見つけることはできなかった。

心身憔悴しきって帰り道をとぼとぼ歩いていると、いきなり巨大な白い犬が目の前に立ちふさがった。

「ガオォッ!」

 万事休す!

Photo_3Photo_4

よく見れば、この犬はこうりゅう門を守る神犬。ということは私の手に持ってるこのいちごミルク(赤き果実とヤギの乳)を狙っているだけに違いない。

Photo_5

でも、これを与えてしまったらさらに巨大凶暴化してとんでもないことになる。なんとしても死守せなば。

もみあうこと十数分。

力尽きてあきらめかけたころ、偶然、飼い主という青年があらわれた。若いのに髪は真っ白だ。

「あー、いたいた。だめじゃないか定春。勝手な行動とっちゃ。おおおい、神楽、新八、こっちにいたぞぉ。まったく、世話のかかるやつだ」

Photo_6青年はそう独りごと言いながら去って行ってしまった。

(ちょ、ちょとー、私の頭から血出てるんですけどー!無視~っ!?)

呆然と立ち尽くしてると、ずっと陰からこの騒ぎを見ていた男がニヤニヤしながらわきを通り過ぎて行った。

(あれっ?見覚えあるけど誰だっけ?)

そいつが高杉晋助だと気付いたときにはすでにその姿はなかった・・・。

         2010年5月銀魂inナムコ・ナンジャタウンにて。

2010年5月13日「銀魂フェスタ」へ行ってきました。

まずはサンシャイン60の展示場へ。

60

通路には、銀時の代わりに入ってキャラの仲間入りできる巨大ポスターあった。

Photo_3

その右隣にはルーレット。

60_2 60_3

見落としそうな奥まった場所に、ポスターや等身大のキャラの絵。セル画にする手前の下絵などがあった。

Photo_4

ポスターの数々。

次は「ナムコナンジャタウン」

Photo_5

2時間にも並ぶ長い行列のなか、ようやく会場へ。

Photo_6

受付で「高杉晋助の指名手配」の紙を受け取り、捜索の名目でいくつかのゲームをしたのだった。

Photo_7

外の裏通りのあった衣装屋さんのショウウィンドウには、銀魂ファッションがありました。

左から「高杉晋助の普段着」「坂田銀時の普段着と白夜叉の時の服装」「真選組の制服」

2011年7月31日 (日)

捨てられないもの・料理本

子供のころから集めた料理本が捨てられない。作りたくなる料理は、一冊の中で数個。でも、もしかしたらいつか必要になることがあるかもしれないとそのまま保管になっている。新聞や雑誌で載ってたものも切り抜いたりして、もう莫大な量。自分ひとりで全部調理なんて一生かけても無理。

Photo_3 ケーキの本 4冊

パンの作り方の本 3冊

専門料理(イタリア・中華・カレー・・・)11冊

雑誌の切り抜きを集めたファイル 6冊

新聞集金時にくれる料理本 106冊

レシピを見て作っても、おいしく再現できないこともあるし、プロがおいしいといってても我が家のくちに合わないこともある。食べたこともない料理は余裕があるときじゃないと作れないから、こんな状態になっている。味覚も年齢で違ってくるので、この先必要な時がくるかもしれないし。

でも、必要な時はネットで調べれば早いんだよね。Photo_4 こんなに本があるけど、ポークビーンズのレシピはないの。小学生の時に給食にあったポークビーンズの作り方をずっと探してたけど、見つからなっかった。去年ネットでようやく作り方をみつけて今日作ってみたけど、なんか感動するほどでなかった。味の好みが変わってしまったらしい。今回パスタにかけて食べてみました。

1 普段、料理する時はこのミニノートを見て作っています。我が家の料理傑作選集です。おかずに困ったとき開くと「あー、この料理もあったっけ」と悩まずに済んで便利なんです。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »