フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月 4日 (金)

追悼・芦田豊雄②(バイファム)

2 「銀河漂流バイファム」」(1983年~テレビ放送)芦田豊雄のキャラクターデザイン。

ストーリーは、13人のこどもたちが地球軍の練習艦である宇宙船ジェイナス号で旅をするというロボットアニメ。(大人がいたこともあったが、結局子供たちだけで旅をせざるをえなくなった。)

my名場面:唯一頼れる大人の女性のケイトが、子供たちを救うために出撃するも、被弾して脱出できず、子供たちが見てる前の宇宙空間で死亡する場面は衝撃的だった。(のちの続編では他の宇宙船に助け出されて生きていることになているらしい)

15少年漂流記をモチーフに作られているが、もとは「機動戦士ガンダム」(1979年)の企画時に考案されたものであった。でもガンダムはこれとは異なる方向に進んだので、バイファムで使われることになった。バイファムには、原案として冨野由悠季の名前がクレジットしてある。

・オープニングが英語というのは、「ルパン3世パート1」についで2例目。

・サウンドトラックはいずれもヒットし「銀河漂流バイファム 総集編」はオリコンチャート10位になった。

                                     (ウィキペディア情報)

がんばってイラストを描いてみたけど、13人描くのははしんどかった。身長の差はあってバランスがとりずらいし顔も似せなきゃダメだし…。2回描きなおしたけどこの程度bearing。自分にはこれが限界だわsweat02。「魔人英雄伝ワタル」も描こうかと思ったけど、めげたのでこれでおしまい。coldsweats01

2011年11月 5日 (土)

野良ねこカラスを逃す

目の前の家の庭に柿の木が植えられていて、住人は毎年もいで食べている。

でも、もう食べ飽きたのかこのところ放置されたままに。

すると、スズメやヒヨドリが来て楽しげについばむようになった。

カラスも毎日やってきては大胆にかじって食べている。

そんなほほえましい場面をみて、楽しんでいたところ、木に猫がいることに気づいた。

あわててカメラを取りに行き、戻ってカメラを向けたところ、カラスは逃げてしまった。

Photo_7

(カメラのシャッターが遅くてカラスは撮り損ねた。)

わたしのバタバタした動きでカラスは逃げてしまったのか?sweat02

Photo_8

猫がこっちを見ている。

Photo_9

わたしのせいでカラスが逃げたと思ってる表情だ。

なんかテレビドラマ「家政婦のミタ」に出てくる、ドジな「結城うらら(相武紗希)」みたいできまり悪い。

カラスは猫に気づいて逃げたんだよ。sweat01

どっちにしろ、そんな場所からじゃ絶対カラスは捕まえられないよ。sweat02

猫はがっかりした様子で、すぐさま木から降りてどこかへ去ってしまった。

次の日の今日、カラスは来なかった。昨日のことがあったから用心したのかもしれない。

2011年11月 6日 (日)

この季節に桜が満開

先月、茨城県にあるフラワーパークへ「ダリア展」を見に行ってきた。

支柱が多く、植えてある間隔も広いから、自己満足できるいい写真は撮れなかったけど

まぁ、こんなかんじでした。

Photo

Photo_2

Photo_3

10月だというのに気温が25度くらいあって、うだるような暑さ。

毎年、秋になると日本のどこかしらの桜の狂い咲きが報道されるけど、

満開になったはなしは今まで聞いたこと無い。

Photo_4

桜が満開になっていた

Photo_5

追記:2011年11月14日

「十月桜」または「四季桜」というのがあって、花期が4月と10月から12月くらいなんだって。これがそうかは、わからないけど。

2011年11月 9日 (水)

流行りのドミノ、テレビで

昨日、テレビ「トリハダ㊙スクープ映像100科ジテン」(フジテレビ火曜7時)を見てたら、「弾け飛ぶドミノ」というものが映されていた。

Photo Photo_2

ユーチューブで流されてるもので、動画170万回以上再生されている人気画像だそう。

アイスの棒で組み立てて、はじめの1本を外すとまるで爆竹のようにはじけるのだ。

アメリカでは「スティックボム」とよばれ、2000年頃から流行りだし、2010年には2250本のスティックでギネス世界記録になったらしい

作り方はいろいろあり、ユーチューブで作り方を紹介していた。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

日本のアイスの棒よりは大きめに見える。1000本くらいは必要らしいけど、そんなにアイスは食べられないから、そのうちおもちゃ業界が動き出すかもしれないね。

追記:2012年5月3日

やはり、おもちゃで発売されましたね。時間がないからやりませんけど。

(株)メガハウス 「スティックボム」
100本入り(約2m) 1575円、 200本入り(約4m) 3150円
 

もと湖の場所に

もと湖だった場所に白鷺が来ていた。(画面中央)

湖の名残の水たまり

釣り人が柵を乗り越えたり危険な行為をするもんだから8年前に埋め立てられたところ。(映ってないけど右側に「誰のものではないけど」の回でのせた白鳥の住む湖がある。)

Photo_6

カモたちは普段からいるけど、シラサギまで来てるのはめずらしい

Photo_7

中央のアオサギは、湖あった10年ぐらい前からここに居ついてる鳥。

ときどき隣の白鳥がいる湖で休んでるのを見かけるが、最近釣り人が来るようになったので場所をかえたようだったが、やはりこの場所が好きらしい。

2011年11月10日 (木)

ちょっとしたことに気づかない自分

「どうしてこんなことに気が付かなかったのだろう」という話2つ。bleah

母と姉が引っ越した新築のアパートは、当初からどういうわけか洗面所だけお湯が出なかった。

Photo

わたしが気が付いた時にはもうかなり日にちが経ってたから、いまさら言うと料金とられるのかな?とおもってそのまま使っていた。

とくに不便でもなかったしね。

7年くらい経った頃、蛇口から出る水量が多い気がして、調節しようと下の扉を開けたら、水道の栓が2つあるのが見えた。

Photo_2

お湯の栓と水の栓。

どうしてこんな簡単なこと気が付かなかったのだろう?

マイナスドライバーで回してみたら、お湯の栓が閉まっていたことが分かった。

栓が閉まっていればお湯などでるわけないのだ。

  house  house  house

自宅のトイレの「流す」レバーが、横になったまま下向きに戻らず、流しっぱなしになることが多々あった。

Photo_3

タンクの中を見ても壊れたところは見当たらず、これぐらいで業者に頼むのは気が引けたので、ガムテープでおもりを付けて使っていた。

1年以上そうやって使っていたが、ガムテープが劣化しておもりが落ちてしまった。

再びガムテープで付けたが、よく拭かなかったものだから、またすぐにおもりが落ちてしまった。

どうしてレバーがもどらないのだろう?

タンクの中をみても、やっぱり異常はない。

556

レバーの付け根がギーギー音がするので、試に556の潤滑油をさしてみたら、・・・直った。

ただレバーの滑りが悪かっただけだった。

ほんのちょっとしたことで、大きな違い。

ほんのちょっとしたことで、生活が楽になるというのに、なかなか頭が働かないんだよね。

2011年11月12日 (土)

茨城グルメまつりへ行く

ギャル曽根が来るというので、「茨城グルメまつり」へ行っってみた。

Photo

意外と大盛況。

12時から13時までの1時間、ギャル曽根のグルメトークショーだった。

写真撮影などは禁止だったので写真はなし。

あまりにも司会の女の人が睨みをきかすので、さすがに撮ることができなっかった。ちょっと残念。

ギャル曽根は、そこで販売されてる茨城グルメを6種、感想を述べながら出された半分の1人前ずつ食べた。(なぜかそれぞれ2人前ずつ出されてた)

残りはあとで食べるという。なんか全部ペロリと食べると思ってたけど、違うんだね。

そのあと、小学生5人対ギャル曽根で「笠間いなり」の大食い競争をした。

(これのためにおなかを開けてたのかな?)

5分間でこどもとギャル曽根のどちらが多くいなりを食べるか。

結果、司会の人は、「ギャル曽根の勝ち」と言ったが、ギャル曽根の一言で結局「こどもの勝ち」になった。

肝心の数を発表してくれなかたのでわからないが、実際子供のほうが食べてたように見えた。

ギャル曽根の食べっぷりが、思いのほかゆっくりで、あまり一口で食べてなかったし。

まんが「スケットダンス」の‘キャプ食い‘ような勢いで食べると想像してたので、ほんと意外だった。

でも、ウィキペディアを読むと、食べるのはふつうの速さで、競争には興味ないとあったので、こんなもんらしい。

おわりにギャル曽根は、目の前にいた客席の人たちと記念撮影をして、帰っていった。

せっかくなので、何かグルメを買って帰ろうと見ると、まだ1時だというのに、もう売り切れになってる店がある。1時半にはさらに売り切れ続出。

Photo_3

見かけた看板。

欲しいものは午前中に買わないとだめなんだなぁ。4時までなのに早いね。

それにしても、出店配置マップを持ってなかったので、どこに何があるやらわからない。

人気の店は長蛇の列だし、一人で来たもんだから手分けして買うことも出来ない。

6

列が短めのところに並んでも店の手際が悪くてなかなか前に進まないし。そんなんじゃ他の店に就職したとき1日でクビになっちゃうよ。ぷんぷん。

7

ようやく選んだのは、「霞ヶ浦フィッシュ(なまず)&チップス」「青森生姜味噌おでん」「行方(なめかた)パックン」(なまずバーガー)(けしてなまず好きというわけではないんだけど)

てんぱりすぎて似たもの買っちゃったよ。

2011年11月14日 (月)

今日、県民の日だった・・・

「茨城グルメまつり」2日目の昨日、またしても行ってみた。happy01

10時半に着いたのに、すでに長蛇の列。(10時はじまりのはずだが?)

静岡県の「浜松餃子」は相変わらず人気で、買うのに2時間かかりそう。やっぱりこれはパス。

1番の目的の秋田の「男鹿しょっつる焼きそば」(海鮮焼きそば)はやってない。

5

話を聞けば、昨日のうちに800人分売り切っちゃったので、今日はないという。だめじゃん。wobbly

おいしそうなのは色々あるけど、たいはんはその場で食べるものばかり。

お持ち帰りしたいし、変わったの食べたいから、どうしよう。

日差し強く暑くて、寒がりの私が汗だくだく、気温25度くらいあるんじゃないの?

もう暑さだけでへとへと、早く買って帰りたい。sweat01

結局、福島県の「マトンケバブ」と茨城県常陸太田の「地鶏の手羽揚げ山椒だれ」を買って帰った。

Photo

(あんまり変わったものではないか)

その日の午前中はこれでつぶれて、午後はいつもどうりの生活。

なんとなく「満足した1日」を送れたと思っていたけど、

「あっ、しまった今日県民の日だったsign01

と気付き落ち込む。sweat02

前々から今日は「歴史館」で「妖怪見聞展」を見ようと予定してたのに、すっかり忘れてしまっていた。(かっぱのミイラが展示してるそうだ)

県民の日だけは、入場料がただになっちゃうのだ。大人は580円。

「妖怪見聞」は11月27日まででから行くことはできるんだけど、

(580円あったらいろいろ買えちゃうな)

とせこいこと考えちゃう。はぁ失敗。

初日で満足した買い物できたなら、リベンジ的な感じで2回行くことなかったのに、自分の計画性のなさに、あきれちゃうわ。

2011年11月17日 (木)

白い着物 赤い紐

Photo

昔、夢で見た幽霊のはなしです。

解釈としては、流産して生まれてこれなかった3つ上の姉が、姉のことを心配して夢に出てきたのに、わたしに追う払われたので悲しくて首を絞めてきた、というかんじにとれなくはない。

でもただ単に姉の結婚式が近かったので精神的なものからこんな夢を見だけでしょうけどね。

細かくは覚えてないので、着物は死人は合わせが逆ということで逆にしてみました。履物は草履だったかもしれません。ま、どうでもいいことですけど。

2011年11月2日放送の「歴史秘話ヒストリア ~日光東照宮  徳川家康と家光の絆~」で「霊夢画像」が紹介されていました。

Photo_2

「霊夢画像」は、三代目徳川家光が夢で見た祖父の徳川家康を狩野探幽らに描かせたものです。20枚ちかくあるという。

その1枚に白い着物で赤い紐を巻いた徳川家康の絵があったので、’あなたも見たのですね!’とおもった次第です。(わかりずらいだろうけど、ひもは赤色です)

ちなみに、姉の結婚は半年で終了。あまりの苦労だったので20代というのに白髪まじりの髪になってしまいました。いまは再婚してしあわせに暮らしております。

アンコウ鍋の素で

今年の元旦に、近くのスーパーで福箱を買った。

「福箱」とは1個5000円(商品券5000円と食品1000円分入ってる)または1万円(商品券1万円と食品2000円分入ってる)の福袋である。

Photo_3 その中のひとつに「アンコウ鍋の素」が入っていた。ふだんは298円で販売されている商品だ。

どうせなら寄せ鍋とかキムチ鍋のほうがよかったのに。あんこうはなじみがないよ。

でも、せっかくなのであんこう鍋を作ろうと店に行ったが、なかなかあんこうが置いてないし売っていない。チラシで見かけて買いに行っても売り切れだったりして、タイミングがあわず、とうとう夏までに買うことが出来なかった。

別にほかの魚を使ってもいいのだけど、なんか意地になってしまったのだ。

賞味期限は、12月7日まで。

今月11月になって、ようやく「あんこう」を買うことが出来た。1パック780円。高い。

Photo_4 寄せ鍋セットは800円でカニまで入ってて豪華なかんじなのに、あんこうは高級魚なんだろう。しかたなく、’ずっと探してのだから’と買うことにした。(よくみたら秋田産だった)

仕上がりは、ちゃんと塩ふって置いて霜降りにしたので、生臭くはなく、おいしかったけど、、ぐにょぐにょしたかんじはなんか苦手だ。骨がたくさんでグロテスクなところはほんと怖い。

Photo_5 魚好きな家人がおいしいおいしいとほとんどを食べてくれた。

食わず嫌いのわたしはたぶんこの先食べるこことはないかもしれない。

が、今年の冬の予定ではみんなで「どぶ汁」(あんこうの肝を溶かした鍋)を食べに行こうという計画があがっているので、見るだけは見とこうとはおもっている。

2011年11月19日 (土)

水戸市産業祭へ

今日はパフォーマーが来るというので、水戸市産業祭へ行ってみました。

今年は「ひたち国際大道芸」(毎年5月第2土曜日開催)が、震災で中止になってしまったのでがっかりでしたが、規模は小さいけど楽むことができました。

Photo

あいにくの雨だけど、それでも客はたくさん来ていました。

Photo_2

体育館内。

Photo_3

30分ずつ、芸を披露していました。今どきのバルーンアートは進歩しててすごいんだねぇ。(わたしのデジカメでは室内は暗すぎるようでほとんどピンボケしまくりsweat02

Photo_4

セクシーダビンチさん。去年の「ひたち国際大道芸」にも出てて、かっこいいと思ってた人。実はこの人を見に来たようなものなんだけどね。heart01

あちこちで「ガクトに似てる」という声がひそひそとあがっていました。

2011年11月20日 (日)

去年のひたち国際大道芸

きのうのブログの補足。

去年の「ひたち国際大道芸」(5月8日と9日開催)はこんな感じでした。(今年は震災で中止)

60組くらいのの芸人が来ていて、7か所でそれぞれが30分ずつ演じてたので、全員を見ることは出来ず、ここでは一部分だけ紹介です。

Photo

大道芸のジャンルはいろいろ。

Photo_2

中国の雑技団みたいなのも来てた。ただ椅子を重ねただけの上での演技。下にはマットなど敷いてないんですよ。落ちたら大変なことに。怖い怖い。

Photo_3

ただ歩くだけのパフォパマーもいて、出会えるかは運しだい。盛大で楽しかったです。

2011年11月21日 (月)

もみじ谷へ

今朝、「もみじ谷」のことを聞いたのでさっそく行ってみた。

(旅ブログを書いてるつもりはないのだけれど、まわりが親切にもいろいろ教えてくれるので、ふだん出不精で家に引きこもりがちなのに、いろいろ出歩く羽目になっている。)

「もみじ谷」は地元では有名な場所らしい。

Photo

入口は細くてちょっと心細い。

2

階段を下りて進んだところに、もみじ林があった。(夜も再び来てみたけど、ここは階段もあるのに真っ暗でとても危ない。なれた人は懐中電灯持参してた。どうしてライトで照らさないんだろう?)

3

まだ昼2時だというのに、谷なもんだから林全体に日が陰っていた。来るなら午前中のほうがいいようだ。

5

唯一日差しがあたっていたもみじに、カメラおやじ達が集まってカメラで撮っていたので、負けじとわたしも写真におさめてみた。

4

足元にライトアップの機材があったので、夜も来てみた。

Photo_2

6

なんとかまともな写真を撮ることができた。

2011年11月24日 (木)

歴史館へ

Photo

ようやく「妖怪見聞」を見に行きました。玄関では「ぬり壁」さんたちがお出迎え。かっぱや天狗、人魚のミイラなど展示してありました。素材が日本得意の干物などで作られているのは知ってるけどね。

興味を引かれたのは、「稲生物怪録絵巻」の話。肝試しで妖怪の怒りを買った稲生武太夫が1749年7月1日から30日までに妖怪や幽霊の怪奇体験したというもの。よくまぁそんなにいろいろなことが浮かぶもんだと感心する内容でした。ウィキペディアで調べると、水木しげるや「地獄先生ぬーべー」や「朝霧の巫女」という漫画でもとりあげられてる有名な物語だった。

いままで歴史館は3回ぐらいしか来たことがなく、本館しか無いと思っていた。でも今回ネットで調べてみたらいろいろ建物が敷地にあることがわかり、ついでにいろいろ見てきました。知ってる場所でも調べてみると新発見があるものだね。

Photo_2

歴史館本館はこんな感じ。

Photo_3

「水海道小学校」明治14年に建てられた擬洋風建築の小学校。移築されたもの。

Photo_4

「水車」明治初年に建てられた山方町の菊池家の水車を移築したもの。なので水はほとんど流れてなくて機能していない。

Photo_5

「茂木家住宅」江戸時代中期頃の建築で牛堀町にあった農家を移築したもの。

「水車」や「茂木家住宅」は低い林の中にあるので本館からはまったく見えないし、遠い。見つけるのがちょっと大変だった。

Photo_6

Photo_7 Photo_9

ちょうど銀杏の時期できれいに色づいていました。

ぎんなんを拾ってるひとがいたので、まねして拾って帰ることにしました。あんなに落ちてたのにいざ拾おうとすると見つけられない。20個くらいしか採れませんでした。

2011年11月25日 (金)

ぎんなんを食す

先日ぎんなんを拾ったので調理してみた。Photo_6

ぎんなんはここ数年はまってる食べ物で、その前まではよくわからない食材だった。

たまたま友だちの家で、紙に包んでチンして塩を振っただけのものをいただいたら、おいしかったので、それ以来毎年買ってたべるようになった。

今回は歴史館で拾ったものを調理してみた。

Photo

「実は土に埋めてから」という人もいるけど、前回そうしてみたら掘り返す気が失せて腐らせてしまったので今回はやらなかった。

落ちたばかりの実は、梅干しのように指でつぶせば簡単に実と種が分かれたので、そのあとかるく水洗いしたら簡単にきれいに落ちた。

1日乾かしたけど、家の中に置いておいておいたらすごい匂いが部屋にたちこめてしまった。Photo_7 干すのは外がいいようだ。

Photo_2

殻をコンクリートなどの固いところで、かなづちですじをめがけて軽くたたくとピスタチオのように割れる。(はじめのころ忘れてふつうに割っちゃった)

Photo_3

沸騰したところに塩とぎんなんを入れて、おたまでこするように5分ゆでる。Photo_8

ゆであがったら水に冷し薄皮をむく。

下準備はこれで終了。てんぷら、素揚げ、鍋、茶わん蒸しなどの料理に使おう。

Photo_4

保存は袋に入れ、冷凍庫へ。歯ごたえはかわらずもちもちのまま。

缶詰のが市販されてるけどあれはぎんなんとはいえないね。どうして冷凍で販売してないんだろうね。

ぎんなん炊き込みごはんをつくってみました。

Photo_5

右の写真は八幡宮の御神木のイチョウの木。

2011年11月27日 (日)

芋がらを食す

気になるけどなんだかわからない食材に「芋がら」があった。Photo_4

わらの腐ったようなものにしか見えないへんなもの。(兵糧攻めのときに役立ったこともある食材)

ある時、テレビ「はやく起きた朝は…」の番組のなかで松居直美がいもがら料理をつくり、他の2人から「おいしい、おいしい」と喜ばれていた。

そんなにおいしいものなのeyesign02

ネットで調べてつくってみると、意外や意外、こりこりしておいしかった。

手間がかかるしお店にいつもおいてあるわけじゃないので、めったに作らないけど、お気に入り料理のひとつであります。wink

「芋がら旨煮」

芋がら20グラムをよく洗い、たっぷりの水につけて4時間ひたす。

Photo_2

②芋がらを洗い、3センチに切る。

③鍋にごま油大さじ3をいれ、芋がら、人参(二分の一本を短冊切したもの)、さつま揚げ(2枚を短冊切したものぶなしめじ(1パック分)を入れ、炒める。

だし1カップ、酒大さじ4、砂糖大さじ4、鶏がらスープの素小さじ2、しょうゆ大さじ1、かつおぶし3グラムを加え、ふたをして10分弱火で煮詰める。

Photo_3

調理方法がわからなくても、ネットで検索すれば簡単に教えてもらえるから、いい時代だよね。happy01

追記:2011年12月12日

芋がらは別名「ずいき」という。

ちなみに京都では「芋茎祭(ずいきまつり)」というものがあり、北野天満宮で10月4日に行う祭礼では、神輿の屋根がいもがらでできているという。

2011年11月29日 (火)

留守中、猫のアリス急病に

昨日と今日は旅行のため、実家にいる猫たちに会うことは出来なかった。

(いままでブログなどでは、自宅で飼ってるように表現してたけど、本当は猫は実家に住んでいる。実家は自宅から車で5分離れた場所にあり、毎日通い3時間いっしょにすごしているのである。)

8時に旅行から自宅に戻り、ふとケータイを見ると実家から着信が入っていた。5時にたくさん。

すぐに電話すると、猫のアリスが尿がでなくなり(猫は3日出ないと死んでしまう)病院に緊急搬送したという。注射器で尿を取り出すと血尿で、糖尿の疑いがあると先生が言ったそうだ。

アリスはもう寝てるというので、会うのは明日になる。それにしても旅行中に急病なんて・・・。

(いままで「旅行」のカテゴリーでブログを載せていたけど、ほとんどは日帰りで夕方の「猫との時間」までには帰宅していた。なので2日も会わないという日はここ数年はなかった。心労で病気になったのだろうか?)

最近、アリスが食欲あるけど体重が増えないからどうしたのかと思っていたが、やはり病気だったのか。はやめに血液検査でもしておけばよかったと後悔。

Photo

2011年11月30日 (水)

猫のアリスさみしがる

今日は、朝9時に実家に来た。

私が居間に入ると、アリスはかわいがってほしくて何度も転がってみせた。

抱っこすると20分間ずっとわたしの腕にしがみついている。

わたしが椅子にすわればひざに乗り、こたつに入ればひざの上の布団のくぼみに収まった。

Photo  232

(わかりにくいだろうけど、丸太のようなものがわたしの左手。着ぶくれしてボアパーカーに変なしわがついてるけど・・・。もちろんこれは室内着ではんてん代わり。外では着ませんよ。アリスがひざに乗ってる写真です)

ちょっとわたしが車に忘れ物を取りにいこうとすると、あわてた表情でついてきて、戻るまで玄関でアリスは待っていた。

よっぽど2日来なかったのがつらかったようだ。

前に「天才!志村どうぶつ園」の「動物と話せる女性ハイジ」の「犬のサラ」(2011年2月26日放送)の回を見て、ペットにも事情を話すことの大切さをあらためて思った。

だから今回の旅行の前日に「明日とあさっては来れないよ」と何度も声かけた。だけど、ふだん言わない言葉だから理解できなかったようだ。

「いい子」「おりこうさん」「おいで」「レオンちゃんと遊んでね」「かわいいね」「ごはんたべる?」「おいしいね」「また明日ね」

こんな言葉しか使ってないから「明日とあさっては来れないよ」は意味がわからなかったみたいだ。

からだの具合はまだよくないようで、ちょっとよろよろしてるし、カリカリごはんが入らない。匂いを嗅ぐだけで食べようとしない。

夏のころ食欲が落ちた時に与えた「モンプチ缶白身魚のテリーヌ」(ペースト状のねこエサ)を出してみたら、少しだけど食べた。食の細いアリスがめずらしく身を乗り出して欲しがったほどの好物のねこ缶だったからよかったようだ。

(ちなみにマリアはこのねこ缶は嫌いで食べない)

猫糖尿病かもしれないと医者に言われ、症状をしらべてみれば、たしかに当てはまる。

高齢で痩せてるねこ、よく水を飲む、体重減少、多飲多尿  (太ってる猫の症状はまた別)

最大の原因は「高齢だから」という理由だって(・・・まだ14歳なのに)。詳しいことは来週になってからだけど。

Photo_2

ベランダで日向ぼっこするアリス。

Photo_3

レオンの昼寝をみたら、まるで村松誠の絵みたいでおかしかった。ダイエットさせねば。

(村松誠はマンガビックコミックオリジナルの表紙絵など描いている)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »