フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« もみじ谷へ | トップページ | ぎんなんを食す »

2011年11月24日 (木)

歴史館へ

Photo

ようやく「妖怪見聞」を見に行きました。玄関では「ぬり壁」さんたちがお出迎え。かっぱや天狗、人魚のミイラなど展示してありました。素材が日本得意の干物などで作られているのは知ってるけどね。

興味を引かれたのは、「稲生物怪録絵巻」の話。肝試しで妖怪の怒りを買った稲生武太夫が1749年7月1日から30日までに妖怪や幽霊の怪奇体験したというもの。よくまぁそんなにいろいろなことが浮かぶもんだと感心する内容でした。ウィキペディアで調べると、水木しげるや「地獄先生ぬーべー」や「朝霧の巫女」という漫画でもとりあげられてる有名な物語だった。

いままで歴史館は3回ぐらいしか来たことがなく、本館しか無いと思っていた。でも今回ネットで調べてみたらいろいろ建物が敷地にあることがわかり、ついでにいろいろ見てきました。知ってる場所でも調べてみると新発見があるものだね。

Photo_2

歴史館本館はこんな感じ。

Photo_3

「水海道小学校」明治14年に建てられた擬洋風建築の小学校。移築されたもの。

Photo_4

「水車」明治初年に建てられた山方町の菊池家の水車を移築したもの。なので水はほとんど流れてなくて機能していない。

Photo_5

「茂木家住宅」江戸時代中期頃の建築で牛堀町にあった農家を移築したもの。

「水車」や「茂木家住宅」は低い林の中にあるので本館からはまったく見えないし、遠い。見つけるのがちょっと大変だった。

Photo_6

Photo_7 Photo_9

ちょうど銀杏の時期できれいに色づいていました。

ぎんなんを拾ってるひとがいたので、まねして拾って帰ることにしました。あんなに落ちてたのにいざ拾おうとすると見つけられない。20個くらいしか採れませんでした。

« もみじ谷へ | トップページ | ぎんなんを食す »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事