フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« もと湖の場所に | トップページ | 茨城グルメまつりへ行く »

2011年11月10日 (木)

ちょっとしたことに気づかない自分

「どうしてこんなことに気が付かなかったのだろう」という話2つ。bleah

母と姉が引っ越した新築のアパートは、当初からどういうわけか洗面所だけお湯が出なかった。

Photo

わたしが気が付いた時にはもうかなり日にちが経ってたから、いまさら言うと料金とられるのかな?とおもってそのまま使っていた。

とくに不便でもなかったしね。

7年くらい経った頃、蛇口から出る水量が多い気がして、調節しようと下の扉を開けたら、水道の栓が2つあるのが見えた。

Photo_2

お湯の栓と水の栓。

どうしてこんな簡単なこと気が付かなかったのだろう?

マイナスドライバーで回してみたら、お湯の栓が閉まっていたことが分かった。

栓が閉まっていればお湯などでるわけないのだ。

  house  house  house

自宅のトイレの「流す」レバーが、横になったまま下向きに戻らず、流しっぱなしになることが多々あった。

Photo_3

タンクの中を見ても壊れたところは見当たらず、これぐらいで業者に頼むのは気が引けたので、ガムテープでおもりを付けて使っていた。

1年以上そうやって使っていたが、ガムテープが劣化しておもりが落ちてしまった。

再びガムテープで付けたが、よく拭かなかったものだから、またすぐにおもりが落ちてしまった。

どうしてレバーがもどらないのだろう?

タンクの中をみても、やっぱり異常はない。

556

レバーの付け根がギーギー音がするので、試に556の潤滑油をさしてみたら、・・・直った。

ただレバーの滑りが悪かっただけだった。

ほんのちょっとしたことで、大きな違い。

ほんのちょっとしたことで、生活が楽になるというのに、なかなか頭が働かないんだよね。

« もと湖の場所に | トップページ | 茨城グルメまつりへ行く »

つぶやき」カテゴリの記事