フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« アリスの通院 | トップページ | 手袋人形であそぶ »

2011年12月24日 (土)

マロンケーキつくりました

マロンケーキ、つーくーりーましたnote(AMEMIYAの冷やし中華はじめました風で)

クリスマスケーキは、簡単に市販のスポンジに生クリームといちごで作ろうと考えてたら、家人がモンブランがいいというので、急きょ変更になった。

マロンクリームは生栗が必要。秋ごろに言ってくれれば冷凍保存しといたのに。

NHKの「あさイチ」で栗の甘露煮を使ったマロンケーキを紹介してたので、これを真似することにしました。(スーパーなどのお店には15センチのマロンケーキがいつでも売ってるけど、スペシャルっぽくないので今回はパスよ。)

まずはスポンジ(ジェノワーズ生地)をつくります。(年に1度くらいにしか作らないので、成功するかドキドキ。)

Photo

用意するもの:21センチのマンケ型、クッキングシート、泡立て器、ヘラ、大きなボウル2個、はかりなど

材料:小麦粉125g、たまご4個、砂糖125g、バター40g

①型に油を塗ってシートを張り付けます。

②砂糖は塊がないようにふるい、別に粉も3回ふるう。

③オーブンを180度の余熱スイッチいれる。

④大きなボウルに砂糖と卵を割りいれ、湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てる。ひと肌の温度になったら湯せんからはずし、垂れおちる形がリボン状になるまで泡立てる(私は素人なので10分くらいかかった)(これは共立て法というやりかたです)

Photo_2

⑤粉を加え、バターも加えて手早くへらでさっくり混ぜる。

⑥型に流し込み、型を軽く台に打ち付ける(5㎝くらいの高さから落とすかんじ)。

Photo_3

⑦180度のオーブンに入れて、30~45分焼く。(今回は30分で焼きあがった)

Photo_4

焼きあがったものを冷まして、

Photo_5

上表面を切り取り、横に2等分しました。(台に打ちつけるのを忘れたので気泡が大きいsweat02

マロンクリームは、「あさイチ」でやってた‘栗の甘露煮をつぶしてペースト状にする‘にしてみた。

Photo_6

写真は1個100円の栗の甘露煮。

2個のうち1個はペースト、もう1個は飾りに。(中にも挟むならもう1瓶必要)(瓶を開けるのに一苦労しました。次回は高くても袋にします)

Photo_7

栗の甘露煮マロンケーキの完成です。(21センチ丸型)

食べてみると、ほんもののマロンケーキほど栗の味は主張してないけど、ほのかに甘露煮の味がするくらいのやさしい味でした。

材料費は、小麦粉1キロ148円、砂糖1キロ100円、たまご10個100円、バター1箱348円、生クリーム1個100円、栗の甘露煮1個100円を使用したので、しめて443円くらいでしょうか。光熱費はちょっと計算できないや。

本当の「マロンクリーム」のつくり方は、

材料:栗500g(中身300g)、牛乳300cc、砂糖大さじ4、バニラビーンズ3分の1本、ラム酒大さじ1

①鍋に栗と水を入れ中火で20分ゆでる。ゆであがったら中身をかきだす。

②鍋にかき出した栗、牛乳、バニラをいれ、かたまりをつぶしながら弱火で水分が少なくなるまで煮る。

③砂糖を加え、水分が少なくなるまで煮る。

④火からおろし、裏ごしし、ラム酒を加えまぜる。

Photo_2

« アリスの通院 | トップページ | 手袋人形であそぶ »

うちのごはん」カテゴリの記事