フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 野良猫の狩り | トップページ | 福島の名産品 »

2011年12月10日 (土)

会津 さざえ堂へ

Photo まだまだつづくよ福島旅行ばなし。今回は「会津さざえ堂」。

正式名称は「円通三匝堂 えんつうさんそうどう」という。国の重要文化財。

1796年の江戸時代後期に住職の郁堂が建立した。当時は阿弥陀如来を本尊として、スロープ沿いに西国三十三ヶ所の観音や百観音が配置され、堂内を一周するだけで巡拝できるようになっていた。今は仏像はなく代わりに「皇朝二十四考」(会津の古典的道徳書 二十四人の逸話)の絵と文が取り付けてある。

これはフランスにあるシャンボール城の中の、レオナルド・ダビンチ(1542~1519)設計のらせん階段のアイデアをもとに作られたという説もある。

Photo_2  Photo_4

外観。この壊れそうな不安定さがいい。Photo_3

龍がうねっている。

Photo_6

スロープ。中はらせん階段でまさに貝の中。上りの人と下りの人が会うことがない二重構造になっている。床は青竹踏みみたいで心地いい。気分悪くなるほど高くはなく、らせんでもないのに、3ヶ所に謎の短路通路(近道)がある。

Photo_7

この中に観音像があった。今は「皇朝二十四考」の絵と文だけ。文が固く重たそうなので読まなかった。場所によってはこういった棚の下に賽銭を入れる投入口があり、うまいこと1階まで集まる仕組みになってるそうな。

Photo_8

さざえ堂の下の景観。

10

さざえ堂の並びにある「白虎隊十九士の霊像」。中には少年たちを模した小さな像がたくさんある。

Photo_9 Photo_10

上のほうへ行くと、「白虎隊の十九士の墓」

右の白虎隊の少年像は下の入り口のあたりにあったもの。

shine     shine  おまけ フランス シャンボール城 shine  shine

レオナルド・ダビンチ設計のシャンボール城。1519年着工。(テレビで放映してたもの)

1

2

« 野良猫の狩り | トップページ | 福島の名産品 »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事