フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 好きな時代劇③ 「琴姫七変化」 | トップページ | 超貧血と健康診断 »

2012年2月 9日 (木)

漁師の「かあちゃんの店」へ

ランチを茨城県大洗にある「かあちゃんの店」でとった。

Photo

ここはテレビでもよく取り上げられる有名な店。

漁師の奥さんたちがやっている食事処だ。(月曜日定休日)

去年の震災時には、津波にのまれたが奇跡的に流されず、店の中はぐちゃぐちゃになったものの建物はかろうじて残った。

今は改装して再開している。

Photo_2 Photo_3

海まではは30メートルくらいしか離れていない。

Photo_4 7

店内。大漁旗が掲げられている。

Photo_5 Photo_10

「かあちゃん御膳」

海鮮かき揚げの中には海鮮のほかにシラスもたくさん入っている。

Photo_6

「お刺身定食」

季節により変わるけど今日の刺身は「ヒラメ、スズキ、イシカレイ、タイ、サヨリ」だった。

「たこときゅうりとわかめ」の酢の物は、ありふれた料理だけど今までになくおいしくてびっくりした。吸い物のいわしのつみれも臭くないし、ごはんもおいしかった。どれもおいしかった。

Photo_7

「かあちゃんの店」の目の前の店。おみやげに、魚屋さん「飯岡屋水産」であんこうの干物を買った。

Photo_8

あんこうの干物。7匹入りで、ひと箱、800円。

あんこうの干物はここでしか作ってないそうで、こんなに身のついたあんこうはみたことがなかったので、購入した。(前にスーパーで鍋用あんこうを買ったら、皮と骨ばかりだった)

店の人の説明だと、「下味付けずに、からあげ(から揚げの素でつくる)」「焼きで、おろしポン酢で食べる」と言ってたので、そうしてみた。

Photo_9

干物なので弾力があり、箸ではなかなかちぎれず、かぶりつくかんじになる。芯に親指ほどの太い骨がはしっているので、チキンのように手で持つしかないようだ。細かい骨はないので、子ども年寄りには安心。

ホッケのように味にくせがあるので、私のような魚がちょっと苦手な人は「からあげ」「ポン酢」などの濃い味付けが必要かな。

« 好きな時代劇③ 「琴姫七変化」 | トップページ | 超貧血と健康診断 »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事