フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ちょこっと、チョコの話 | トップページ | アリスの散歩は危険がいっぱい »

2012年2月18日 (土)

超貧血と過剰な睡眠

生まれたころから貧血だったけど、小学生のころは体力や生命力があるせいか、眠くなるのは夕方と夜だけだったと思う。

成人してからはストレス疲れも加わり、やたら眠くなってしまった。

最近ではさらに悪化して、一日何もできないこともある。一日中だるい

「わたしの毎日の睡魔との生活」

AM7時  起床

AM9時半 仮眠(1回目の強い眠気が襲う) 30分くらい眠る

PM3時  仮眠(2回目の眠気が襲う) 30分~2時間(ストレスかかるほど長くなる)

PM8時  仮眠(3回目の眠気が襲う) 30分~2時間(PM3時の仮眠が充分なら、眠くならない)

AM0時  就寝

ここ数日は、血圧上昇剤と鉄の薬を飲んでるので、朝9時半と夜8時の睡魔はなくなってきた。やはり、一日を有効に過ごすためには、必要な薬は飲み続けないとだめなんだね。

よくテレビで「昼寝は15分。これなら夜寝付くのに差し障りがない」とうたってるが、昼間2時間以上眠っても、私は夜も5分以内ですぐに寝付ける。とても寝つきはいい。

仕事中は仮眠はとれないけど、どうしてるかというと、だいたい体がふらーと力が入らない状態になっている。

頭は起きているが、体の血が眠りモードになってて、例えて言うなら酒に酔ったときのようなほわーとなった感じだろうか。

そのせいか、はたから見ると仕事してないようにみえるようで・・・、ちゃんと結果はだしてるんだけど、周りはイラつくみたい。

松居一代さんが、「大地の底から力が湧き上がってくる」などといって、朝3時ごろから掃除をしてるというのを聞いたことがあるけど、パワーがあるのはうらやましい。人生で力が有り余ったことなんて一度もないよ。

わたしも一時期、仕事だから頑張ってバリバリ働いたこともあるけど、朝が起きれなくなるね。

早めに夜11時に寝ても、朝7時に体を起こせない。(9時まで寝ればようやく体が軽くなるのだが。)遅刻ぎりぎりまで起きることが出来ない状態になる。

ある本に、「低血圧で朝起きれないなら、夜時間の仕事に替えればいいじゃないか」とあったけど昼夜逆転してるわけではないんだけど分かってないなぁと反論したくなる。

一日12時間も睡眠に使ってるのは自分でも無駄だと思ってるけど、どうしようもないんだよね。

体内のバッテリー容量が少ないようで、しょっちゅう充電(仮眠)しないと次の行動に移せないんです。

はじめのころは家族にも理解されず、夜8時ごろに仮眠してると、家人が「布団で寝たら?」とあきれ顔で言ってきてたりしてたけど、「これは充電中だから」と説明したら納得してくれた。朝起きれない分、夜のうちに朝食の準備などをしなければならないから、家事をそのままにして、早々8時に寝るわけにはいかないのだ。横になってるからって、だらけているわけではないのよ。

moon3  moon3  moon3

むかしから気になっていたが、「ドラえもん」ののびた学校から帰るとすぐに昼寝をしていた行動は、もしかすると私と同じ貧血なのかもしれない。ウィキペディアで調べてみたら、ほんと自分と同じだった。(とうことはわたしもダメ人間となるわけで・・・?)

「ドラえもん」の野比のびた睡眠について

昼間から眠たくなるようで、学校から帰って疲れてるからと眠り、友だちと遊んでまた疲れて眠り、一日が終わるころにがっくりして眠り、24時間の半分寝ている(12時間の睡眠)。

寝つきは異常なほどよく、通常は横になると同時に眠りにつくことが出来るほど(0.93秒の記録を持つ)、眠りにかけては尋常ではない才能をもつ。

NHKのドラマ「坂の上の雲」で見かけた、児玉源太郎(1852~1906)も、あのドラマの彼の描写が正しければ、彼もかなりの貧血だったのではないかと思っている。ドラマの中で会合のあとおおっぴらに昼寝してる場面があったから。

児玉さんのように、大物になれればいいけど、ふつうの睡眠が6時間だとしたら、6時間無駄な睡眠に使ってしまってるので、のびたのような人生しか歩めそうにないね。

Photo

なんか、暗い感じで終わってしまったけど、ちょっと話をまとめるのがむずかしかったので、勘弁です。

追記:2012年4月27日

病院からもらった薬で、今はふつうの生活が送れるようになりました。
睡眠7時間、昼寝30分で済みます。
日中だるくないので有効に時間を過ごせるようになりました。

Photo_2

« ちょこっと、チョコの話 | トップページ | アリスの散歩は危険がいっぱい »

病気」カテゴリの記事