フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 映画で見る勝鬨橋 | トップページ | 心のもちよう »

2012年4月 8日 (日)

漫画体力

ブログにはまだまだいろいろ書きたいこと載せたいことがあるけど、なかなかはかどらなくて困っている。

私の場合、イラストや漫画で表現したいと思ってるから、時間がかかって全然すすまない。

1ページ漫画を描くだけなのどうしてにこうも大変なんだろう?

もともとは唯一自分の取り柄である絵の才能を取り戻したかっただけなのだけど、時間はあるのに絵を勉強する時間が全然とれない。

遠近法の描写どころか簡単な人物でさえうまく描けない。

最近の萌えきゃらとか単純な体型でさえ、「真似ることで自分のイラストにする」、という初期段階でさえつまづいてしまっている。

10代のころはちょっとした時間でもさらさらとイラストが描けたのに。

つまり、これが「漫画体力」がないということなんだろう。

banana   banana   banana     

今年3月11日に読売新聞で17年9か月連載してた’けらえいこ’さんの「あたしンち」が終了した。

Photo

いろいろな理由が重なっての終了だけど、「体力的に週刊連載がきつくなった」というコメントが印象的だった。いま50歳くらいでしょうか。

見た目としては、簡単な構図だし、キャラは決まってるし、特殊技法はいらないし、ページも週間漫画から比べたらたいしたことがないように思えたけど、やはり毎週掲載は大変だったようだ。

読者からの言葉にも考えさせることもあったようで、
「タチバナ家のおかずの少なさに’ひどい’と怒る方がいたり、お母さんが身勝手だとか、お父さんに気を使いすぎという声もあった。たぶん、もともとあった傷に触ってしまうんでしょう。私が思う以上に家族関係に傷ついてる人が多いのかもしれません」 けらえいこ談

もし結婚してすぐに子供がうまれていたら、今頃はみかんと同じ年頃だったろうから、今どきの子供目線で、また違った「あたしンち」が読めたかもしれないね。

「スタート時「あたし」というのはみかんのことでしたが、いつのまにか母視点で描くようになり、ついには父の年齢を超えてしまったあたりで、ちょっと行く先を見失ってしまいました。去年の震災のショックも大きかったです。」 けらえいこ談

本当に4月から日曜版に「あたしンち」はなくなっってしまった。読売新聞購読者としては、長くあったものがなくなるのはさみしいね。
ともかく、長い間たのしませてくれてありがう。おつかれさまでした。tulip

« 映画で見る勝鬨橋 | トップページ | 心のもちよう »

つぶやき」カテゴリの記事