フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マリアと鳥の羽根 | トップページ | イゾちゃん、はい! »

2012年4月21日 (土)

財布の落し物

飼い犬が生きてた10年くらい前は、よく財布を拾った。

子どもの財布1回、大人の財布2回、ビジネスバッグ1回(金銭は入ってなくて資格などの免許証が5枚ほど)。

犬と一緒に路肩を歩くので、車から降りたときに落ちただろう財布が、草むらにあるのをよくみつけた。

中をみれば免許証などいろいろなカードが入ってるから、直接持ち主に連絡とろうと思えばできるけど、毎回基本どおり交番に届けた。

数百円くらいしか入ってなかった子どもの財布は届けただけで終了したが、カードだのお札だのが入ってる財布の場合は、持ち主と連絡とれるまで受付で待ちぼうけである。

どこで拾ったのか聞かれ、持ち主と連絡取れるまで毎回だいたい10分待たされた。(連絡とれなきゃずっといることになるのだろうか?)そして、自分の連絡先を用紙に書いて帰る。

数日後に警察から封筒が届き、’5%~20%以下の報労金をもらう権利があります。落とし主と連絡してください’というようなことが書かれた紙が中に一枚入れられていた。(書類が残ってないので、正しい文章は覚えてないです)

えっ?自分から連絡するの?
くれるっていうならもらうけど、頂戴とは言いいずらいなぁ・・・。

知らない人とのトラブルも怖かったので、連絡はしなかった。
相手からも連絡はこなかった。

(いま検索してみたら、2つばかり落とし主から連絡してお礼をしたとおう話をみかけた。う~ん、やっぱり落とし主からだよね)

なので2回目拾った時には、「お礼はいりません」と答えた。
受付をした警官は、ちょっと’えっいいの!?’って顔をして、「(相手と連絡とれるまで)待たせてすみません」とあやまった。
役所とちがってそこは素直なんだなぁ。

報労金はくれるっていうなら、そりゃ欲しいよ。
でも、トラブルは怖いからおじけづいちゃった。
もったいないことをしたかな。
ヴィトンの財布に、20万くらいのお札にデビットカード、クレジットカード。全財産が入ってた感じだった。
報労金は現金だけに適応なのだろうから、1万~2万もらえたかもしれないなぁ。
こういうところが運のなさだね。

dollar   dollar   dollar

私も一度だけ財布を失くしたことがあって、公衆電話ボックスに置き忘れて15分後に戻ったけど、すでになかった。

すぐに交番に届けたけど、お巡りさんは「まず出てこないと思ったほうがいい」と言った。
簡単な書類に記入しただけの手続きだった。

1週間後くらいに知らない書店から「財布を忘れてますよ」と連絡がきた。
行ってみると確かに私の財布だった。
1万円と小銭を入れていたが、1万円だけなくなっていた。
小銭はいらないというところが、盗んだのは成人男性のような気がした。
いろいろ思考がめぐりまくってテンパって、「すみません」と店の人に返事するだけで精一杯で、頭くらくらしながらそこを去った。

交番に言おうと思ったが、友だちがしなくてもいいよ、などというからそのままにしてしまった。
今も記録が残ったままなのかと思うとやな気がするけど、見つかった方が手続きが面倒らしいから、まぁいいか。15年前だから書類はもう破棄されただろう?

財布は戻ったけど、やはり誰がさわったのか分らず気持悪いので、結局それは捨てることになった。

moneybag   moneybag    moneybag

だいぶ前、友だちがよくパチンコ屋さんで財布を失くした。Photo

後ろのポケットからすられたのかわからないけど、2回も失くすもんだから、ベルトと財布につなげられる紐つきの財布をプレゼントした。

それ以来失くすことはなくなったが、替えの財布が見つからない。

紐でつなぐため、財布の折り目あたりに穴が開いてないとダメなんだけど、通販でも最寄りの店にも見かけない。
あっても何故かウエスタンのような派手なものばかりで、シックな大人用がない。

便利だと思うんだけどなぁ。

格好悪いのかしら?

« マリアと鳥の羽根 | トップページ | イゾちゃん、はい! »

なるほど話」カテゴリの記事