フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 赤毛のアンとにんじん | トップページ | ミニ触覚ヘア »

2012年6月28日 (木)

飯盒(はんごう)で食事つくり

Photo


十数年前に、菅井きん(1926年~)さんが、「飯盒で、ごはんを炊いてから、味噌汁をつくって、ふたで野菜炒めをつくったの。新婚なのに友だちも同居してるから、3人分つくらなきゃいけなくて大変だったわ」とテレビで語っていた。(記憶違いでなければいいけど・・・)

飯盒は、中学生の時に見かけたけど、私はカレー班だったからさわったことないんだよね。
ごはんを炊く以外でそういう使い方があるのかと、感心したので、記憶に残ってました。

参考、飯盒サイト➜http://www.hangou.net/mame/index3.html

菅井さんがいつの頃結婚したのかはわからないけど、昭和25年頃と思って、人物のファッションは1951年(昭和26年)の映画「めし」から拝借しました。
モノクロだから色はわからないけど、たぶんおしゃれな色合いだったと思う。
終戦から6年しかたってないけど、パーマヘアの人もも多くて、形は今の近いものがあります。

昭和25年頃だとまだ、ガスコンロはなく(昭和30年頃登場)七輪が一般家庭でよくつかわれていたという。
何かの映画で,淡島千景演ずる女性が、2階の窓のところで、七輪に一人前の鉄なべを温めながら、「よってらっしゃいよ!一緒にうどん食べましょ。」と道をあるく主人公に声をかけてるシーンがあった。おもしろかったのでそんな感じにしてみました。

アニメ「火垂るの墓」にもよく登場してたというけど、ちょっと記憶になかったわ。

« 赤毛のアンとにんじん | トップページ | ミニ触覚ヘア »

日記まんが」カテゴリの記事