フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 親族表 | トップページ | 手塚治虫といじめ »

2012年7月19日 (木)

いじめられっ子の心理

いじめがあると、どちらが悪いのかという話になるけど、いじめられてる側としては、そんなことどうでもいい。

ただ、みんなと仲よくしたい、それだけ。

もし、いじめをみかけたら、いじめを止めるよりも、加害者と被害者を引き離して、別のことに気持ちを持って行ってほしいのだ。

いじめを受けてる側も、これがいじめだと認めたくないし、恥ずかしいことだと思っている。

そして、いじめてる相手が、幼なじみだったりすると、家族愛のような感情を抱いてるため、なかなか本気で憎めないし、執着やさみしさから自分から近づいてしまったりする。

みんなが友だちになってくれれば、いじめられっこはもとの元気な子に戻れるし、いじめっ子を頼ろうともしなくなる。

‘いじめをやめさせよう’、‘相手を改善させよう’と思うから、「今度は自分がいじめられるかも」と不安になるわけで、それとなく「他にも楽しいこと・やること」を教えてあげればいい。
加害者はヒマなんだと思う。

トイレなどの個室でのいじめの場合は、先生が「ここのトイレ故障してるんだって?」とずかずか入ってきて、いじめのできない状況にするとか、いろいろやり方はあると思う。

Photo

「いじめはやめなさい!」というよりも、この状況から、さりげなく助け出してほしい

どうしていじめが起こるのか。◆

いじめっ子になる要因:過去にいじめられた経験がある
               なんでも自分の思い通りにしたい。他人までも支配したい
               ストレス解消のためうさを晴らしたい
               自分の劣等感から人をねたんで落とし入れたい
               性格上の問題や家庭の問題など
             

いじめる理由: 「なんとなく、つまらなかったから」 「なんとなく、気に入らない子だったから」
          「何やっても「いや」って、言われなかったから」 
          「家族が仲良しでうらやましかったから」
          「一人だけ違うカバンを持ってたから」  など

いじめっ子はいつも「いじめるターゲットを探しています。いじめる相手は別に誰でも構わないのです。
             ----「学校探検隊・いじめの定義 」からーーー

加害者は、賞賛を求め、自分が優れた人間だと感じたいがために、他人に対する評価をおとしめる。
自分の優越感を支えるために、絶えず身近な弱い人を否定しつづけ、グループの中に「生贄(いけにえ)」をつくりたがる。
平気で他人を利用し、他人が苦しんでいてもなんとも思わない。
              ーーーーモラルハラスメントのコラムからーーーー

 

よく、不良たちが浮浪者を襲うのも、そういった理由に思える。

◆どうしていじめられるのか◆

いじめられっ子になる要因:いじめられっ子から見て弱いやつ
                  体が小さい
                  動作が機敏ではない
                  身の回りが衛生的でない子 
                  友達が少ない
                  おとなしい子
                  一人で行動をとる人
            ----「学校探検隊・いじめの定義」からーーーー

自分の経験からいうと、一瞬でも気の弱さを見せると、誰でもいじめっ子に変貌します。

◆いじめの果ては◆

あまりにもいじめられると、自殺を考えたくなります。
「自分が死んだら、加害者はようやく自分のしたことに気付いて、涙ながらに心から反省して謝ってくれる」と、思いがちです。
でも、相手は泣きもしないし、反省もしない、むしろ笑っています。
こういう結果ゆるせますか?

みんなが自分をいじめてる気がしてきますが、「誰が何をしたか」をメモにとっておけば、誰が「味方」で「敵」か見えてきます。
万が一の時には、それが記録となり、いじめの証拠になって、残された親たちの訴訟の武器となるのでメモは大事です。

Photo_2


いじめの話は暗いので、控えてたのですが、せっくなので載せることにしました。
自分の過去の体験をもとに思ったことを書いてみました。

追伸:私はいじめっ子と戦いたいとは思いませんでしたが、自分の親には相手の親と戦っていじめをやめさせてほしかったですいまでも。

« 親族表 | トップページ | 手塚治虫といじめ »

人間だもの」カテゴリの記事