フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 白いくまと黒いくま④ (全4話) | トップページ | 親族表 »

2012年7月14日 (土)

浴衣の着かた

Photo


自分のために備忘録として、載せてみました。

いざ着る段階になって、本を探し、細かな指示に目を通すのは、とても面倒で大変なので、要点だけ、書いてみました。

専門用語はあえて使いませんでした。
本来は、胸元は「共襟」「かけ襟」といい、わきの下の穴は「身八つ口」という名前です。

本には、

内側に入る裾は、後ろまで回さず、前側に三角に折り曲げておけば、歩きやすくなる、とか

内側のおはしょりは、上のほうにたたんでおけば、おはしょりがかさなってモコモコしない、とか

背中のしわは、わきの下の布を腕側の引っ張れば、すっきりまっすぐになる、とか、

細かにやり方が載っていますが、素人なのでこれくらいで充分かなと思っています。

※マンガでは、「伊達締め」「腰ひも」が昔ながらの紐になってますが、これはわたしの持ってるのがこの形なので、そうしました。
今は、ベルト式の縛らなくてもいい簡単タイプのが出ています。

ribbon    ribbon    ribbon    ribbon

15年ぶりに浴衣に腕を通して、「浴衣は着るのが簡単!」というのを、確認しようとしたのだけど、苦労してしまいました。
帯をひねるやりかたが、上からめくるのか、下からめくるのか、忘れてしまい、四苦八苦。
「簡単帯」は1周半くらいの短さなので、めくりすぎると下側の端っこが出ちゃうし、着るのに20分かかってしまいましたよ。
本には、「汗だくになるので、着付けはクーラーの効いた部屋で」とあったけど、汗をかかないわたしでも、ほんと汗だくになってしまいました。

これでコツはつかんだので、次回着るときは10分くらいで着れるんじゃないかなぁと思う(笑)。

« 白いくまと黒いくま④ (全4話) | トップページ | 親族表 »

日記まんが」カテゴリの記事