フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ありす、甲状腺機能亢進症 | トップページ | 夕方の魔の時間 »

2012年8月14日 (火)

美輪明宏さんの言葉

Q、「自分は役立たずでいらない存在」Photo_7

美輪:‘わたしなんか役に立たないし、生きたっってしょうがない’っていうけど、役に立たない人って一人もいない。
何か役目を持ってるんですよ。
それに気づかないだけ。
何をすべきか、何が自分に向いてるのか、他人と比べず、自分自身と向き合えば、「自分の発見」から、人生を出発すると、どんな方でも出来る喜びがわいてくる。

Q、「人から誤解されて困る」

美輪:‘信じてもらえない。信頼してもらえない’っていうけど、親子でも兄弟でも十数年連れ添った夫婦でも、理解できるってありえないんですよ。別な人間ですから。
自分が自分を誤解してる人がいる。才能がないんだって。

人間は、人を見たときの価値判断の基準というのは、全部自分が基準。
自分の知識程度、人格、人生経験。
その情報で判断しようとする。
だから、自分の許容範囲じゃないものが出てきたり、理解できないものとか、初めてのもの、というものは、拒絶反応があって、それを攻撃しようとするか、排斥しようとする。
にんげんは一人一人が独善的(自分だけが正しいと信じる)で自己中心的な独裁者の部分があると思うのよ。
自分がまともな基準であるというふうに、うぬぼれてるところがあるでしょ。
コンプレックスがひどい人ほど、人を非難したり、おとしめることによって、自分を優位に立たせようというところがあるんじゃない。

Q、「親友が欲しい」

美輪:親友なんてものは一人いればいいもの。大抵の人はいない。
あなたが言う「親友」なんてものは、自分にとって都合のいい相手、自分のわがままを聞いてくれる都合のいい相手を探しているわけどしょ。
本来、親友というのは「迷惑をかけられない相手」なの。大事な友達なんですものね。
友達を増やすというのは、相手の悩み、苦しみ、トラブルも増やすということよ。

Q、「定年後、夫の嫌なものばかり目について、会話もない。夫婦の付き合い方は?」

共通の目的や趣味を持てば、夫婦愛がなくなっても、人類愛や同志愛が残るもの。

「‘いじめ’などの表現法について」

「いじめ」という言葉は「万引き」という言葉と同じように、使っちゃならないと思ってるの。
「万引き」って軽いニュアンスがあるじゃないですか。万引きぐらいいいじゃないかと。
だけど、立派にあれは泥棒なんですよ。
「いじめ」もね、あれは「犯罪」といったほうがいいの。
「死ね」と言ったり、それ「脅迫」でしょ。立派な「犯罪」ですよ。

・いじめられたら「やり返す」こと。
いじめを許すと相手はつけあがるので、どれだけ痛いのか、いじめられてる人間の気持ちはどんななのか、教えてあげるのも親切なの。
10倍20倍に返せば、徐々に被害が減っていくはず。
相手のためでもあるのよ。

本などを読み、ロマンや美意識、知識を増やし、自分の中に吸収する。
どこにでも通用する、通行手形は「ほほ笑み」ですよ。

参考:「レディース4」2012年8月7日放送、
    「アシタスイッチ」2012年8月5日放送

※まとめるにあたって、少し言い回しをかえたところがあります。
 

追記:美輪さんではないけど・・・

Q、自分の仕事のモチベーション(何かをしようという積極的な志)があがらない。

自分のなかで明確なゴールをつくるといい(人事コンサルタント 近藤悦康)

Q、毎日、悶々(もんもん)として、やりたいことがわからない。

たくさん嫌な思いをして、何が嫌いなのか明確にした後に、やりたいことを考える。
私は人に使われることが嫌なので、自分で会社を作った。(エイチーム社長 林高生)

Q、テレビで活躍したい。女優とかアナウンサーとか。

大事なのはテレビに出ることが目的ではなく、ほんとうにテレビに出て何をしたいか。
アナウンサーと女優は違う。その違いを本当にわかったときに、すごい強い志が持てる。
(ネスレ日本社長 高岡浩三)

・出来る人は朝が早い。朝に一日のイメージをしている。

・自分の第一印象を大事にする人は、人のことも大事にしている。
 結婚式に呼ばれた時のように、自分の印象をよくすることは、相手へのおもいやりである。

「めざせ会社の星・トップが明かす成功への7つの習慣 」 2012年12月8日放送から

追記:

Q どうして髪を金髪にしてるんですか?

お金に困っていいたとき、金持ちの知人宅へ行ったら、部屋中、風水で固められていたの。
彼は「風水は全部統計学だ。実績があるからやるんです」というので、風水で金運を表す黄色にしたの。そしたらお金が入るようになったのよ。

色で一番よくないのは、「黒と灰色」。悲しみの色、不安の色。
参考にするのは植物。黒やグレーの植物は見たこと無いでしょ?
黒い服を着なければいけない時は、中に真っ赤な物を着るの。
赤というのは生命力の色。
生命力の塊の人間を「赤ちゃん」っていうでしょ。
60歳になって、生命力が落ちてたら、「赤いちゃんちゃんこ」を着て「赤い帽子」かぶり「赤いふとん」に寝せる。
平安時代のお公家さんも中に赤いものを着てたし、芸者さんとか下半身で稼ぐ人も真っ赤な腰巻、長じゅばんを付け、肉体労働者も「赤いふんどし」だったのよ。

「ゴロウ・デラックスSP」2012.8.23放送から

« ありす、甲状腺機能亢進症 | トップページ | 夕方の魔の時間 »

人間だもの」カテゴリの記事