フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 味見と私 | トップページ | 今晩のおかずはズゴック鍋 »

2012年10月23日 (火)

エアニグラム・9つの性格

姉から「9つの性格」(鈴木秀子著 PHP)という本を勧められ、読んでみた。Img273


世の中の人間は、9種類の性格に分けられ、この特性を知れば「本当の自分」や「人間関係」がうまくいく可能性があるらしい。

読んでみるとなかなか言い当ててる気がするし、何より、姉の私に対する見方が変わったことが喜ばしい。
姉は昔から私に対して「あんたは友達もいない、さみしい可哀想な人なのよ」と言っていたが、
これを読んで「あんたは、ひとりでいる方が実力が出るんだって。‘強気’が大事よ」と、
理解のある言葉を投げかけてきたのだ。
誤解が解けてほんと良かった。
ちなみに私は「タイプ5」である。

これは占いではなく、統計で、コミュニケーション・ギャップを改善すべくアメリカで普及されてるものである。

全333ページあるものを、約2ページ分でで紹介してるので、
良さが伝わらないかもしれないが、目次程度に書きだしてみた。

おもしろみがないので、ちょど9人いる「サイボーグ009」に強引に当てはめてみた。
009と003がしっくりこなかったけど、まぁ、しょうがない。

___________________________

タイプ1「完全でありたい人」003

 性格:完璧をめざし努力を惜しまない。公正と正義を心がける。
 悪いところ:相手にまで完璧を求める。
         ストレス時、自己批判。
 時間:何事も正確丁寧を心がけてるので、常に時間に追われている。
     正確を期待する仕事を短い時間にやれといわれると怒りを覚える。
 母に対して:一生懸命頑張っていい子でいるため完璧をめざす。
 幼少期:大きな責任感を期待されていたため、自分の正しさを自分自身で監視していた。
 
 改善策:自分に優しくする。そうすれば他人にも優しくできる。
      「私はすてきだ」と楽観的で自愛的な誇りをもつと、他人や自分に対する攻撃が減る。 

タイプ2「人の助けになりたい人」009

 性格:自分をかえりみず相手の世話や助けに一生懸命。
 悪いところ:親切にされるのは嫌い。
        ストレス時、怒りっぽくなり人を攻撃、疑心暗鬼
 時間:時間は人助けのために使うもの。
     「そんなのほっといて自分の仕事をしろ」と言われると「非情な人間だ」と憤慨する。
 母親に対して:にっこりやさしい子
 幼少期:やさしく愉快な子供としてかわいがられていた。愛情を引き寄せる術を知っている
 改善策:相手に見返りを求めないようにする。
      「私は独特だ」と独自性の強い誇りを持つと、自分のありのままの姿に納得できる。

タイプ3「成功を追い求める人」008

 性格:自分の生活を犠牲にしてまで成功と実績を重視。
 悪いところ:成功と関係ないことはやらない。仲間を成功の道具としてみる。
        ストレス時、無表情の優柔不断。依存症になりがち。
 時間:時間は有効に使い無駄にしない。
     短い時間にたくさんの仕事をするのが好き。
 母親に対して:効率よく達成、成功し、認めてもらおうとする。
 幼少期:良い成績や聞き分けのよさなどをほめられ、自分の気持ちを押さえてで認められることに頑張った
 改善策:他人評価ではなく、自己の評価基準を持つ。
      「私は忠実だ」と思うと攻撃的行動が減り、職場仲間に配慮が出来るようになる。

タイプ4「特別な存在であろうとする人」007

 性格:平凡を嫌い、特別な存在でありたい。
 悪いところ:現実を無視し、『自分のドラマはこれから始まる』と夢見がち。
         ストレス時、周囲の注意をひき、特別な存在であることをアピール。
 時間:時間は無視。心のおもむくままに行動。朝起きようが夕方起きようが平気。
     誰でも出来るような仕事は退屈な時間と思う。
 母親に対して:感受性の豊かさを武器に、他の子と違う特別な存在をアピール。
 幼少期:親から見捨てられたという悲劇の記憶を持つが、たいした出来事でない場合が多い
 改善策:自分の中の平凡さも認める。
      「私は働き者だ」と考えると積極的に社会と関われるようになる。

タイプ5「知識を得て観察する人」001

 性格:知識や分析好きで口数が少なく、ひとりの時間を大切にしている。
 悪いところ:仮想に生き、一人こもって知識を集め、考える。
        ストレス時、衝動的に行動、判断、考えがまとまらない。
 時間:知りたいことがたくさんあるので時間が足りない。
     社交に使う時間は無駄と考える。飲み会にさそわれるのは嫌い。     
 母親に対して:頭の良さや知識の豊富さを認めてもらおうとする。 
 幼少期:家族にかまわれなかった、または過干渉でわずわらしかったため、感情をなくした
 改善策:人と関わり行動し、伝える努力をする。
      「私は強い」と攻撃的な考えを持つと、人と接しながら知的な力を活用することができる。

タイプ6「安全を求め慎重に行動する人」004

 性格:強いリーダーには忠実に従い、納得がいかないことには戦う。
 悪いところ:一つのいい考えにも疑問を持ち、決断できない。
        ストレス時、仕事中毒になる。新しいことはしない。
 時間:時間は必ず守るもの。予定どうりに進行すべき。
     多くの仕事を同時に命じられると不安から仕事が何も手につかなくなる。
 母親に対して:言いつけを守り誠実さをみせる。
 幼少期:正当な理由もなしに怒られたり、信頼できない気分屋の親に育てられた
 改善策:人間関係を良好にし、世の中は危険でないことを知ること。
      「私は大丈夫」と思うと、周りに流されず、他者への依存からも抜け出せる。

タイプ7「楽しさを求め計画する人」007_2
006
 性格:楽観主義で、楽しい計画を立てるのが好き。
 悪いところ:過去の失敗を振り返らず、嫌なことから逃げるので改善しない。
        ストレス時、何ごとにも相手を口やかましく批判し、他人を変えようとする。
 時間:楽しい時間はたっぷりに感じ、辛いときは時間が止まってるようで耐えられない。
     楽しくない無味乾燥な仕事をやらされると、やる気をなくす。
 母親に対して:明るい子
 幼少期:楽しい思い出だけを記憶にとどめている
 改善策:創造をめざし、悲しみや苦痛を受け入れる覚悟をする。
      「私は良く知っている」と沈思黙考すれば苦痛があることも忍耐よく完成できる。
 

タイプ8「強さを求め自己を主張する人」002

 性格:正義のために力の限り戦い、弱いものを守る、パワーがあふれている。
 悪いところ:相手の弱点を見抜き、ケンカっぱやい。
        ストレス時、ひきこもり、自分自身に攻撃を向ける。
 時間:時間に追われるのは嫌いなので、すべきことははさっさと済ます。
     短い時間に多くの命令をされると自分の弱さにつけ込まれているという屈辱を感じる。
 母親に対して:正義を貫く強さを認めてもらいたい。
 幼少期:闘争的な思い出が多い。強者が尊敬され、弱者が軽蔑されることを早くから自覚してた
 改善策:自分の弱さを認め、他者を許し、威圧しない。
      「私は人の助けになる」と献身的な気持ちを持てば相手の気持ちも理解できるようになる

タイプ9「調和と平和を願う人」005

 性格:葛藤や緊張を嫌い、みんなの意見に合わせる。
 悪いところ:無気力で人任せの優柔不断。
        ストレス時、より受け身になり無精になる。
 時間:時間は単調にゆっくり進むもの。せかされると投げ出す。
     急な仕事を頼まれると単調な時間のリズムが狂うので負担を感じ投げ出したくなる。
 母親に対して:穏やかな雰囲気で母親と仲良くしたい。
 幼少期:疎外感を味わった。自分の関心ごとなどだれにも考慮されない
 改善策:『自分は愛すべき人間』と思うことができれば、他人に意見が言えるようになる。
      「私は成功している」と行動と実績に自信がもてれば、目的に邁進できる。
 

« 味見と私 | トップページ | 今晩のおかずはズゴック鍋 »

本と映画とテレビと」カテゴリの記事