フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 私も目撃!アリコの飛行船 | トップページ | 好物ばかり「おこわ米八弁当」 »

2012年10月16日 (火)

くまの詩

だいぶ前に新聞に載っていた、「クマ新聞」にあった、くまからの投書文。

__________________________

「ヒトが出る、困った」Photo

最近、山にヒトの出入りが多くなった気がする。

ヒトが計画した自然開発がどんどん進んで、

水と空気を悪くしてしまった。

食物も少なくなってきて、

体調がいま一つ思わしくない。

この間、食物を探してさまよっっていたら、

山菜取りのヒトとバッタリ遭ってしまった。

お前たちはいっぱい食物もあるだろうに。

まして鉄砲なんか持っていたらおしまいだ。

僕は身一つだからね。

ヒトの音がしたら近づくな、と教わったものだけど、

突然のことだったので、おもわず手、いや前足が出てしまった。

亡くなった友だちも何頭かいるからね。

そうそう友だちのおじさんは生きたままヒトに連れて行かれて、

動物園ですごしていると聞いたけど、

刑務所に似ているようだとも話していたよ。

僕は、越境してはいけないと教わった母とは別れたきりだし、

父はもっと前に別れたままだ。

この前、新聞に載ったのは、

父がはく製になって温泉宿の玄関に置かれている、

とのうわさを聞いて、どうしても会いたくて行く途中、

キャンプ場の残飯をあさってるところだったんだ。

父には会えなかったけど、命がけだったんだ。

もう里には下りない。

なんとかヒトとすみ分ける方法はないものか。

もう少し空気と水をもとに戻してほしいんだ。

_________________________

農村の過疎化によって、 野生動物と人間の境界線的役割だった里山がなくなり、いきなり住宅地にクマ(ニホンザル、ニホンカモシカなど)が現れるようになった。

戦後には、森が木の実のならないスギ、ヒノキに整備され、エサに困った野生動物たちが人里まで降りてこなければいけない状態になった。

(ウィキペディアより)
__________________________

人里に現れたクマは、何もしなくても射殺される運命。

エサに困ったクマのために、どんぐりを集めて与えるプロジェクトもあるらしいが、
その地域のでないと、現地に居ないはずの細菌や虫を広めることにもなるから、
注意が必要だ。
私的には、べつにどんぐりでなくても、雑食なので果物農家で破棄したものでもいいと思うが・・・。
ただし、人間の匂いが付いてると、人間からのプレゼントと思って期待してしまうとかで難しい・・・?

クマが人間を襲うとは、どのレベルなんだろう?
猫パンチならぬクマパンチだけでで死んでしまうのだろうか?

いろいろ騒動になってるけど、テレビなどで熊研究家、熊専門家を見ないけど、何してるんだろう?

ニホンオオカミの二の舞にならなければいいが・・・。

(危険と思っていたニホンオオカミを絶滅させたら、天敵のオオカミがいなくなった鹿、いのしし、さるが大量発生して、田畑を荒らすようになって問題になっている。
昔、中国だったか、稲をたべるスズメを大量駆除したら、害虫が繁殖して米がダメになったこともあった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96 ←四害駆除運動 )

悪と思われるものを絶滅させてもなんの解決にもならない・・・

« 私も目撃!アリコの飛行船 | トップページ | 好物ばかり「おこわ米八弁当」 »

「白いくまと黒いくま」(4P)」カテゴリの記事