フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月 1日 (木)

ねこつぶ(ロデオ器具)

Photo

「ついでに世界一ウエストの引き締まった、ねこを目指すってのもありかな?

    ギネスに載っちゃたりしてheart01

2012年11月 2日 (金)

安彦良和デザインノート81’

ブログをはじめた2年前は、イラストが描けなくて困ってしまった。

まんがブログにするつもりだったけど、人物の顔さえ描けない。

およそ20年、落書きすら描かなかったので、画力が消滅してしまったらしい。

A4用紙の小さな漫画のコマの中に、どうやって人物を入れたらいいかもわからない。

もしもすると、顔のアップだけとか、ちまちました全身像の絵になりそうだ。

しかたないので、苦手だけど4頭身のキャラでなら何とかなるだろうと練習をした。

参考にしたのが、この「yoshikazu yasuhiko デザインノート」
(1981年のアニメージュ12月号のふろく)。

資料を買いに行くのが面倒だったので、家にあったこの本にしただけだけどね。

でもやはり、4頭身は難しいし、7頭身のほうが好きだから、すぐに4頭身はやめてしまったけど・・・。

__________________________________

「安彦良和デザインノート」の表紙。

Photo_3

参考にした3頭身。「わんぱく大昔クムクム」昭和51年放送。

男の子は、たくましさが出るように、足先は大きい。
女の子は、きゃささを出すため足先が小さくしてあるのが分る。

Photo_4

参考にした4頭身。1982年に放送されたスペシャルアニメ「白い牙 ホワイトファング物語」

これは、ギャグ的デフォルメはない。子どもの体を基本どうりに描いている。

安彦さんは、メカも動物もうまい。
動物は見て描いているようではダメだと常々言っている。
たぶんそらで描けるほど観察しなければいけないということだろう。
____________________________________

あくまでこれは参考で、私は4頭身を、上手に描きこなせませんでした。
見たままだったら描けるけど、自分のものにするためにはアレンジしなくてはいけませんから高度な技が必要です。
30年前のを真似したら、古臭さが出るだろうからそっくり描くわけにはいかないし。
なかなか難しいものです。
今の時代は、2頭身が主流だけど、残念ながら私のストーリーには合いません。

____________________________________

安彦良和さんのキャラづくり苦労話。downwardleft

Photo_6

ベテランでも大変な思いしてるんだなと実感。

ちなみにこの話に出てくる「富野さん」は富野善幸のこと。
「ビートン」は「ロボっ子ビートン」。

Photo

企画段階でボツになった、まぼろしのテレビアニメ 「テラ・ホーク」
ガンダムの原型というべきキャラが多く登場。
原作:ゲーリー・アンダーソン、キャラクターとメカ:安彦良和、演出:長浜忠夫

2012年11月 3日 (土)

はも寿司と八ッ橋食べた

衝動買いで「はも寿司」買っちゃいました。
だいぶ前に食べた気がするけど、すっかり忘れてしまってるので、食べてみることにheart01

Photo

上の茶色いのは、はもの蒲焼の押し寿司。
意外とごろごろとした口触りで、うなぎのかば焼きのやわらかさを想像してると、表面の固さに驚いてしまいます。
山椒がきいておいしかったです。

下は、おなじみのはもをにぎり寿司にしたもの。
梅肉がおししさを引き立てています。
はも自体は、ほとんど味がないですね。
よく噛まない人には分らない程度に、骨がかすかにコリッと、歯ごたえがあります。
1パック、1785円。

ついでに、八ッ橋も買いましたheart01

Photo_2

黒胡麻と、くり味ははじめてだったので買ってみました。
黒胡麻はまだ食べてませんが、くりにも、ニッキは混ぜてあるんですね。
検索したら、このほかに「いちご」「かぼちゃ」があるらしく、機会があったら食べてみたいです。
1箱、1050円。

2012年11月 4日 (日)

大河原邦夫 デザインノート

先日載せた「安彦良和デザインノート」が、貴重なものだと指摘されたので、
じゃぁ、これも貴重だろうと、載せることにしました。

「大河原邦夫 デザインノート」(アニメージュ1982年3月号 付録)

001

大河原邦夫
もの心ついたころから、ドライバーを握り、機械の分解をして遊んでいた。
父親もメカ好きだったので、影響されたところもあり、大学時代までメカいじりしていた。
東京造形大学のデザイン科で学び、洋服会社に就職。
すぐに転職して24歳でアニメーション会社のタツノコプロに入る。
背景を描くしごとに就いたが、すぐにメカデザインをやらされ「ガッチャマン」のメカを任せられる。
その後、凄腕のフリーのメカデザイナーとなる。

(メカを手掛けるために、生まれてきたような人生ですね・・・)

Photo_3

彼が初めてメカデザインを手がけたアニメ「ガッチャマン」。(1972年)
慣れてないので、初めの頃は、師匠・中村光毅さんの絵を見よう見まねで描いていた。

Photo_2
「ダグラム」(1981年)
今までと違ったものにしたくて、顔のないメカにしたという。

Photo_4
「ガッチャマン・Ⅱ」(1978年)
度肝を抜くものを、との注文で描いたメカ。ガンダムにつながる形をしている。

Photo_5
「ガンダム」(1979年)
『ガンダムは最初、直線的だったのですが、安彦良和さんが描きやすく、スマートにクリーンナップしてくれました。
ガンダムは最初、鼻や口があったんですが、会議のとき、これじゃあまりよくないとマスクをかぶせたわけです』

Photo_6
「ザブングル」(1982年)
途中から、急きょ、富野由悠季さんが監督をやることになったので、
少し富野さん好みにメカが修正された。
Photo_7
「イッパツマン」(1982年)
『タイムボカンシリーズは、リアルタイプのロボットは合わない。それを修整するため、表面に出てくるのは、ギャグっぽいメカで、そこからリアルなロボットが出てくる意外性を強調してみたかった作品です。』

Photo_8
「ヤットデタマン」(1981年)
『ダレでも見てわかるような、ダレでも描けるようなイメージを出すのは楽しかったですね。
女房なんかに今度はこんなのやったよなんておたがいに笑いあった時もありました。』

(ほほえましい。やさしい人柄がうかがえます。)

追記:今年、大河原邦夫展があちこちで開かれてたらしい。気が付かなかった。もったいない・・・。

2012年11月 5日 (月)

上棟式を見た

上棟式を見た。

最近では近所付き合いもあまりしなくなってきて、珍しくなってしまったのだろう、

今やお祭りのイベントの見せ場となっていた。

上棟式のために骨組みを組み立て、終わったらバラすというやりかた。

お客さんとしては、無料でお菓子などをもらえるから、何でもいいんだろうけど。

ちゃんとお祈りしてからやっていました。

Photo


2

上棟式の屋根上の飾りも土地によって違うんだろうね、きっと。

私は、人込みは嫌いなので遠くから見てただけだけど、参加した知人からおこぼれをいただきました。
かなり取れたようです。

038

赤プルさんが来てました。

2_2

11月なのに、日差しが強くて、焼けるように暑かった。

2012年11月 6日 (火)

ねこつぶ(布団)

Photo

マリアちゃんは器用に自分で布団をかけることが出来ます。

っていうか、布団にもぐれます。

2012年11月 7日 (水)

勉強できないもう一つの理由

2日前の毎日新聞に「勉強は、いったいどこでつまずくのか。ほとんどの原因は言というのが、載っていた。

.

『上越教育大の西川教授によると、

例えば、「200円の鉛筆と消しゴム50円を買ったら代金は?」の問題。

足し算が出来てもこの問題が解けない子がいる。なぜか?

「代金」の意味が分からないのだ。

だから、「代金って何?」というところで思考が止まってしまう。

先生が何気なく使う言葉が気付かぬうちに壁になっているのだという。

‘人間は知れば知るほど『分からない人』の気持ちが分らなくなる’と西川教授はいう。

そこで、授業中に、子供同士で「学び合い」をにして、

出来る子がちょっと出来ない子を教えると、

何の言葉につまずいたのかわかり、改善できるという』

.

私も学生の頃は、ほどほどの成績だったけど、応用問題は大の苦手だった。

問題(質問)の意味がわからないのだ。何度読んでも分らない。

言ってることが分らないから、答えなど出るわけがない。

先日、知人で長男の男に学生時代の勉強の話をしたら

長男、長女って読み取る能力すごいと思ってるのは私だけかしら?)、

「ひっかけ問題は得意」だと言って、「どこで間違わせようとしてるかわかる」という。

もしかすると、もともと分りずらい文章だったのか?

じゃぁ分らなくてもしょうがないわよね?

.

授業といえば、「ノートに黒板の書き写し」だけど、

最近知ったけど、あれって、テスト勉強するときに大事だったのね。

先生が「ここ重要」「ここよくテストに出るよ」というところをメモっておけば、

そこだけ重点的に覚えればよかったんだって。

数年前に、私が姉に「テスト勉強なんてどこが重要か分らなかたったわ」って言ったら、

「先生がどこが出るか、重要か、ちゃんと言ってたでしょ」って言われちゃった。

まさかノートを見てテスト勉強するものだとは思わなかった。

ただひたすらに教科書のテスト範囲を丸暗記してたよ。

基本の勉強のやり方が間違ってるから姉と私に成績に差が出るんだよね。

私にとって「ノートの書き写し」は、先生に怒られないための行為でしかなかった。

なぜか全部書き写さないと殴られる気がして、

先生の話など聞かずに、ただひたすらに恐怖心から、必死で全部書き写していたわ。

実際、殴られてもないし、殴られた人も見たことはないんだけど・・・。

Photo

2012年11月 8日 (木)

昔描いたイラスト

Photo

10代の頃に描いた自分の「オリジナルキャラクターの線画」が出てきたので色を付けてみました。

巳年の年賀用に描いたもので、頭にヘビが巻かれています。白魚にしか見えませんが・・・。

その頃はまだカラーコピーが身近でなかったので、トレーシングペーパーで線を書き写して保存してました。

なので、どう色を付けて友だちに送ったのか記録が残ってません。

髪に毛は、銀髪だったのは覚えてるけど、服はどんな色だったか?

一度描いた絵には、本気で取り組めなくて、適当に色付けしたら、なんか古臭いかんじに・・・sweat02

色のバランスがつかめなくて、茶髪にしちゃったよ。ダメじゃん・・・。

当時、栗本薫の「グインサーガ」に夢中だったので、こんな絵になりました。

Photo_2

残ってた24年前のイラストの線画。

来年は、巳年。年賀状の絵もそろそろ描きはじめないと・・・。うまく描けるといいな。

ねこつぶ(カーペット)

2

夜はカーペットにくるまって、マリアちゃんは寝ています。

カーペットのふくらみを見つけたら、そこにはマリアちゃんが入ってるので

踏まないように気を付けてあげて下さい。

2012年11月 9日 (金)

鮭大根

Photo

あまりおいしそうに写真が撮れませんでしたが、「鮭大根」です。

「ぶり大根」の味付けで、鮭を使って作ってみました。

鮭に塩味が付いてたようで、仕上がりがちょっと塩からかった。

鮭の場合は少し、分量からしょうゆを少し減らしたほうがいいのを忘れてました。

鮭は一年中出回っているので、大根の用途に困ったら、鮭大根がおすすめです・・・なんて(笑)sweat01

.

料理がたいしたものでなかったので、おまけ:

よく立ち寄るスーパーで、ふだん福袋が1000円のところ、500円だったので一つ買ってみた。

500

「ぬかみそからし」(ぬかみそに足すもの)と「重曹」、「辛さ10倍のカレー」は使い道に困るけど、

鉄欠乏貧血に強い味方の「ひじき」「きくらげ」が入ってるのは、まさに、私のためにあったような感じで、ラッキーでした。

「山形のだしの素」なんかもあって、みょうがは終わっちゃっただろうけど、

なすときゅうりは、まだ出回ってるから、ちかじか作ってみようっと。

今回の福袋は、まぁまぁの結果でといえるでしょうheart01

    
    

 

 

2012年11月10日 (土)

ねこつぶ(新聞紙)

Photo


寒いので新聞にくるまったようです。

でも、かなり文句たらたらです。

しかたない、そろそろ暖房をつけてあげましょうか。

2012年11月11日 (日)

上原きみこ トランプ

1970年代に少女マンガで人気だった『上原きみこ』さんの「ちゃお」の付録トランプ。

Photo_6
ボタンのついたケース付き。

Photo_4

この時代は、バレエ、スケート、乗馬など、主役が華麗な仕事を持っていたり、
ドレスを着た洋風貴族の話も流行ってましたね。
Photo_5
漫画はもう手元にないので、うろ覚えだけど、

「天使のセレナーデ」(1972年)の作品は、ベルリンの壁にまつわる話だったと思う。

「ロリィの青春」(1973年)は乗馬の話だったような。

「マリーベル」(1978年)はフランス貴族の話で登場人物はみんなドレスを着ていたよ。

「炎のロマンス」(1975年)は、見知らぬ孤島での王子との恋とサスペンス?上原先生の代表作かな。

.

いとこからのお下がりでけっこう読ませていただきました。

画集ももらったんだけど、どこに行ってしまったのやら?絵がキラキラしててきれいでしたよ。

2012年11月12日 (月)

ねこつぶ(独占)

Photo

マリアちゃんは、ようやく念願の暖房にありつけましたheart01

いい場所を確保できてよかったねheart04

2012年11月13日 (火)

準備中・予告

2004年、世界で話題になったあの番組が

華木人の漫画になって戻ってくる!(いいのか勝手に・・・)

家を汚し、壊す子供たち・・・

1

困惑する母親・・・

3

子どもが悪いのか、殴る親が悪いのか・・・

4

育児のプロ・ジョジョの指導のもと、母親は、しつけ方を学び直す

6

この一家に、平穏な生活はやってくるのでしょうか?
.

.

構想期間、2ヶ月

挫折3回

ビデオテープで番組再生この1話だけで8回

文字に起こすだけで4時間

「Super・Nanny、ヤング一家編」改め「育児の達人・ジョジョ」

近日公開!

ただ今製作中!

乞うご期待!・・・しなくていいです。下手なので・・・

5

ネタが無いわけではないのですが、
世の中、しつけという虐待が多いのでちょっと描いてみました。
まだ完成してないので、挫折しなかったらブログに載せてみようかと思います。

2012年11月14日 (水)

ねこつぶ(登る)

Photo_2


飼い主「やめて!カーテンがぼろぼろになるからっsweat01

2012年11月15日 (木)

ロリコントランプ

1
1982年4月のアニメージュ付録。「ロリコントランプ」
ロリコンといっても、少女アニメキャラを集めたもので変なものではありません。
ほとんどが1枚ずつなのに、なぜか「ルパン三世・カリオストロの城」のクラリスは4枚もあります。

2
スペードの3がアトムの初恋の相手「ニョーカ」。「オーガス」のモームのモデルになったキャラクター。

3
おもにロボットアニメの少女キャラ。

4
「ガンダム」からも4人が参加。でも、どうしてイセリナ(♡ 5)とミハル(♡ 6)?ここは、セイラとララァでしょ?.

2012年11月16日 (金)

ねこつぶ(アリス姫)

Photo_2
ヨーロッパあたりの物語・・・・・・・・・・・・・(タイトル忘れました)

ある日の夜、民家に「旅の途中なのですが、王女を泊めさせてくれませんか?」と従者がやって来た。

老夫婦は、ほんとうに王女なのかを確かめるために、ベッドの上に豆を一つ置いて、

さらにその上に布団を10枚重ねた上に、王女を寝かしました。

ほんとうの王女ならば、豆に気づくはずなのです。

あくる朝、王女は、

「背中に石のようなものがあたって、とても眠れたものではなかったわ」と言ったのでした。

本物の王女様だったのです。

おしまい。

2012年11月17日 (土)

育児の達人・ジョジョ①「問題児」

Photo

2006年にスカパーで放送された「Super・Nanny(すごいベビーシッターという意味)」の
12話「ヤング一家編」を漫画にしてみました。

この番組は子育てに悩む家に行き、3週間かけて親子関係、家族関係を修復させるというもの。
多くの人が言うように「劇的ビフォーアフター」のような番組です。
母子家庭や再婚など家族構成はいろいろで、悩みも、子供が「服を着ない」「食べない」「眠らない」などさまざま。

その中で、日本でも起こりやすいと思われる内容の「家を壊す子供」をえらんでみました。

原作どおりに作るのはなかなか大変で、少し変更した個所もあります。
’家族の名前’と「お仕置きコーナー」は「反省コーナー」に変えました。
「お仕置きコーナー」という言い方は、密室の暴力を連想ささて嫌な感じがしたからです。
でも、ジョジョの意志は、ちゃんととらえてると思います。たぶん。

<ジョジョの子育てルール>

・子育てとは、「大人にとって都合のいい子」ではなく、
 気立てが良く、のびのびとして、個性を発揮しながらも、
 超えてはいけない一線を守ることが出来る子、にすること。

・親の一貫した態度が大切。

・ほめるときは、興奮気味の高い声で。

・しかるときは、大声を出さず、威厳のある低い声で。

・ご褒美は変則的にささやかなものを。

・困った行動を直すには、良い行動をほめる。

・駄々をこねる➜どう頼めばいいのかを親が見本を見せて教えてあげましょう。

もっと詳しく知りたい方は、本が出ています。
「カリスマベビーシッターの0歳からの子育てルールブック」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569648398/getyouenglish-22/ref=nosim/

Super・Nannydownwardleft

http://allabout.co.jp/gm/gc/224906/

2012年11月18日 (日)

育児の達人・ジョジョ②「ジョジョ来る」

2
「大人の尺度で子供は測れない」の話

・東日本大震災の後、被災地では子供が「葬式ごっこ」や「津波ごっこ」をしている様子が見られたという。
大人から見れば「非常識な行為」と思われがちだが、
子供にとってはそれが「悲惨な現状を理解する」「大事な人の死を受け止める」「こころを整理」するのに必要な行程なので、
「無理にやめさせないでください」と当時テレビで説明しているのを見た。
そういう子供の行動を映画にしたのが「禁じられた遊び」(1952年・第二次世界大戦で両親・犬を亡くした少女を少年が墓をつくる遊びをしている)だろう。

・「教育ルネサンス いじめと向き合う9 (幼児けんかで成長)」から 2012.11.1の新聞記事
子供がもめ事を起こす理由は、大人が考えたのと全く違うことが少なくない
保育園で、ある時期、遊びの輪に入ろうとした麻里ちゃん(5歳)が、断られて泣き出すことがふえた。
「なんで泣いてるの?」と聞くと、麻里ちゃんは「断られるより、みんなに一斉に言われるのが悲しい」と話した。
女の子たちは、涙の理由を知って神妙な表情になり
「これからは一人ずつ話すようにするね」と約束。
以後、言葉に気遣いが生まれ、トラブルは減っていった。
「大人が、‘入れてあげなさい’と叱ったのでは、同じようなケンカを繰り返したでしょう」』

・「親子ホットライン (ラベルをはがして)」 2011.4.8 新聞記事から
人には周囲から貼られた‘ラベル’通りに動こうとする性向があり、子供は特にそうなりやすい
(例えば周りから「ケンカばかりして!」と注意され続けていた幼稚園の男の子の場合)
杉本教諭が周囲の大人に、「その子がケンカしても止めないで」と助言をした。
すると、「ケンカをする子だと思われていない」ということがわかると、その子はケンカをしなくなったという。
「お前は◯◯だから心配だわ」などと気遣いであっても言われ続けていると、その方向へ向かいやすいということになる。

2012年11月19日 (月)

育児の達人・ジョジョ③「親を変える」

3
「母と娘の確執(かくしつ)と尊重」の話

私は、子どもの頃から、母とうまくいかなかった。
服でもおもちゃでも、母が気に入らなければ、知らぬ間に捨てられてしまう。
私の気持ちなどおかまいなしだ。
母の思った通りに行動しないと暴言吐かれたり、殴られたりもした。
「自分のことは自分で」、ということも出来ず、すっかり頭が空っぽのダメ人間に成長してしまった。
ずっと私のことを馬鹿にしてたくせに、最近になって何故か困ったことがあると私を頼ってくる。
頭のいい姉に頼めばいいのに・・・。

そんな気分の悪さの中、テレビや新聞で「支配する母、抑圧される娘」が特集されてるのを知った。
最近こういう母娘が増えてるらしい。

娘を抑圧してきた母が、成長にともなって弱者を装うのは、支配する母親の典型例だ。
接し方が変わっただけで、娘を思い通りにしようと縛ってる点は同じ。

自分の所有物として好き勝手に扱っていいと思っている。
自覚がないケースがもっとも怖い』
                 「母の娘」 2012.4.5、の新聞記事から

どうして、母親がそういう風になるのかというと、

娘を苦しめる母親は、親や夫から尊重されず、つらい思いをしてきた人が多い』(2012.4.25記事)

からだそうだ。

.

追記: 「アシタスイッチ」 2012.11.18放送から

小島慶子さんの母親との確執の話

『母親の娘に対する思い入れが強かった。
(母は)「自分が人生でやりたかったことを全部やらせたいし、
自分が良いと思ったことを、全部与えてあげたい」、という情熱があったのはよかったんだけど、
それが(私には)わずわらしくて、
「私はママの作品じゃないのよ!!」という時期が長かった。
母としては愛情表現だと思ってるものが、
私にとってはどんどん踏み込まれて、もう‘母なのか自分なのか分らない’くらい
’ぜんぶ自分を母に明け渡さなくちゃならない’ような気持ちになってしまって、
苦しくなっちゃって、という関係がずっと続いて・・・。

(2000年に結婚して、)最初の子供を産んだ時から「あれっ?親としての母ってどうだったのかしら?」
母への今までの気持ちがわーって一気に出てきちゃったんですね。
二人目の子供を産んだ時に、
心臓がどきどきしちゃったりとか、母に会ったあと熱が出たり頭痛になったりとか、
体の症状に現れるようになって、母アレルギーになっちゃったんですよね。
突然襲う不安感でどうしようもない感覚におそわれて、
朝から晩までとても心細くて不安な気持ちでいっぱいになっちゃった。
ドキドキして手に汗を握って、不安でいっぱい。
不安になる理由なんかになるものは、自分の生活に一つもないのに。

これではいかんとカウンセリングを受けて、
「母親に対してどんな気持ちを抑え込んでいたのか」「整理を付けたいのは、どんな感情か」とか、
カウンセリングの方に整理してもらって、
だんだん母との間の距離がとれるようになっってきた。

きっと母も母で「娘は私とは別の人間なんだ」と気づくのに30年以上かかったんだと思いますよ。』

2012年11月20日 (火)

育児の達人・ジョジョ④「ルール」

Photo

※番組では「お仕置きコーナー」という名前でしたが、ここでは「反省コーナー」に変えました。
反省コーナーは、イスでなくてもザプトンとか線で囲っただけでも構いません。
みんなから離れた場所に、考える場所を作るということなのです。
ごほうび表も「すごろく」とか「棒グラフ」でもなんでもかまいません。
「いいことをした数が増えて目標に向かってる様子が見てわかる」ようにするのが、
子供もゲーム感覚で楽しめるのでおすすめなのです

「子どもの年齢と特徴」の話

15年前にテレビで見たことなので、今もそうなのかは知らないけど、
2才までは、色々な能力が備わっている」という。
例えば、顔の識別が出来る。なじみのない外国人の顔の違いは大人でも見分けるのが難しいけど、
2才までは、猿の顔でさえも見分けられると言っていた。
そして、もちろん親の顔も見分けることは出来るから、
母親には「やすらぎ」を、父親には「遊び」を期待してるので、
母親の顔を見てる表情は「ほほ笑み」で父親に対しては「口を開けて笑った顔」をするのだという。
母親の母乳と他人の母乳の違いも匂いで分かるし、言葉の違いも分かる。

2才を過ぎると、必要のない能力は退化していき、5歳までに基本能力が決まるという
絶対音感など超人的能力はこのころまでに身に付くそうだ。
なので、5歳までに色々な体験をさせるといいという。

apple 

  
「親子ホットライン」2012.2.10の新聞記事から
3歳の息子がごめんなさいをきちんと言えない’という悩み相談

3歳はばだ、「ごめんなさい」を言える年齢ではありません。
あやまる気持ちのもとになるのは、友達が泣くのは自分い叩かれて痛いからとか、
物を壊して周囲に迷惑をかけたとか、他人の気持ちや状況をくみ取れる能力。
それが身に付くのは4歳頃。
とはいえ、言い続けることは大切。
その際、感情的な言い方ではなく、きちんと説明し、こういう時にあやまるんだよと、やわらかく伝える。
ふだんの親のたたずまいも重要で、3歳の頃は、親の姿をまねたがる時期。
何か失敗したら、子供の前で素直に「ごめんなさい」と、頭を下げると、理解が進みやすい。

apple

「親子ホットライン」2012.3.16の新聞記事から
小5の娘がごめんなさいを素直に言いません’という悩み相談

悪いことをしても頭を下げず、注意をすると「うざっ!」と横を向く。
かっとなって怒声を上げる気持ちわかります。
でもそれは「自我が育っているサイン」。
自己主張が強まり、自分なりの納得がいかなければ、行動に移せません。
特に同性の親への反抗心が芽生えるころでもあり、悪いかもと思いつつ、
「言いなりは嫌!」と意地を張るのだそうです。
結論は、気にしないのが一番。
ただ、危険なことが伴ったり道徳に反したりする場合は、父親や第3者に入ってもらい、
事の重大さをしっかり理解させる必要があります。
ともあれ、どなるのは感情を逆なでするだけで、無意味です。

2012年11月21日 (水)

育児の達人・ジョジョ⑤「しつける(前)」

Photo_2
※番組では「フレークであそぶ」シーンはありません。
面白ビデオなどで「小麦粉で遊ぶ」場面があったので、それを使おうかと思ったのだけど、
この後のすったもんだでみんなが粉まみれになってしまうので、フレークに変更しました。
ちょっと無理がありますけど、勘弁を。

「叱り方」の話

「‘叱る’をためらう上司・親」 2012.8.28の新聞記事から

叱る対象はあくまでも「事柄」であり、「人格」攻撃に陥らないようにする。
 ミスをしてしまったことを踏まえ、本人がやる気になるような叱り方が大切。

間違いを叱っても相手を否定してはいけない。

叱る際の目線や話し方にも注意。
あごをあげて話したり、眉をひそめたり、舌打ちしたりすると、高圧的な印象を与えてしまう。
きちんと相手の目を見て、穏やかな声で、問題点を簡潔に伝えることが大切。

叱る目的は、相手の行動を改善すること。
ただ出来てないことばかりを指摘すると、相手は自信を失ってしまう。
3つほめてひとつ叱るやり方がいい。
ほめなくても、出来たことを認めてあげるだけでもいい。

tulip

「心のサプリ 海原純子」 2012.10.14の新聞記事から

何かひとこと言われるだけでしょげてしまう若者が多い、と嘆く中間管理職の方々の声をきくこの頃だ。
「ほめられてばかりいて育つからちょっと言われるとすぐめげる。だから上手に叱ろう」
という内容で叱るときには感情的にならず人格を否定するようなことは言わないこと、
などの注意点があげられていたが、わたしはこの論点にはいくつかの疑問をもっている。
「叱る」ことの意味を広辞苑でひくと、「声をあらだてて欠点をとがめる」とある。
本当に叱らなければならないのは、そのことで自分や他人の命に支障をきたすような危険を伴うことをした場合だけで充分だ。
若者は叱られて慣れてないからめげるのではない。
きちんと理由を提示し客観的に指摘される経験をしていないのである。

2012年11月22日 (木)

ねこつぶ(読書)

Photo

まんがも読むようになったの?すごいね!

2012年11月24日 (土)

ねこつぶ(欲しいもの)

Photo


ピンボケでボツネタ写真をUP・・・。

2012年11月25日 (日)

ねこつぶ(大笑い)

0


私 「いったい何がおかしいの?どんな話?」

白猫 「人間に言ってもわからないよ」

私 「わ~、気になるなぁ(笑)」

2012年11月27日 (火)

育児の達人・ジョジョ⑥「しつける(後)」

6
「親の放つきつい言葉に傷つく子」の話。

あさイチ「子供がかわいいとおもえない」2012.11.26放送から

自分の子供がかわいいと思えない親は56%いるという。
「かわいくない」と思う時は「こどもが言うことを聞かない時」だそうだ。
親は自分の理想通りに子供が行動してくれることを望む。でも思いどおりにならないと腹が立つ。

「子供が20歳になったとき、どんな大人になってほしいか、」の質問では、
 「自分のやりたいことをしっかり持ち、実現できる自立した大人になってほしい」という親が多かった。では、どうしたら、そう育つのか?

自立した子: いたずらに手を貸したり、一方的に命令しないで、根気よく子供に分かるように教える。

社会に貢献する子: こうしたら人はうれしいね、こうしたら役立つね、とよく話しかける。

優しい子: 怒鳴ったり、手をあげたりの教育はダメ。丁寧に子供と話し合い言い聞かせる。

apple

「教育ルネッサンス いじめと向き合う14」から

いじめっ子の心の状態は、家庭環境が大きく影響している。
 幼児期に空腹などの生理的欲求を親から「うるさい」などと抑え込まれたり、
 攻撃的行動で目的を達成する親に姿を見たりすると、
 他人が困る姿を喜ぶ心理が働くようになる。

apple

「きっとだいじょうぶ19」から

「なぜこの大事な時に頑張れないのか。情けない」
子供のために良かれと思い、親は叱咤激励するのだろう。
「正論」を背負った親の言葉は、いつしかエスカレートしていく。
するどい刃となって、子供の心に突き刺さる。

親や先生からいわれた言葉に傷つき、自分を否定しつづけてる若者に出会う。
肝心なところで踏ん張れないダメなやつ。生きてる価値もないやつだと。

「正しい」ことを言う時は人を傷つけやすいものだと、知っていた方がいい。

2012年11月29日 (木)

育児の達人・ジョジョ⑦「ほめる」

Photo
「ほめる」話

最近の学校では、「ほめ言葉のシャワー」が行われているという。
一人の子に対してみんなが、その子の「良かった行動」や「頑張ったこと」を伝えるのだ。
例えば「声の小さかったあなたが、今日ははっきり発表した」「当番でないのにすすんで手伝っていた」など。
ほめるためには相手に近づき、細部まで注意しなければならない。
その過程で知らなかった一面が見えてくる。

「なくそういじめ 対処法③」2012.9.1新聞記事から
「かつて、級友に暴言や乱暴を繰り返したり、授業中に歩き回ったりするため、
 校長室で一人、授業を受けていた男の子がいた。
 自分がほめられる番になった日、黒板の前で不安そうに立っていた彼は、
 級友からほめ言葉をあびると、突然泣き出した。
 クラスに自分の居場所を確認し、うれしさと安心が一気にこみ上げたのだろう。
 その後は授業に集中するようになり、落ち着いた。

apple

「子どもの心 ③ 先をほめる大切さ」 2008.5.26新聞記事から

小学校3年生のC男は普段、肩車を何度もせがむような人なつっこい子だ。
だが、一度カッとなると、気持ちが抑えられなくなる。
友だちと遊んでいるとき、「ルールを守ってよ」と言われただけで、怒ってしまう。
相手を怒鳴り、物にあたり、周囲が何を言っても受け付けない。

そんなC男がある日、授業中に席を離れて、教室の後ろでボールを床について遊び始めた。
すぐに注意するとカッとなるだけなので、逆効果だと思った。
そこで「今はボールをさわる時間じゃないよ。しまって席に着きなさい」と言おうとした。

ところが、C男がボールを拾い上げようとした瞬間に、後ろから明るい声がした。
「えらい。ボールをしまおうとしている。」
廊下を 通りかかったベテランの先輩教師だった。

私は、どう反応するのかとC男を見た。
C男は先輩教師の言葉に素直に従って、ボールを片付け始めた。
「さすがだなぁ、C男君」
席に戻るC男に、先輩教師がもう一声かけた。
ちらりと後ろを見たC男。ちょっと照れたような顔をしていた。

C男と以前二人で話をしたとき、
「おれ、注意されたこととか、嫌いなことは忘れられないんだ」
と打ち明けてくれた。
過去のことを思い出し、友達と遊んでる途中でも、イライラすることがあるらしい。

やってしまったことを戒めるのではなく、これからやることをほめた。だから、
C男は気持ちよく動くことが出来たのだろう、
と後で思い至った。
友だちとのトラブルは少しずつだが減ってきた。
C男の一歩先の姿をほめていこうと思う。

2012年11月30日 (金)

ねこつぶ(寒い夜)

Photo

他人同士でも身を寄せ合えば暖かい。

左から「くびわ」「マイケル」「ちび」

野良猫の仲良し3匹組heart04

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »