フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 育児の達人・ジョジョ③「親を変える」 | トップページ | 育児の達人・ジョジョ⑤「しつける(前)」 »

2012年11月20日 (火)

育児の達人・ジョジョ④「ルール」

Photo

※番組では「お仕置きコーナー」という名前でしたが、ここでは「反省コーナー」に変えました。
反省コーナーは、イスでなくてもザプトンとか線で囲っただけでも構いません。
みんなから離れた場所に、考える場所を作るということなのです。
ごほうび表も「すごろく」とか「棒グラフ」でもなんでもかまいません。
「いいことをした数が増えて目標に向かってる様子が見てわかる」ようにするのが、
子供もゲーム感覚で楽しめるのでおすすめなのです

「子どもの年齢と特徴」の話

15年前にテレビで見たことなので、今もそうなのかは知らないけど、
2才までは、色々な能力が備わっている」という。
例えば、顔の識別が出来る。なじみのない外国人の顔の違いは大人でも見分けるのが難しいけど、
2才までは、猿の顔でさえも見分けられると言っていた。
そして、もちろん親の顔も見分けることは出来るから、
母親には「やすらぎ」を、父親には「遊び」を期待してるので、
母親の顔を見てる表情は「ほほ笑み」で父親に対しては「口を開けて笑った顔」をするのだという。
母親の母乳と他人の母乳の違いも匂いで分かるし、言葉の違いも分かる。

2才を過ぎると、必要のない能力は退化していき、5歳までに基本能力が決まるという
絶対音感など超人的能力はこのころまでに身に付くそうだ。
なので、5歳までに色々な体験をさせるといいという。

apple 

  
「親子ホットライン」2012.2.10の新聞記事から
3歳の息子がごめんなさいをきちんと言えない’という悩み相談

3歳はばだ、「ごめんなさい」を言える年齢ではありません。
あやまる気持ちのもとになるのは、友達が泣くのは自分い叩かれて痛いからとか、
物を壊して周囲に迷惑をかけたとか、他人の気持ちや状況をくみ取れる能力。
それが身に付くのは4歳頃。
とはいえ、言い続けることは大切。
その際、感情的な言い方ではなく、きちんと説明し、こういう時にあやまるんだよと、やわらかく伝える。
ふだんの親のたたずまいも重要で、3歳の頃は、親の姿をまねたがる時期。
何か失敗したら、子供の前で素直に「ごめんなさい」と、頭を下げると、理解が進みやすい。

apple

「親子ホットライン」2012.3.16の新聞記事から
小5の娘がごめんなさいを素直に言いません’という悩み相談

悪いことをしても頭を下げず、注意をすると「うざっ!」と横を向く。
かっとなって怒声を上げる気持ちわかります。
でもそれは「自我が育っているサイン」。
自己主張が強まり、自分なりの納得がいかなければ、行動に移せません。
特に同性の親への反抗心が芽生えるころでもあり、悪いかもと思いつつ、
「言いなりは嫌!」と意地を張るのだそうです。
結論は、気にしないのが一番。
ただ、危険なことが伴ったり道徳に反したりする場合は、父親や第3者に入ってもらい、
事の重大さをしっかり理解させる必要があります。
ともあれ、どなるのは感情を逆なでするだけで、無意味です。

« 育児の達人・ジョジョ③「親を変える」 | トップページ | 育児の達人・ジョジョ⑤「しつける(前)」 »

「育児のプロジョジョ」(10P)」カテゴリの記事