フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

ねこつぶ(おおみそか)

1 野良猫シロ

私「わっ!?熱い視線を感じるとおもったら、そんなところで何してるの?」

2

私「あぁ・・・よいお年を!」

.皆さんもよいお年を

2012年12月30日 (日)

ねこつぶ(ぼくはここにいるよ)

1_2

レオンは、かまってほしいとわたしの目線の先にやってきます。

今回は、私がこたつに入って本を読んでるので、こたつの上に乗り自分の存在をアピールしています。

でも、私のお腹の上には、猫のアリスが丸まって寝てるので、動くことはできません。

もうしばらく、がまんするしかないレオン・・・。

2_2

表情が悲しげです。

2012年12月29日 (土)

ねこつぶ(小公子マイケル)

Photo

私が来ると、「ニャッ」と嬉しそうに鳴きながら出迎えてくれるマイケル。

私「猫の本にね、‘ニャッ’っという鳴き方は、飼い猫として人間と関わった結果
  身についたものなんだって。
  もともと飼い猫独特の鳴き方だったのよ。
  だから、やっぱりマイケルちゃんは、本当はどこかの家の飼い猫なんじゃない?
  本来いるべき場所はここ野外じゃないのよ。
  あなたには帰るべき家がどこかにあるはずなのよ

  
Photo_2

2012年12月28日 (金)

ねこつぶ(泥酔)

Photo

私「マイケル!そんなところで寝たら風邪ひくよ!

Photo_2

私「白ちゃんもどうしたのよ・・・よく見て!柵は狭くないから頭は抜けるよ

1

私「チビは、ちゃんとしてて偉いね!」

2

私「・・・チビ、あんたもかい・・・

・・・誤字があるけど気にしない・・・・

2012年12月27日 (木)

ねこつぶ(アジトに)

Photo

アリス「合図をしたら、突入よ!!」

2012年12月26日 (水)

ねこつぶ(疲れるね)

Photo シロ


えぇ・・・疲れてるのは作者、華木人の心身ですよ・・・。

いまもまだ、前に居た職場でのトラウマが残ってて、

「頑張らなきゃ、頑張らなきゃ」と気持ちがせかされるの。

でも、せっかちでないから、

家事であってもテキパキやろうとした途端、

だいたい、指を包丁で切ったり、皿を割ったり、ろくなことが無い。

自宅なんだからマイペースでいいのに、あの時の気持ちがよみがえって、

家にいるのに時々あせって無理しちゃうんだよね・・・。

もう、3年も経っているのに・・・。

2012年12月25日 (火)

ねこつぶ(イブの夕方)

1

・・・・数時間後。

Photo

飼い主「あれっ?サンタさんを待ち伏せるつもりだったんじゃないの?」

マリア「寒いから、布団に入りながら、こっそっと、見張るつもりだよ!」

飼い主「眠気に負けなきゃいいけど(笑)」

2012年12月24日 (月)

苺ケーキとジャムいろいろ

今年は、クリスマスケーキとして、「苺ケーキ」を作った。

Photo

お菓子作りは趣味としてないけど、スポンジだけは自分で焼けるから、

あとは適当にデコレーションして仕上げておしまい。

寒いので2時間で完成したよ。焼いたスポンジがすぐ冷めてくれたからね。

.

10代の頃は、よくお菓子を作ったものだけど、スポンジはうまく焼けず、

店に売ってるような味にならなかった。

当時の本には、生地の作り方に「リボン状になるまで泡立てる」とあって、

写真付きではあるけど、度合いが分らなかった。

最近になって、「楊枝が立つまで泡立てる」というのを、テレビで見かけて、

それを実践したら、プロのようにおいしいスポンジが焼けるようになった

やはり、本だけでなく、実践を見ないとコツは伝わらないものなんだね。

よくメレンゲを泡立てるときも本には「ツノが立つまで泡立てる」あるけど、

テレビで見たのは、「ボウルを逆さにしても落ちなくなるまで」で、

そこまでしつこく泡立てないとダメなのか⁉と驚いたものだよ。

.

本当は「マロンケーキ」を作る予定だったんだけど、

秋の時期にマロンクリームを仕込むとき、見切り品の栗を使ったせいで、

味がひどい出来になっちゃって、今回は断念するはめになってしまった。

栗が1ネット600円は高くて、手がでなかった。

来年は、ちゃんといいのを買おう・・・。

.

たまたまジャムコーナーを通ったら、「マロンクリーム」を見つけた。

Photo_2

一瞬これで代用しちゃう?って思ったけど、ジャムはジャムだろうと、やめたけど、

おもしろいので買ってみた。まだ、味見してないけど。

今年の9月に発売された新製品だって。

ホームページを見てみたら、

Photo_3

「ローストオニオントースト」 玉ねぎとベーコン味 2012.3.1発売

Photo_4

「カスタードクリーム」 2011.9.1発売

Photo_5

「シュガートーストきなこ揚げパン風味」 2011.4.1発売 だって。

揚げパンはなじみがないので・・・うちの学校では出なかったから、味が想像できないわ。

いろんなソントンのジャムが出てたって話。

なんか話の路線がずれちゃったよ(笑)

2012年12月23日 (日)

ガンボ・オイスターバーへ

「ガンボ・オイスターバー」、牡蠣づくしの店へ行ってみた。(全国にあるようだけどね)

洋風セット、一人3980円のコースを頼んでみたよ。

Photo

「シーフードプラッター」
生ガキ(クーポン使用で2個追加になった)、ホタテのラビオリ(中にウニがはさんである)、
カキとアワビ茸の煮たもの、生エビにチリソースが付いたもの、
スモークサーモンでマスカルポーネをくるんで上にいくらがのせてあるものの5種。

Photo_2

「素焼きしたカキ」と「シソでくるんであるカキフライ」

Photo_3

「茸のポタージュスープ」と「温野菜のサラダ」(生野菜の陰にかぶとカリフラワーといんげんの温野菜)

5

「カキとスカモルツァチーズのソテー」

Photo_4

「カキのパエリア」
いくらの下にカキが2個くらいかくれている。お茶碗2杯半くらいの量。

デザートは付いていない。8000円コースなら付いてるけどね。

あまりカキは好きな方ではないけど、鮮度がいいのか、はじめておいしいと思った。
漁師の店で「おろしポン酢の生ガキ」を食べたことがあるけど、大きすぎてちょっと怖かったので、
このサイズがわたしにはちょうど良かったみたい。
連れはチーズソテーがおいしいって言ってたけど、わたしはプラッターかな。
こんなに食べたのに「もっと生ガキ食べた~い」って思っちゃった。

2012年12月22日 (土)

カラーが流行り?

パソコンでイラストや漫画を描くのは時間を忘れるほど楽しいけど、

色彩のセンスがないので、色塗りは、ちょっとストレスがかかる。

せめて美術系の専門学校へでも行けばよかったなと、毎回おもう。

(県外に出るのは親が反対してて、どこにも行けなかったけど。)
.

パソコンの作画は、大きくしたり小さくしたり、左右に画面を動かしながら描くので、

三半規管(耳の中にある平衡感覚をつかさどるもの)を刺激して、

漫画を完成したあとは、数日間めまいがしてくらくらする。

持病でめまいをもってるので、ほんと辛い。
.

先月、大病を患ってさらに、めまいがひどくなって、もう漫画は無理かな?と思ったり、

線画だけなら、時間が半分以下になるので(色塗りの時間が省かれる)、

モノクロにしようかと考えたりしてたが、時代に逆行することになるのかな?

.
最近、多くの漫画がカラーに変わったのをご存じだろうか?

 

まず、読売新聞の「コボちゃん」を筆頭に、毎日新聞の「ぐうたらママ」と他もカラーに、

ついにはビックコミックオリジナルの「赤兵衛」までもが、カラーになった。

Photo
.
やっぱり、カラーはいいよね。見やすくて楽しさ倍増する。

めまいの病気ってほんと何もできなくなるから、困る。なんとかならないかな?

.
そんな具合悪い状態の中、今年も年賀状を手書きイラストで仕上げることが出来た。

点数を付ければ80点くらいだけど、体がしんどいので、まぁいいでしょう。

完成画では、小さすぎて文字が読めないので、年賀の一部を先にここで紹介。

メインは別のキャラで、これは、プレゼントならリボン的役割だから、見せても大丈夫なので心配しないでね。

Photo_2
「今年も宜しくお願いします」って、いうのがね、本番では小さすぎでごちゃっとしてるけど、

決まり文句だから、読めなくても、気にしないかな?

2012年12月21日 (金)

ねこつぶ(新参者)

Photo 下の白の子

今年生まれた野良の兄妹たち。
はじめは4匹だったけど、2匹だけ無事成長できたようだ。
まっ白な猫ママから生まれたけど、この柄の違い。
メスなのにチャップリンみたいな残念な顔。
オスのほうはかっこいい顔してるのにね。
ちょっとおやじ顔になりつつあるけど・・・。

2

親離れ、子離れしちゃったので、ママねこは見かけなくなったけど、
子猫たちは、2匹仲良くつるんで頑張って生きています。

2012年12月20日 (木)

ねこつぶ(眠りの準備)

3 ちび

4

2012年12月19日 (水)

ねこつぶ(花とアリス)

Photo

アリス「でも、クリスマスはポインセチアが素敵よね

2012年12月18日 (火)

ねこつぶ(まねっこ)

Photo_3

マリア「レオンが喜んで入ってたから、まねしてみたけど、わからないや・・・」

2_3

マリア「このせまさは、なんかいいね

飼い主「‘天蓋(てんがい)付きベッド’はね、王様などの貴族が使うベッドに
     柱や天井、カーテンが付いた豪華なベッドのことよ」

マリア「じゃぁ、私は王女ってことになるのかな?ふふふ

2012年12月17日 (月)

ねこつぶ(手伝う?)

Photo

2012年12月16日 (日)

ねこつぶ(王子気分)

1


2

2012年12月15日 (土)

鉄拳とフレデリック

鉄拳のパラパラ漫画が評判になっている

パラパラ漫画とは、一枚一枚の紙に少しずつ絵を変えて描き、
速くめくることでアニメーションのように見えるというもの。
誰もが一度はノートの端っこなどに描いてみたことがあるのではないだろうか。

鉄拳のパラパラ漫画を描くきっかけは、ある特番でパラパラ漫画をつくるコーナーがあり、
急きょ代役でやらされることになったことからのようだ。
発表されるとたちまち人気になり、毎年やっているその特番の名物となった。
特に「振り子」は世界で絶賛されているという。

http://www.youtube.com/playlist?list=PLD790405167AD90A8 (↔鉄拳パラパラ漫画動画

鉄拳はお笑い芸人で、スケッチブックにイラストを描き「こんな◯◯は嫌だ」シリーズなどのネタをしている。
週間ヤングマガジン・ちばてつや賞を受賞したほどの腕前なので、
パラパラ漫画は得意分野ではあるのかもしれないが、ひとりアニメ作りは大変な作業ではある。
彼の場合は3分のパラパラ漫画に1000枚以上の用紙を使用しているという。
1秒の動きに5枚以上描くということになる。素人には膨大な量で根気も必要である。

ちなみに、ふつうにアニメを作るには1秒24枚必要で、
日本では8~12枚の絵で、1枚を2.3回撮影して24枚にしていた。(今もそうなのかは知らないけど)
ディズニーアニメは、24枚全部描いてるのであのしなやかな動きになるのだ。

はじめて鉄拳の作品「振り子」を見たときは、フレデリック・バックのアニメが思い出された。
得に、しりとりのように展開する映像と奥深い人生観の表現法が。Photo

フェレデリック・バック(1924年~)は、40歳の時(1960年代の頃)に
独学でアニメ制作をはじめ、全部手書きの色鉛筆(?)で、
たった一人で数年かけて短編映画を作っている、アニメ界の巨匠である。
一脚の揺り椅子の話を描いた「フラック!」(1981年)と「木を植えた男」(1987年)は、
アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞している。

Photo_2

これらの作品の表現方法は、ジブリの高畑勲や宮崎駿を驚かせ、
「ホーホケキョとなりの山田くん」や「崖の上のポニョ」に影響を与えたのだった。

鉄拳がフレデリックの作品を知っていたかは知らないけど、
影響があったにせよ、つぎつぎといい作品を作れるということは、
本物の才能ゆえってことだろう。
フレデリックのことは日本では、たぶん認知は低いが、
鉄拳はどんどんパラパラ漫画作家として名前が知れていくのだろう。

かつて金子みすず(1903~1930)が、雑誌に掲載されてる作品を見て、
「これなら私にも書けそう」と、童謡詩人になって、先に掲載されてた人たちよりも
有名になったように・・・?  大げさかな(笑)

http://www.cinematoday.jp/page/N0033415 (フレデリックさん来日の様子、高畑勲さんと)

写真は2011.7.8の新聞記事から。

2012年12月14日 (金)

ねこつぶ(ツインピークスごっこ)

1_3


2_2


「ツイン・ピークス」1990年から放送されたアメリカのテレビドラマ。

殺人事件からはじまり、謎が謎を呼んで、結局解決しないまま終わってしまうという
よくわからないミステリードラマ。当時かなり話題になり、今も人気がある。
オダギリジョーの「熱海の捜査官」(2010年放送)のドラマに作りが似ている。

2012年12月13日 (木)

ねこつぶ(母恋し)

Photo_2


ねこを飼わない方には見分けられないとは思うけど、

レオンちゃん、大好きなエサを前に、かなりうつろな表情です。

いまにも泣かんばかりの顔つきです。

実は、母が珍しく、朝8時から日帰り旅行へ行ってしまったので悲しんでいるのでした。

買い物の時と違って、長い時間戻ってこないのが分かるんですね。

母がもしもの時には、どうなっちゃうのでしょうか・・・?

ふだんの顔は、こんな感じです。違いが分るかな?

2

目力(めぢから)あるでしょ?

2012年12月12日 (水)

カメラ買い替えた

5年くらい前に買ったデジカメが、最近調子悪くなってきた気がしたので、新しく買うことにした。

どう調子が悪いかというと、シャッターが遅い、ピントが合わない。

Photo

先日「いかと里芋の煮物」の話をのせようと、カメラを向けたが何度やってもピントが合わなかった。

「マクロ」でやったり「通常」やったりしてもピントが合わなくて、

一枚の写真を撮るだけで30分以上かかってしまった。

こういうことが、最近多くなってきたのだ。

でも、買い替えることになかなか踏ん切りがつかなかった。

なぜなら、800万画素しかないのに当時4万円以上したから。

高級品のようなものだから、長く大事に使いたかったのよ。

使い方を一から覚えるのも面倒だったし。

でも、もう限界かと思って今日新しいいデジカメを買ってきました。

Photo_2

良くわからないので、ネットランキングで2位だったデジカメにしてみた。

1600万画素くらいで2万円だった。

性能が良くなって価格も安くなったね。時代の進歩は速いものだ。

プロからしたらオモチャにしか見えないだろうけど・・・。私にはこれくらいで充分。

あとは、ちゃんと写せるかどうかが問題ね。

.

「いかと里芋の煮物」の話は、

漫画「深夜食堂」(第138夜)で登場した料理で、

「里芋といかは相性がいいのよ」というセリフがあって、

「いかと里芋の煮物」は、食べたこと無いなぁと思ったので適当につくってみた、というところ。

うちの地方ではやはり「いか大根」のほうがなじみがあるかな。

色合いや見た目がおいしそうに出せなかったので、

ピントがあわなかったのはかえって救いだったかもね?

2012年12月11日 (火)

ねこつぶ(歌う)

Photo_2


私「マイケルちゃん、ずいぶんご機嫌ね?」

マイケル「だってもうすぐクリスマスだろ?人間たちは大きな七面鳥食べきれずに残すに決まってるんだ。
      あんな量食べきれないもの。すると、おこぼれが僕らにも回ってくるに違いないのさ!」

私「七面鳥のこと良く知ってるわね。でも日本人は七面鳥なじみがないのよ。ニワトリなの。
   なにかおこぼれがもらえるといいわね。」

マイケル「うん。たのしみだな

2012年12月10日 (月)

ねこつぶ(家庭教師)

Photo

マリア「生まれてまだ2年だけど、人間だと27歳のいいお姉さんだよ。
    人生の先輩だよ?世の中知り尽くしてるよ?教わらなくていいんだ?」

2012年12月 9日 (日)

影ふみのワルツ

先日スカパーで「うる星やつら オンリーユー」(1983年上映・監督 押井守)がやってましたよ。
懐かしいね。

うる星やつらの中では、好きな話で、
内容は、「影ふみで勝ったものと結婚する」というならわしの異星人の少女と影ふみをした幼いころのあたるは、勝ったために、11年後に迎えが来て結婚するためにあたるはその星に連れていかれる。
婚約者のラムと仲間たちは追いかけなんとか奪還し、
すると今度はあたるとラムの結婚式が待ち受けていて・・・という話・・・。

イラストはその場面のイメージ画。知らない人のために解説:ラム(女子)は宙に浮かぶことが出来ます。

Photo
いまさら「うる星やつら」もないだろうけど、
ここで使われてる挿入歌が好きで、当時はよく口ずさんでいたんですよ。
いかに暗い青春を送ってたのかがバレバレではありますが・・・。

        「影ふみのワルツ」

あかね色した夕焼けの中で
『影ふみしよう』とさそわれたの
長い影追う 見知らぬあなた
はしゃいでよけたら 涙消えた

うきうきと はずむ胸 
楽しいのはなぜ?
二人で走れば こぼれるほほ笑み
さびしくないわ もう

ひとりぼっちで ブランコ揺らして
楽しいふりをすることもないの
絵本の中のページのように
そよ風の中で 夢を見てる

いつまでも あそびたい
夜よ来ないでね
二人で走れば こぼれるほほ笑み
ひとりぼっちじゃない

うきうきとはずむ胸
楽しいのはなぜ?
二人で走れば こぼれるほほ笑み
ひとりぼっちじゃない

2012年12月 8日 (土)

ねこつぶ(悲しき大人に)

Photo

グレ「生きるってそういうことさ。大人になるってのはね、
   いつまでも純朴ではいられないんだよ」

私「そうはいっても、猫たちの悲鳴に駆けつけると必ずあなたがいるわ。
  みんなと仲よくしましょうよ。」

グレ「誰かが悪者になることで周りが結束するものなのさ。
   あえてオレがその役割をになってるんだよ。」

私「なんかさみしいわね・・・。なにがあったか知らなけど、
  昔のあなたのほうが好きだっわ・・・」

2

グレはマリアが野良子猫だったころに面倒みてくれていたオス猫である。

2012年12月 7日 (金)

変わったお菓子

Photo_2

おみやげで「東海限定・きのこの山・栗きんとん風味」をもらったよ。
普通に買えば三個入りで630円するのかな?
すでにこのネタを載せてる人多いけど、よく見るとデザインが違うみたい。
黒字に金で名古屋城も描きこまれている。
味はというと、くりの味はするけど、芋の味は分らないね。
きんとんの良さはとろっとしたところだから、
他の柔らか系のお菓子でで再現してほしいね。

Photo_3
ブルボンの「じゃがチョコ」 割引で102円。安いね。
ポテチにチョコがコーティングされている。
ロイズのメーカーにも同じようなものが出てて人気だけど(こっちは693円)、
わたしのツボではないので、おいしさがイマイチ分らない。

Photo_4

東ハトの「キャラメルコーン・バニラアイス味」
キャラメルコーンも色々な味が出てるね。
たまたま残ってたので今回はこの味を紹介。

Photo_5
ベビースター「ひとくちコロッケ・カレー味」 割引で60円
まだ食べてないので、どんなだかわからないけど・・・。

Photo_6

ロッテの「コアラのマーチ・ベークドチーズケーキ」

もう今や色々な変わった商品が出てるから、全部食べるのは難しいでしょうね。
つい、目が欲しがって、買ったりするけど、食べるのにはちょっと勇気がいります。
食わず嫌い気味なので・・・。

2012年12月 6日 (木)

ねこつぶ(目撃)

Photo


私「えっ、どこどこ?」

マリア「ほらあそこ!あ~あ、消えちゃった・・・」

私「飛行機とか飛行船じゃないの?」

マリア「信用してくれないの?ぷんぷんあれは絶対UFOだったもんね

私「わかった、わかった

2012年12月 5日 (水)

独居老人のクリスマス会

うちの地区では、毎年65歳以上の独り暮らしの老人限定の「クリスマス会」が

公民館で行われてるらしい。

そこでは無料でお弁当とケーキとお土産が出され、楽しい催しも行われているという。

去年はバルーンアートが見れたそうだ。

母も一人暮らしなのでその資格はあるのだけど、

10年間も、その情報を教えてもらえなかった。

民生委員の人が、各家庭にパンフレットを配り伝えているのだけど、

母はその民生委員に嫌われているので、教えてもらえなかったのだ。

去年は、たまたま別の場所に住む方の情報で、当日行ってみて参加することが出来た。

そこにあった名簿を見ると、そこにはちゃんと母の名前が記載されてあったという。

.

次回もたぶん連絡は来ないだろうからと、

私は自分のケータイに来年の分のクリスマス会の予定を書きこんでいたが、

12月2日の当日はめずらしく実家にケータイを忘れてしまい母に教えることが出来なかった。

自分のことではないからすっかりクリスマス会のことは忘れてしまっていたのもある。

実家に行くと、母がクリスマス会に行けなかったと愚痴をあちこちに電話していた。

母は、前年12月4日(日曜日)にクリスマス会だったから今回も4日と思ったらしい。

クリスマス会から戻った人に言われて今日だったと知ったそうだ。

「そろそろ連絡が来ると思って待ってたのに・・・」と電話で愚痴を言っている。

普通に考えれば「4日」ではなく、12月の第一日曜日だと思うはずなんだけど・・・。

前回はたまたま参加出来たけど、民生委員からの連絡は一度も来たこと無いのだから

この先も、民生委員が◯◯さんである以上、連絡は来ないと考えた方がいいのに。

母はいつも「誰かが面倒みてくれる」こを期待してるところがあるんだよなぁ。

あらかじめ誰か友達などに「そろそろクリスマス会ね。◯日頃かしら?」などと言っていれば

「あら、ちがうわよ。◯日よ」って日にち確認できたはずなのに。

なんのための毎日の電話おしゃべり?

待ってるからこんなことになるのよ、自分から動こうよ。

やっぱり、主催者側に始まる前に確認すべきよね?

.

母は「私の分のお弁当とおみやげを届けてくれてもいいのに」と文句を言っていた。

それはそうだなと私も思う。

たぶん、会が終わった途端にみんなで山分けにでもなってるのだろう。

せめて、主催者側から「今回は来れなかったけど、来年は来てね」とか、

「いつも参加しないけど、楽しいから今回来てみて」とあらかじめ連絡でもしてくれればよかったのに、

と思うのは甘えかしら?

.

このことについて母にいろいろ話したいことはあるけど、

1分、口をきいただけで「うるさい!」と言われるので、

かろうじて「いまから、カレンダーの来年の12月1日(日曜)にメモしたらいいよ」とだけ言った。

うちの地区の民生員は権力が凄く性格も悪くて近所でも恐れられてる存在だけど、

世間はそんなことは知らない。

地域の面倒を見る民生委員が、嫌がらせをすることもあるということを知ってほしい。

.

母の友だちとの電話の会話をたまたま聞いてしまい、ちょっと不快な気持になったので、

ついブログに載せてしまいました。

2012年12月 4日 (火)

ねこつぶ(ゴロゴロ)

1


2


お笑いの人「ずん」の板尾和樹さんの一発ギャグをパロってます。

知らない方は笑えませんね・・・

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »