フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月 1日 (火)

2013年の年賀はハンコック

Photo

あけましておめでとうございます✿今年もどうぞよろしくです✿

ヘビ年ということで、ワンピースの蛇姫と呼ばれるハンコックにしてみたのですが、
いまいち似てない・・・。おかしいな、特徴のある顔してるんだけど?
やっぱり、気の小ささが絵に現れちゃうんだなぁ。

ほんとは「メロメロメロ~」のポーズにする予定だったんだけど、
どういうわけか集めた資料を紛失してしまって、急きょ「虜の矢(スレイブアロー)」にしてみました。

最近ではあまり、漫画やアニメは見ないので視野が狭いんだけど、
ハンコックは久々の魅力ある大成功キャラではないですか?

強いながらも魅力的で、女らしくて美しくて少し弱さや影もあるキャラ。
私の中では、峰不二子、如月ハニーに続く、理想の女性キャラですheart01
こんな女性になりたいものです。

2013年1月 2日 (水)

ねこつぶ(ひなたぼっこ)

Photo


1

マリア「マリアです✿今年もよろしくね☆」

2013年1月 3日 (木)

ねこつぶの参考本

Photo

「キャッツ・イン・ネガティブ (きょうは何もしたくない日)」 写真・広田敦子

私が唯一もってる猫の写真集。

書店で一目ぼれして買った本。

写真は全部モノクロで、一つ一つに文章が付いていて、

「よくまぁそんな解釈が出来たもんだ」

と感心して買ったもの。

私がブログで載せている「ねこつぶシリーズ」の元となった本。

べつに、まねしようとして「ねこつぶ」を始めたわけでないけど、

脳裏に残るほど、私には驚きの本だった。
4

一番の記憶に残ったもの。右側「プライバシーなどあるかなきかの借家住まいの日々」写真。

帯には「人生、笑い飛ばそう!」とあるけど、タイトルどおり内容は暗い。

2013年1月 4日 (金)

‘83年のマクロストランプ

1

1983年7月のアニメージュふろく「マクロストランプ」。
マクロスシリーズの第一作、「超時空要塞マクロス (1982年テレビ放送)」のトランプ。
全部が美樹本晴彦さんの手描きのイラストになっています。
ぼやっとした色合いなので見ずらいかな・・・。
ヒロインのリン・ミンメイのカードがたくさんあります。
私はクローバーの10が好みですね。

2
一条輝と早瀬未沙。
スペード7は、未沙が13歳の頃の、戦死した恋人ライバー少尉との思い出場面。

3
マクロスの戦闘員たち。

4
異星人ゼントラーディ人達ともろもろ。
異星人のミリア(クローバーQと7)とマクロスのマックス(ダイヤのJ、他)の結婚の話は
好きでしたね。クローバーAは二人の子供かな?
ミリアってしっかりしてるけど15歳だったんだね。今回、資料見て驚いた・・・。
ハート7は18話に一条輝を診た看護婦さん。美樹本さんの好みの女性像だとか。
スペードのエースは、たぶん、リン・ミンメイの声優・飯島真理さんだと思う。

5_2

名まえとか忘れちゃったので、資料見ながら書いてみました。
1983年5月のアニメージュ付録。

2013年1月 5日 (土)

ねこつぶ(正月太り)

Photo

2013年1月 6日 (日)

マクロスとリリーマルレーン

第二次世界大戦中、ヒットした名歌がある。

その名は「リリー・マルレーン」。

ララ・アンデルセンという女性歌手が歌い、、
歌詞は「生きて帰れたら、またあの街灯の下で2人で会いたい」と戦場から恋人を懐かしむ内容のもの。

戦時中に慰安曲としてドイツラジオ放送からたくさんの曲とともに流され、
ラジオをつけるたびに聞こえてくる、その知らない歌に敵も味方も、
故郷を懐かしみ涙し、戦闘気力が落ちるので聞かないようにと言われたという、伝説の歌である。

(リリー・マルレーンの歌詞が載ってます。ウィキペディアdownwardleft

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3

shineshineshine

1983年に発売されたレコード「マクロス MISSDJ」。

2

これは「時空要塞マクロス」に登場している歌手リン・ミンメイがラジオDJをしている内容のレコード。

自分の持ち歌のほか、名曲をリンミンメイ(飯島真理が)カバーして歌っている。

戦争を題材にした歌ばかりの選曲で、「リリーマルレーン」も入っている。

・「スカボロ・フェア」(サイモン&ガーファンクル)
  http://www.youtube.com/watch?v=8C52qfz0E48(他の歌手が歌ってるけど、歌詞付き)
・「港が見える丘http://www.youtube.com/watch?v=3tBV7TCx2JY(平野愛子)
・「風に吹かれて」ボブ・ディラン
・「リリー・マルレーン」((加藤登紀子訳)
  http://www.youtube.com/watch?v=OJRuXmks-Rc 加藤登紀子が歌うリリーマルレーン)

マクロスは、「歌で敵の心を動揺させてやっつける」というアニメで、
この「リリー・マルレーン」の伝説の話が元になってる気がする。

リリーマルレーン(加藤登紀子の歌詞)3番

 月日は過ぎ人は去り
お前を愛した男たちは
戦場の片隅
静かに眠ってる
リリー リリー マルレーン
リリー リリー マルレーン

1

おまけ:マクロスサウンドトラックVOl・2

2013年1月 7日 (月)

ねこつぶ(泥酔2)

Photo くびわ

私「景色じゃなくて、白ちゃんが変な格好になってるの。
  景色がさかかまに見えるからって、言葉までさかさまにしなくていいのよsweat02
  うん、あけましておめでとうsign01
  新年会?マタタビもほどほどにね。」

2013年1月 8日 (火)

ねこつぶ(カメラの赤い光)

1

リラックスして、横たわってるアリス。

2

カメラを向けた途端に、この表情・・・。

1jpg

このあと、カメラを嫌がって高いところに逃げてしまいました。

5年くらい前の話です。

デジカメに変えてから、ペットのカメラに対する態度が変なので、
気を付けてみてみると、どうやらシャッター押す瞬間に赤い光が出てて、
それを嫌がってるのがわかりました。

そのカメラでは、水族館モードだけが赤い光が出ないので、
フラッシュをたかずに撮るようになったら、逃げなくなり自然な姿を撮れるようになりました、。

このたび新しいカメラに変えることになったのですが、それには水族館モードがありません。

Photo

カメラの店員さんに聞くと、
撮影設定の『AF補助光』を『切』にすると、赤い光がでないと教えてくれました。

これで、新しいカメラでも安心してペットの写真を撮ることが出来ます。
でも、このカメラ、onにするたび『AF補助光、切』にしないといけないところが、面倒。
利用者が設定した状態のままになればいのに、リセットされちゃうみたい。
ペットモードがあるけど『フラッシュ』が自動でなってるし、ちょっと気が利かないわね。

AF補助光:
デジタルカメラは自動でピントが合わせられるようになっているが、
薄暗いところでは、焦点が合わせずらい。
そこで、赤い光を発してピントが合うように調節する役目をしている。
オン、オフ可能で、部屋を明るくすれば、赤い光は出ないようだ。

2013年1月 9日 (水)

風と木の詩(椋尾篁・画)

1_2

2_2

3
彼らは青春のただ中にいる 性の境に立ち おとなへの憧れと嫌悪を両手に
未来へつづく 万本の 別れ道のまえに 立っている

Photo_2
セルジュ・・・きみは強いよ
Photo_3
風が鳴っている ぼくたちの間で・・・ 短い丈の 草の先で・・・

6


「風と木の詩」 
原作 竹宮恵子 、オリジナルビデオアニメ 監督 安彦良和 1987年
(アニメージュ切り抜きから)

『安彦良和、風と木の詩』の検索で来る人が多かったので載せてみたけど、
よくみたら、安彦良和さんの絵ではなかったわ・・・sweat02

おまけ:

Photo
LPレコード「竹宮恵子の世界」(『風と木の詩』と『夏への扉』のイメージ曲)1981年かな?

補足:「風と木の詩」は今でいうボーイズラブの話で、1976年に少女コミックなどで連載された。
    作者としては、男女の性からみ・問題を描きたかったが、法的にも許されず、
    しかたなく男と男で描き、世間に衝撃を与えた。
    性を扱った女性漫画は今までになかったので、隠れて読む人が続出したとか。
    私は、読んだことは無いので内容は分らない。

2013年1月10日 (木)

「かあちゃんの店」②と村松山虚空蔵堂

shine今日はお祓いに行ってきた。
場所は遠いけど、連れのこだわりの神社だから、私の具合は最悪だけど、
なんとか行って帰ってくることが出来たよ。
だるかったので写真は撮らなかったけど・・・sweat02

追記:昨年撮った写真があったので、せっかくだから載せますねcoldsweats01

shine

東海村の「村松山・虚空蔵堂」

ここは、807年に弘法大師のよって建てられた寺。
本尊の虚空蔵菩薩は弘法大師が、鎮護国家・万民豊楽・平和祈願のために
一刀三拝の礼をつくして彫ったものである

三重県伊勢の朝態山金剛証寺、福島県柳津の霊厳山円蔵寺とともに、
日本三体虚空蔵尊のひとつで、厄払い・出世開運
にいいそうだ。

来てすぐ見えるのは、「仁王門」 (1970年に再建)

Photo_3

Photo_6

この仁王像(阿像と吽像)は1315年に作られたもの。

Photo_8
「手洗水」は作られたばかりのようだ。

Photo_9

「鐘楼堂」 鐘は1977年に京都でつくられたもの。

Photo_2
このとき工事中で、業者の車でいっぱいだったのでいい写真が撮れませんでしたが
「本堂」 (またの名を大魔尼殿)

お祓いを待つ間は、ストーブの効いた部屋で祈祷料を払ったときに頂いた落雁(らくがん)を食べながら、
ゆったり用意されてるお茶を飲んだり出来るところは、気に入っている。

他に三重塔などいろいろあったらしいけど、気が付かなかったわ・・・。

shine

前にも載せたけど、昼食は、「かあちゃんの店」で。
Photo

Photo_2

前回と同じく「刺身定食」1200円、にしたけど、
今回は、「ヒラメ、タイ、アジ、ブリ、カンパチ」の組み合わせでした。
右上のは、「タコのなます」。前に来た時に食べた「タコの酢の物(わかめ、きゅうり入り)」
のほうが、好みだったな。

Photo_3

連れが頼んだ「父ちゃん定食」100円。
煮魚はハナダイだったかな。

たいした内容でないけど、今日は疲れたので、これでおしまいpig

2013年1月11日 (金)

ねこつぶ(制止)

Photo

レオン「勉強の方も大事?そんなのも後にしてください!」

2013年1月12日 (土)

ねこつぶ(じゃんけん)

1


3


4


5

2013年1月13日 (日)

ねこつぶ(分るかな?)

Photo

2013年1月14日 (月)

ねこつぶ(味くらべ)

1


2

2013年1月15日 (火)

パニック障害になったようで

Photo

どうやら、『パニック障害』を発症してしまったらしい。

昨年の11月17日に、ミニお笑いライブを見ようと、会場で座って待ってたときに、
突然、不安と恐怖と激しい動悸とめまいの予感に襲われた。
あわてて会場を飛び出して、気持ちを整え、我慢しながら観覧したが、やばい感じ。

数日後、『パソコン』と考えるだけで、激しい動悸と不安に襲われる。
眠ってるときも、ふと、パソコンのことが頭をよぎり、不安と恐怖感に襲われ過呼吸に
陥ってしまった。
発作のあいだは、微動だにすることも、しゃべることも出来ない。
10分ほどでピークは過ぎるが、『この状態続くならば死んだほうがましだ』と思うほどだ。
悩みもないのに、朝まで一睡もできない日も、出てきた。

’どうやら、脳が誤作動起こしている・・・(パソコンが恐怖の元だなんて!?)’

ふと、脳裏に「パニック障害」という文字が浮かんで、検索してみると、症状がピッタリ。
条件も当てはまっていた。

神経質で細かいところまでこだわる。
・疲れている
・人の顔色をうかがいながら行動しがち
・心配性
・運動不足
・ストレスがたまっている
   など、ほかいろいろ

風邪がパニック障害を誘発するとあり、
季節替わりで気温が急に寒くなって体調崩してたから、それが原因だったのかもしれない。
数日前に、耐え難いほどの肩こりが2日間続いてたので乳酸(疲れ)も、たまっていたのだろう。

本当は精神科で診てもらわなければいけないんだけど、
内科でもらった精神安定剤(うつ病にも効くもの)でなんとか、発作は起きなくなった。
でも、薬のんでいながら、時々微妙な不安にかられるので、めまいもあるし、
ちゃんと精神科で診てもらった方がいいのかな?
行動範囲外の場所や移動の車の中は、まだかなり辛い。
薬飲んでれば、半年から1年で治るらしいけど、
検索すると、何十年も患てる人がいるね。
この病気、うつ病に変化するらしいから、正常でいる間に、出来ることしなきゃと思う。

<パニック障害の生活対策>

 ・疲労を貯めない
・風邪に気を付ける
・規則正しい生活をする
・ストレスを貯めない
・コーヒー、紅茶、ウーロン茶、炭酸飲料は飲んではダメ。
・酒・たばこダメ

あんまり、パニック障害のことを考えるだけでも発作を誘発させるから、
もうこの辺で、詳しくはdownwardleft参考にしたサイト
http://n-harmony-shop.net/

2013年1月16日 (水)

ねこつぶ(いじわる)

Photo


2


3


マリア「もう口の中よだれでいっぱいだよsweat02ごはんの時間、早くしてね」

2013年1月17日 (木)

ねこ甲状腺機能亢進症・・・悪化

アリスが昨年8月から甲状腺機能亢進症の治療をしている。

治療法としては甲状腺治療食 「YD」 を食べさせているが、
先月あたりから、食欲が落ちて、一日45g食べなければいけないところ、
12gや20gしか食べなくなった。

病院からもらった、食欲が増す「吐き気止め」と「胃酸をおさえるくすり」をやれば、
多少食べるようになるのだけど、
アリスは実家に預けてる状態なので、
くすりをやるかどうかの判断は、母次第だったりする。

ともかくこの病気を治すには食べなければいけないのだけど、
母は少しボケてきたのか、アリスが一時的にふだん通りに食べると安心してしまい、
総合的には一日分のエサ半分も食べてないのに、
満足してクスリをあげないのである。

私は午後2時ごろ実家に来て5時半ごろまでいるけど、
エサの残量で一日どのくらい食べたかわかるので、
アリスの食欲のことで、毎日、母と口論になる。
先日なんかは、母はのんきに、「今日は全然食べてないけど、昨日食べたから大丈夫」
と笑っている。
昨日だって20gしか食べてないのに・・・。
母はこの重大さがわかってないのだ。

cat

先月、行きつけのA病院で、「6割も食べないようだったら点滴に来てください」と言われた。
病院へ行くたびに、血液検査などして、1万円以上かかり、
『食べないから』と点滴しに行ったら、また血液検査をして総額1万8千円かかってしまった。
点滴といっても、1分もかからない簡単なもので、効いてんだかどうなんだか・・・。

もうともかく、食べさせないことには、高額な点滴料(実際は他の検査代が高い)を
払わなければならないので、私はあせっているのだ。

これをいくら母に説明しても、伝わらず、ついには、
「じゃぁ、ほかの病院で見せてもらえば?」と母にキレ気味で言われ、
他の病院へ行くことにした。

cat

それで、検索して地元動物病院、人気2位というM動物病院へいって見た。Photo

やはり、血液検査が必要ということで調べられ、その結果
「腎臓が7割ダメになってます」といわれて、茫然。
A病院では「腎臓は変わりなし」って言ってたのに・・・。

腎臓は回復しない臓器で、生きるには、腎臓が最低3割活動してなければいけないのだ。

甲状腺の病気は、「たくさん食べるけどやせて死んでいく病気」で、
腎臓病は、「食べなくなっていく病気(尿毒症になり毒素で死ぬ)」で、
アリスは完全に腎臓が悪化してたから、食べられなかったんじゃない!?

M病院では、甲状腺治療は薬(腎臓が悪くなるという副作用がある)で治療してて、エサ治療はしてないという。

甲状腺の病気を治すことが、腎臓よりも先決だと、ようやく知ったが、

甲状腺の病状「多食多飲」「元気」「変な鳴き声でなく」など、アリスには出てないので
危機感を感じずこの病気ではないと思っていたのだ。

まずは甲状腺の病気を治なくてはいけないというので、2週間分クスリをもらってきたが、
腎臓がもうピンチなのに、クスリ・・・大丈夫だろうか?

食欲不振で来たのに、結果、甲状腺治療クスリふくめて、18000円かかってしまった。

Aよりさらに、検査代が高額・・・。

このとき、あまりの食べなささから2週間点滴入院をすすめられたが、Photo_2


避妊手術以外に外泊したことないアリスのストレスを考えて、
高カロリーの流動食を「自分たちでやりますから」と連れ帰った。

たぶん、自分たちでは無理だろう・・・。

cat

次の日、家計簿を丹念に調べたら、
2012年の1月にA病院で甲状腺の薬を2週間もらって飲んでいて、

2週間後、再び血液検査をしたとき、、
「先生が『内臓が悪化したので、クスリは合わないからダメだね。』と言った」という
私のメモを見つけた。

この治療の時、私たちは甲状腺機能亢進症の病気のことはまったく知らず、
薬も飲み終えたので、私たちは「治療は済んだ」と思ったのだった。

そして先生が「甲状腺機能亢進症の疑いがあるので、考えといて」と言ったので、
私は「猫の高齢の病気にはこういうのがあるのか。アリスの症状には当てはまらないな」
とだけ思ったのだった。

8月にアリスが具合が悪くなって再来院したときに、「甲状腺が原因かもしれないから」
と先生がいうので、
私が「じゃぁ血液検査でわかるなら調べてください」というと、
先生は「1月に甲状腺の病気と判明して、クスリも渡してます」と言われてしまった。

私たちは、半年前の薬治療のことはすっかり忘れていて、驚いてしまった。

もともとは「おしっこが出ない」で来院して「糖尿病の疑いで検査」になり「甲状腺機能亢進症」の診断になったので、記憶ではあれは膀胱関係の薬を飲んだのだと思ってしまったのだ。

こうして半年、甲状腺の病気を放置したのもあって、悪化してしまったようだ。
そして、私たちのエサのやり方も失敗も重なって、今、重篤に・・・。

どうしてあのとき「疑いがあるから考えて」ではなく「YDのエサに変えましょう」と
言ってくれなかったのだろう?

ともかく、「アリスには甲状腺の薬は合わず、かえって内臓が悪くなるとA病院の診断が出た」と家計簿のメモにあるのだ。
だとしたら、M病院でもらった薬ヤバいじゃん・・・。

cat

次の朝、開院前にすぐに、M病院に電話して
「過去の記録を見たら、クスリはアリスには合わないみたい。このまま飲んでも大丈夫ですか?」
と電話して聞いてみたら、
「昨日それ言わなかったでしょ。」とあきれ声。
「2週間飲んでみないとわからないよ」と言われてしまった。Photo_3

やはり、はじめから診てもらってるA病院で続けるしかないか?
でもA病院は、いつも意思疎通がうまくいかないんだよなぁ。腎臓悪化見過ごされてるし・・・。
結果的に甲状腺の病気放置することになってしまったし・・・。

M病院はいままで、どんな状態でも薬だけでうまく甲状腺治療をしてきてるわけでしょ?
信用していいんだよね?

いままで、大事なことの判断は母と姉に任せきりで、私は車の運転だけやってればよかったけど、、
今や母は微妙にボケ始めてるし、姉は結婚してもう猫のことは他人事にしか考えてくれないし、
私一人で決めなければならない。
優柔不断で決行力もなく、判断はいままでいつも間違いだらけだというのに・・・。

どうしたものかなぁ・・・。
アリスの治療はもう手遅れな気がしてならない・・・。

2013年1月18日 (金)

ねこつぶ(落ち着く場所)

Photo


2

アリスは8月に生まれ。
アリスが幼いころころ、かまってあげられない時は、
扇風機の軸にひもでつないで、家の中で迷子にならないようにしていました。

アリスにとって、乳母の役割の扇風機。
大人になった今でも、それはアリスにとって、大切な存在で、安らぎの場所なのです。

2013年1月19日 (土)

アリス、薬治療3日目・良好

甲状腺機能亢進症の薬を飲んだ次の日の午前中は、
アリスの顔は、目は細く吊り上り、ひどくゆがんだ顔つきになっていた。
薬がかなり強烈なのだろう。
薬の中断も頭をよぎったが、どっちにしろ、もうこれに賭けるしかないところまで来てしまっているのだ。

3日目の今日は(つまり昨日のことだけど)、ふだんの顔つきにもどっている。Cimg0796



先生に言われたとおりに、流動食を3分の2缶食べさせることが出来たからかな?

それにしても、流動食を食べさせるために、スポイトを大中小の3本もらったが、
どれも口穴の大きさが1ミリって小さすぎないかしら?。
すこし穴が小さすぎて、ときどきうまく吸い上げることができない。
口穴がせめて2ミリくらいあれば、ミルサーにかけたカリカリえさを
流動食のようにあげることが出来るのに・・・。

流動食缶が3分の1くらいになると、もうスポイトが吸えないので、
母は、ティースプーンでアリスに食べさせていた。
さすが、子育て経験者は器用にやるもんだ。

Photo

食事以外は、ほとんどこたつで私の膝の上で丸まって眠っている。
私のひざが安心なのだ。

Photo_2Photo_3

というわけで、私も半日身動き取れないので、途中まで読んでほっぽっといた本を読んでいる。
(2年前と昨年の週刊文春など・・・古っ)

寂しんぼのレオンはボディガードのようにそばにいて、かまってくれるのを待っている。
いつも、けなげである。

Photo_4

食べるのにもエネルギーが必要といわれるように、高カロリー流動食を食べて元気が出たせいか、
カリカリもガツガツ食べるようになった。見ててうれしい姿です。

Photo_5

ま、一時的なのかもしれないけどね。
甲状腺機能亢進症のエサYDのときも、はじめ2ヶ月はガツガツ食べて元気回復状態で、
そのあと、また急に食べなくなったりしてたから・・・。
問題は、2週間後の検査結果がどうなっているかです。
アリス15歳。
世の中、20歳を超すねこ多いのに…まだ若いんだから健康で長生きしてほしいです。

追記:20131.20 (5日目)

昨日も今日も食べさせないとエサを食べなくなった。
薬を飲む前は、ニコニコ顔で爪をといだり、起きてることが多かったけど、
今はほとんど寝てばかり。
やはり、甲状腺の薬が合わなくて、副作用の腎臓悪化が出てきたのかもしれない。
薬をやめたい。やめようかな。
検索すると、「甲状腺機能亢進症の治療エサYD」は昨年あたりに登場した新薬品とあった。
薬があわない猫の治療に適してると
だとすると、M病院の治療のやり方は古いことに・・・。
人気動物病院ランキング2位は、古い情報で先代先生の評価だったのかもしれない・・・。
いまの先生でなく・・・。

2013年1月20日 (日)

ねこつぶ(大人への憧れ)

1


2


3


生後4ヶ月ごろのマリアちゃん。
洗濯かごから、いつもこのブラジャー(母のワイヤーなしブラ)を盗んでは遊んでいました。

ブラを付けてみたかったのねsweat02
小さかったから、猫には必要ないのが分らなかったのかな?happy01

2013年1月21日 (月)

ねこつぶ(励まし)

1_2


2_2


3_2

1枚目の写真の『アリスを見つめるレオンの目』が、いい感じで好き。

2013年1月22日 (火)

ねこつぶ(発見?)

1

マリアの左手が狙いを定めています。
隙あらば手で捕まえるつもりです。

2


マリア「虫だったら食べられたのに・・・」

マリアちゃんは、虫が大好物です。残念でしたね。

2013年1月23日 (水)

ねこつぶ(得体のしれないもの)

1
新聞の下で動くものがあります。
実は、飼い主が操作しているのですが、マリアには得体のしれない生きものに見えています。

3
マリアは軽く一発、猫パンチをくらわしてみました。
相手の反応がありません。(飼い主が動かさなかったからね)

4
反対側からまわってみましたが、怖いものは怖いです。
かなり、警戒しています。

5
少し近づいてみましたが・・・。

7
あまりの怖さにすくんでしまったマリアでしたhappy01

2013年1月25日 (金)

ねこつぶ(シンクロ)

1
レオン「さぁ、挑戦だ!左腕を前に、左足を引く!」

2
レオン「羞恥心(しゅうちしん・恥ずかしい気持ち)を捨てるんだ!」

アリス「なにもそこまでしなくても・・・sweat02

2013年1月26日 (土)

絵の組み合わせで

Photo

年賀状用に描いた絵。
女性は「ボア・ハンコック」さん。蛇姫と呼ばれています。
ヘビ年には最適だと思い採用。
でも、このままでは、正月にどくろは縁起が悪いから、そこは隠すことにしました。

ハンコックはゲストキャラなので、分らないかと思い主役も追加。

Photo_2

「ワンピース」のルフィです。
世界的に人気だから、年寄りでもわかるでしょう。

Photo_3

合成して、完成年賀状はこんなかんじ。

2013年1月27日 (日)

ねこつぶ(レオンのキス)

1
衝撃の現場を目撃!あわててカメラを向ける。

2


3
飼い主「ありゃ見つかっちゃったsweat01

4
アリスを心配してのレオンの行動でしょうか?

2013年1月26日の出来事。

2013年1月28日 (月)

ねこつぶ(冷たさに耐える)

Photo

野良ネコちゃんは暖房に当たれないから真冬は大変だね・・・。

2013年1月29日 (火)

ねこつぶ(試しクッション)

1


4


6


5

2013年1月30日 (水)

猫甲状腺治療から腎臓病治療へ

◆いままでのあらすじ◆
猫のアリスちゃんは、A病院甲状腺機能亢進症との診断を受け、
昨年から、YDというエサ治療や定期的な検査などを続けてきたけど、
食欲は下がる一方で、改善する様子が見えなかったので、転院することに決めた。
毎回行くたびにされる高額な血液検査とともに、看護の仕方について毎日、母と口論になるのにも、
ほとほと疲れ果ててしまっていたからだ。

検索で見つけた、『いい病院2位』といいう、10年前にかかりつけだったM動物病院に行ってみたところ、
「ここでは甲状腺の検査は外注で『一万円以上もかかる高額』になり、しかも結果は3日くらいかかる」という。
つまり、甲状腺の数値を調べることが出来ないので、
A病院の検査結果を信じて、それに合わせた甲状腺の薬腎臓の薬を出してくれることになった。
また、アリスがエサを食べないということで、
高カロリーの『産後のペットが食べるという流動食缶』を渡された。
腎臓が7割ダメになっている(生きるには最低3割活動できなくてはいけない)」、
「危険な状態なので2週間入院が必要」といわれたが、
避妊手術以外外泊させたことが無いので、かえってストレスになると思い自宅治療にした。
「流動食缶3分の2食べさせられなければ、即入院ですよ!」と先生。

その日の夕方にその薬を飲ませ、朝にも飲んだところ、
アリスの顔は、目が細く吊り上り、尋常でない表情になっていた
午後には正常の顔に戻り、流動食で栄養が取れたせいか(3分の2缶食べ指すことが出来た)、
次の日には、カリカリも自分で食べられるようになった。
元気になったように見えたものの、腎臓が7割も悪いのに薬でさらに悪化する(可能性大)のを知ってて、
投薬を続けることに、不安があった。Photo


‘2週間後には死んでるかもしれない・・・。’

なんだか不安で涙があふれてたまらなかった。
投薬4日後からはアリスは寝床のかごから起きださなくなってしまった
私が覗きこんでも片目をちょっとチラリ開けるだけ。
ふだんなら、「ブ?」と鳴いて頭を持ち上げ私を見るのに・・・。
夜中2時に目が覚め、「先生が何と言おうとこの薬はもう飲ませない、やめる!」と私は決断した。

◆転院 3つ目の動物病院◆

次の日、母にそのことを告げると、意外とすんなり受け入れ「K動物病院はどうだろう?」という。
「マリアの避妊手術は、最新型で切り傷も小さく経過も軽かったし、腕がいいに違いないよ」と。
母も、アリスの具合を見て違和感を感じたに違いない。
私も「そうだね」と言った。
ほんとうなら、K病院が定休日でなければM動物病院へは行かないはずだったのだ。
すぐに母と、アリスをつれてK動物病院へ向かった
母も介護に参加してるのだから、円満にやるには一緒に説明を聞いた方がいいのだ。
いままで、私だけ先生の説明を聞いてたので、介護に対する温度差が出てしまったのだ。

AとMの動物病院のカルテを見せ、私は先生に経緯を説明した。
カルテにある甲状腺のホルモンの数値、「T4 が 5.2 は高過ぎるね」と先生は言う。
「これだと甲状腺機能亢進症が重病になるけど、機械によって正常範囲がちがってくるから分らない」
と先生は言う。
この病院でも『甲状腺の血液検査は外注』ですぐには調べられないという。

‘A動物病院でも、「機械によってちがうから・・・」と言っていたが、30分で検査結果出してたんだよね。自分のところで調べられるのにはっきりしたことは分らないというのは、変な話だ。
もしかすると、この数値はうそかもしれない・・・症状も当てはまらないし’


私が「M病院で7割腎臓が悪くなってるって言われたんです。もう、アリスは長くないんでしょう?」と聞くと先生は、ぷっと笑って、
「(5日前に)M病院で調べた結果では、BUN(腎臓数値)が37でしょ。
100ぐらいまでは・・・いいわけではないけど、大丈夫ですよ。」という。
ともかく、甲状腺の薬を飲んだことで、どれだけ腎臓が変化したかを知るため、血液検査となった。
毎回血液を採られるのにはもううんざりしてたがしょうがない。

結果、BUNは76まで跳ね上がっていた

100までは大丈夫といったものの、非情に危険な状態という。
M病院でもらった腎臓の薬は継続して、(名称が不明)の甲状腺の薬、甲状腺治療エサYDもやめるように言われた。
腎臓が悪化したのでこれを優先治療することになり、甲状腺機能亢進症治療は中止となった。
2週間あの薬を飲んでいたら、確実に死んでいたかもしれない。Photo_2

それから数日間、毎日アリスの背中に水点滴を400cc?入れるため通院した。
腎臓に毒素がたまらないように水分を多くとらなければいけないのだ。




エサは腎臓病のカリカリと腎臓病用缶詰のサンプルをもらい、食べさせることになった。
(流動食缶など知らないという。病院によってそれぞれだね)

エサを食べられるようになれば、ひとまず大丈夫になるので、エサが食べられるまでは、毎日点滴通院しなければならないという。

腎臓病は、食欲がなくなる病気。
カリカリや缶詰は、マリアとレオンが寄りつくほど、おいしい匂いがしてるようだけど、
アリスは、食べようともしない。
カリカリを粉にして水と混ぜて無理に食べさすが、
多く食べさせることは難しかった。2


缶詰は、さらに口に合わないようで、うまくプッと吐き出してしまう。
缶詰をいったん裏ごしてコーンスープのようにさせてスポイト(正式名はシリンジだとさ)で飲ませると、うまくいった。

水点滴から4日後、血液検査で腎臓の数値を見ると、
正常値の31に下がっていた。
(正常範囲 17.6~32.8)

あとはこれをどれくらい保つことが出来るかだそう。

日増しに自分からカリカリを食べるようになり、
水点滴と腎臓クスリを始めてから1週間後の今日1月29日、
カリカリエサ・42グラム、体重の基本食事量を達成することが出来た。自分ですすんで食べてのこの量!!

今回も一時的かもしれないけど、先生はごはんを食べられるようになれば大丈夫、と言ってたので、とりあえず一安心。

元気も戻って、今日、半月ぶりにアリスは爪をとぎ(猫ってご機嫌なときやるよね)、Photo_3
ベランダで転がって遊んだのだった。

本当に元気なときは散歩をねだるので、
その日が来てくれることを願っている。

・K病院でM病院と全く腎臓の薬を買ったが、800円も安かった。
この病院はA病院と違って、毎回再診料500円は取らず治療代だけなので代金が安く済み、ここに決めてよかったと思う。

・M病院の薬をあげてるときは、不安と緊張が張りつめていたのか、マリアがレオンに八つ当たりして何度も暴力をふるっていたが、今はおさまったのでよかった。
悩みや苦労は家族全員に広まってしまうものだね。

・転院させたことで一時危ない状況にさせてしまったけど、
病院選びは本当、難しいね。

2013年1月31日 (木)

ねこつぶ(乗ったつもり)

Photo_4

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »