フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月 1日 (金)

日光①(二荒山神社)‘09.10

季節外れの上、だいぶ前の旅行話だけど、いつか載せたいと思ってたので、載せることにしました。
2009年10月9日に行った時のものなので、
記憶違いや間違いがあるかもしれませんが、そこはご了承ください。

◆二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)◆
790年(or767年)に勝道上人が日光の三つの山の神を祭神とする本営神社を建てたのがはじまりとされる(るるぶ栃木から)

1
「大鳥居」

7
右側の建物が「拝殿」1644年に建てられた。

2
「縁結びの笹」かな?3週輪をくぐるといいことがあるとか。

3
「化灯篭」
夜中に妖しい姿に変わるといわれ、警備の武士に切りつけられた傷が無数にある。

6
「二荒霊泉」
眼病に効くといわれる「薬師霊泉」と滝尾神社の境内にわく「酒の泉」を引いた池。
若がえりの効果もあり、飲むことが出来る。

Photo
「神興舎」

8
「大国殿」
この建物の目の前にある「運試し輪投げ」も名物の一つ。3つ投げて1つでも入れば運気良好だとか。

Photo_2
「神橋(しんきょう)」 赤い橋のほうね・・・sweat02車内から撮影
勝道上人が大谷川を渡るときに深紗王(じんじゃおう)がヘビを架けて橋にしたという。

深紗王は三蔵法師がインドに旅をしたとき砂漠に現れ守護したという鬼神。
怒り顔で、左手にどくろにまとわりついた青蛇を持ち、腹に人面をもつ。

2013年2月 2日 (土)

ねこつぶ(悟り)

Photo

2013年2月 3日 (日)

日光②(日光山輪王寺)‘09.10

Photo
「日光山輪王寺」の西の門・「黒門」
柱から瓦まで黒塗りになっている。

Photo_2
「宝物殿・拝観券売り場」

Photo_3
「しょうよう園」入口。
中には、江戸時代に造られた、代表的な池がある日本庭園が広がっている。

Photo_4
「記念撮影場所」
客たちの背後には三仏堂が立っている。

Photo_5
「三仏堂」 
堂前の「金剛桜(右側の木?)」は天然記念物。
中には、金色の大きな仏像、ほか色々な像がある。
Photo_6
撮影禁止なので、ホームページから拝借。
台座から頂点まで8メートルある。
これは必見ですよsign01

Photo_7
「相輪とう(そうりんとう)」
高さ13.2メートル。1643年に建てられた。初め東照宮の敷地にあったもの。

Photo_8
「鐘楼」
12本の柱を持つ変わった形。
山内に時を知らせるために利用していた。
大晦日の除夜の鐘にも使用。

Photo_9
「護法天堂」 国の重要文化財。
日光山の護摩祈願所で、日光山の信仰を理解するうえでも重要な堂という。
このときは、扉が閉まってて地味・・・。

Photo_10

全体的に建物など地味めだったけど、三仏堂の中はほんとすごかったですよhappy01

2013年2月 4日 (月)

ねこつぶ(草をはむ)

Photo_2


我が家では、「猫草」は種から植えて育ててます。
販売されてるきれいに生えそろった完成品はあまり好きではないのです。
猫たちは、引きちぎりながら食べるので、根っこごと抜けてしまうことがしばしば。
あっというまに見るも無残な見た目になってしまいます。

2013年2月 5日 (火)

日光③(三猿・神厩舎)

日光といえば、「見ざる・言わざる・聞かざる」の「三猿」が有名だ。
その彫刻は、「日光東照宮」の「神厩舎(しんきゅうしゃ)」の上部にある。

Photo_2
「神厩舎(しんきゅうしゃ)」 (馬小屋)

どうして馬小屋に猿かというと、「猿は馬を病気から守るもの」という伝承が、インドから中国、そして日本に伝わっていたためである。
鎌倉時代には、実際に、馬小屋に猿を飼ってたところもあったそうな。

そういえば、「西遊記」で、孫悟空が天界で初めて就いた仕事が「馬の飼育係」だったね。
位が低い仕事と知って怒って地上に帰っちゃったけど・・・。
三蔵法師の乗る馬を引いてたのも、弟弟子(おとうとでし)の沙悟浄や猪八戒ではなく、
猿の悟空というのも、そういった理由からかもしれない。

2

この猿の彫刻には意味があって、「人の、理想の人生のありかた」を表しているという。
‘平凡ながらも穏やかな人生を送り、次の世代へ命を渡していく’という理想。

1

2_2

3

4

4_2

4_3

7


今の日本は、未婚やパラサイト(親の収入に頼ってる)や少子化になってて、
「子供時代には、悪いことは『見ない』「聞かない』「言わない』」というのも、守られていない。
「平凡」だったはずの徳川家光が描いた「理想の人生観」は、もはや「実現不可能な夢物語」となりつつある・・・?

2013年2月 6日 (水)

アリスの腎臓病治療の日常

猫とは関係ないが、先日テレビで白血病経験者の方の話をたまたま見聞きした。

彼は、白血病になり運よく骨髄移植することが出来た。
その直後、医者に
「マラソン42.195キロに例えれば、今どのくらいの位置ですか?」と聞くと、
「10キロあたりですね」と先生は答えたという。
素人からすれば、骨髄移植ができれば「治ったも同然」と考えがちだが、
ここから先が長い闘病な始まりで、免疫が落ちてることもあって肺炎にかかりやすく、
入退院を何度も繰り返し、いろいろ危険な場面があったと言っていた。

今、我が家では、猫のアリスの腎臓病の治療中(腎臓状態を維持中)だけど、
危機は脱したものの、この先どうなるのかは分らない。
腎臓は年と共に悪くなっていくから、クスリなどで老化を止めることは出来ないし。
まだ、治療をはじめて1ヶ月も経ってないけど、生命の終わりがチラチラ見えて、なんかむなしい。

◆アリスの腎臓病治療◆

「補液」
 初めのころは、毎日だったが、いまは週2回(火曜日と金曜日)、病院で「皮下点滴」を300㏄ほど打っている。
 (透析) (一日1570円。)
 これをやれば、血液中の老廃物や毒素が薄くなるのだ。
 首の後ろ側に注射し、3分ほどで背中に水袋が出来る。まるで「ひとこぶらくだ」のよう。
 痛みや苦しみはなさそうで、活発ではないものの普通に生活をしている。
Photo

Photo_2


・「薬治療
 腎臓のくすりを毎日夕方4時に一錠

・「食事療法」
 
エサを食べることができるようになったので、
 「腎臓病サポート・スペシャル」(ドライフード2㎏入り・4740円)を購入して与えている。
 アリスは、1時間ごとに食べたがるので、世話が大変である。(1回に大さじ1~2杯しか食べない)
 一日の食事量はこの1週間、50g前後で、一ヶ月前までの頃の2倍(これが本来の量)食べるようになってる。
 昨日体重を測ったら0.05g増えて、3.15㎏だった。良好良好。

 サンプルがまだ残ってるのでこんな状態になっている。downwardleft瓶の中身は、
 ・腎臓サポート
 ・腎臓サポート・スペシャル
 ・ヒルズの「KD」(腎臓病食)
 ・甲状腺機能亢進症・治療食「YD」

 アリスは飽きっぽいから、気分に応じて選べるこの状態はいいけど、
 サンプルが切れたら食欲下がったりしないか心配。

Photo_3

◆検索で分ったこと◆

・血液検査で腎臓の数値に異常が出た場合、その時点で7割の腎臓がダメになってるそうだ。

 <腎臓病の目安>

クレアチン(CRE)指数    1.6以下 正常
                 ~2.8    軽度の腎不全
              2.9~5.0    中等の腎不全
                   5.0以上 重度の腎不全

アリスは2.0だったので「軽度の腎不全」のようだ。

詳しくはこの猫病気のサイトへdownwardleft

http://www.pet-hospital.org/cat-011.htm

2013年2月 7日 (木)

ねこつぶ(集まり)

Photo_4 一番手前が、リキ

2013年2月 8日 (金)

日光④(東照宮・前編)‘09.10

徳川家康(1542~1616)は、1615年に豊臣家を滅ぼすと、徳川家の永遠の存続と平和を願って、
「死んだ後、関東と幕府を守る神となる」と遺言した。
家康が亡くなると遺言通りに、一周忌に久能山から富士山(不死・霊力がある山)を経由して、
江戸から北にあたる日光に、霊廟を移した。
正面から見ると背後には北極星が光る。
Photo

「北極星」は、古代から中国では、「宇宙の中心=天帝」とされ、
天帝の命を受けて皇帝が国を統治すると考えられ、歴代の中国の皇帝が祈りをささげてた星。
家康はそれによって神としての権威を高めようとしたのだった。

東照宮は、当初、二代将軍秀忠(1579~1632)が家康の注文通りに建てたが、
20年後その息子家光(1604~1651)が豪華に建て替えてしまった。
(元祖・東照宮downwardleftは群馬県世良田に移築)
2

1636年、日光東照宮は現代価格で2000億円をかけ、大工など名彫刻家650万人を使い、
たった1年5か月で、完成させたのだった。「陽明門downwardleft

Photo_2

家光は生まれながらに病弱と吃音を持ち、両親から愛されず乳母に育てられて生きてきた。
2才下の弟・忠長は健康で活発で両親に愛されて育ち、周りも後継者は忠長と思っていたが、
だが家康が徳川の後継者に選んだのは、家光のほうだった。

家康は、唐の太宗(西遊記にも出てくる・24年間平和な政治を行った皇帝・質素倹約をし、
国民のために制を尽くした)の治世について書かれた、
「貞観政要」(帝王学の教科書といわれ歴代の皇帝の愛読書)を読んでいて、
それには「国の創設よりも維持するほうが難しい」というのがあり、
「上に立つと、やがて威張り腐って、国民をこき使い、やがては国が亡ぶ」とあったので、
武将としてはイマイチな、守り姿勢の秀忠と家光を選んだのだろう。
戦いが不得意な人は戦(いくさ)で勝利を勝ち取ろうとはしない。

家光は、12歳のころに自殺を図ったこともあるほど、悲しみの中にいたが、
天下の祖父・徳川家康に存在を認められたどころか、徳川の将来を任せられたのである。
その反動からか、病気がちな体でありながら、「東照宮の建て替え」
「参勤交代(金を使わせて反抗する力を押さえる)」
「鎖国(他の国では植民地になってるので防御)」色々な政策をくりだし頑張ったのだった。

「家光は将軍としてはふさわしくない」という周囲の冷ややかな目が強かったのだろう。
彫刻や装飾には、「こう見えても、反抗する人には容赦しませんよ」のアピールが見え隠れする。

有名な「眠り猫」。
後ろには「天敵の猫がいながらくつろぐスズメ」の彫りものがあり、敵も襲ってこないほど平和を
表してるというが、猫は眠っているように見えて体勢は中腰で、「いつでも襲う準備が出来てる」状態になっている。
家光の心情を表してるのだろう。
Photo_3

また、「唐門」にある彫刻の「許由と巣父
Photo_4

これは、古代中国の伝説上の五帝(黄帝・ぜんぎょく・帝こく・堯・舜 平和な政治を行ったという)の一人、堯(ぎょう)帝の話で、
堯帝が、「許由(ぎょゆう)」の人格の良さのうわさを聞きつけ、「次の皇帝にしてあげよう、
高い位につけてあげよう」と言うと、
許由は逃げて、「けがらわしいことを聞いた」と、川で耳をすぐさますすぎ、
それを見てた高士(世間から離れ山奥に住む徳のある人)と知られる巣父は、
牛に水を飲ませようとしていたが「牛に汚れた水を飲ますわけにはいかぬ」と立ち去った。
という。(ウィキペディアから)
つまり、「天下を取ろうと挑んできてはいけない」ということを表してるのだ。

さらに、その下の像「瞬帝朝見の儀」は、
「堯帝から舜帝へ、そして禹(う)帝へ、正しく政権が移った」ことを表した彫刻で、
「政権が自分・家光に移ったのは正しい」を表現している。
Photo_5

舜は、孝行息子だったが、父と義母と連れ子から虐げられ、何度も殺されそうになりながらも、
親を大切にしてるとの評判から、堯帝に認められ、次の皇帝になった経歴をもっている。

家光は、「現代の日本の舜帝」をめざしていたのかもしれない。
Photo_6


・唐門は50年ぶりに塗り替えられた。(テレビから拝借)

「陽明門」は2013年4月から、修理がはじまり、この先6年間は全体像を見れないという。

文化遺産などの保存は、色あせたままにする場合と、こうして当時の姿に戻す場合があるけど、
わたしは、当時の姿に戻す方が好きだな。

参考:歴史秘話ヒストリア2011年11月2日放送
    ウィキペディア

2013年2月 9日 (土)

日光⑤(東照宮・後編)

東照宮にはもっと見どころがたくさんあるけど、そこはガイドブックにまかせて、私が気になったところだけ紹介。

clover

1600年代当時「東照宮」は,大名たちがこぞって建てたので、日本全国に500社以上あっ足そうな。
たぶん、建てないと「減給」など処罰を恐れてのことだったんではないかと、私は考える。
今は130社ほど残ってるとか。

家康の一周忌に、魂は日光に移され、大名たちはいろいろな贈り物をしている。
九州の藩主黒田長政が、九州から運んだ石で作った「石鳥居」。
Photo

オランダから送られたという回転灯篭(家紋がさかさまという間違いがある)
Photo_2


伊達正宗が献上したという「南蛮鉄灯篭」(鉄は、ポルトガルから運んできたもの)が見どころになってるが、
「他の大名たちが、灯篭を送ってるってよ」「えっ!?どうして教えてくれないんだよ。まずいじゃん。急いで作らないと」
という感じで、あわてて献上したものだそうな。
Photo_3

直江兼続と上杉景勝たちも「みんなが灯篭を送ってる!?時間もないし、貧乏で銅がないよ。
鉄でつくって送るしかない」といったやりとりを、
「天地人」(2009年)の放送の終わりのゆかり話でやってたが、
見かけなかったし、検索でも出てこない・・・?。送り先は日光東照宮ではなかったのだろうか?

「五重の塔」は福井県の小浜藩主 酒井忠勝からの奉納されたもの。
中には一本の柱がつりさげられていて、地震にも台風にも強い作りになている。
Photo_4

中はこんな感じ。
Photo_5


底は10㎝浮いてるという。
Photo_6


内部画像は「いい旅・夢気分」2013.2.6放送から拝借。
五重の塔の中は、期間限定で今年の3月31日まで入場料300円で観覧できる。

2013年2月10日 (日)

ねこつぶ(700系電車に)

Photo_7

飼い主「やっぱり男の子ね。乗り物が好きだなんて」


Photo_8

新幹線700系電車(写真はウィキペディアから)
先頭の形が動物の「かものはし」の形に似ているといわれる、新幹線。

2013年2月11日 (月)

ねこつぶ(昨日のアリス)

1


2


3


この数日、たまに玄関マットに座って、散歩に行きたがるそぶりを見せることがあります。
でも、近づくと居間に戻ってしまうので、まだ、本調子ではないのでしょう。

家の中で走る元気は、出るようになりました。

応援ありがとうございますheart01

2013年2月12日 (火)

日光⑥完(輪王寺大猷院)

「輪王寺大猷院」は、徳川家光の墓所で、「死んだあとも、家康さまにお仕えする」と、
家康の墓所である東照宮のそばに建てられている。

東照宮よりも装飾は控えめにしたというけど、充分華やかである。

Photo
「仁王門」
1_2
「仁王門」の「仁王像」

Photo_2
「二天門」
Photo_3
「二天門」の「持国天」「広目天」「風神」「雷神」

Photo_4
「夜叉門」
ここからの眺めは天上界からの眺めに例えられている。
Photo_5
「夜叉門」の「ひだら」「あばつまら」「けんだら」「うまらきゃ」の四夜叉が霊廟を守っている。

Photo_6
「唐門」

Photo_7
「拝殿」

Photo_8
「拝殿・右側」

Photo_9
「皇嘉門」
中国の明朝の建築様式の竜宮造りになっている。
この先は、非公開の「奥院」がある。
(建築350年目に初公開されたというので、どこかのサイトで「奥院」の画像があるかもしれません。)

「輪王寺大猷院」は、
『門をくぐるごとに、景色が転換して、あたかも天上界に
登って行くような印象を与える』とあるけれど、感じましたか?

2013年2月13日 (水)

その観音様でなくて・・・

Photo
業田良家(1958~)漫画家

ビッグコミックオリジナルでは、毎号川柳付きの4コマ漫画「百年川柳」を掲載してるが、
たまに読み切りで短編漫画を載せていて、こころ温まる話が多い。

作品のなかには実写映画にもなったものもある。

「自虐の詩」2007年(主演:中谷美紀、阿部寛)     まだ見てない・・・
「空気人形」2009年  心を持ったダッチワイフ人形の悲哀

なんか下ネタになっちゃったなぁ・・・sweat02

文がちょっと変だった。「を」を使うなら「100個ためたら」だね。修正が面倒なのでこのままで・・・。
「てにをは」苦手なんだよね。

追記:20122.20

2話の話内容が意外な方向への展開だったので、驚き。

2013年2月14日 (木)

ねこつぶ(バレンタイン)

Photo


猫には、チョコは体に良くないので、あげちゃだめですよ。
といっても、チョコをたべる猫って聞いたこと無いけど。

猫や犬に与えてはいけない食べもの、ほかにたくさんあります。
意外と勘違いや思い込みで、与えてしまってませんか?

猫に牛乳(消化できません)」「煮干し・鰹節(尿結石になりやすい)」
「ねこまんま(味噌汁かけごはん)(ネギ科は、赤血球を壊し、危険度が高い食品です)」

詳しくは「犬猫に危険な食べ物サイト」downwardleft

http://petfood.7pot.net/ng_food.html

2013年2月15日 (金)

猫の取っ組み合いについて

4
レオン(オス12歳・サバトラ)とマリア(2才・メス)は、よく取っ組み合いしている。

姉は、常々これを見るたび、「下の方が強いんだよ」という。
つまり、マリアのほうが強いということ?

今回、「のらぎんた」さんのブログで、downwardleft
http://hk1789.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-694d.html
「体が1.5倍あるのに取っ組み合いで負けてる」というような内容があったので、
姉の言葉を信じて「下側のほうが強いんだよ」って、コメントいれようかと思ったけど、
根拠がないからやめた。ほんとのところどうなんだろう?

姉に、「どの本に載ってた?」って聞いたら、見つけましたsign01

「エドニー先生の猫と暮らす本」(ペットライフ社・緑書房 3800円・フルカラー)
Photo

その中に、寝てる体勢は「口をあけ指を開いて相手に手ごわい武器のあることを見せびらかしている」‘攻撃的表現’という文が。
2
うちの猫を観察すると、下側にいるマリアが、噛み噛みに加え、
よく『両足で相手(レオン)の顔面めがけてけりけり』をいれています。

上側は、四足で踏ん張ってるので、口でしか攻撃出来てません。
見方によっては『いつでも逃げられる準備が出来てる体勢』とも見えます。

つまり猫の場合、下側だからといって、負けてるとは限らないようだ

また、もう一匹の飼い猫アリスは、どの猫とも取っ組み合いのけんかはしませんが、
私が座ってねこじゃらしなどで遊んであげていると、
興奮して私のひざに爪を立て両足でけりけりします。こんな感じですdownwardleft

3

子猫のころからこれをしてるので、ここに載ってるような病気のサインではありません。
子どもがのぼせあがって、悪ふざけをしてるといったところでしょうか?

身近に野良猫がいるけど、取っ組み合いのけんかは見たことがありません。
だいたい「にらみ合い」で勝ち負けがつくので、
怪我をするとしたら、逃げてる背後を攻撃された場合でしょう。

家庭ねこの取っ組み合いは、「兄弟ケンカのようなもの」で、
勝てる自信のある方が、下側になり余裕で相手してるのではないか?と思う。なぜなら、

我が家の猫の優遇順位。
1番 アリス(メス 14歳 物静かだけど、来客を出迎える勇気がある。家人を守っているつもり。
                高齢なので、一番大事にされている)
2番 レオン(オス 12歳 臆病で逃げ足が速い。来客中はけして、出てこない。扱いが後回しの場合が多い)
3番 マリア(メス  2歳 もと野良猫のじゃじゃ馬娘。冒険心旺盛。駄々をこねるのですぐかまってもらえる)

マリアは「レオンは「『へたれ』なので こいつには勝てる!」と思って、しょっちゅうケンカを売っているのではないだろうか?
結果は、いつも「引き分け」のようなので、何度もいどむことに。

2013年2月16日 (土)

ねこつぶ(かくれんぼ)

Photo


Photo_2


Photo_3

2013年2月17日 (日)

黒猫カップセット

Photo
姉から誕生日プレゼンントでもらった「黒猫のカップセット」。

私は、なるべく、ぬいぐるみなど生きものの形をしたものは、
自分のペットへの愛情が半減する気がして持たないようにしているけど、
これは大事にしている。
Photo_2
この、リボンを嫌がってほどいちゃう、わがままっぷりが、
飼い猫、黒猫のアリスもやりそうでカワイイ。
上の寝ころんだ姿はリアリティがある。

ホームページをのぞいたら、作者は白、茶トラ、黒猫を飼っていて、なるほどうまいわけだと思った。

リボンキャット」のホームページ。downwardleft ほかにも猫グッズ満載で個展も開いてる。

http://www.d4.dion.ne.jp/~manamana/index.html

◆黒猫の話◆

・ほとんどの動物学者が「黒猫は優しい性格をしている」といっている。

・昔の日本では古くから、「夜でも目が見える」ということなどから、
 「魔除けや幸運、商売繁盛の象徴」とされ、恋煩いも治すといわれた。
 黒い招き猫は魔よけの意味を持つ。
 江戸時代には、黒猫を飼うと結核が治るという迷信があり、新撰組の沖田総司も飼っていた。

・夏目漱石の「吾輩は猫である」のモデルは、
 漱石が37歳の時に迷い込んで住み着いた野良の黒猫である
 1908年9月13日に猫が死亡した際、親しい人たちに猫の死亡通知を出した。
 ネコの墓には「この下に稲妻起る宵あらん」と
 安らかに眠ることを願った一句を添えた。
 東京・夏目公園(漱石山房跡地)に「猫塚」が復元されている。

参考:ウィキペディア

2013年2月18日 (月)

ねこつぶ(幸せの思い出)

Photo くびわ

2013年2月19日 (火)

そこまで酒に弱い!?

Photo


黒猫ワインdownwardleft ツェラー・シュワルツ・カッツ

http://www.mercian.co.jp/wine/gas/katz/index.html

2013年2月20日 (水)

追悼・金田伊功さん

ココログ広場で知り合った、うりょのぶさんに、金田伊功さんが2009年に亡くなってることを知らされた。

金田伊功さんは、アニメの原画を担当してたひとで、アニメ好きならだれでも知ってる大物人物である。
特徴としては、カメラを間近からとってるような、超遠近感で描くといったところでしょうか。

簡単に説明すれば、

金田伊功(1952.2.5~2009.7.21)
高校二年の頃描いた「アタックNO.1」(1969~1971テレビ放送)の鮎原こずえのイラストはプロレベルの画力だった。
1970年に「魔法のマコ」でアニメ界にデビュー。
1978年「映画・銀河鉄道999」で有名になる。
ジブリ映画にも原画で参加。
「ラピュタ」「トトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」

昔の切り抜き(たぶんアニメージュ)があったので載せてみました。downwardleft

Photo

「映画・さよなら銀河鉄道999」に対するコメントなので、1980年頃かな?
コメント
今回も銀河鉄道999に参加できて、たいへん嬉しいです。
 ベテランのスタッフの人たちばかりのなかでの仕事は、こわいですけど、がんばります」(28歳)

私の記憶違いでなければ、監督のりんたろうさんが‘映画の鉄郎のキャラを決めたのは金田さん’と言ってたような・・・。
映画の成功は鉄郎はかっこよさだと私は思う。

金田伊功さんをもっと知りたい方は、こちらをdownwardleft

http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%87%91%E7%94%B0%E4%BC%8A%E5%8A%9F

2013年2月21日 (木)

ねこつぶ(猫には座布団)

Photo_2

マリア「‘猫に座布団’というでしょう?早い者勝ちですよ。」

2013年2月22日 (金)

ねこつぶ(安心)

Photo

2013年2月23日 (土)

昨日より今日のほうがいい

このところ、他人に言われた一言でへこんで、なかなか立ち上がれなかった。
漫画にしたいネタはたくさんあるのだけど、気持ちが盛り上がらない。
趣味の範囲なのだけど、わたしがマンガを描くこと、というかブログしてること自体が
家族は不愉快らしい。
自分だって馬鹿げた趣味だって思ってるよ。
負担だし、これが無ければ時間がたっぷり出来るしね。

先日、CDをレンタルに行ったら、なつかし名曲6枚セットがあったので借りてみました。
その中の「虹の都へ」の

昨日よりもっと、今日のほうがいい

のフレーズが心に響いて、ちょっとばかり前向きな気分になれました。

notes  notes

「虹の都へ」(1990年・高野寛)

※君と僕はいつでも ここで会っているのさ
 太陽しか知らない 二人だけの秘密

君はいつもより 嘆いてる
遠ざかる時の悲しさを

だけど僕達は知っている
香りがいざなう この場所を

地球の中の 知られざる街へ 僕たちは向かう

※くりかえし

何を信じたら いいのかも 分らない時が来ていた
だけど僕たちは知っている
君を変えるのは 君だけさ

 自分の中に宇宙があることに気が付けば きっと・・・

※くりかえし

昨日よりもっと 今日のほうがいい
そして世界は回ってる

※ ※ くりかえし

君と僕はいつでも ここで会っているのさ
太陽さえ知らない 二人だけの秘密

映像downwardleftバンド風なので、CDできいた方が良さが分ります。

http://www.youtube.com/watch?v=cHHBm5-AsXA

Photo

イメージイラストを描いてみた。
自分の中では常夏の南の島のイメージだったけど、
時間がなかったので、急いで描いたらただの新婚カップルにsweat02
もとはスキーウェアのCMだったらしいから、冬服でもおかしくないのかな?
絵がいけてないなぁ。

chick おまけ chick

芸人のヒューマン中村が、フリップ芸でやってたネタで、
『人から言われた傷つく言葉には「しりとり」を使って、遊び心で返そう』がよかった。
前向きになれる返しだね。
一部紹介

「あれっ、いたの?」 (の) 「のっけからいたよ」

「昨日もそれ着てなかった?」 (た) 「たぶん明日も着るよ」

「お前のこと友達だと思ってないし」 (し) 「親友だもんな」

「もう電話とかメールとかしてこないで」 (で) 「電報打つよ」

「一緒に街を歩きたくない」 (い) 「一緒に歩けるような街に変えてやろうぜ!」

「お前、死ねば?」 (ば) 「バイトあるし、シフト開けられないわ」

「生理的に無理!」 (り) 「理論上は可能!」

2013年2月24日 (日)

ねこつぶ(悪い子ちゃん)

11
マリアは、家の中から出ないにもかかわらず、
家の周辺を野良猫が歩くのが許せません。
音や声が聞こえないにもかかわらず、すぐに察してベランダの手すりに飛び乗ります。

1

もと、野良猫の本能がそうさせるのでしょう。
自宅周辺は自分の縄張りだと思ってるに違いありません。
(野良の経験のないアリスとレオンは無関心ですから。)

2
野良猫を追いかけて、にらみを利かせます。


4
でも、そんな高いところから、にらまれても、ちっとも怖くありません。
野良ちゃん達は、苦笑いです。

2013年2月25日 (月)

美しき決死の行動

Photo


Photo_2

ゴダイヴァ夫人の画

・ゴダイヴァ夫人 (990年ころ~1067年)イギリス

・お龍(1841年~1906年)

pencil

今日は、何も予定が入ってなかったので、朝から漫画に取り組んで頑張って描きました。

漫画を描いてるときは、ごみの日なのに、ごみを出すのを忘れたり、
特売を買いに行くのも忘れたり、家事がおろそかになるので、
予定が無い日でないと、自己嫌悪に陥ります。

文章の閉め方がなかなか決まらず、日本髪と馬を描こうと思うだけでかったるくて筆が進まず、
2週間持て余してましたが、何とか完成できてほっとしました。

あっ、ほかに「ストップ・ひばりくん」でお姉さんが弟ひばり君のために、
胸をあらわにする場面(ひばり君は女として学校へ通っているので、疑いをかけてる人に、
女であることを証明しなければいけなかった。姉がひばり君に成りすまして上半身裸になった。)も、
美しき決死の行動だ。古すぎて分らないか(笑)

2013年2月26日 (火)

ねこつぶ(つまみぐい)

1
レオンが、アリスの(腎臓病用の)エサをつまみ食いしようとしています。
でも、ビンのくちは、猫の手と同じくらいの幅で、取り出すことができません。


2
レオンちゃんも12歳の高齢だから、腎臓心配だよね。

2013年2月27日 (水)

アルフォンと雪(切り抜きから)

このところ、気温が下がったこともあって体調不良。
とりあえず、なんかUPしておくか・・・。

「宇宙戦艦ヤマト・ヤマトよ永遠に」(1980年上映)の一場面の雑誌の切り抜き。
マニアの方には有名な「おもしろ間違い場面」だよね。

Photo

映画では、ユキはアルフォンを受け入れなかったそうだけど。

宇宙戦艦ヤマトは、男向け感が強すぎて、詳しく知らないから、私にはちょっと説明できませんsweat02

2013年2月28日 (木)

ねこつぶ(待ちあぐむ)

Photo_2

実家では、アリスが私のひざに乗るのを楽しみにしてるので、
こたつに入りながら、この状態で、まったり過ごしている。

レオンとマリアは、私がこの体勢になると1時間は起きださないのを知ってるので、
一緒に昼寝体勢に入る。

だけど昨日は気圧が下がってたこともあって、体調悪さから、3時間起きることが出来なかった。

ようやく、目を覚ますと、猫たちが私を囲んで、遊んでくれるのを待っていた。

母だってそばにいるのだけど、猫たちは母ではなく、私と遊びたいのだった。

「ごめん、遊びたいのはやまやまだけど、今日は体が疲れてるから勘弁ね。」

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »