フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ひとりぼっちの子猫③ | トップページ | ひとりぼっちの子猫④ »

2013年6月30日 (日)

付録・台本(999とガンダム)

1

アニメージュの付録
「ガンダム(劇場版の準備稿)」は、昭和56年4月号の付録。
「さよなら銀河鉄道999」は、昭和56年9月号の付録。

4
「銀鉄」の見開き1ページ目。
右側は、エンディングの「SAYONARA」の歌詞。

5
中身はこんなかんじ。

6
鉄郎と一緒にスリーナインに乗る予定だったメーテルは、エメラルダスにひきとめられ
走り去る汽車を見上げながらひとりつぶやく。
メーテル「さようなら、鉄郎。いつか別れの時が来ると私にはわかっていました・・・。
      私は青春の幻影。若者にしか見えない時の流れの中を旅する女・・・」
の後の場面。

映像になるとこんなかんじ、
映画「さよなら銀河鉄道999」(最後から10分)downwardleft

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=MtjF9_PzCLQ&list=PLD61A3848269B8E8D&NR=1http://www.youtube.com/watch?v=B60qt3MnaAk
    

2
「ガンダム」見開き1ページ。

3
シャァの裏切りにあい、死んでいくガルマの場面。
シャァ「君の生まれの不幸を呪うがいい。君はいい友人ではあったが、君の父上がいけないのだよ」
ガルマ「シャァ、はかったな、シャァ!」

台本の付録で喜ぶ人は、声優志望か監督志望あたりか?

« ひとりぼっちの子猫③ | トップページ | ひとりぼっちの子猫④ »

本と映画とテレビと」カテゴリの記事