フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 猫リキとぶちの決裂⑤(後日) | トップページ | 付録・ハーロックの台本 »

2013年7月26日 (金)

猫耳クライシス①②(まんが)

お絵描き仲間のもっちさんが、今月一杯でブログを閉じてココログを去るという。

私だけかもしれないが、絵描きは気持が不安定になりがちで、
うまく描ければ、うぬぼれるほどうれしいいが、思うように描けないとものすごく落ち込む。
素人なので、大抵うまく描けないから、
誰かと傷をなめ合いしながら上達を夢見ながらの努力の毎日となる。

かつて、もっちさんが、私のまんが(絵のほうかな?)をほめてくれたことがあったので、
心の支えになっていたのだけど、残念に思う。

でも、それが彼の絵の上達の近道であるなら、応援するのみですね。

先月、「もっちさんのイラストを見て物語が浮かんだので、まんがにしてみてもいいですか?」
と聞いたところ、彼は「どんどん描いてください」と言ってくれた。

どんなイラストだったかというと、猫耳と尾っぽを持った少女の後ろ姿(4月5日UP作品)で、
「一人暮らしの高校生の男子の家に、見知らぬ猫耳むすめがシャワーをあびてる」という設定だった。

’どうしてむすめは猫の姿で、しかもその家でシャワーを浴びていたのか?’
が疑問に思い、すると走馬灯のように、物語が頭の中で展開しだしたのだった。

浮かんだものはとりあえず、作品として完成させようと思ってるので、
ネームはすぐに仕上げた。
でも、画力がまだ女の子しか描けないレベルなので、もっと練習が必要だし、資料が足りない。
絵柄は今どきにしたいから、漫画を見て研究しなくちゃいけなくて、そうこうしてるうちに、
日にちが経ってしまった。

先日、予告広告で見かけただけだけど、ジャンプSQ?に似たような設定の漫画が載ってる事を知り、ちょっと落ち込んだ。
「これはありふれた設定だったか・・・。この時期に描いたらパクリになるのかな?」と。

でも、約束(?)したので漫画を載せることにしました。全14話のうちの2話だけ。
気持が折れなければ、続きを描くかもしれない。

500

このあたりで、「タイトルページ」を、挟む。


500_2

ちょっとチャラ男の髪形だったか・・・?

« 猫リキとぶちの決裂⑤(後日) | トップページ | 付録・ハーロックの台本 »

「猫耳クライシス」(18P)」カテゴリの記事