フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(逃げる隠れる) | トップページ | ねこつぶ(もう暑くて・・・) »

2013年8月18日 (日)

唯一のサインはがき

人間関係に疲れてた子供の頃、怪奇的な物語の本や漫画をよく読んだ。
自分の生活と、かけ離れた世界は、やすらぎと心地よい刺激を与えてくれる。

ある日、クラスメイトがファンレターの出し方を教えてくれた。
返信用はがきを出せば、漫画家のサインがもらえると。
彼女たちは、漫画家のサインを何枚も持ってるよ、と話していた。

さっそく、書いて出してみると、しばらくたったころ、それが届いた。
感動のあまり、飛び上がらんばかりに興奮して、腰が抜けそうだった。

Cimg3614

高橋葉介さんのサインはがき。
私にとって、怪奇漫画と言えば、彼。
作品は「夢幻紳士」が有名で、ビデオ化されたことがある。(あいにく見てないけど・・・)

返信用はがきを送ってサインをもらう行為は、なんか強引に感じて気が引ける。
だから、サインはこれだけしかもっていない。
今の時代は、転売目的の人が多いだろうから、このやり方はもう出来ないだろう。

Cimg3634


はがきには何を書いて送ったのか、はっきりとは覚えていないけど、
たぶん、自画像と「漫画家めざしてます」などの文を書いたんじゃないかな・・・。
漫画家になるなんて難しいのに、恥ずかしいこと書いたもんだ。
あと、「漫画全部持ってます」とも書いたような・・・。今見ると全部なかった・・・ごめんなさい。
(しかも最近のも買ってないし、というよりマイナーだからなかなか書店で見かけないし・・・)
とにかく、誰かに出すときは、コピーを残したほうが、後々心配しなくていいね

その後、数年してから、私は、あるテレビ番組に自分で描いたイラストを送ってみた。
3枚目にして、ようやく採用された。
テレビ画面には数秒しか映らなかったけど、
親戚からは「見たよ。凄いね!」の連絡がきて、うれしはずかし体験だ。
しばらくして、採用ごほうびの番組のテレホンカードが送られてきた。

時が経って、私は社会人になっていた。
あんなに読んでいた漫画や本はもう読めなくなっていた。
世間で生きてくためには、「田舎者が都会で生きるために故郷を一時忘れる」ように、
私は、故郷(2次元の本や漫画)を断絶するしかなかったのだった。
毎日心も体もくたくたで読める状況でもなかった。
それほどまでに、世間で生きていくのは厳しい。

ある日、ようやく、買ったまま放置されてた「夢幻紳士」のビニールをはがし、読んだ。
読み進めるうちに、見覚えのあるカットに突き当り、ドキッとした。
それは、かつて私が番組に送ったイラストによく似ていた。
たぶん、高橋葉介先生は、あの番組を見ていたのだ。
お礼のハガキを送ろうか考えたが、時が経ちすぎた気がして、何もしなかった。
はがきを送ってたら、かえって迷惑だったかもしれない。
どっちにしろ、人付き合いは慣れてないので、どうしたらよかったのか、
今でもよくわからない・・・。

ただ、言いたいことは、「あのカットには気づきました。ありがとうございます!」とお礼を、
20年越しで・・・。

http://blog.livedoor.jp/planet_of_blackness/ (高橋葉介サイト)

« ねこつぶ(逃げる隠れる) | トップページ | ねこつぶ(もう暑くて・・・) »

つぶやき」カテゴリの記事