フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(思いだし恥ずかし) | トップページ | ねこつぶ(すねちゃった) »

2013年9月11日 (水)

九州物産展で

九州物産展へ行ってきた。

チラシを見た限りでは、ぐっとくるものが無かったので、気乗りしなかったんだけど、
行ってみれば、結局1万円近く買い物しちゃってた。物産展はくせものねsweat02

着いた途端に、くまモンのパッケージと目が合って、、
「フジバンビ」のドーナツ一袋、衝動買い。特価で1250円。

くまモンの紙袋に、くまモンのうちわがささってる姿が、
なにか、自分の中の「こどもごころ」を刺激して、欲しくなっちゃった。
くまモングッズを買おうと思うほど、くまモンファンではないんんだけどね。

ドーナツは4種あって、(黒糖・紅芋・ジャジー牛乳・はちみつ)の中から3つ買うと、
おまけでかりんとう(ごぼう味だった)と、うちわがもらえる仕組み。
ドーナッツは固めで、おいしかったわよ。

くまモングッズは、近くの店にもふつうに置いてあるから、めずらしくはないけど、
デザインがうまいから、やっぱり、かわいいわね。

こんなに出没してたら、日本中、「一家にひとつ、くまモングッズsign01」ってなことに、
なってるんじゃないかしら?

Photo
フジバンビ http://www.fujibambi.co.jp/
.maple

ツレが欲しかったのは、「豊島蒲鉾(とよしまかまぼこ)」で、変わってるのが多くて楽しかった。
他のも買えばよかったかな、1枚315円で高めだけどね。

Photo_2

今回買ったのは、この4種類。

「じゃこ天」はもう少し塩気や香ばしさがあったらよかったのに。じゃこの味がしない。
白身魚はすり身にするとどれも同じ味になるわね。

「レバカツ」は、カレー味がきいてて、レバーの臭みは、ほとんどしなかった。
パン粉つけて揚げてあって、カレーパンをイメージしてるのだと思う。

「めんたいかまぼこ」は、プチプチした歯ごたえが、おもしろくてよかった。
こんなに歯ごたえが残ってるから、数の子を使用してるかと思ったけど、ほんとに明太子らしい。

「ベーコンポテト」は、ごろごろと、ジャガイモとベーコンが入ってて、チーズのところが特においしかった。
怠けずに、ちゃんとトースターで香ばしく焼きなおしてから食べて、ほんと正解heart04
残念ながら、ネットでは販売してないみたい。新商品かな?

豊島蒲鉾 http://www.toyokama.com/products/list.php?category_id=7

.maple

ぐるりとひとまわり見て回っていたら、ふと、苺の梅酒が目に入った。

「これって、梅酒大会にあった梅酒じゃない?」とツレに言うと、

「あぁ、そうだそうだsign01(あの時この)梅酒あったsign01」と興奮気味。

今年の3月に梅酒大会があって、全国の梅酒157種の試飲をしたのだ。

だが、販売はしておらず、残念な思いをしたのだった。

それにしても、あのたくさんの中にあったものを、二人して、よくまぁ覚えてたもんだ。

それだけ、インパクトのある梅酒だったわけだ。

ツレは、すぐに、嬉しそうに売り子のおばちゃんに話しかけた。

「これって、梅酒大会に出てたものですよねheart04?」とツレがいうと、

おばちゃんは、ぱぁっと顔が華やいで、

「えぇsign01梅酒大会に出したんですよ。ほらここにsign01」と、

少し上のほうに貼ってある7センチほどの紙を指差した。

そこには「梅酒大会出展作品」と言う文字が小さくあった。

この苺の梅酒は「あまおう梅酒 ‘あまおう、はじめました。’」という名で、

福岡産ブランドいちご「あまおう」をブレンドしてつくられている。

2012年の天満天神梅酒大会の一般投票の部では2位になった。

苺の味が強烈などろっとした梅酒なのである。一本1302円。

(家に帰ってから、梅酒大会の時の自分の採点用紙を見たら、「これはすごい」とメモしてあった)

チラシにこの梅酒は、載ってなかったので、大々的に載せればよかったのに、と思った。

きっと、梅酒大会に来た人は、買いたかったはずよ。


売り子のおばちゃんは、

人気のあまり補充したという「あまざけ」の試飲もすすめてきた。

「ノンアルコールなんですよsign01」と売り子のおばちゃんはミニカップを差し出しながら言った。

国菊「あまざけ」
米麹から出来た甘酒で、2008年モンドセレクション ダイエット・健康食品部門で、金賞受賞した。

私はふと、母を思い出した。

母は、甘酒が好きだが、酒かすの甘酒(水と砂糖を足しただけ)を飲むと
「酔っぱらった!」といって横になってしまう姿を。
(酒かすの場合、水と砂糖と少しの日本酒を足すとうまいよね)

来週の敬老の日にプレゼントすることにした。

Photo_3

麹の甘酒は、江戸時代には、「夏バテ予防」として真夏に飲まれてた健康飲料だ。

しおりには、

「点滴と同じビタミンとミネラル」「食物繊維とオリゴ糖でおなかすっきり」「アミノ酸でダイエット」

とある。そんなにからだにいいとは思わなかった。

最近ちょっと涼しくなって、バテ気味だったから、この時期にはちょうどいいね。

・・・特別な感じでノンアルコールをうたってるけど、麹甘酒は、ふつうノンアルコールだよねsweat02

篠崎 (あまおう梅酒) http://www.shinozaki-shochu.co.jp/item/201.html

« ねこつぶ(思いだし恥ずかし) | トップページ | ねこつぶ(すねちゃった) »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事