フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(大好きな青カーテン) | トップページ | ねこつぶ(世の中を斬る) »

2013年10月 2日 (水)

秋田物産展へ

現在、放送されてるJR東日本のCMは、「秋田行事篇」。
あの吉永小百合さんが秋田美術館を訪れている。

もしかして、いま秋田が熱いのかsign02 ブーム?

maple 秋田と言えば、

忠犬ハチ公(1923年~1935)  秋田犬。北秋田郡生まれ、東京育ち。
 主人が亡くなったことを知らず、日課の駅での迎えを死ぬまで続けた。感動の実話だね。
 2009年アメリカでも映画化された。

佐々木希 芸能人 秋田市生まれ(1988~)
 2010年アメリカの雑誌の中で「もっとも美しい顔100人」に33位にランクイン。
 2012年は25位。唯一の日本人のベスト100入り。

檀蜜 タレント 横手市生まれ (1980年~)
 今年の黒髪ブームの火付け役。日本女性こぞって真似してる?

男鹿和雄  大仙市生まれ (1952年~)
 アニメ美術背景画監督 ジブリ映画の背景も手掛けている。

小池一夫 大仙市生まれ (1936年~)
 マンガ原作者 子連れ狼など。

加藤鷹 秋田市生まれ (1959年~)
 日本一知名度をほこるAV男優。
 山田邦子の番組で見かけただけで知らない人だけど・・・有名らしいのであげてみた(笑)

とりいみゆき 大仙市生まれ (1981年~) お笑い芸人 
 学園祭に来てた時、間近で見かけたけど、白人以上に肌が白かったよ。

.maple「秋田美人が出来た理由」の逸話も有名で、「歴史ヒストリア」でも触れられてたね。

・「秋田美人 」(博多美人、京美人にならぶ3大美人)

 美人好きの茨城県の大名・佐竹義宣(1570~1633)は、多くの美人を周りに置いていた。
 それらを羨ましがった徳川頼房(1603~1661)は、
 彼を秋田に転封すれば美女を置いてくだろうと考えたが、
 佐竹は美女を全員引き連れて秋田に行ってしまったのだった。
 頼房が抗議すると秋田ブスを送りつけてきたという。
 そいうわけで、秋田は三大美人となり水戸は三大ブスに・・・sign02
 つまり、秋田の女性は、もと茨城県人?
 
  
 

睡眠時間が日本一長い、7時間56分。
 もっとも日照時間が短い県でも1位。
 
早寝早起きという健康にいい状態の上、日に焼けないので、
 それらが秋田美人を作ってるともいわれる。

maple 御当地キャラなど

なまはげ 山から下りてくる神や精霊。
   怠け者のこどもを叱る、教育指導的存在。
   なまはげのようなものは、世界のいたるところに似たものがあるが、
   秋田県にだけ数が密集している。
   地方によって顔つきなど違い、一般に知られてる形は、
   石川工房のオリジナルが広まったもので、どの地域のデザインでもない。

   「なまはげ館」http://www.namahage.co.jp/namahagekan/exhibit.php
   各地のなまはげが展示してある。市内33地区110体150面

かまくら 秋田県下で小正月に行われる子供の行事。
   井戸端や路傍に雪を積み、掘ってかまくらをつくる。たてよこ2mくらい。
   正面に祭壇をもうけ水神をまつる。灯りをともし供物を供え、餅を焼き、甘酒を飲む。

・超人ネイガー (戦隊ヒーロー)
 
技「鳥海(山)キック」「比内地鶏クラッシュ」「男鹿ぶりこショット」
 きりたんぽ型の武器を持つ、楯は提灯竿 
 ネイガーは、なまはげのセリフ「泣く子はいねがー」から。

・TBS系は放送しないらしい。

.maple食べ物といえば、

きりたんぽ(たまこもち=きりたんぽの丸型) もう全国に浸透しててふつうにスーパーに売ってるね。

稲庭うどん(日本3大麺のひとつ)

はたはた(魚・たまごは納豆のように糸を引く)

金萬 (たぶん、くり饅頭みたいな味)

もろこし(落雁に似た菓子)

バターもち

いぶりがっこ (燻製たくあん)

秋田はなんでも寒天で固めるそうで、先日紹介したポテトサラダで作った「サラダ寒天」もそうだ。
他の人のサイトだけど、秋田の変わり「寒天料理」が紹介されているdownwardleft
http://portal.nifty.com/2009/10/12/b/2.htm

また、燻製も好きな県民で、いぶしてあるのが多い
「いぶりがっこ」は、たくあんの燻製だし、納豆の燻製もあるらしい。

maple 「秋田物産展」に行ってみた。

せっかくなので、なまはげが来る日に買いに行くことにした。
予定表には、なまはげの登場時間が書かれてなくて、12時ならいるだろうと狙いさだめて行ったら、
「さっきまでいたんだけどねぇ。休憩に入りましたよ」と言われショック。
12時が稼ぎどきじゃないの? 1時間も待たなきゃいけないのsign02
私のほかにも、なまはげを待ちわびる女子(30歳前後?)が数人いた。
ぶろぐガールに違いない・・・。

Photo

ようやく、なまはげに会えましたよ。
わらを拾ってこなかったのは、失敗。でも、落ちそうもない出で立ちだなぁ。

先日、テレビで「なまはげの嘆き」をやってたが、
なまはげ後継者はいないし、なまはげを家に入れてくれるところがなくて困ってるといっていた。
家に入れると、食べ物や酒をふるまわなければいけないし、土足の上、わらがたくさん落ちて
掃除が大変だということが、家に上げたくないという一番の理由だとか。
次の日が新年なのに汚されては迷惑だとか、紅白歌合戦と時間が同じだからやだとか、孫が怖がるからなどなど。なるほどね。

食べ物もいくつか買ってきましたよ。
有名なのが「いぶりがっこ」。たくあんの薫製ね。
これをはじめに試食しちゃったので、後に食べたものの味が分らなくなって困ったわ。
それだけ薫製が効いてたの。

Photo_2

「田園ハム」も燻製ものがたくさん。
秋田県の知人からは「スモークタン」と「スモークスペアリブ」を勧められたけど、
なかったので、「スモークレバー」と「豚ハラミ薫製」と「ロースハム」を買ったよ。

Photo_3

「餃子の餃天」
赤いのは唐辛子が混ぜ込んだ皮でけっこう辛かった。

Photo_4

店主がいうには、「紅白餃子のセット(8+8)の末広がりで縁起がいいことから、引き出物として扱われてる」といっていた。
緑のはフキで「ひそかにブームになりつつある」とか。

「卯の花めん 」 
または、麺粥という。
稲庭うどんの細かいもので、テレビで変わり麺として映されていた。
秋田では普通に食されてるという。

Photo_6

麺がぬるっとしてるので、さらさらと食べられます。米粥より食べやすいけど、
後から胃のなかで膨張するので、食べ過ぎに注意です。
スープも薄めにしないと塩分とりすぎてしまいそう。

「横手やきそば」

Photo_5

ふつう、ソースを入れる前に麺に水を足すけど、これの場合はソースを半分いれて炒めるので、
ソースが多めになってる。麺は太めで目玉焼きと福神漬けを添えるのが特徴。
甘めのソースに甘い福神漬けを食べると、かなり甘いです。
羊羹なみの甘さです。私は福神漬けはいらないですね。

最近、秋田県の知人が出来たので、あらかじめ情報がはいり、けっこう楽しめたです。

追記:
なんかやってるらしい・・・
秋田デスネーション・キャンペーン 2013年10月1日~12月31日
http://www.akitacp.com/index.html

« ねこつぶ(大好きな青カーテン) | トップページ | ねこつぶ(世の中を斬る) »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事