フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(子供には刺激的?) | トップページ | ねこつぶ(かわいい箱) »

2013年12月 1日 (日)

やさと温泉・ゆりの郷(さと)へ

ツレの両親の誕生日と結婚50周年の金婚式の祝いを兼ねて、温泉施設・ゆりの郷に向かった。

私は、1回で湯疲れをおこすから、温泉はあまり得意ではないけど、
「しゃも鍋あるから」と、変わりものを食べたがる性分の私を知って、ツレが誘うのでしょうがない。

1

イチョウ並木を過ぎて、まず、前回も行った「岡本果樹園」へ。

1か月経ったので、そろそろ富有柿が出たころだろう。

2

行ってみると、次郎柿と富有柿のかけあわせという陽豊柿(ようほうがき)があった。
(右端の赤っぽいもの。)

一山(1000円)、ツレの親がおごってくれた。

,温泉施設「ゆりの郷」は、この岡本果樹園の店の後ろ側に建っている。

3

建物。

4
フロント。

ゆりの郷には、9時半に着いた。
10時開店だから、まだフロントしか電気がついていない。

ツレ家族はどこへ行くにも、開店前に着く方針なので、一番乗りが多い。

遅刻や時間ちょうどばかりの私の家族とは対照的である。

5
ロビー。

床暖房がきいてて、ここでテレビを見ながら休憩してるひとは多かった。

6

休憩所。

テーブルはない。
みんな壁に頭を向けて、座布団を枕に雑魚寝していた。
マッサージ機が充実していて、イス型マッサージ機が2種2台ずつあり(15分300円、10分200円)、
手だけのもの、足だけのものもあった。
血流検査の機械もあって、やってみたら10歳以上若いと出た。1回100円。

大半の人はロビーで座ってテレビを見ていた。そちらは床暖房が効いていて、暖かだった。


8

食事処はテーブル席は6個だったろうか、
足腰悪いツレの両親にはテーブル席がいいいのだが、
全部うまってしまっていたので、座卓席についた。
平日で12時前なのに、ほぼ満席になるほど客がいた。

9

期間限定(11月30日まで)の「しゃも鍋セット(うどん)」950円を頼んだ。
(ごはんかラーメンにもできる)
煮上がるまで時間がかかってみんなを待たせてしまうかな?と思ったが、
すでに煮てあったので大丈夫だった。
冷めないためにコンロには火がついている。
後に入れるうどんは、味付きスープに浸っていて、そのままでも食べられるかんじ。
煮とろけさせないために、うどんは固めだった。
ツレと両親は天ざるそばと豚ステーキを頼んだが、想像よりボリュウムがあった。
こういう場所にしては、料理がおいしくて驚いた。
他の人の食べログを見たら、過去にダチョウのステーキが出たことがあるらしい。
食事には力を入れてるようだ。

肝心の温泉はというと、薬湯はなかったし、備え付けのシャンプーなどはふつう。
軽石もなかった。
ジャグジーと露天はあった。

91

地元の野菜も売ってて、時間つぶしには最適。
小ぶりだけど白菜が2個入り200円だったので、買った。
こういう場所の野菜は安い。

温泉施設での支払いは、私たちが出した。
総額、大人800円×4人と食事などで、1万円くらいの少なさだけど、
ツレの両親は、喜んでくれました。

ゆりの郷http://www.yurinosato.jp/contents/restaurant.html

追記:

2014年4月8日にも行ってきました。

1

売店で見かけた小美玉市製造のヨーグルトを食べてみましたよ。

2

こちらには梅の蜜漬けが一つ 丸ごと入っていて、
おいしかったのでお土産に買っていきました。 1個150円。
夕方は、売店のレジが行列で、そこにいたお客の一人は、「プリンがおいしいの」
と言ってました。そちらは買いませんでしたけど、気になりますね。

今回食べたランチはこちら。

8

豚ステーキ定食 1000円。
けっこう量があって、もうお腹苦しくなるほど、おいしかったですよ。

メニューの一部を公開。
地元の産物を使った料理が多いですね。

4

5

前回来た時に、温泉客には不自然な客が食事してるなと思ったけど、
やはり、食事だけでもいいんですね。

看板見つけました。

9

おわり。

« ねこつぶ(子供には刺激的?) | トップページ | ねこつぶ(かわいい箱) »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事