フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(心配しちゃうから) | トップページ | ねこつぶ(早くおいでよ!①) »

2014年1月13日 (月)

70歳は節目なのかな?

今年も元旦に近所のスーパー、Kのお店に福箱を買いに行った。

5000円の福箱に5000円の商品券がついてくる。

言い換えれば、5000円の商品券を買うと、500円ほどの商品がもらえるのだ。

前年の経験からして、開店30分前にいけば余裕でゲット出来るはず。

ツレの母も福箱を買いに行きたがっていたので、私が車で送迎してもよかったのだけど、
ツレが「しなくていいよ」というので、一人で列に並んだ。

「寒い中待つと膝が痛むので無理」というが、10分待つくらいで引換券がもらえるし、
意外と列の場所には日が当たるので、大丈夫だと思うのだが、
送迎のお礼を考えると、かえって高くつくから、その点もしぶる原因なのだろう。

ツレの母は70歳になったばかりだけど、ここ数年体を痛めて、手押し車を使ったり杖がないと
歩けないようになってしまっていた。

10年前は、せっかちな早歩きで、、のんびり屋の私をせきたてる感じだったけど、
少しの期間で人ってずいぶん変わるものだ。

snail

子どもの頃は、『おじさんやおばさんは何年経っても、いままでと同じおじさんおばさんの顔や姿で、
時が止まってるかのようだ』と思ったが、
どうやら、70歳が境目で、完全な「老人」になるみたい。体も、考え方も。

最近見かけるトイレの自動洗浄(勝手に水が出て排泄物を流す)があるけど、
あれが「とても便利」と、ツレの母は言ってた。

テレビなどでは、「勝手に流れないで~!自分のタイミングで流したい!!」という意見を
見聞きして、私も同感だったけど、年寄りにはらくちん?流すのさえ面倒になるの?

snail

そういえば私の母は70代だけど、最近は「めんどくさい」をよく連発するようになったよ。

たとえば、昨年の12月30日に、実家に置いてあった新聞をふと見たら、
読売、毎日、朝日の3つが来ている。同じ日付で。

契約表を見たら、1月から6月までの半年間を2紙契約していることになっていた。

一つの契約表は一番下に重ねてあったから、
たぶんこれは2年後の1月からのつもりだったのだろう。

帰宅した母に、「半年間も2紙の新聞とるつもり!?」と聞いたたら、
「大丈夫、期間はずらせるって言ってたから」と母は新聞販売店に電話して、
あっさり訂正してしまった。

意外と相手方は、ごねないものなんだな、驚き。

母は「めんどくさいから、契約表を新聞勧誘の人に見せて、日にちを決めてもらったのに!」と
間違いは相手のせいだと私に愚痴った。

たしかに、切り替えの月が間違ってダブッたら嫌だなとは思うことはあるけど、
そんなに面倒?

新聞勧誘の人が本当に間違えたのか、ワザとなのかは分らないが、
すぐに気がついてよかったと思う。

1月に入ってからの契約延期は難しそうだからね。

それにしても、3紙来ていて、変だと思わないんだから、母は。

(知ってるとは思うが、購読始まる前の月に、
来月からよろしくねとフライング的に新聞が配達されるのだ)

snail

年を取ると、今まで出来たものが出来なくなることはあり、
新しいことを覚えるのも難しくなるものだけど、
今までの経験が意味をなさないというのは、キツイものがあるね。

先日、近所に住む老女が「お宅の娘さんは機械に詳しいと聞いたので」と、Photo_3
助けを求めに来た。

機械には詳しくないけど何事かと見ると、彼女の手にはストーブの灯油タンクが。

「フタが開かない」と彼女は言い、ボタンを押したりねじったりして見せた。

私には初めて見る形のタンクで、ボタンのところを見せてもらったら、
バネがついているのが見えた。

「押す」か「引く」か、のようだ。

老女が押してたので、引いたらあっけなく開いた。

よく見たら、ボタンの下に「引いて開ける」と浮彫の文字があった。

色文字またはシールで作れなかったのかしら?これじゃ見落とすよ・・・。

昔の時代、ボタンといえば「押す」か「回す」かが一般的で、
「引く」は少なかったかもしれない。

10年前にも近所の老女が「お宅の娘さんは機械が・・・」といってテレビのリモコンを
持ってきたことがあったけど、ただ単に電池の向きを間違えてただけだったよ。

電池の向きの表示も、ほとんどのものが見えずらいね。

困ってる人がいるので、改良してもらいたいものだ。

snail

とまぁ、なんの話かわからなくなったところで、福箱の話に戻ろう。

今年の、Kの店の5000円福箱は、500円くらいなものが入ってた。少ない?
Photo

Sの店は、1万円でこれ。2000円分くらいある?
「ひと手間加えて手作り感を」の商品が数点あって、流行だね。

Photo_2

ただでこんなにもらったわけだけど、なんだか感動が薄れちゃって『うふふ』になれない。

慣れって怖いね。

来年?ん~・・・やっぱり買に行けたら買に行っちゃうかな。

« ねこつぶ(心配しちゃうから) | トップページ | ねこつぶ(早くおいでよ!①) »

エッセイ」カテゴリの記事