フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(雑多な日常②) | トップページ | ねこつぶ(マリアの寝顔) »

2014年5月10日 (土)

怪我した白鳥を目撃

2014年5月8日。夕方5時。

車で帰宅途中、歩道に白鳥がいるのが目に入った。

こんな場所にふだん白鳥は来ないのにどうしたんだろう?

白鳥そばの駐車できるせまい路肩には、すでに一台の車が停めてあったので、
私はUターンして、離れた場所に路駐してから、急ぎ足で白鳥に近づいた。

白鳥は、立ったり歩いたりしているが、その場所から動けないようだった。

1

一人で決断するのは怖かったので、母にも見てもらうことにした。

母を車に同乗させて、先ほどから路駐している車の目の前に車を停めた。

もしかすると、白鳥を車に乗せて動物病院へ連れて行くことになるかもしれないから、
車は出来るだけ白鳥のそばがいい。

なんとか車道に飛び出ないように路駐出来ることが出来たが、
それにしても、さっきからその路駐の車はほんと邪魔に思う。

母と私は白鳥に近づき、まじまじと観察した。

白鳥は足にケガをしていて、赤い血がにじんでいる。

地面に接触する腹側の羽根も、全面に血で赤くなっていた。

でもそれは、足の出血が座ったり立ったりして、付いたかんじだった。

白鳥は、立ったまま口を大きく開けて「シャーッ!!」と私たちに威嚇すると、
へなへなとしゃがみこんだ。

2

3

首の付け根や胴のわきあたりに、20㎝四方の黒い汚れがあって、
車の油汚れにもみえた。車にひかれた可能性があった・・・。

さて、どうしたものか?

車に乗せて動物病院に連れていくにしても、
白鳥の体は思った以上に大きくて、車内できっと大暴れするだろう。

車内を汚したくないなぁと思いつつ、
拘束時間も心配だった。

しかるべきところに白鳥をゆだねるまで、何時間かかるだろう?

根拠はないが、3時間は家に帰れない気がして、不安になる。

こういうことは、ツレは嫌がるんだよね。動物嫌いだから。

そういえば、前にネットで『怪我した野鳥を見かけた場合の連絡先』を
コピーしてたんだった・・・でも取りに行くにはいったん自宅に戻らないと・・・。

携帯電話での検索・・・やったことないけど出来るかな・・・?

3分くらい思案したが、経験値が低すぎて、何も出来ない私がいた。

すると、その路駐の車から若い男が出てきて、

「連絡はしました。カラスが白鳥を狙ってるので、、見張っているんですよ」と言い、

カラスを追い払った。

1羽のカラスがさっきから頭上をかすめるように飛んでいて、たしかに弱った白鳥を狙っていた。

その男の着てる作業服の胸には◯◯建設の縫い文字が見えた。

5時半過ぎてるから仕事帰りだろうか?

ともかく、なんて親切な人だろう、しかも白鳥を見守っていただなんて・・・
連絡する先も的確ですごい、
「この路駐車、邪魔だな!!」って思ったことを反省した。

この場を持って、お礼を、

ありがとうございます!!

あの時は、少し話しただけで男性は車に戻ってしまったし、
私たちもテンパっていたので、自宅に戻ってからお礼を言うのを忘れたことに気が付いた次第。

ほんとに、ほんとに、いろいろな面倒を背負ってくれて、ほんとにありがとう!助かりました!

4

「怪我した野鳥」は、県によって保護する機関が違うので、
あらかじめ地元の連絡先を知っておくと、突然の救助にワタワタしないかもしれません。

「野鳥 ケガ ◯◯県」と検索するだけで、すんなり見ることが出来ます。

いまは子育ての時期だと思うけど、この白鳥、家族の元に戻れるいいな。

 

« ねこつぶ(雑多な日常②) | トップページ | ねこつぶ(マリアの寝顔) »

野生に生きる(猫、スズメ、白鳥)」カテゴリの記事