フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(シロの雨宿り②) | トップページ | ねこつぶ(知らぬ者同士①) »

2014年7月10日 (木)

ねこつぶ(下の白のお乳)

今年5月。

わが家の玄関ドア前で、野良猫が鳴いていた。

エサが欲しいと訴えているのだ。

ドアを開けてみれば知らない猫。

1

この猫はふだん、下の階の人からエサをもらっているのだが、
わが家からもエサをもらうことにしたらしい。

新参者のくせに、人間をも恐れず、手慣れた態度に驚き。

他の猫がしてるのを見て覚えたのか、ちゃんと玄関前で

「こんにちは~!ごはんくださ~い!」

と、鳴くことが出来るのだった。

母は、「下の階でエサをもらってる猫」ということで略して「下の白」と名付けた。

下の白は、子育てのためか、ガリガリな体だった。

授乳はかなり母体のエネルギーを奪うらしい。

2

3

4

猫の乳首は、ふだん、どこにあるのかわからないほどだが、
授乳中は、人間の乳のように存在感ありあり。

5

1匹の授乳の場合、使用している2、3か所の乳だけが腫れる。

下の白の場合、全部の乳が腫れてるので、3~4匹の赤ちゃんがいるとみた。

実際は、4匹の子猫がいるらしい。

近所の人が、見かけたそうだ。





« ねこつぶ(シロの雨宿り②) | トップページ | ねこつぶ(知らぬ者同士①) »

となりの下の白一家」カテゴリの記事