フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月 1日 (金)

ねこつぶ(ニケVSシロ④)

シロがニケから遠ざかっていきます。

ついに、帰るのでしょうか?

でも、シロは来たばかりで、帰るわけはありません。

15

16

17

18

思わせぶりな態度で、シロは楽しんでいるようです。

(つづく)

2014年8月 2日 (土)

ねこつぶ(ニケVSシロ⑤)

ついに、ニケのしびれが切れました。

20

21

22

23

24

シロが帰りそうもないので、エサをニケの目の前に移動してあげました。

めでたし、めでたし。

(おわり)


2014年8月 3日 (日)

てんかんだって!?・・・のつづき

先月の6月25日に、K神経内科病院で「てんかん」だと診断された私は、納得いかず、
その日のうちに、S神経内科病院に行き、セカンドオピニオンをしたのだった。

K病院では、行ったその日に一通りの検査をした。

でも、S病院では、1ヶ月後の7月23日と7月26日が検査となった。

S病院での問診の結果、わたしのめまいの原因は「自律神経の乱れ」ではないかということで、
検査までの28日間は、ロゼロムという睡眠薬を飲むことに。

この薬は、すぐに自律神経の乱れが治るわけではなく、数か月はかかるというもの。

最近、新聞で睡眠薬の副作用問題が取りざたされているので、不安から質問してみると、
この睡眠薬はタイプが別とのことだった。

         「睡眠薬、坑不安薬の依存症について」 朝日新聞の記事(2014.7.22)から   
     睡眠薬や坑不安薬で依存症になる人がいるという。
     このベンゾアゼピン系不安薬は、
     不安、不眠、抑うつの症状がある人に広く使われる薬だ。
     だが、8か月以上(人によっては2ヶ月)以上飲み続けると離脱症状が現れる。
     離脱症状は、「突然の不安感」「情緒不安定」
     「テレビやパソコンの光をまぶしく感じる」「体に力が入らず歩けない」
     「まぶたのけいれん」など。
     急に薬を飲むのをやめると離脱症状が起るので、
     医者と相談しながら、1年かけて少しずつ薬を減らしていかなければいけない。

✲・✢・✲・✢・✲

K病院で「てんかん」と診断されたショックは大きく、私のめまいは少々悪化してしまった。

S病院で、「てんかんではなく自律神経の乱れだろう」と言われたものの、
再検査がうまくいく自信がまったくない。

私の人生はいつも、幸せになりかけると、不幸がやってくる。のぼせさせてはくれないのだ。

てんかんと診断されたら人生おしまいだ。

✢・✲・✢・✲

睡眠薬を飲み始めた、はじめの1週間は、真夜中に2度も目がさめるという不眠症になった。

それはたぶん、自律神経を治すために、いったん体のサイクルが乱れるのかもしれない。

あとの数週間は、薬を飲む前と睡眠状態は変わらなかった。

そして、検査当日。

問診をせずに、直接、脳波検査をする部屋へ。

専門の看護婦さんは、セラピストのような静かな声とやさいい話し方で、洗練された感じがあった。

頭部に糊付けする脳波検査のコードは、前回はしなかった頬骨のあたりにもつけた。

また、挟むものも、今回は両手首だけだった。

脳波を調べるだけなので、足は関係ないという。

K病院では、「手が動いた」「足が動いた」とさわがれ「てんかん」と診断されたのだけど、
ここの看護婦さんは意外にも「動きたくなったら動いてもいいですよ」というので驚きだ。

じつのところ、前回よりも体調は悪く、検査できる状態ではなかった。

体の芯がエンジンかかったようにぶるぶる振動して、
回転性めまいが起る前触れのときの、ぞわっとした感覚が起きやすくなっていた。

音楽もない部屋で、ただじっと横になってるのは、めまいとむきあってるようなものだ。

20秒ごとに襲ってくるぞわっとした感覚から気をそらすために、
波打ち際の映像や風に揺れる木々の映像を必死で想像した。

フラッシュ検査(瞼の上から光を当てる)のところでは、あえて光を見ないようにした。

前回は見入って反芻(はんすう)したために「脳波の残像がある」と言われたからだ。

そして次は私にとっての恐怖の「過呼吸検査」となった。

前回は体育会系な態度で「もっと吸って~!!吐いて~!!」とせかされたが、
今回は、ほどほどの深呼吸でやっても怒られなかったので、よかった。

ここでは装置からアニメ声の女の子の声で「吸って~吐いて~」の調子をとった。

検査結果。

脳波は「異常なし」とのことだった。

「ちゃんときれいな紡錘形の波長も出てるし、α波も出ていてうらやましいほどだ」と女医は言った。

「(てんかんの)薬も出されたんだよね・・・いったい何を持っててんかんと診断したのかしら?」と女医は首を傾げた。

「睡眠薬飲んで、どうでした?」と聞くので、
「はじめのころは、夜中2度目が覚める不眠症になったけど、
あとは変わりませんでした」と私は答えると、
「えっ?不眠症・・・・?変わらなかったの?」
と驚かれてしまった。

私は、
「てんかんのショックもあって薬が効かなかったのかも。
検査の不安で胸のざわつきも起るようになって・・」
というと、
「胸のざわつきって・・・?」
と、どうやら女医には「胸のざわつき」が伝わらないようだった。

結局のところ、女医は、
「てんかんなのに、てんかんじゃないと判断したら大変なことになるんだよ!
これじゃ、ただの神経質じゃないの!」
と内心イラついた感じで言った。

有罪をあやまって無罪にすると大変なことになると言ってるように聞こえる。

「次回の先生も神経内科の名医だから診断してもらいましょう!
いままで、どんなつらいことがあって、どんなときにめまいが起きたのか
箇条書きでいいから、紙にまとめてきなさい」
と女医は言った。

次回の先生は、東京でも活躍している人なのだ。

3日後、再び病院へ。

今日は問診だけだが、緊張のあまり、待合室のイスから崩れ落ちそうだった。

なにが緊張かというと、辛かった歴をツレにも知られるのかと思うと嫌だった。

でも、最近のツレの悪態も私の苦しみの原因の一つでもあるのだ。

問診室に入ると、先生が、
「薬は効きましたか?」と聞いてきた。

「いいえ、検査の緊張もあって効きませんでした」と私が答えると、
「めまいは、足の筋力の衰えですよ」と先生はきっぱりと言った。

「スクワットしなさい!」
と先生は、ベッドに座ったり立ったりしてみせた。

「誰でもね、眠るときは手足がぴくってなるものですよ。
夜動くのは大丈夫。昼間動くのが問題なんですよ」
と先生は言う。

「睡眠薬買ってく?」ときくので、
「3日前に買いましたから大丈夫です」というと、
「じゃあそれ飲んだら、もう飲まなくていいから。はい、これで、(話は)おしまい!」
と先生は言った。

3分くらいで問診は終わってしまった。

3時間かけて書いた辛い歴は、無用だった。

たしかに運動してないが、どうしてわかったのか?

ともかく、「歩くとトランポリンの上にいるようだ」というめまいは、
歩行不足が原因なのかもしれないとは思う。

だけど、回転性のめまいは、運動してた小学生の時からあるのだ。

となると、あと残る病院は、心療内科だな・・・。

✢・✲・✢・✲

女医が、私の脳波にα波が出てると言っていた。

じつは私は脳波検査中、
波の映像と共に、みんなのうたの「まっくら森」を谷山浩子さんの声で、
呪文のように脳内で、繰り返し再生させていた。

それは、こまめに起こる回転めまいの前兆から気をそらすためだった。

きっと、それが脳波に現れてしまったのかもしれない。

だとすれば、脳波検査って、あまり意味がない気がする。

あっ、そうそう、私が時々飲んでるお気に入りのリーゼという坑不安薬は、
ベンゾアゼビン系だったよ・・・。

ねこつぶ(レオンの寝顔)

1

2honnto

3

4

レオンにとって何かいいことあったんだね。よかったね。




2014年8月 4日 (月)

ねこつぶ(盆踊りの練習①)

1_2

2_2

振付:両手を上げ左右に振る。

3_2

418

両手をグーにしてにゃんにゃんポーズ。

519

620

ドラえもん音頭なんだ・・・。

参考:ドラえもん音頭 初音ミク版 http://www.youtube.com/watch?v=wXepUXIp98I


(つづく)







2014年8月 5日 (火)

ねこつぶ(盆踊りの練習②)

振付:手を、頭の上や腹のところに上下させる。

716

(足で上下させてるよ・・・)

823

腕を左右下に振る。

926

1025

両手を上げて「逆八文字」、下げて「八文字」をつくる。

1121

1210

(ドラえもん音頭は知らないけど・・・あってる?)


(つづく)




2014年8月 6日 (水)

ねこつぶ(盆踊りの練習③)

振付:手を斜め下に左右に振る。

13

147

158

169

1714

(歌の一番終わり・・・・※歌詞はミックスしてあります)

(つづく)




2014年8月 7日 (木)

ねこつぶ(盆踊りの練習④)

1812

(あっ、BGM続いてる!!)
振付:両手を斜め上に、左右に振る・・・。

1915

2024

手をグーにして、にゃんこポーズ・・・。

2117

両手を頭の上、お腹の場所に・・・。

2211

2328

あわててしまい、シロは振付を間違えてしまいました。

どこからか笑い声も聞こえます。

シロは恥ずかしくなってしまいました。

(つづく)


2014年8月 8日 (金)

ねこつぶ(盆踊りの練習⑤)

誰かが、シロの踊りを見て笑いました。

シロは、恥ずかしさから、ちょっとムッとしました。

2429

2531

もうすでに笑った者の姿はありませんでした。

ただの通りすがりだったようです。

ともかく、人に笑われるようなひどい踊りを披露するには勇気がいります。

2632

2733

2836

2938

3039

がんばって、シロちゃん!


(おわり)

2014年8月 9日 (土)

ねこつぶ(アリスのドライブ)

車の外に興味津々のアリスちゃん。

1

2

3

4


レオンとアリスの腎臓病の皮下点滴で週2回、動物病院へ車で通っている。
猫用カゴは一つしかなく、それにはレオンが入っているので、
アリスはネットに入れて買い物カゴに。
(黄色いカゴがレオン)

ネットを外したら、アリスは外が気になるのか、周りをキョロキョロするようになった。
可愛いheart04

夏の車内は暑く、後部座席のうほうが5度くらい涼しいと思うのだが、
アリスは私のそばがいいと言い張る。

一度、レオンとアリスのカゴを後部座席に置いたら、
アリスは、ひじ掛けの下にある5㎝くらいの隙間から、
必死で運転席に来ようとしたことがあった。

隙間は猫が通り抜けられないほど狭く、
リード{引き綱)をカゴにつないであるから、前に来ることは出来ない。

アリスは困って後部座席をうろうろしまくった。

気が散って運転に身が入らないので、
それ以来、猫たちは私のそばの助手席に座っているのだ。

2014年8月10日 (日)

アナと雪のパンフ

先月の話だけど、アナと雪の女王の映画のパンフレットを、
ツレが隣町の映画館まで行って、買ってきてくれた。

近場では売り切れで購入できなかったからだ。

私は映画は見てないけど、アナと雪の女王は、姉妹の仲たがいの話らしい。

実は、私も姉と確執があり、今はなるべく顔を合わせないと言った関係になってしまっている。

詳しいことは省くが、パンフに何か「姉妹とは?」に関する、
手がかりがあるのではないかと思って読んでみたかったのだ。

世界ふしぎ発見!で聞いたことには、この映画を作る前に、
多くの姉妹を集めてアンケートをとり、それを参考にして作られたと言っていた。

‘「姉は魔法が使えるのでは?と思うほど器用」、だと多くのの妹は思っている、というところから、
姉には魔法が使えることにした・・・・’と。

また、まんが家の久保ミツロウも「長女だからエルサの気持ちが分る~!」
と興奮して話しているのをテレビで見た。

どんな「姉妹あるある」があったのか・・・?

結局のところ、アンケートの内容はパンフにかかれていなかったが、
ストーリーやキャラ説明から、姉妹関係がどうイメージされてるのかが、なんとなく分かった。

‘「エルサ(長女)は幼いころ、妹を危険な目に合わせて以来、
その力(触るものを凍らせる)がトラウマになっている。’

‘アナ(次女)は、幼いころの記憶がないため、エルサが心を閉ざした理由がわからない。
外の世界と恋に強い憧れを抱く。
姉と国を救うため危険をかえりみず旅に出る。’

私も、幼いころに2回交通事故にあっているが、半分は姉が原因だ。
また、姉の病気ためにふだん出さないエネルギーを使って奔走したこともある。

‘恋に強い憧れ・・・’。
わたしの実感だけど、末っ子は、生まれたときからいつもそばに姉や兄がいて、
「誰かの後ろ」または「だれかと一緒」というのが、無意識の所定位置になってる気がする。
だから、頼れる異性は必要必須になるんだと思う。

.

パンフでは、マット鈴木さん(レイアウト担当)の、

‘映画は、「悪役は右からインして、左に出る。ヒーローは、左から入って、
右に出て行く」といった法則があります。それらを踏まえて、キャラクターをいかに美しく、
わかりやすいカメラ運びで見せていくかを、監督と話し合いながらつくるのが・・・’

というところは、勉強になった。

.

姉のエルサは金髪、妹のアナは栗色・・・。

「高慢と偏見」でも、長女ジェーンは金髪、次女のエリザベスは黒髪。
「大草原の小さな家」でも、長女メアリーは金髪、次女ローラは栗色。

長女は金髪率が高いのかな?

.

ネットニュースで見かけたのだけど、
「世界でも「アナと雪の女王」の映画はヒットしてるが、日本での熱狂は理由が分らない」という。

映画を見てない私だが、松たか子の歌とともに、
エルサが雪の中を一人さまよい、魔法で雪の城を築くプロモーションビデオは、
ただ、それだけで何度見ても感動できる。

なにが感動するのか、自己分析してみると、

「エルサの雪の中を一人突き進み、マントが飛んでいっても気にしない(寒くないわ~)」といった場面は、
まさに死ににいく(自殺)スタイルそのものに見えた。
(魔法が使えたから死ななかったけrれども。)
それは、多くの日本人を涙させた、
「フランダースの犬」の最終回で、ネロが雪の中を死に向かって歩いている場面にも重なる。
「フランダースの犬」は、救いがない内容からか世界ではあまり評価されていないし、
アメリカではハッピーエンドに変えられていたりして、
この悲しくも感動というのは日本人にしかわからない感覚らしい。
もともと日本には、大昔から「自害の美学」というものがある。
‘無様な生きざまをさらすより、美しく散れ・・・。’
あの花嫁も身に付ける懐刀は、護身用でもあるが自害用でもあり、
嫁いだ先で苦労があり耐え切れない場合は自殺を、というものだ。
侍の責任の取り方は「切腹」で、これもちゃんと作法があり、少年のうちにやり方を学ぶ。
かつて第二次世界大戦で日本兵が「万歳突撃」したように、
哀しみを押し殺して、ほほ笑みながら死んでいく、といった死にざまは、
日本人の心をくすぐるのではないか?とも思う。

また、この場面の松たか子の、力を込めた歌い方は、魂の叫びそのものだった。。
それは、ヒッチコック映画「知りすぎた男」(1956年)の中で、誘拐された小さな息子に向かって、
ドリス・デイがあらん限りの大声で歌う「ケ・セラ・セラ」を思い出させた。
誘拐のアジトを突き止め、母親は、敵の屋敷でただの歌手として「ケ・セラ・セラ」を歌いながら、
部屋のどこかに居る息子に向かって
「絶対助けるから、安心して!」と強い思いを送る感動の場面だ。
「ケ・セラ・セラ」は、いまでも人気で歌い継がれているけど、
実際はのんきなメロディとのんきな歌詞で、私としてみれば、ぐっとしない。
あの映画の場面があったからこそ、平成になった今でも愛されてるんだと思う。
魂の叫びは、いつの時代も人々の心を揺さぶるのだ。

雪の城がみるみる出来上がる場面は、
子どもの頃にみたアニメ映画に「森は生きている」(1980年)を思い出させた。
物語の中で、で四季が一瞬で早変わりするという見どころ場面だ。
CGが無い時代だから、今見たらさほど感動はないかもしれないが、
当時、驚きと感動を覚えたものだった。

「森は生きている」のストーリー。
少女フーニャが、わがまま女王のために真冬に春の花マツユキを探しに行くと、
月の精(1月~12月の精)の12人に出会い、花を見つけることが出来た。
わがまま女王は、月の精からもらったという指輪をフーニャから奪い取ろうとする。
フーニャは抵抗し、倒れながら指輪を投げ、教えてもらった呪文を唱えるのだった。
‘転がれ転がれ指輪よ!
 春の扉を開け、夏の花のじゅうたんの上を転がり・・・(秋と冬の呪文忘れた・・・)’
そうして、みるみる、景色は嵐のように春夏秋冬と移り変わって、
わがまま女王をぎゃふんとさせることが出来たのだった、という話。
.

ツレが買ってきてくれたアナと雪の女王のパンフの写真(上中央ね・・・あら、裏表紙だわ)。

Cimg9440


気を効かせて、他の映画のチラシももらってきてくれたよ。
私が、こういうのを欲しがるってこと、よく分ってるじゃないの(笑)

猫のアリスが膀胱炎に・・・

7月、私が誤診のてんかんの検査などで気をもんでるさなか、
猫のアリスが膀胱炎になって、おおわらわになった・・・。

✢・✲・✢・✲

7月13日の夕方3時半、急にアリスのおしっこが出なくなったのだった。

アリスは、猫トイレに10分もふんばったあと、、
2分ごとにトイレに入ったり出たりを繰り返すようになった。

この日は第二日曜日で、かかりつけの動物病院は休み。

電話帳で見つけた、日曜日もやってるY動物病院へ連れて行くことになった。

そこは予約制で、見てくれるのは5時から。

私は断れない用事があったため、母に後を託して、私は帰った。

その後、夕方6時に母から電話で、
アリスは注射を打たれ、3日分の膀胱炎の薬をもらったと聞かされた。

だが、夜10時になって、再び母から緊急の電話がかかってきたのだった。

「アリスのおしっこがまた出なくなった!」

8時にに5㎝くらいのおしっこが出たが、9時半過ぎてまたトイレに入ったり出たりしだしたという。

(始めて行ったY病院はダメだったか?)

とすると、日曜の深夜営業している動物病院は、近場ではF動物病院しかなかった。

そこは、数年前にトラブルになったところなので、行きたくなかったが、
アリスのため、恥をしのんで向かった。

深夜の病院の待合室には、犬を連れた一組の家族だけがいて、静かだった。

問診の前に、受付の女性が症状を聞きに来たので、説明した。

すると彼女の言うことには、

・膀胱炎は一日では治らないもので、3日はかかる。
 今日はすでに注射を打ってあるので、当院ですることはない。


・おしっこが出ない原因は、
    ・膀胱炎
    ・尿結石
    ・腎臓が尿を作れなくなった (腎臓病の末期の末期?)

・尿検査する必要があるが、オス猫とちがって、
 メス猫はカテーテルで尿は採れないので、排尿を待つしかない。

・もし、ここで治療したい場合は、一から検査し直しで、2週間の通院になる。

・血液検査をしてみないと詳しいことはわからない。

ということだった。

「深夜料金がプラス3000円になり・・・最低でも5000円かかりますけど、診察しますか?」

というので、辞退して帰った。

Y病院ですでに注射は打ってあって、今日のところは、もうすることがないからだ。

(膀胱炎は、治療当日には治らないんだ・・・)

Y病院で、母と一緒にちゃんと説明を受けてたら、
こんな夜中に大さわぎすることもなかったのにと思った。

.

次の日、皮下点滴をかねて、かかりつけのK動物病院へ行った。

膀胱炎で大変だった話をすると、血液検査をすることになった。

今回わかったこと・・・・。

・血液検査で、6種のなにかを調べた。・・・腎臓や他は正常値だった。

・老猫は、尿結石にはならない。酸性の尿になるので。
 (若い猫はアルカリ性の尿なので、尿結石になる。)

・点滴受けていると、通常は膀胱炎にはならない。

先生は、Y病院でもらった膀胱炎の薬をつづけて飲むように、といって、
とくになにもしなかった。

✢・✲・✢・✲

膀胱炎の薬を飲み終えてから5日後、アリスは、再びおしっこが出なくなってしまった。

この日は7月21日の祝日で、またしてもかかりつけの動物病院が休みだった。

しかたなく、またY病院へアリスを連れて行った。

事前に電話で「できたら尿を持ってきて」といわれていたので、
かろうじて採れた4滴のおしっこをビニール袋に入れて持っていった。

先生は、「かかりつけで膀胱炎の治療のつづきをしてもらえなかったの?」って
あきれ顔をした。

私が前回のときに受付で
「かかりつけには明日行くので、今日しのげればいいです」
と言ったのが、あだとなったようだ。

たぶん、前回もらった薬は中途半端な量だったのだろう。

腎臓病で通院してるので、病院2つのかけもちはしたくないという考えからだった・・・失敗。

尿は4滴でもリトマス紙で検査は出来た。血が混じってるという。

K病院での血液検査結果を見せようとしたら、「必要ないよ」と断られた。

(F病院では必要だと言われたのに・・・?)

2


ふと見ると、診察台にいるアリスのおしりのところに、3センチほどの水滴が2つあった。

「あれっ?これ、おしっこだね!?」と先生は興奮して言った。

アリスは今回はかなり体調が悪かったようで、おしっこを出さずにはいられなかったようだ。

水滴の一つには、白いもっやっとした塊と血の塊があった。

先生はスポイトでそれを拾い、奥の部屋へと調べに戻った。

だが結局、白いものがなんなのか分らなかった。

先生の話。

・たくさんの尿で調べないとわからない。

・膀胱がんの可能性もある。
 がんの場合は、尿で膨らんだ膀胱に超音波をあてて、膀胱の内壁の形を確認する。
 尿結石の場合は、結石は骨に近いのでレントゲンで調べる。

・膀胱炎は、点滴してる場合はならないものだが、どんなものでも例外はある。

・ただ単に、前回の膀胱炎が治りきってないだけかもしれない。

今回も、膀胱炎の注射を打ち、今度は6日分の薬をもらったのだった。

.3

次の日、かかりつけのK病院に行き、Y病院で言われたことを話した。

「超音波したほうがいいって言ってましたよ」と私が言うと、
「エコーね」と先生に言い直され、ちょっと恥ずかしかった。

ともかくたくさんの尿での検査はまだしてないので、次回おしっこを持ってくるようにと、専用の容器を渡された。→

先生は、尿の取り方として
「トイレ砂を少なめにして・・・」とか「トイレを紙にして・・・」などと言ったが、
うちには、便利な手製の尿取りグッズがあった。
4


余計な雑菌は入らず、猫も不審がらないすぐれもので、もちろん犬にも使える。

数日後、かかりつけの動物病院で尿検査をした。

10分後、検査結果が出て、薄いものの年齢にしては、いいおしっこということだった。

まだ薬を飲み終えてないにもかかわらず、
どれも正常で、血も交じってないという。

ただの膀胱炎だったらしい。

腎臓がおしっこをもう作れなくなったのかと心配したが大丈夫だったようだ。

あのときちゃんと治してれば二度手間にはならず、こんなに苦しむこともなかったのにと思う。

ということで、いまのところ、エコーする必要もないと言われた。

たとえ、がんだったとしても、もう高齢だから手術は出来ず、どうすることも出来ないが・・・。

✢・✲・✢・✲

その後、薬飲み終えてから2週間たち、再発はしていない。

どうやら完治したのかな?

検索すると、膀胱炎の原因はストレスって出てる・・・。

私の病気検査のストレスが、アリスに伝わっちゃったのかしら?

騒いだり愚痴ったりした覚えはないんだけど・・・。

5

8月4日のアリスのおしっこの様子。

6

ちゃんと、出てる出てるheart01

✢・✲・✢・✲

今回の治療費:

Y動物病院で4300円×2回

K動物病院で血液検査2900円、尿検査500円・・・

合計1万2000円以上かかっちゃったなぁ、本当なら半分の金額で済んだのに・・・。

なんかこのところ、散財の運が付きまとってるような・・・sweat02

2014年8月11日 (月)

ねこつぶ(訪問販売お断り)

マリアが玄関で、「くるくるる・・・」とふだん出さない声で鳴いていました。

1

暑さ回避のため、少し玄関を開けてあります。

誰か来てるのでしょうか?

2

ごはんをねだりに来た「下の白」がのぞいていました。

2014年8月12日 (火)

子連れ再婚には周囲も注意を

7月30日に中学2年生の男子生徒(14歳)が、義父の虐待を苦に自殺したという。

義父は「強くするため」といって殴り、
先生たちは殴られたあざと知りつつ「教育熱心な父親」ととらえ、
6月中旬からは顔も腫れ足を引きずるようになった息子を、母親は世間から隠し、
助けようとしなかった。

このような、いたましい事件は、幾度となく繰り返されていて、
危険な構図があることは、誰の目にもわかる。

   母が子連れで再婚
       ↓
   実母と義父の間に子供が生まれる
       ↓
   虐待がエスカレートし、母の連れ子が死亡

子連れ再婚を考えてる人や、両親が再婚した子供の教育者は、こういうことを頭にふまえて、
注意を払うべきだと思う。

よく「暴力ではない、しつけだから」との親の言い分に、周囲は理解を示してしまうが、
そもそも、殴られなければいけないほど、手に付けられない子どもなのか、
そのことは、はたから見ても分るはずだ。

この男の子は、友だちもたくさんいて、明るい子・・・学校では評判のいい子だったらしではないか。

虐待と自覚せず、意地でも「暴力ではない、しつけだ!」という親には、
暴力以外の、しつけ法(カウンセリング)を教えてあげるとか、
もしくは、子どもの何の行為に対して、親が殴る必要と思ってるのかを
立ち会って確認してみるとかが必要だと思う。

最後の助けるチャンスである「虐待死直前の兆候」は、

子どもの体にケガがあった→学校を休むようになった→親が先生たちなどに子供を会わせない

こういう状況になったら、学校だけで解決しようとせず、
緊急に警察や児童相談所などと協力して助け出さないといけないと思う。.

私の持論だけど、

再婚相手は、連れ子の同性を恋のライバルとして排除しようとする。

 男によっては、妻を独占したい気持ちから、
 実の子の赤ちゃんに対して「妻の愛をとられた」と焼きもちや嫉妬を持つ人がおり、
 不満から妻や実子に暴力をふるう人がいると聞く。
 (対処法としては、夫の前では子供を構わないようにする。
  子供をかわいがるときは、夫がいない時に)
 
 
 再婚相手が女なら、夫の連れ子の女の子を虐待するようだ。
 (私は義母に虐待されてましたQ&A http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1145021026;_ylt=A7dP5XoAw.ZTFQMA89F2.vN7?pos=1&ccode=ofv
 

新しく子供が生まれたことで、ますます、連れ子が邪魔に感じるようになる。

 
異物に見える。

再婚を繰り返す人は、精力旺盛で、子どもより性相手である再婚相手を大事に思う。

 母はどうして子供を助けないのか?
 子どもを置きざりにして男に走った母親の場合、
 「(母親という立場でなく)女を選んだんだ」と世間から言われる。
 義父に虐待されてる自分の子供を見て見ぬふりしてる母親も、
 同様の感覚なのではないか?

 シングルマザーは、一般的に家計が苦しいから、稼げる男性がいればとても助かる。
 だけど、今回の事件の男の場合、男は定職に就いていないというから、
 まさに性の相手(もしくは甘える相手)として、確保したかったのではと思う。

実の両親からなら、どんな虐待を受けても「自殺」はしない。(自傷行為はしても)。

 哺乳類は親から生き方を学ぶ。
 親がしつけが下手だったり、乱暴なやりかたであっても、
 生きていく術を学ぶまで、自立できるまでは「親を容認する(許す、信じる)」と
 遺伝子に仕組まれてるのではないかとおもう。
 

 つまりは義父、義母などの他人から、同じように暴力を振るわれた場合、
 ショックや恐怖は倍以上に感じるということだ。

✣・✲・✣✲

14歳なら、危険から逃げるという判断が出来たんじゃないの?と疑問に感じる。

でも、そうなると、「どこへ?」となる。

昔の時代なら、近所の親戚や祖父母の家に身を寄せたり、
顔なじみの商店のおばちゃんのところに一時避難したらば、
近所のおばさん連中が、親をさとしたり、子どもの代弁をしてくれたりの
周囲が守ってくれるイメージがある。

でも、今も昔も、親から見捨てられたら行き場がない。

親戚とも疎遠だ。

「こども110番の家」というのが各所にあるけど、機能してるんだろうか?

あれは「通り魔」限定なのか?

泊ったり、相談が出来るような、普段でもこどもが立ち寄れる場所だったら、
逃げ場にもなるのにと思う。

私の父も、両親の再婚で「いらなくなったこども」だった。
父が2歳のころに父親が亡くなり、母親が再婚して弟が生まれ、いらない存在になった。
父は親に気に入られようと、家事全般をやり勉強も頑張ったという。
だが、家に居場所はなく、小学校を卒業とともに、家を出たそうだ。
昭和24年ごろから、12歳の父は東京、横浜、鎌倉を転々と
住み込みで働きながら、さまよい生きてきたという。
当時はまだ、中学生、小学生でも働いてる子がいた時代だったのでやっていけたのだろう。
詳しいことはほとんど知らないが、父の、少々暴力的な性格は、
家出しないといけないほどのひどい扱いを受けたことの表れのような気がする。

親でさえ、相談する相手がいず、頼れる親戚も、愚痴を言う近所の人もいないといった、
孤立した状態が不幸を招くのだと思う。


社会は、「少子化問題」として、「いかに子供を産ませるか(増やすか)」に目が向いている。
でも、いま存在している子供を「どう死なせないですむか」が大事だと私は思う。
たとえ、たくさん子供が生まれたって、同じくらい殺されてては意味がない。
汚染された川に、稚魚を放流するようなものだ。
東日本大震災の津波で出来たため池に、
もともといなかった絶滅危惧種の生物が住み着いたと新聞記事にあった。
人間がどうにもならなかったことを、環境が良くなっただけで、自然は奇跡を起こす。
いま、小さな子供も10年経てば、子どもを作れる年齢になる。
生きていく環境が良ければ、結婚に希望を見いだせるし、自然と子どもが生まれ、
死なせないように頑張るだろう。
今の大人社会は殺伐としている。
せめて、子供時代は楽しくさせるべきではないだろうか?

✣・✲・✣・✲

そういえば、私も父の再婚で、家を追い出された口だった。
父と再婚相手との子どもが生まれたのは、私が出て行った1年後だったけど、
50代という高齢でありながらも、新婚さんには、どうしても
子供(成人してる手間のかからない年齢であっても)の存在が邪魔に思えるんだね。
「誰と結婚しようがどうしようが勝手にしていい!とっとと出ていけ!!」と父から殴られ追い出された。
もっとひどい言い回しだったはずだが、よく覚えていない。
ともかく「実の親の言う言葉じゃないな。」という感想を持った。
子ども時代からの念願の新築の家だったから、そこから嫁ぎたかったけど、
夜逃げのような感じで荷物をまとめて自宅を去るしかなかったよ。
あんまり急いでたものだから、大切にしてたものとかを、
箱ごと、いらないものと一緒に間違えて置いて来てしまったものもある。
そのとき私は成人してたものの、一人暮らしする方法もよく知らなかったし、
彼氏もいなかったから、1年前に離婚で出て行った母と姉のもとに転がり込んだ。
ともかく、私には頼れるところがあったから、助かったんだ。

 

ねこつぶ(は、はやく!①)

ある日のシロとニケ。

0

取っ組み合いのけんかはしないが、2匹は仲が悪い。

ニケは、シロに気持ち負けしている。

✲・✣・✲・✣・✲

3月28日、ニケがいそいそとやってきた。

1_2

2_2

3_2

4_2

私 「どうしたの?」

5_2

私 「あぁ、なるほど~・・・」

(つづく)







2014年8月13日 (水)

ねこつぶ(は、はやく!②)

6_2

7_2

8_2

9_2

私 「落ち着いて!
   あわてなくても、私がそばにいるせいで、シロは来れないから、大丈夫よ(笑)」

10_2


(おわり)

2014年8月14日 (木)

きらら館の「ねこ展」へ

今年も、笠間にある、きらら館の「ねこ展(7月29日~8月17日開催、第10回)」を見に来ました。

きらら館は焼き物の店で、毎年この時期になると「猫の焼き物展」を開くのです。

猫グッズはどれもかわいく、欲しくなるのですが、しぶちんの私には、毎回手が出ず、
いつも、ひやかしで終わってしまいます。

ツレは、私が喜ぶと思って今年も旅行計画をたてましたが、
正直いって、見るのは楽しいけど、
なにも買わずに出てきてしまうのは、ほんと店に申し訳ない気がして気が重いのです。

8月13日、予定よりも早く着いてしまい、
開店15分前に駐車場に車を停めて待つことになりました。

すると、店内で店員たちがあわてる様子が見え、
店主と思われる方が私たちの車まで開店を知らせに来ました。

私たちのために、開店を早めてくれたのです。

これは何としても、なにか買って帰らないと・・・。

1_2

陶芸家40名による1200点のねこ作品が展示販売しています。

2_2

ギャラリースペースの「ねこ展」の一角。

3_2

どれも、かわいくて素敵なんだけど、ひとつ1000円以上しちゃうんだよなぁ・・・。

4_2

あった、あった、手の届く金額のものが!!

8_2

はしおき。奥のやつが700円+消費税、手前が500円+消費税。

実物はもっと味があるんだけど、写真では表現できなかったわ・・・。

6_2

店内に入る前に、私が「(親切にしてもらったのに)手ぶらでは出れないよ」と言ったら、
ツレが「お茶してけば?」と言った。

「そういうお礼の仕方もあるわね」と向かったら、
喫茶店かと思いきや、無料ドリンクコーナーだった。

ますます、申し訳ないわ・・・。

45

ここは、販売してるカップの使い心地を確かめるためのドリンクコーナー。

カップを買おうとしてもいなのに・・・もやもやさまーずのハワイのただコーヒーのつもりか!?

もやさまの場合は、宣伝になるからいいのであって・・・。

5_2

上段にサインが飾られてあった。

薬丸裕英さん、安住紳一郎さん、前田愛さんなど、茨城の芸能人たち・・・。

みなさん達筆で瀬戸物にバランスよくサインを書いている。うまいものだなぁ。

7_2

ホットコーヒーいただきました。

たぶん、来年も来るよ。

ねこつぶ(レオンが見た犬)

動物病院にて。

1

2

3

患者の犬が床にいました。

たぶん、手術などの治療で麻酔のかかりはじめか、麻酔から覚める状態なんだとおもう。

2014年8月15日 (金)

ねこつぶ(神頼み①)

どこからか、ニケの声がします。

1

ふだんより一段上にニケが立っていました。

2

嫌いなシロを警戒してるようです。

3

わがままだなぁ・・・。

4


(つづく)

2014年8月16日 (土)

ねこつぶ(神頼み②)

5

エサはいつも通りに、ニケの指定席に。

5_2

6

8

神頼みするほどのことじゃないでしょ・・・。

このあと、ニケは階段を使って降りてきました。


(おわり)

2014年8月17日 (日)

ねこつぶ(マリアの頑張り)

Photo


わが家にクーラーなし。

夏の晴れの日は、室内温度32度。苦しいくらい暑い。

猫は13万1000年前の中東の砂漠発祥というから、暑さに強いかと思いきや、
そうでもないようだ。

おのおの涼しいと思える場所で、からだを伸ばして(ひんやりしたコンクリに体を密着するため)、
息を荒くしている。

室内温度28度の時は、かなり涼しく感じるけど、
反動からプールの後のようなけだるさに襲われ、起き上がる気力がわかないのは、猫も同じようだ。

2014年8月18日 (月)

大瀬観光やなへ

8月13日。

栃木県茂木町にある 「大瀬観光やな」 へ行ってきました。

日差しが強くて、まさに水遊び日和です。

Photo

中央のごちゃっとしたところが「やな」で、右側の建物が食事処になっています。

Photo_2

さっそく、「やな」に向かいましょう。

Photo_3

「やな」とは、川の流れを操作して、魚が「すだな」に乗り上げるようにしむけた、魚とりの仕掛けです。

Photo_4

川の流れが、「すだな」に向かっているのがわかるでしょう?

Photo_5

私の前に子供たちがいたこともあって、すでに採った後なのか、鮎はあがっていませんでした。

Photo_6

でも、取れたからと言ってもらえるわけではありません。

この桶の中に入れるのです。

かろうじて、数匹の鮎の姿が見えました。

Photo_7

左手に見えるのが、食事処。おなかペコペコです。

Photo_8

注文したのは、
「鮎魚でん(田楽風)」750円、 「鮎アライ(刺身)」1000円、 「鮎塩焼き」750円、
「鮎めし」 (とうふとわかめの味噌汁付き) 600円、  鮎フライ 600円

鮎田楽が、意外においしかった。刺身は、魚のキスに似てるかも。

Photo_9

ろばた焼きもあって、この日は大盛況。

炭で鮎をあぶって焼くのだけど、生から焼くのかはわからない。
せっかちなんで、気長に待つことが出来ないから、何度かここに来てるけど、
利用したことはないんだな。

一人前 1500円で、2人前から利用できます。

Photo_10

目の前のいけすには、生きのいい鮎が泳いでいました。

となりのいけすには、鯉のような30㎝もある大きな魚がいて、たぶん、
「さかなにさわろう」のコーナー用かもしれません。

Photo_11

「さかなにさわろう」コーナー。

水深は30㎝くらいで、見た目、水がぬるそうに思えた。

Photo_15

やなの背後にある岸辺で、遊んでる人々が。

少々危険かもしれないけど、川の水がちょうどいいくらい、ひんやりしてるから、
気持いいでしょうね。

✣・✲・✣・✲

「道の駅 もてぎ」http://www.motegiplaza.com/

照り返しが、暑い、暑い。

暑いけど、お客さんいっぱい。名所のようだ。

「ゆず塩らーめん」が名物みたいで気になるけど、鮎を食べちゃったから、
もう入らないわ。

Photo_12

体が冷えるので、ふだんあまりソフトクリームは食べないんだけど、
あんまり暑いんで、買ってみましたよ。

Photo_13

「食の夏まつり」の「ハッピージェラート部門」で優秀賞 (2014年7月25日)をとって、
「TV タックル」で紹介されたとあった。

Photo_14

優秀賞の「たっぷりフルーツミックス」「パンプキン」をよけて、
「とうもろこし」と「ずんだ」のソフトクリーム・・・ちょっとかじっちゃって、汚らしいかな?(汗)





















ねこつぶ(囲まれた!①)

5月9日、この日は雨。

ニケは、くびわの指定席で食事をとっていました。

1

2

3

背後に、くびわが来ていました。

(つづく)

2014年8月19日 (火)

ねこつぶ(囲まれた!②)

4

5

6

チビは、シロの親友。

くびわは、ニケを嫌ってはいないが、シロの仲間だ。

シロを恐れているニケは、今や絶体絶命のピンチ!

どうする、ニケ?!


(つづく)

2014年8月20日 (水)

ねこつぶ(囲まれた!③)

7

8

9


(つづく)

2014年8月21日 (木)

ねこつぶ(囲まれた!④)

10

11

12

ニケは、この直後、柵の上に避難しました。

くびわとちびが自分たちのエサに気をとられてる隙に、ニケは脱出。

よほど怖かったらしく、ニケはしばらくここに来なくなりました。


(おわり)

2014年8月22日 (金)

ねこつぶ(仕返しだ~い!①)

8月12日。

野良猫リキくんが、3日前から右前足をびっこさせながら歩いているので、
動物病院へ連れて行きました。

その右前足は、1週間前には、8センチほどの水が溜まり、自然治癒したばかり。

やはり、一度、医者に診せた方がいいでしょうね。

1

びっこの原因は、肉球にひっかき傷があり、それが化膿したせいでした。

1週間分の化膿止めのくすりをもらって、注射はなし。

ノミがいるとのことで、フロントラインをさしてもらいました。

「見えたかと思ったら隠れる」という小さな虫は、ダニなどではなくノミだそうですよ。

生まれたての0.5ミリサイズでは、ノミには見えません。

2

リキ君は暴れることもなく、鳴くこともなく大人しくしていました。

あんまりいい子にしてるので、逃げないようにひもをつかむのを忘れたほどです。

治療費: 体重5.4 kg

再診料              500円
フロントライン(ノミ駆除剤) 1200円 
化膿止め(7日分)      1750円

全部で3720円。

3

いつもの生活圏へ帰還。

4

5

リキはカゴを飛び出すと、まっすぐにある場所へと向かいました。


(つづく)




2014年8月23日 (土)

ねこつぶ(仕返しだ~い!②)

哀愁ある後姿は、今は亡きマイケルを思い出させます・・・。

6

7

8

あら?もしや・・・?

9

リキは「スプレー(マーキング)」して、私の車に匂いを付けました。

リキってば、悪い子・・・。


(つづく)

2014年8月24日 (日)

ねこつぶ(仕返しだ~い!③)

10

11

12

13

マーキングも愛情の一種。

リキ君、内心、ドライブが嬉しかったの?


(おわり)

2014年8月25日 (月)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく①)

7月13日。

3匹の白い子猫がたわむれていた。

たぶん「下の白」の子供。

はじめて目撃した。

こんな近場で子育てしてたんだね。

1

1_2

青い目の子猫。

可愛く見えないのは、目の周りが涙でただれてるから?

2

3

4

5

6


(つづく)

2014年8月26日 (火)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく②)

7

今見上げたこの子は、右目が金色、左目が青色のオッドアイ。

縁起がいいという「金目銀目」はこれのことかな?

8

9

10

12

13

(つづく)




2014年8月27日 (水)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく③)

14

15

16

17

18

楽しそうに遊んでた子猫たち。

うわさでは、この次の日に、母猫に見捨てられたらしい。

母親の育児放棄で、一家離散。

2匹の子猫は行方不明になったという。


(つづく)


2014年8月28日 (木)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく④)

7月22日。

「下の白猫」が一家離散してから約1週間後、
わが家の猫ハウスにあの3匹の子猫の1匹が来ていた。

たぶん、尾っぽにじゃれついてた元気な子猫だと思う。

1_3

2_2

3_2

4_2

5_2

7_2


(つづく)

2014年8月29日 (金)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく⑤)

8_2

ケンカが起りそうな空気になったので、エサをあげて気分転換。

9_2

10_2

11

12_2

13_2


(つづく)







2014年8月30日 (土)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく⑥)

14_2

15_2

16_2

16_3

17_2

19

20


(つづく)












2014年8月31日 (日)

ねこつぶ(強く可愛くたくましく⑦)

1

7月24日。

あの子猫が、大声で母猫を呼びながら、探しまわていた。

2

3

4

母猫は、近くに住んでいるが、出会っても子猫を、無視してるという。

巣立ちにはまだ早い気がする。

子猫が、鼻炎の病気になってるから、いらなくなったのだろうか?

それとも、母猫自身が病気で、死期がせまってるなどで、面倒みきれなくなり去ったのか?

後残りの2匹はどうしたんだろう?

5

あたりを見て歩いてたら、黒白柄の子猫を発見した。

捨て猫らしい。

6

10分後、黒白の子猫の1匹が我が家に来ていた。

どういうわけか、目が合った猫が、たまに我が家を探し当ててやって来ることがある。

7

白子猫も来てたので、同時にエサをやった。


(つづく)


« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »