フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(アリスのドライブ) | トップページ | 猫のアリスが膀胱炎に・・・ »

2014年8月10日 (日)

アナと雪のパンフ

先月の話だけど、アナと雪の女王の映画のパンフレットを、
ツレが隣町の映画館まで行って、買ってきてくれた。

近場では売り切れで購入できなかったからだ。

私は映画は見てないけど、アナと雪の女王は、姉妹の仲たがいの話らしい。

実は、私も姉と確執があり、今はなるべく顔を合わせないと言った関係になってしまっている。

詳しいことは省くが、パンフに何か「姉妹とは?」に関する、
手がかりがあるのではないかと思って読んでみたかったのだ。

世界ふしぎ発見!で聞いたことには、この映画を作る前に、
多くの姉妹を集めてアンケートをとり、それを参考にして作られたと言っていた。

‘「姉は魔法が使えるのでは?と思うほど器用」、だと多くのの妹は思っている、というところから、
姉には魔法が使えることにした・・・・’と。

また、まんが家の久保ミツロウも「長女だからエルサの気持ちが分る~!」
と興奮して話しているのをテレビで見た。

どんな「姉妹あるある」があったのか・・・?

結局のところ、アンケートの内容はパンフにかかれていなかったが、
ストーリーやキャラ説明から、姉妹関係がどうイメージされてるのかが、なんとなく分かった。

‘「エルサ(長女)は幼いころ、妹を危険な目に合わせて以来、
その力(触るものを凍らせる)がトラウマになっている。’

‘アナ(次女)は、幼いころの記憶がないため、エルサが心を閉ざした理由がわからない。
外の世界と恋に強い憧れを抱く。
姉と国を救うため危険をかえりみず旅に出る。’

私も、幼いころに2回交通事故にあっているが、半分は姉が原因だ。
また、姉の病気ためにふだん出さないエネルギーを使って奔走したこともある。

‘恋に強い憧れ・・・’。
わたしの実感だけど、末っ子は、生まれたときからいつもそばに姉や兄がいて、
「誰かの後ろ」または「だれかと一緒」というのが、無意識の所定位置になってる気がする。
だから、頼れる異性は必要必須になるんだと思う。

.

パンフでは、マット鈴木さん(レイアウト担当)の、

‘映画は、「悪役は右からインして、左に出る。ヒーローは、左から入って、
右に出て行く」といった法則があります。それらを踏まえて、キャラクターをいかに美しく、
わかりやすいカメラ運びで見せていくかを、監督と話し合いながらつくるのが・・・’

というところは、勉強になった。

.

姉のエルサは金髪、妹のアナは栗色・・・。

「高慢と偏見」でも、長女ジェーンは金髪、次女のエリザベスは黒髪。
「大草原の小さな家」でも、長女メアリーは金髪、次女ローラは栗色。

長女は金髪率が高いのかな?

.

ネットニュースで見かけたのだけど、
「世界でも「アナと雪の女王」の映画はヒットしてるが、日本での熱狂は理由が分らない」という。

映画を見てない私だが、松たか子の歌とともに、
エルサが雪の中を一人さまよい、魔法で雪の城を築くプロモーションビデオは、
ただ、それだけで何度見ても感動できる。

なにが感動するのか、自己分析してみると、

「エルサの雪の中を一人突き進み、マントが飛んでいっても気にしない(寒くないわ~)」といった場面は、
まさに死ににいく(自殺)スタイルそのものに見えた。
(魔法が使えたから死ななかったけrれども。)
それは、多くの日本人を涙させた、
「フランダースの犬」の最終回で、ネロが雪の中を死に向かって歩いている場面にも重なる。
「フランダースの犬」は、救いがない内容からか世界ではあまり評価されていないし、
アメリカではハッピーエンドに変えられていたりして、
この悲しくも感動というのは日本人にしかわからない感覚らしい。
もともと日本には、大昔から「自害の美学」というものがある。
‘無様な生きざまをさらすより、美しく散れ・・・。’
あの花嫁も身に付ける懐刀は、護身用でもあるが自害用でもあり、
嫁いだ先で苦労があり耐え切れない場合は自殺を、というものだ。
侍の責任の取り方は「切腹」で、これもちゃんと作法があり、少年のうちにやり方を学ぶ。
かつて第二次世界大戦で日本兵が「万歳突撃」したように、
哀しみを押し殺して、ほほ笑みながら死んでいく、といった死にざまは、
日本人の心をくすぐるのではないか?とも思う。

また、この場面の松たか子の、力を込めた歌い方は、魂の叫びそのものだった。。
それは、ヒッチコック映画「知りすぎた男」(1956年)の中で、誘拐された小さな息子に向かって、
ドリス・デイがあらん限りの大声で歌う「ケ・セラ・セラ」を思い出させた。
誘拐のアジトを突き止め、母親は、敵の屋敷でただの歌手として「ケ・セラ・セラ」を歌いながら、
部屋のどこかに居る息子に向かって
「絶対助けるから、安心して!」と強い思いを送る感動の場面だ。
「ケ・セラ・セラ」は、いまでも人気で歌い継がれているけど、
実際はのんきなメロディとのんきな歌詞で、私としてみれば、ぐっとしない。
あの映画の場面があったからこそ、平成になった今でも愛されてるんだと思う。
魂の叫びは、いつの時代も人々の心を揺さぶるのだ。

雪の城がみるみる出来上がる場面は、
子どもの頃にみたアニメ映画に「森は生きている」(1980年)を思い出させた。
物語の中で、で四季が一瞬で早変わりするという見どころ場面だ。
CGが無い時代だから、今見たらさほど感動はないかもしれないが、
当時、驚きと感動を覚えたものだった。

「森は生きている」のストーリー。
少女フーニャが、わがまま女王のために真冬に春の花マツユキを探しに行くと、
月の精(1月~12月の精)の12人に出会い、花を見つけることが出来た。
わがまま女王は、月の精からもらったという指輪をフーニャから奪い取ろうとする。
フーニャは抵抗し、倒れながら指輪を投げ、教えてもらった呪文を唱えるのだった。
‘転がれ転がれ指輪よ!
 春の扉を開け、夏の花のじゅうたんの上を転がり・・・(秋と冬の呪文忘れた・・・)’
そうして、みるみる、景色は嵐のように春夏秋冬と移り変わって、
わがまま女王をぎゃふんとさせることが出来たのだった、という話。
.

ツレが買ってきてくれたアナと雪の女王のパンフの写真(上中央ね・・・あら、裏表紙だわ)。

Cimg9440


気を効かせて、他の映画のチラシももらってきてくれたよ。
私が、こういうのを欲しがるってこと、よく分ってるじゃないの(笑)

« ねこつぶ(アリスのドライブ) | トップページ | 猫のアリスが膀胱炎に・・・ »

自由気ままな解釈」カテゴリの記事