フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(リキ君の涼み方) | トップページ | ねこつぶ(アリスの涼み方) »

2014年9月 5日 (金)

ラーメンが食べたい

ここ3ヶ月ほど、ラーメンが食べたい気分だった。

市販の袋の生ラーメンでは、物足りなくて、
中華店などのメニューにある、わき役のラーメンじゃ満足できない。

ラーメン店のラーメンが食べたいのだ!

麺は太く縮れてて、スープは煮干しやエビなどの粉末を入れた、どろっと系で、
つけ麺タイプだったら、なおいい。口溶けチャーシューも食べたいな。

私は一人で外食できないので、
ことあるごとに、ツレに「ラーメン食べたいアピール」をしてきた。

(私には、店側から見下されて残り物を入れられてしまうのでは?という恐怖感があるのだ)

「ラーメンおいしそう!」「つけめん食べたい!」

テレビに映るラーメンに私は指差し、食べたい意思表示をしてみるが、
ツレは、ただただ、ほほ笑みを返すだけ。

取りようによっては、うまく、はぐらかされてるような・・・?

前だったら、「じゃあ、食べに行くか!」と言う反応だったはずだが、なぜかそうならない。

ツレは、休日ごとに自身の両親と遊びに出かけ、外でランチしてきている。

行先はパチンコ屋とわかってるから私は同行しないけど、
ふだん何を食べてるのかまでは、私は知らない。

もしかして、3人でよくラーメンを食べてるから、行く気にならないのだろうか?

2年ほど前までは、
「お袋たちと食べに入ってよかったから、今度連れて行ってあげるよ」
などと、ツレからの、喜んでいいんだか、悲しんでいいんだかの、
外食のお誘いがあったのだけど、
最近は、ありきたりの店で済ましてしまってるのかな?

ずばり、私から「◯◯の店に行くわよ!」と言いたいが、
男性って外食が多いせいもあって口がこえてるというのか、
「その店はおいしくない」「その店は経営方針が気にくわない」と
あれこれダメ出しして却下してくる。

「じゃぁ、あなたが好きなところで」といえば、
結局いつも行く回転寿司になるのだった。

たまには目新しいいところにも行ってみたい・・・。

ツレは、気に入ったところを何度も行くタイプだから、
新しく出来た店に入ってみよう、というような冒険心はほとんど起らないのだった。

ともかく、私は今ラーメンを食べたいのだが、
つまりはツレが行きたがらないとダメなわけで、
私はアクションをしかけて様子を見るのだった。

「麺が食べた~い!!」

すると、またしてもツレは、

「麺ならいつも食べてんじゃん」

という、つれない返事が返ってきた。

私が、ランチによく食べてる「冷やし中華」のことを言ってるのかしら?

ツレは冷やし中華が嫌いなので、私は一人のときに作って食べているのだ。

なんだかもう、何度言っても伝わらない気持ちに、悲しみがわいてきた。

なんだろう、この虚無感。空虚感。・・・つらい。

たかだか、「ラーメンを食べたい」という、たわいもないことだというのに、こうも伝わらないの?

もし重大で重要な話だったら、どうなっちゃうのかしら?

孤独感が襲ってくる・・・。

一人慣れしてる私が、こんなにつらいということは、
世の中の寂しがり屋の人はもっと耐え切れないことだろうな・・・。

‘心と心が、今はもう通わない・・・・・・・・・・・・・・・(byあのしばらしい愛をもう一度♪)

「もっと話し合えばよかった・・・」たしか松居直美さんが離婚会見のときに言ってた言葉。

夫が3日帰って来なくても文句も言わなかったという芳本美代子さん。

たわいもない会話でさえ、かみ合わず、伝わらず、そうしてるうちに、
不満や悲しみから、つれあいに対して愛情が失せていき、
こうやって、恋人たちは「性格の不一致」として別れて行くのだろう・・・。

ツレの良さは、「私と会話が成り立つ」ということだったけど、
こうもかみ合わなくなるとはね。

あ~あ、食とも(食べ歩く友達)が欲しい。

それにしても、どうしてツレがそこまでしてラーメンに行きたがらないのか、
それが気になったから、
勇気を出して聞いてみることにした。

「ここしばらくラーメン食べたいって言ってたんだけど、行きたがらないのは、
ふだん外でラーメンを食べに行ってるから?」

口論になるのではないかと、ドキドキだったが、
ツレの反応は意外なものだった。

「ラーメン食べに行きたかったの?全然気が付かなかった~!」

と、ツレのあっけらかんな態度。

えっ?あんなに言ってたのに気が付かなかったの?!

3ヶ月も悩んでた私は何?

思えば少し遠まわしな言い方だったかも?

でも、直球で話しても、裏解釈し、勝手に怒って、
話にならない時があるんだよね。

「じゃぁ、食べに行こうよ。どこがいい?」とツレ。

「どこでもいいよ。決めて。」と私。

ここにきて一悶着したくないし、私はどの店でも対応可能。

どんな店だって、私が食べれれるものはあるのだ。

そして、1年ぶりに念願のラーメン店に。

券売機で、目についたものを選んで注文した。

なんか分らないけど期間限定らしい。

Cimg9805

「あご出汁冷しもりそば」

ストレート細麺にすまし汁のようなスープ・・・。

あらら、私的には、これは「そうめん」の部類に入るなぁ。

求めてたラーメンとは かけ離れたものを頼んでしまうとは・・・。

冷やしラーメン系は大好きなんだけど、クーラーの効き過ぎで、
猛暑だというのに、歯がガチガチなりそうなほど、体の芯まで凍えてしまった。

前も、別の店で同じようなことが合って、
クーラー+冷たい麺タイプはもう無理かなぁ・・・。

味付けたまごと、おまけのチャーシューは、うまかった。

« ねこつぶ(リキ君の涼み方) | トップページ | ねこつぶ(アリスの涼み方) »

エッセイ」カテゴリの記事