フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 1日 (土)

ねこつぶ(シロvsリキ・笑う①)

1

2

3

4

(つづく)

2014年11月 2日 (日)

ねこつぶ(シロvsリキ・笑う②)

5

6

7

8

9


(おわり)




2014年11月 3日 (月)

ねこつぶ(垣間見る)

6月17日、野良猫ニケが散策していた。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

猫の気配は、猫には敏感。
マリアは、いそぎ室内からベランダに出て、興味深げに見入っていた。

Photo_7

Photo_8

すだれは、意外と向こう側からも丸見えだったりする。














2014年11月 4日 (火)

ねこつぶ(リキの道先案内①)

1

2

3

4

5

6


(つづく)









2014年11月 5日 (水)

ねこつぶ(リキの道先案内②)

7

8

9

10

11

12


(おわり)



2014年11月 6日 (木)

ねこつぶ(またも、私はここよ①)

野良猫シロの「私はここよ」シリーズ第3弾。

2014年7月22日。

シロがまたしても、私にゲームを挑んできました。

1

2

黒地に白色はさすがにね。

3

4

5


(つづく)

2014年11月 7日 (金)

ねこつぶ(またも、私はここよ②)

6

7

8

9

ほんとに、通行人が大勢歩いて来たのだけど、
写真を撮らないでしまって、残念。

(おわり)

2014年11月 8日 (土)

ねこつぶ(ニケのひと休み①)

1

2

3

4

6


(つづく)






2014年11月 9日 (日)

ねこつぶ(ニケのひと休み②)

ニケに、おもしろい話を求められ、話だした私。

さて、ニケの反応は?

7

8

9

10

×「ここまま」→◯「このまま」  誤植でしたcoldsweats01

11

11no


(おわり)







2014年11月10日 (月)

ねこつぶ(シロvsリキ・問題)

1_2

2_2

3_2

4_2

5

もとの、なぞなぞは、『上は洪水、下は大火事・・・』。



2014年11月11日 (火)

ねこつぶ(チビのセラピー①)

2013年、11月29日 病院で飼われている猫、チビが診察室にやってきました。

(丸1年前の写真。このときはまだ、アリスの体重が3.1㎏ある。現在は、2.75㎏・・・sweat02

1

2

3

4

チビは何をするつもりなのかしら?

(つづく)




2014年11月12日 (水)

ねこつぶ(チビのセラピー②)

5

6

7

8

9


チビも、先生たちの見様見真似(みようみまね)で、医者になったつもり?

(つづく)






2014年11月13日 (木)

ねこつぶ(チビのセラピー③)

10

11

12

13

14

15


いきなりの友達宣言。積極的なチビの態度にアリスはタジタジです。

(つづく)









2014年11月14日 (金)

ねこつぶ(チビのセラピー④)

動物病院の待合室にて・・・。

16

17

18

19

20

20_2

なにやら、おしゃべりに花が咲く、2匹。

21


チビは、アリスの疲れた心に気が付いて、救いに来たのでした。

(おわり)










2014年11月15日 (土)

ねこつぶ(何がいるの?①)

1

2

「下の白」の子猫がひまそうにしていた。

植木にあった、固くなった土の塊を投げてみた。(当たっても大丈夫なようにねcoldsweats01

3

4

5

子猫は興味津々・・・ぷぷっ。

(つづく)









2014年11月16日 (日)

ねこつぶ(何がいるの?②)

また、別のところに土の塊を投げてみた。

くいつく子猫。

6

7

8

9

10

なんだか、かわいそうに思えてきた・・・。

(つづく)









2014年11月17日 (月)

ねこつぶ(何がいるの?③)

11

12

13

14

「えぇsign02

15

(おわり)









2014年11月18日 (火)

ねこつぶ(母の愛①)

9月18日。

突然、「ギャー」という猫の悲鳴が室内まで響き渡り、
急いで声の聞こえた方へと外を見渡すと、
リキが白い猫を追いかけ、
その白い猫が木の上へ駆け上る姿が目に入った。

1

リキは、木の上までは追いかけまわさず、白い猫が降りてくるのを、下で待ちかまえている。

2

3

4

5

6

白猫の足場は不安定そうだ。

7

(つづく)






2014年11月19日 (水)

ねこつぶ(母の愛②)

8

リキが悪い子なので、母が叱りに行きました。

9

10

11

母のことが「邪魔だな」と思ってるリキ。

12

悪者退場・・・。

13


(つづく)


2014年11月20日 (木)

ねこつぶ(母の愛③)

14

15

16

17

白い猫はおびえています。

体は大きいですがまだ子供なので、恐怖が倍にも感じたことでしょう。

母親の白猫が心配して迎えに来ました。


(つづく)

2014年11月21日 (金)

ねこつぶ(母の愛④)

 18

襲われたのは、「下の白」の子供、「青い目」のブルーちゃんでした。無事でよかったです。

19

子猫は、母親の体にはりついて、不安を取り除きます。

20

21

22


(おわり)

2014年11月22日 (土)

ねこつぶ(レオンに直撃①)

1

ベットにいるレオンを直撃。

いい笑顔をもらえるでしょうか?

2

3

4


(つづく)

2014年11月23日 (日)

ねこつぶ(レオンに直撃②)

5

6

7

逆効果では?

8

がんばりましたねheart01

✲・✣・✲・✣

この2ヶ月ほど、レオンが、下痢を繰り返し体調不良でした。

腎臓病なので下痢は良くないのですが、原因がわからず、薬をやめるとすぐに下痢になってしまう。

普段食べてる腎臓病のエサを、別のメーカーの腎臓病のエサに変えたところ、
どうやら下痢はおさまったようです。

食べてるうちにアレルギー反応が出てしまったのでしょうか?

カリカリを食べなくなったので、粉にして水に溶かして無理やりスプーンで食べさせていたのだけど、
体に合わなかったので、食べたくなかったのでしょうね。

今までのとは違うメーカーのエサは、普通に、今まで通りに、モリモリ食べてくれます。

Cimg1861

腎臓病の猫のエサの値段は高い。

キドニーケア(1.5㎏)  2900円×税

キドニーキープ(2.1㎏) 3571円×税





(おわり)



2014年11月24日 (月)

ねこつぶ(リキの昼寝に)

2_1

9月6日。夕方4時。

またしてもリキが変なところで昼寝をしていた。

2_2

草が生えてないところで寝るのが好きのようだ。

2_3

2_4

2_5

「下の白」の子供たちが不思議そうに、こちらを見ている。

2_6

凶暴な猫リキがそばにいるってことは、言えないなぁ・・・。












2014年11月25日 (火)

ねこつぶ(浮かれるニケ①)

時期外れだけど・・・7月の頃の話。

1

2

3

4

5

6


(つづく)







2014年11月26日 (水)

ねこつぶ(浮かれるニケ②)

なんと、ニケは我が家に向かっていたのだった。

駐車場に向かうところでニケに出くわした。

7

8

9

10

しょうがないなぁ。

11

12


(つづく)





2014年11月27日 (木)

ねこつぶ(浮かれるニケ③)

13

もう、せっかちなんだからっsweat01

14

15

16

17

18

上機嫌のニケ。


(つづく)







2014年11月28日 (金)

ねこつぶ(浮かれるニケ④)

19

20

21

22

23

24

25

半年くらい、我が家に来なかったニケだが、これを機に毎日エサを食べに来るようになった。


(おわり)










2014年11月29日 (土)

ねこつぶ(家族あらたに①)

2014年、10月15日、夕方4時半。

下の白が、子猫に乳をあげていた。

母の話だと、子猫たちは捨て猫で、下の白が引き取って面倒みてるのだそうだ。

メス犬は、出産関係なく母性で乳を出すことが出来、
動物の種類関係なく面倒を見るという話は、よく聞くが、
猫は聞いたことがないのだけど、ありうるのか?

下の白は、まだ白猫2匹を子育て中なので、母乳は出るようだ。

1_2

2_2

3_2

4_2


(つづく)

2014年11月30日 (日)

ねこつぶ(家族あらたに②)

6_2

7_2

8_2

9_2

三毛子猫は、このあとちゃんとジャンプして中に入っていった。

✲・✣・✲・✣

子猫2匹は、頭一つ分くらい大きさが違う。

兄弟ではないのかな?

とすると、下の白が捨て猫を引き取って育ててるという話は、ほんとうなのかもしれない。


(おわり)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »