フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(シロvsリキ・手術③) | トップページ | ねこつぶ(下の白の二重生活) »

2014年12月18日 (木)

ねこつぶ(シロvsリキ・手術④)

22

23

✲・✣・✲・✣

10月20日。

リキ君が、しょっちゅうケンカでケガをしてるので、去勢手術させることにしました。

破傷風などになったら大変なので。

24

動物病院にて。

25

不安がっていたリキ君だけど、すぐに麻酔(?)の注射を打たれて夢の中へと入って行った。

寝ている間に、痛い手術は終わってるよ。

✲・✣・✲・✣

自宅付近では、普段と違う空気に、野良猫のシロとちびがツツジの中で身構えていました。

1_2

2_2

0

✲・✣・✲・✣

メスと違って、オスの手術は簡単だけど、私はこういうのは苦手です。

手術前の、水分と食事を抜く行為も、かわいそうで耐えられない。

室内で飼ってるペット(特に犬)だと、芸をして一生懸命「エサちょうだい」と訴えてるので、
戦時中の動物園の餓死処分決定された動物を連想して、泣きたい気分になります。

夕方3時、病院にリキ君を引き取りに行くと、元気な姿にホッとしました。

自宅に着き、車からリキ君の入ったカゴを下すと、どんな技をつかったのか、
閉まっているカゴからリキ君は自力で脱出し逃走したのだった。

怖い思いしたものね・・・。

手術のため、ずっと朝から飲まず食わずだったリキ君を心配した母は、
走って追いかけて行ったのだった。

70歳過ぎてる老人なのに危険よ~!。

リキ君は、いい子だから、立ち止まって母を待ち、あっさりと連れ戻されたのだった。

さぁ、ごはんを召し上がれsign01

26

27

手術は、日帰り入院。

抜糸なし。術後の薬などもなし。
薬飲まなくても化膿しないようしたと先生は言ってた。

15000円×8%=1万6200円

去勢をすれば、喧嘩っ早い性格が改善されるときいていたが、
あいかわらず、他の野良猫たちを襲ったりしてて、
あまり変わっていない気がする。


(おわり)



« ねこつぶ(シロvsリキ・手術③) | トップページ | ねこつぶ(下の白の二重生活) »

✿さすらいのリキ」カテゴリの記事