フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(やさぐれる②) | トップページ | ねこつぶ(それぞれ好みの味①) »

2015年2月21日 (土)

ねこつぶ(やさぐれる③)

11

野良猫くびわは、ケンカなどしたがらない平和主義なオス猫だ。

ところが最近、サカリの時期のせいか、しゃがれた大きな声をあげてメス猫を追いかけてる姿を
たびたびみかけるようになった。

去年のサカリの時期は、こんなではなかったはずだが、
体の毛はさらに薄汚れて、態度もあらあらしく、まるで人が変わったよう。

2月4日には、変な声を出しながらオッドを狙い追いかけまわし、
そのそばでは、オッドの母親の下の白が娘を必死で守ろうとして、
かばうように一緒に逃げている場面を目撃した。

オッドはなんとか車の下に逃げ込み無事だったが、
それはさながら、戦時中によく見られる、強姦しようとしてる兵士と逃げ惑う民間人の母子のように見えた。

まったく、どうしたことか、こまった事態だ。

くびわは我が家の管轄猫で、キレた母が、くびわの去勢手術に踏み切ったのだった。

2015年2月5日。

母がくびわを捕まえると、すぐに動物病院へ直行した。

なんだかわからないくびわは、始終不安で鳴きわめき、
診察台に載せられると、母の軍手から、
噛みつかれたりひっかかれたりの母の恐怖を読み取って、
大パニックになってしまった。

逃げ出そうとジャンプしたものの母に抑えられ、おもわず臭腺液を吹き出し、大失禁。

ものすごい悪臭が診察室内に立ち込めた。

母の態度は、時折、野良猫たちに一層恐怖を与えることがあるのだった。

せめて素手でやったならここまでひどいことには、ならなかったのに。

くびわは私たちと仲良しだから、爪や牙をたてたりしないよ。

実際、シロやリキの時はそうして穏便に事が進められたよ。(危険が伴うので、人に勧めはしません。)

それにしても、こんな時期に去勢とは、くびわも可愛そうなオスだと思う。

身体の変化の差が、ありありと実感してしまうではないか。

「昨日までは出来たのに・・・・・???」みたいな・・・。

母に言ったら「そういうの(気持ち)は、わからない」と言われてしまった。

Photo(ものすごく臭いがたちこめる中、掃除をする助手さん)

去勢手術 税込 1万6000円   (うちの県は高いんです。おかげで殺処分数ワースト1)

.

一週間後の、2月12日。

異様な猫の声に外に出て見れば、階下に、ちびとそばにすわる、くびわの姿があった。

メスのちびにサカリが来てるので、くびわは狙ってるのだろう。

去勢手術してもメスへの関心はあるようだ。

ちびの後をつけるように、くびわも上がってきたので、
ご飯を用意して待った。

1_2

ケンカをしたのか、右目の上が腫れてるようで、顔つきが違って見える。

毛並みはさらに汚れて、汚くなってるし、ちょっとの間でずいぶんと、

3_2

やさぐれた’もんだ!

4_2

・・・・・?

あれ?目が青い・・・!?

ぐびわによく似た「知らない猫」だった。

.

※「やさぐれ」の意味

すねる、投げやりになる、ふてくされる、いじける、あまのじゃく
定職もつかずフラフラしてる人、家出人

« ねこつぶ(やさぐれる②) | トップページ | ねこつぶ(それぞれ好みの味①) »

✿くびわと愉快な仲間たち」カテゴリの記事