フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ある造形士の物語 | トップページ | 母の日に花 »

2015年5月11日 (月)

肉のパックは立てかけないで

◆肉のパックは立てかけないで◆

食品お買いモノは、いつも近所で済ましている。

2つの店で生肉系を買うのだけど、
会計の時、レジの人が肉のパックを立てかけるので、困っている。

一人や二人のレジの問題ではないので、しかも店長もそうしてることがあるので、
最近ではこれが当たり前のやり方なのか?

他の客が文句を言わないところを見ると、わたしだけが変な考えなのかな?

スーパーの生肉は、パックを斜めにするとドリップ(生肉から染み出た血汁)が流れ出てくる。

肉の下に、ドリップ吸水シートがある場合もあるが、ない場合もあるし、
シートでは補えないほどでまくっている場合もある。

出来るだけ、いい肉を価格と比較し、ドリップが出ないものを選んでるつもりだけど、
さすがにパックを立てかけられたら、ドリップはパックとラップのヘリに流れ、
つたって底がびちゃびちゃになる恐れがある。

実際そうなってる時もあるし、やわらかい肉なんかは片方に寄りまくりだ。

ビニール袋に入れればいいという問題でもない。

くるくるビニール袋はそんなに密閉性はないし、マイバックに入れるときも同じように立てかけなければ他の商品にもドリップが付いてしまうのだ。

場合によっては、マイバックを洗う手間も出てくる。

ビニールに入れてあるとはいえ、ドリップで外側下がびしょびしょなパックを
冷蔵庫に並べるのも嫌な気分で、袋をつたってドリップが棚に垂れてたりすると、
今度は棚を洗わなきゃいけなくなったりする。

パックから肉を取り出すときなんかも、私は、底の切れ目からはがしてるのだけど、
ドリップでびちゃびちゃだと、触るのに抵抗があって、ため息が出る。。

生肉は出来るだけ直接触りたくない。

生肉の細菌が残った手で、サラダのレタスなんかを触ったりしたら、食中毒になりそうで怖いのだ。

肉のパックは平済みでカゴからあふれるほど重ねたって、全然問題ないと思うんだけどなぁ。

◆シール◆

kのお店では、私は来店すると必ず「値引きコーナー」をチェックする。

貧乏くさいと思われるかもしれないけど、
ここのお店のは、たまに掘り出し物があるのだ。

あるときなんか、2000円のぜーりーの詰め合わせが、200円だったこともある。

賞味期限が、1週間を切っていたのが理由のようだけど、買えたのはものすごくラッキーだった。

高級食品や話題の商品が多く半額になったりしてるので、
味見のつもりで買って楽しんでいる。

つまりは、このコーナーにあるほとんどのものは、
万人受けのしない変わった知らないものばかりなのだが、どういうわけか、どれも、
商品名をかくすように、値引き価格シールが貼ってあるのだった。

裏側の材料表を見れば、商品名はわかるけど、それを探すのが、わずらわしい。

シールを張るスペースはあるのに、なぜ商品名のところなのだろう?

担当者がクレイジーに違いない。

.

今日のことだけど、そのkの店に、日替わり商品の5キロのお米を買いに行ったら、
めずらしく応募券シールが付いてあった。

当れば3000円もらえるらしい。

最近の応募物というのはインチキが多いと聞く。

個人情報を集めるためだったり、
当選者は発表しないこともあって、誰にも商品をあげてないとか。

でもまぁ、引出しにしまいこんだままのハガキの処分にはもってこいなので、
出してみようかと思った。

会計のため、レジに持っていったら、レジの人が、会計済みの大き目なシールをなんと、
その応募券の上に隠すように貼ったのだった。

だいたいのことは見過ごす私だけど、さすがに声をかけないわけにはいかない。

店員はきょとんとしながら、何もないところに貼り直したのだった。

応募券の上にはテープのかすが残っていたが、問題のない場所なのでよかったものの、
いったい、どういうこと?!

ここの店は、そういう方針なのだろうか?

う~む、変なのsad

« ある造形士の物語 | トップページ | 母の日に花 »

つぶやき」カテゴリの記事