フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« カサンドラ続き・家事不向き | トップページ | 親のありがたみ? »

2015年6月26日 (金)

カサンドラ・解決できない

先日、一人暮らしの母のところに市役所の人が何かしらの手続きにやってきたとき、
毎回くれるはずのゴミ袋を置いていかなかった、と母が誰かに電話でぼやいていた。

「私は会話中もゴミ袋のこと気にかけてたから気付いてたんだけど、
担当の人はそのまま帰っちゃったのよ。」

ふつうなら帰るところを引き留めて「ごみ袋はもらえないの?」と聞くものだが、
しなかったらしい。
母は、相手に対して「完璧」を求めるのか、「相手が自身の間違いに気付いて何とかしてくれるもの」だと、
思いこんでるふしがある。

だから、母はぼやくばかりで基本、何もしないのだった。
一週間以内なら、電話で「もらえなかった」といえば届けに来てくれると思うのだが、
それさえも母はしようとしなかった。
私が電話かけてもいいが、相談はされてないので、私はやらない。
ゴミ袋もかなり残ってて、もてあましてるようだし・・・。

.

去年の台風時に、近所の一枚の大きなべニア板が、かなり重いにもかかわらず、
20メートル離れた場所まで飛ばされて落ちていた。
遊歩道をふさぐように倒れてて、母は「早くどかしてくれないと迷惑だわ」と誰かと電話で話していた。
べニア板が飛ばされてることなど、たぶん住人はまだ気が付いてないのではないか?と私は思った。
住人は一人暮らしの高齢の老人で入退院を繰り返してるとかで、元に戻すのは無理じゃない?
母に内緒でこそっと元の場所に戻したら、「戻してあるわ!!」と母は、また誰かに電話していた。
私が直したと言ったら、「よそもののくせに!」とこっぴどく怒られた。
こういうことは、近所のよしみで、こそっと何ごともなかったように、直すのが礼儀じゃないかしら?
大事(おおごと)にするなんんて変だわ。

.

去年、母の家に近所の人が6人ほど押しかけ、「通路に出ている植木鉢を片付けるように」と苦情を言ってきた。
「車いすの人やベビーカーが通れない」と彼らは理由を述べたが、
そういった住人も来客も私は目にしたことがないから、本当の理由は別にのところにあるのだろう。
たぶん、「母のしょぼくれた植木が外観を悪くしているから片付けてほしい」ではなかろうか。
母の植木は、長方形の大きな植木鉢に3本ほどのひょろひょろとした雑草が生えた変なものだった。
「他の人だって、通路にたくさん植木鉢置いてるじゃないの!!」と母は叫ぶ。
他の家のは、売り物になるくらい立派な出来栄えだからね、と私は思うが、
母には、その違いが分らないのだった。
彼らは「植木鉢ベランダに置けませんか?」と提案したが、母は興奮してしまって、
「これは私の生きがいなの!植木をやめろというのは、死ねと言ってるのと同じだわ!!」と
わめきたてた。
「死ねなんて言ってないよ。ベランダに移せないのか?って言ってるの」と
穏やかな口調で言ったが、母は聞く耳持たず、わめきつづけた。
「死ねって言ってるのね!死ねって言ってるのね!」
理屈が通じない。
母の頭の中には「文句を言われた」といった悲しみの「感情」が占め、
「相手の言い分」は隅に押しやられてしまったようだった。
話合いにならないので、彼らはひとまず帰って行った。
母にとって大事なのは、「会話の内容」よりも「どう自分が扱われたか」なのだった。
そもそも、母にとって「話し合い」自体が「攻撃」なので、
自分のやりたいことを邪魔するのは「敵=悪い人」でしかなかった。

母は、20年以上におよぶ悩みを持っている。
それは、「不当なやり方で離婚届けを出されてしまった」ということだった。
母は、市役所などに「近所の人がグルになって、父をそそのかした」と訴えたが解決にはならなかった。
母の説明は「みんなが寄ってたかって、私を陥れた」という感情を前面に出しているので、
どの人も「愚痴を言いに来ただけなのかな?」と勘違いしてしまうからのようだ。
ことの発端は、
あらかじめ誰かが記入した離婚届に、母はただ父が用意した印鑑を押し、
母は「そんなインチキな書類が受理されるわけがないわ!」とたかをくくっていたら、
本当に受理されてしまった、ということらしい。
3年以内なら取り消しが出来たようだが、母はその存在を知らず、
もしくは理解できず、出来なかったのだった。
母は、今も感情を高ぶらせてぼやき怒っている。
訪問販売の人だろうと、誰かを捕まえては30分以上かけてぼやいているのだった。
父は、もう亡くなっているのに、母の目的は何なのだろう?と思う。
どうしようもないことで、日々時間を費やして・・・。

母の心には、
「裏切られた」 「捨てられた」
と言った悲しみの感情が、全体を占めているようだ。
自分のしたことを棚に上げて、相手がしたひどいことだけを覚えていて、恨んでいる。
でも、悲しいからと言って泣き暮らしはしない。
「相手が悪い人だから」と、怒りを周りにまき散らすのみ。
なぜ、自分は人から、いじめられたり、ひどい目に合うのか?
発達障害特有の「変な言動」が原因だとはつゆも思わないらしい。
誰しも自分の悪いところは気づきにくいから、これは自覚無くてもしょうがないのかもしれないが、
「自分って、ちょっと変かも?」と、ちょっとは思ったりするものだと思う。

母は、自身がいじめに遭う原因は、
「私が綺麗だから!」と本気で思っている。
かれこれ40年以上、そう親戚たちに発言している。
綺麗すぎるから、嫉妬されて意地悪されるのだと、母は言う。
20歳のころモテたのを、なぜか現在進行形扱いで「私はモテるのよ!」と
今も、恥ずかしげもなく、言い放つ。
母は、ごく普通のどこにでもいそうな高齢者なのだが・・・・。

テレビで、ごみ屋敷の住人に、役人や住民が必死で「説得」をしてるのを見かけると、
「理屈が通じない人もいるのに、無駄なことしてるな」と思ってしまう。
母と同じように、この住人もたぶん「説得=攻撃」と感じる人にちがいない。
まずは「仲良くなる」「親切にしてあげる」をしないと、ただ反発され悪化するだけ。
ゴミ捨て場からごみ袋を持って帰ってしまう場合は、ゴミ袋から何を探して欲しがってるのか聞き、
明確なら、ゴミであろうとそれを住民そろって、分け与えれば、満足して集めなくなるかもしれない。
「近所の人が困ってるよ」もの言葉も通じない。それは、
「なぜ、人のためにやらなきゃいけないの?」という考えの持ち主だから。
かといって、不親切な人間なわけではない。
「防衛」が主体なので、自分が安全だとわかり、余裕ができたなら、
ようやく、まともな行動をしだすだろう。

« カサンドラ続き・家事不向き | トップページ | 親のありがたみ? »

反抗期は終らない」カテゴリの記事