フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(リキの避暑地) | トップページ | ねこつぶ(ボーダーライン①) »

2015年8月25日 (火)

締め出されてる隣家の子供たち

実家---と言っても、アパートの一室ではあるが、
その実家の隣の部屋に住む人が、「謎」な存在で、私は、ずっと気になっている。

お隣さんは、2年ほど前に引っ越してきたのだけど、家族構成がはっきりしない。

40代くらいの母親と、小学校の高学年らしき子供が3人が住んでいることは分っている。

母子家庭かと思いきや、時々、父親と思われる30代くらいの男性の出入りを見かけるのだった。

単身赴任なのかもしれないが、男性は影が薄く、
子どもたちとも、母親つまりは奥さんとも会話してる姿を見たことがない。

親戚もしくは、奥さんの弟なのかもしれないが、何なんだろう?と思ってしまう。

ここまで読むと、私が「昼ドラ好き」の「詮索好き」に思われてしまうかもしれないが、そうではない。

小学生のその子供たちが、よく締め出されているので、その家庭に違和感を感じるのだ。

小学高学年ともあれば、家のスペアキーくらい持ってると思うのだが、
3人そろって締め出されてるのを、ときどき見かけるのだった。

玄関ドアをガチャとさせ「開いてないね」と子どもたちは残念がると、3人は別々にどこかに散っていく。

近所の友達の家に行って着替えさせてもらうのか、体操着姿ですぐに戻って来て、
玄関前で、柵によじ登ったり、降りたり、駐車場で駆けまわって遊んだりして、
時間をつぶしている。

一人は男の子なのだけど、ある冬の時期に、日が落ちて真っ暗な中、
住宅内を1時間以上も一人で、ぐるぐる歩き回ってる姿を見たことがある。

寒くて玄関で、座って待ってることが出来なかったのだろう。

姉妹のほうも、先月、雨降る中を駐車場で二人きりで長い時間遊んでいた。

「わが家で、玄関が開くまで休んでらっしゃい」と、声をかけたいところだけど、
母が賛成しないだろうし、私も子供好きではない(子どもに接することがない)ので、無理なこと。

そもそも、隣とは険悪な関係なので、子どもたちも母親の影響で我が家を嫌ってるようだから、出来ないのだ。

(わが実家の玄関前がキレイなわけでもないのに、母がお隣さんに、「玄関前をキレイに掃くこと」と、
注意したものだから、ひんしゅくをかってしまったのだった)

学校から帰ってきて家に入れない状況って、どういうことだろう?

母親が家の中にいてのことなのか、そうでないのか?

あれこれ、疑問持ちつつ、
野良猫の世話で、1時間ごとに玄関の外に出るたび、
チラリと子どもたちの様子を、安否確認とともに、うかがってる私なのだった。

« ねこつぶ(リキの避暑地) | トップページ | ねこつぶ(ボーダーライン①) »

つぶやき」カテゴリの記事