フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(恋の語らい④) | トップページ | 虎塚古墳・十五郎穴へ② »

2015年11月 4日 (水)

虎塚古墳・十五郎穴へ①

2015年11月3日。

古墳の中を見れるという事で、ひたちなか市にやってきたよ。

『虎塚古墳』は、保存重視から春と秋のそれぞれ8日間の短期間だけ見学できるそうなのだ。

000

近くまで来ると、縁石に埴輪の装飾が。

大抵の人は、無視してるだろうけど、私はこういう‘町全体で盛り上げていこう’という努力が大好きだ。

00


0

虎塚古墳に入る前に、『ひたちなか市埋蔵文化財調査センター』を見学して見た。

無料。土足禁止。係の人の説明も聞けたよ。

1

実際の古墳の中は撮影禁止なので、ここがシャッターチャンス。

1_2

虎塚古墳は、6世紀、奈良時代頃につくられ、これはその石室の実物大の模造品。

石室内の広さは、押し入れの上段の広さと同じくらいだろうか。

壁画の絵の意味は、はっきりしたことはわからないが、魔除けともいわれ、
丸いのは、月や太陽、細長いのは弓矢の矢、その他は武器を入れる容器らしい。

2

昭和48年の発見時、中には、成人男性の遺体が一体横たわられ、
その周りに小太刀ややりかんな、鉄鏃(てつぞく・やじり)などのプラチナ製品が置かれてあったという。(展示品あり)

長い年月と90%の湿度から、遺体は粉々になっており、
今は、本物の石室の手前左側に骨壺に入れられて保管されている。

3

日本初の、未盗掘古墳で、日本初、石室内を発見時の空気のまま保存した古墳だそうだ。

3_2

広くはないけど、他にもいろいろ発掘品が展示してあったよ。

4

さて、庭を抜けて、本物の古墳の石室を見に出発。

5

森の中を入っていくよ。

7

木々を抜けると、プレハブのような小さな建物があって、そこで入場料を支払う。

大人は、150円。

8

古墳の高さはさほどないみたい。

8_2

奥まったところに入口が。ここでチケットを見せて順番に中に入って行きます。

9

中が狭いので、せいぜい3人くらいずつしか見学出来ない感じ。

9_2

中は土足禁止で、コンクリートの通路を身をかがめながら進んでいくと、突き当りに石室がありました。

2人の男性の古墳の説明を聞きながら、しゃがんで、ガラス越しに見学です。
しゃがみ続けるのも、けっこうしんどい。

10

来場記念に、虎塚古墳の模型用紙をいただきました。・・・作らないけど。

(つづく)

« ねこつぶ(恋の語らい④) | トップページ | 虎塚古墳・十五郎穴へ② »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事