フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月 1日 (火)

虐待・心の傷と闘うを見て

2015年11月10日に放送された「ハートネットTV」は、
親からの虐待で苦しめられた女性たちの体験談特集だった。

登場した彼女らは、幼いころからずっと、些細なことや、理由もないことで、
親から、馬乗りでなぐられたり、けられたり、悪態をつかれて子供時代を育って来てたことを、
涙ながらに話していた。
中には、不妊治療で誕生したにもかかわらず、実の父から性的虐待を受けていた女性も。
今はみんな、20歳のころに親元を離れ自立しているが、
30歳前後になってもなお、心の傷は癒せないでいる。

虐待のことは、理解していそうで、理解できていないものだ。

虐待はなぜ起こるのだろう?

彼女らが長い間考えたあげく導きだした答えは、

①親が思い描く、理想の家族にしたかった。→親のイメージした通りに子供が行動しないので殴って正そうとした。

②親も虐待で育ってきたため、虐待以外の子どもの育て方がわからない。

③子どものありがちな駄々っ子行動が、自分を困らせようと意地悪をしてきてるようにしか思えない。

ということだった。

専門家がいうには、「無力感がある人(親)が、子を支配することによって、自分の優能性を回復しようとする」
だから、
「親自身が生きるために、子どもを利用するので、子どもは人生を奪われることになる」
ということらしい。

「子どもは自分の分身」と言ってる人を、テレビのインタビューなどで見たことがある。

私の母も、私のことを「分身」と思ってるふしがある。
私がいない時に、母に起った出来事を知らないでいると「なんで知らないの!?」と声を荒げるのだ。
母の知ってることは、私が知っていないとおかしいらしい。
母とは性格が対照的なのに、母と同じ人生を歩ませようと強要するところも腹が立つ。
(補足:母にも良いところはありますよ)

このテレビ番組の特集を見た、視聴者のコメントに、
「この番組を見て、自分のされてたことが虐待だったと知りました」
というのがあり、私も思うところがあった。

登場者のひとり「まゆ(22歳)」の話が、私の体験と一緒だったのだ。

まゆさんの体験談:

「母親の性格が嵐のようで、気分が良い時と悪いときの差が大きく、中間がない。
「殺してやる!」とはさみを向けられたときは、腹立つというより悲しかった。
常に親の機嫌をうかがっていた。正論を言ったところで通じない。
親に理想があるみたいで、どこの学校にいれたいとか、私をその通りに動かせようとした。
親の言いなりの小、中、高、大に行った。
着せ替え人形のように、自分が気に入った服を買ってきて、娘に着せて喜んでいた。
ただそれも一過性のもので、すぐ飽きて。
大学に入り、家を出た。
でも、やりたいことが見つからない。
今までの人生で自分の道を切り開いたことがないというか、
自分がしたいことをしたことがなかったので、、今一気に解放されても、
何がしたいのかわからなくて、よけいにそれが生きづらい。
友だちには夢があるのに、自分には何もないのが、うらやましくて、死にたいほどつらい。
就職もうまくいく気がしない。人間関係のはじまりって、やっぱり親との関係。
一番小さなころに身近な人間関係って、やっぱり親との関係だと思うんで、
私の場合、そこがつまづいてるわけで・・・。
ずっと親の機嫌ばかりうかがって、言いたいことも言えずに、
相手が望む通りの答えしか返せなかったりとか、その人間関係に対する姿勢が、
場をかえて、誰に対してもそういう姿勢になってしまったり・・・。
親に「責任とってくれ」と言ったけど、こんなにも真剣に訴えても聞き入れてくれなかった。
ガッカリと怒り。ころしたい気持ち。」

親の私への対応を「虐待」とは思わなかったが、社会に出ての違和感や生きづらさは、
きっと、そういうことなのだろう。
すりこまれた母のファッションセンスや考え方から脱するのに、そう、本来の自分の生き方を見つけるのに、
私は、40歳近く、つまり20年かかってしまったのだった。
ばばぁになってからじゃ、もう人生も終わりで、なにも始められやしない。

それにしても「虐待」と表現は、さらにいっそう、みじめさを感じる。
私は、ずっと「親子不和」と思っていたから、「親子不和」と思いたい。

読売新聞で「‘母が重たい’悩み続ける娘」(2015年4月19日の記事)で、
母と娘の不和の体験談特集があった。

「何もできないくせに」「バカ、不細工」 幼いころから見下されるように扱われた。
結婚し、離れて暮らすようになると、電話で延々と父の悪口を吐き、
「お前はいいね」と責める。病気になると毎日のように呼ばれる。まるで家来のよう。

私を孤立させ、思い通りに動かそうとする・・・など。

「母が娘に、不満の聞き役、避難場所、夢の代走者、人生の同志、
と様々な役割を押し付けている」  
------記事から

このところの世の中の母娘は、距離感がつかめず、こういった粘着質関係になってしまってるのかもしれない。

「虐待は洗脳」・・・・・という意見があったが、私もそう思う。

ねこつぶ(レオンの小さな悩み)

Photo

2015年12月 2日 (水)

ねこつぶ(目立ちたがり屋①)

2015年7月13日。

真夏、野良猫のくびわとリキが、暑さを避けて階段の踊り場で仲良く昼寝していました。

0


1

ほかの住民が見たら苦情来ちゃうかなぁ・・・?
とりあえず、眠りの妨げにならないように、別の階段から降りるとするか。

下の降りて再び近くに来てみる。
そばに来ても、猫たちは、まったく無警戒で寝ている・・・かわいい。

3


4


5


(つづく)

2015年12月 3日 (木)

ねこつぶ(目立ちたがり屋②)

カメラの音に、昼寝から起きだしてしまった猫たち。
かまってもらえると思って、ごきげんです。

6


7


8


9


10


(つづく)

2015年12月 4日 (金)

ねこつぶ(目立ちたがり屋③)

カメラに向かって、ポーズをとった2匹。
くびわは、満足いかなかったようです。

11


12


13


15


15no


17


(おわり)

2015年12月 5日 (土)

ねこつぶ(早い者勝ち①)

2015年11月16日。

空気が冷たくなってすっかり冬になりました。

ふと、駐車場に、白猫が横たわってるのが目に入りましたが、どうしたのでしょう?

1


2


3


4


5


6

そうなんだ・・・、一瞬、心配したよ。


(つづく)

2015年12月 6日 (日)

ねこつぶ(早い者勝ち②)

 

野良猫くびわは、駐車場でひなたぼっこしてるだけでした。

7


8


9


10


11

つい、ふざけて走りたくなってしまいます。

あせって追いかけてくる、くびわの顔がおかしい。


(つづく)

2015年12月 7日 (月)

ねこつぶ(早い者勝ち③)

ちびが、なかなかついてきません。

先を急ぎたい、くびわだけど、ひとまず声をかけました。

12


13


14


15


16


17


(おわり)

2015年12月 8日 (火)

ねこつぶ(買いものをあさる)

2015年11月25日。

マリアが、母が今しがた置いたばかりの買い物をあさっていました。

1※母は、タイルマットを飛び石のように置くのが好き。だいぶ曲がってるけど・・・。


2


3


4


5


6


マリちゃん、めっ。

(おわり)

2015年12月 9日 (水)

ねこつぶ(眠りの邪魔しないで)

1


2


3


4


5


6

2015年12月10日 (木)

ねこつぶ(煮干しおばさん)

2015年3月21日。午後2時。

おばさんが犬の散歩がてら、
煮干しを持って野良猫ミイ(下の白の養女)のところにやってきました。

毎日この時間、おばさんは決まってやってくるので、ミイは楽しみにしています。

1


2


3

ミイは、このダックスフントのわんちゃんとも仲良しです。

2015年12月11日 (金)

ねこつぶ(ゆずり合い)

2015年12月8日。

飼い猫マリアとアリスが電気ストーブの前に集っていた。

体格の差 3:1

1_2

マリアは太り過ぎだから、
今年の夏、膀胱炎で病院へ連れて行ったとき、先生に男の子と間違えられちゃった。

2_2


3_2

.

先月、アリスが危篤の域と言ったけど、少しもちなおしました。
喜び反面、腎臓病の苦しみが長くなったというか・・・出費がかさむというか・・・。
辛い状態でも、最近は、ひなたぼっこを唯一の楽しみにしてるようです。

2015年12月12日 (土)

ねこつぶ(レオンのおねだり)

1



2


3


4


5


6


7

2015年12月13日 (日)

ねこつぶ(幸せホルモン①)

2015年11月13日。

診察室②に病院ねこ・チビがいました。

Cimg3214


Cimg3215


Cimg3216


2

具合の悪いアリスに、チビは寄り添いました。


(つづく)

2015年12月14日 (月)

ねこつぶ(幸せホルモン②)

病院ねこチビは、アリスに出来る限りのことはしてあげようと思いました。

3


4


5


6

お茶目なチビさん。


(おわり)

2015年12月15日 (火)

姉に似た人

数日前、夕方6時半に近所のスーパーに買い物に出かけた。

すると、入店して早々、野菜売り場に姉に似た女性が目に入った。

髪の長さや、服のセンス、斜め後ろから見える顔かたちが、姉そのものだった。

でも、こんな時間にこんな場所にいるわけがないのだ。生活圏がちがう。

たまたま何かの帰りに立ち寄ったとしても、そんな、ゆったりした感じに買い物はしない。

姉は、かなりのせっかちで、ツレと同様、目的以外は目にくれないタイプだから、
足早に見て歩いてることだろう。

それにしても、他人の空似でこんなに似てるとは!

見た目7センチほど、この女性は姉よりも身長が高そうだから、確実に姉じゃないのは分かっていたが、
どんな顔してるのか確かめたくなった。

遠回りにまわりこんで、正面からすれ違ってみた。

すると、ぎょっとするほど、似ても似つかぬ個性的な顔にびっくり。

よく漫画で、‘振り向かせたら別人だった!!’という時に描かれるような特徴的な顔をしていたのだった。

ギャグ漫画か!?
(※けして、その女性に顔の障害があったわけじゃないです)

姉と似た人が、こんな驚くような変な顔で、私は少しばかりショックをうけた。

世の中の人の大抵の人はありふれた普通の顔をしてるのに、なぜ?

振り向いたら‘驚くほど美人’でもよかったのよ・・・。

でも、あれこれ考えてた中、ふと、錯覚でそう見えたのかもしれない、と思った。

‘その人は、ふつうのありきたりな顔をしていたが、姉の顔を期待していたあまり、
そのギャップから変な顔に見えてしまった’と。

最近話題になっている「目の錯覚」の動画に、「錯覚で人の顔がバケモノに見える」というものがある。

それは、100枚くらいある美女の写真を2枚づつ並べ速いペースでスライドショーするのだが、
写真と写真の間にある+マークを凝視すると、顔が異様になって見えるというもの。

なぜか顔の一部分が巨大化して見えるのだ。

たとえば、おでこがやや広かったのが、でこっぱちに見えたり、
鼻だけが巨大化して見えたり。

視覚って意外と物事を正確に見えないものなのだ。

そういう経験してる人が昔からあるから、マンガなどでも、知人だと思って振り向かせたら、
似ても似つかぬ驚きの顔という場面がよく描かれるのだろう。

と、めんどくさいことを考えつつ、
1ヶ月くらい姉とは会話してないなぁ、と思うのだった。

ねこつぶ(キズナの形?①)

21


22


23


24


25

26


27

(つづく)

なんか、疲れてるせいか、支離滅裂な内容になっちゃったなぁ・・・。

2015年12月16日 (水)

ねこつぶ(キズナの形?②)

28


30


31


32


33


34


35


(おわり)

2015年12月17日 (木)

ねこつぶ(隠し場所①)

1

2_2

3_3

4_2

(つづく)

どういうわけか、なかなか写真の挿入がうまくいかなかったので、再チャレンジを繰り返してなんとか完成。
写真重複してないよね?

 

2015年12月18日 (金)

ねこつぶ(隠し場所②)

5

6_2 ※「やさぐれ」・・・近所に住む凶暴な野良猫。

7

8

(つづく)

 

2015年12月19日 (土)

ねこつぶ(隠し場所③)

9

10

11

12

13

(おわり)

2015年12月20日 (日)

ねこつぶ(サンタのプレゼント①)

1


2


3


4


5


(つづく)

2015年12月21日 (月)

ねこつぶ(サンタのプレゼント②)

6


7


8


9


(つづく)

2015年12月22日 (火)

ねこつぶ(サンタのプレゼント③)

10


11


12


13


(つづく)

2015年12月23日 (水)

ねこつぶ(サンタのプレゼント④)

14


15


16


17


18


(つづく)

2015年12月24日 (木)

ねこつぶ(サンタのプレゼント⑤)

19


20


21450


22380


23450


24350


25350


(つづく)

2015年12月25日 (金)

ねこつぶ(サンタのプレゼント⑥)

26350


27350


28450


29350


30450


31450


32

鮭は、誰が持て来たのか不明。
毒が入ってたらまずいし、猫たちが危ない行動に走ってるので、取り上げて捨てました。

(おわり)

2015年12月26日 (土)

ねこつぶ(今日も仕事①)

中庭のつつじの根元に、下の白家族の3匹の姿がありました。

1


2


3


4


5


6

ブルーは、ママに甘えて幸せ気分だったのに、仕事に行くと聞いて、
悲しくなりました。

(つづく)

2015年12月27日 (日)

ねこつぶ(今日も仕事②)

休日返上して仕事に向かう母に、ブルーはふてくされてしまいました。

下の白ママは、それに対して一生懸命、説得しました。

7


8


9


10


11


12

姉弟仲良いから、さみしくないね。

(おわり)

2015年12月28日 (月)

ねこつぶ(丸ごとガブリ☆)

2015年12月22日。

アリスの愛想が戻ってきました。

腎臓病の末期で、じっと固まって身動き一つ取れないほどだったのが、
今日は調子いいのか、身を乗り出して、こちらを気にしています。

1


2


3


4


5


6


7

あいかわらず、パンが大好きな、アリス。

いつもながら、においをかぐだけで、口にしても飲みこまないんだけどね。

体重が驚くほど増加しました。

12月11日には1.7kgだったのが、そのあとみるみる増えて、12月24日現在2.3㎏です。

普段の食事量なのですが、どうしたのでしょう?

体重が2㎏を越したあたりで元気が出てきて、少量ですが、カリカリを食べられるようになりました。

体内水分量も著しく減ることも無くなり、点滴から40時間過ぎても脱水症状で苦しまなくなりました。

12月24日時点での話ですけど。

2015年12月29日 (火)

こたつのヒーター掃除す

16年前に買って、一度もヒーターユニットを掃除したことなかったコタツ。

スイッチ入れると焦げた臭いがするようになったので、しぶしぶ分解して掃除することにした。

そもそも、分解して掃除していいものかどうかが分からなかったけど、
扇風機を分解して掃除をする話を最近聞くので、そうするのが当たり前らしい。

分解して元に戻せなかったり、壊れたりしたら、ほんと怖い。

取扱説明書をさがしたけど、もともとなかったのか見つからなかった。

こういう時、男手が欲しいよ。機械扱いの基本を知ってるからね。

1 さて、コードをはずし、コタツをたてて、仕組みを確認。


2 木枠に固定してるネジをはずす。(ネジは容器に入れておこう)


3 ヒーター部分を取り出せたら、カバーのネジをはずす。


4 カバーの内側。埃がカビのようについてて、焦げてた。


5 機械部分。


6 機械部分のアップ。粉状の埃がいっぱい。


7 なぜか掃除機だけでは埃はまったく取れない。


8 おおまかなところは卓上ブラシでやると早い。

9 機械部分の細密なところはエアダスターで吹き飛ばすと安心。

10 きれいになったカバー内側。


11 機械部分もきれいになった。


12 機械部分のアップ。16年分の埃は100ccくらい出たよ。


13 機械部分とカバーのネジをつける。木枠にはめてからだと、締まらないんだわ。


14 で、木枠のネジを締めて完了。


15 全然簡単だった。怖がってた自分がバカだったわ。

ヒーターコタツの使用は、これが初めてだったから、分解しての掃除はドキドキしたよ。
周囲に聞く人いないし(周囲の人も知らなさそう)、ネットではヒーター部分がうちのとは違うし。
最悪、買い替えればいいことだけど、やっぱり壊したくなくてね。

近代の機械は性能がいいんだろうけど、
複雑で機械内部を素人がさわってはいけない雰囲気をかもしだしてるところが嫌。
コタツの中が暗いのも、使いはじめのころはなじめなかった。
点いてるんだかどうかが、目で確認できないからね。

Cimg5093 

今も使用中の実家のコタツ。30年以上は使ってるんじゃないかな?

2015年12月30日 (水)

ねこつぶ(のぞき見)

2015年12月17日。

飼い猫マリアが外を見ていた。

1


2


3

4


5

マリアも、その視界でよく見えるね。

2015年12月31日 (木)

弁当屋のトラ猫の昼寝

2015年12月10日。

近所の弁当屋(もとは食堂)には、常連ねこが3匹通っていて、
その一匹が、ひさしの上で昼寝していた。

Cimg5123


Cimg5123_2

その向きで、頭に血が上らないの?

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »