フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(丸ごとガブリ☆) | トップページ | ねこつぶ(のぞき見) »

2015年12月29日 (火)

こたつのヒーター掃除す

16年前に買って、一度もヒーターユニットを掃除したことなかったコタツ。

スイッチ入れると焦げた臭いがするようになったので、しぶしぶ分解して掃除することにした。

そもそも、分解して掃除していいものかどうかが分からなかったけど、
扇風機を分解して掃除をする話を最近聞くので、そうするのが当たり前らしい。

分解して元に戻せなかったり、壊れたりしたら、ほんと怖い。

取扱説明書をさがしたけど、もともとなかったのか見つからなかった。

こういう時、男手が欲しいよ。機械扱いの基本を知ってるからね。

1 さて、コードをはずし、コタツをたてて、仕組みを確認。


2 木枠に固定してるネジをはずす。(ネジは容器に入れておこう)


3 ヒーター部分を取り出せたら、カバーのネジをはずす。


4 カバーの内側。埃がカビのようについてて、焦げてた。


5 機械部分。


6 機械部分のアップ。粉状の埃がいっぱい。


7 なぜか掃除機だけでは埃はまったく取れない。


8 おおまかなところは卓上ブラシでやると早い。

9 機械部分の細密なところはエアダスターで吹き飛ばすと安心。

10 きれいになったカバー内側。


11 機械部分もきれいになった。


12 機械部分のアップ。16年分の埃は100ccくらい出たよ。


13 機械部分とカバーのネジをつける。木枠にはめてからだと、締まらないんだわ。


14 で、木枠のネジを締めて完了。


15 全然簡単だった。怖がってた自分がバカだったわ。

ヒーターコタツの使用は、これが初めてだったから、分解しての掃除はドキドキしたよ。
周囲に聞く人いないし(周囲の人も知らなさそう)、ネットではヒーター部分がうちのとは違うし。
最悪、買い替えればいいことだけど、やっぱり壊したくなくてね。

近代の機械は性能がいいんだろうけど、
複雑で機械内部を素人がさわってはいけない雰囲気をかもしだしてるところが嫌。
コタツの中が暗いのも、使いはじめのころはなじめなかった。
点いてるんだかどうかが、目で確認できないからね。

Cimg5093 

今も使用中の実家のコタツ。30年以上は使ってるんじゃないかな?

« ねこつぶ(丸ごとガブリ☆) | トップページ | ねこつぶ(のぞき見) »

なるほど話」カテゴリの記事