フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(ポストマン現る) | トップページ | 中村正人のドリカム愛 »

2016年7月10日 (日)

手術すると再決心した

去年の10月に緊急入院して、退院後は1~2ヶ月ごと検査で通院し続けている。

今年6月、入院時に輸血したのに、半年で血中の鉄分が8.5にまで下がってしまっていた。

(輸血で12.5の正常値、緊急入院時は5.8)

人よりも、ほうれん草やひじき、レバーを食べたりしていたが、あまり効き目なかったようだ。

このままでは、また、内臓に異常をきたすだろう。Photo

鉄剤を処方されたが、このフェロ・グラデュメットは、私の体に合わないようで、
胃痛や激痛をともなう下痢で、かえって体がぐったり。

医師の話では、便秘になるのがふつうらしい。

薬がダメなら、鉄剤注射や輸血があるという。

鉄剤は14日分で510円だというのに、それって高額なイメージだ、聞かなかったけど・・・。

手術するにあたって、生理を止める薬を飲むことになるという。

このところ出血がひどくて、1時間ごとに200mくらい流失してて、
それが丸2日間だから、ちょっと自分でも危機感を感じてた。

自力で血液を1年持ちこたえられないようでは、もうこの体、限界でしょう・・・。

あの美しい麻央さんが闘病してると聞いて、自分も闘う決心をした。

筋腫が赤子以上に大きいので切り開く幅は大きい。

自傷癖はないから、大事に扱ってきたのに。

神様は非常にも大切にしているところを奪いに来る。

先日、母が「筋腫は消えたのよ。祈れば叶うの」と言っていたと、姉から聞かされた。

母には、病気のことですら、まったく話さないから、完治したと思いこんだらしい。

去年の10月の入院時に、母は、
「なんで子宮ごと取らないの?だらしない!!」と入院報告をしたツレの電話に、
心配するどころか荒っぽく言い放ったそうだ。

子宮なんて女性にとっては一番大事なものなのに、
ましてやまだ出産もしたことないのに、子宮全摘はできないよ。

デリカシーのない母に疲弊する。

今は、保護者がツレに移行しているので、その点はほんとによかったと思う。

ふつうに心配して、いたわってくれるし、そばでぎゃんぎゃん騒がれることもない。

なにより、眠りを邪魔しない

手術は半年先だけど、緊張からまた熱がでて、退院を迫られたり、
麻酔アレルギーなどが出て、トラブルにならないといいな、と思う。

« ねこつぶ(ポストマン現る) | トップページ | 中村正人のドリカム愛 »

病気」カテゴリの記事