フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月 1日 (木)

ねこつぶ(気をきかせて)

2016年8月11日。

1


2


3


4


5

(おわり)

2016年9月 2日 (金)

ねこつぶ(やんちゃな子①)

2016年8月13日。

ブルーが、父違いの(妹か弟)の面倒を見ていた。

1


2


3


4


5


6


(つづく)

2016年9月 3日 (土)

ねこつぶ(やんちゃな子②)

7


8


9


10


11


12


13


(つづく)

2016年9月 4日 (日)

ねこつぶ(やんちゃな子③)

14


15


16


17


1821


19

http://animalive.me/kawaii/childhood-friends-kitten-horse (他のサイトの馬の背中にネコ画像)

https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/28535?page=4 (他のサイトの馬の背中にネコ画像「気分は乗馬?」

(つづく)

2016年9月 5日 (月)

ねこつぶ(やんちゃな子④)

20


21


22


23


24


25


(おわり)  もっと、ほんわか話にしたかったのになぁ・・・。

2016年9月 6日 (火)

浦島太郎のやうに

あとから聞いた話では、その女には、夫があり、しかも5人の子どもがいて、
ボロボロの家に住んでいるとのことだった。

そんな女と父が出合ったのは、近くのとあるスナック。

女はそこの雇われスタッフだった。

父の友人は、「結婚したらいいよ。男の子(後継者)を産んでくれるよ」などとはやし立て、
その気になった父は、その女と付き合うようになった。

父は、もう後継者のことなどは考えてはなかったと思うが、
接客業ゆえか世話好きな感じが気に入ったのかもしれない。

父も、もう50過ぎで、介護というほどではないが、面倒みてもらいたい年になってしまったのだろう。

父はその女と暮らすために、
ちゃらんぽらんではあったが長年、金銭面ではささえてくれた母を、追い出してしまった。

そして家事や家業を手伝い支えていた私の姉も、
母を心配して一緒に家を出ていってしまったのだった。

家に残されたのは、父と、家事をしたことがない私。

父は、もともと次女の私になんの期待もしていなかったから、
洗濯や料理をしろとはまったく言わなかった。

思えばずっと同じ家に居ながら、父とは生活が一緒だったことがない。

父の洗濯物が干してあるのも見たことがないし、食事のときもほとんどいなかった。

父って、どこでどう暮らしてたの?って不思議に思う。

そうしてるうちに、その女が一緒に住みだした。子供一人だけ連れて。

父は、「外食だけでは、体が壊れるから」などと理由を私に言う。

女の年齢は30歳。私より10歳上で、父より20歳若かった。

4人の奇妙な生活のはじまり。

そうしてしだいに、私の心の居場所がなくなっていった。

ほかの3人も、私がいることで心が落ち着かないらしかった。

結果、父が「家を出て行け」と私に言った。

じつは、新築のこの家は、私の子どものころからの念願だった。

私は生まれてからずっと倹約して、家を建てる目標のために両親に協力してきたつもりだった。

だが父は「俺が建てた家だ!」と自分の努力や稼ぎだけで建ったような口ぶり。

私は、良い家、いい暮らしをすれば、漂う雰囲気には気品が現れ、いいところに嫁ぎたかったのだが、
夜逃げするかのように、私は家を出るしかなかった。

その後、両親は離婚し、父がどう暮らそうが、もう関係なかったが、近所の人のうわさ話は、
我が家にまで届き、たびたび詳細を知ることになった。

どうやら、昼夜、仕事もせずに二人そろって遊び歩いてるらしい。

新婚で浮かれていたのかわからない。

父はきっと、「またバブルが来て大きく稼げる」と楽観し、
女は、新築の家をタダでもらった気になっていたのだろう。

そうこうしてるうちに、家のローンが払えなくなってしまった。

女は働かないし、小学生の連れ子もいるし、赤ちゃん(私の腹違いの妹)が生まれ、
仕事の期限を守れず信用を無くした父に、仕事の依頼は激減。

もう、だれ一人、稼げる人がいなかった。

ついに、父たちは、せっかくの家を手放し、賃貸の家を転々とた、
貧乏暮しに逆戻りになってしまったのだった。

‘女は父を陥れようとしたのか?’とも思ったが、
女は、もとの家族に帰ることもなく、最後まで父と暮らし、看取ったのだった。

父の晩年は生活保護を受けるほど困窮してたので、女はなんの得もしていない。

ただ、二人はただ、楽しい楽しいと楽しさだけで暮らしてたら、気が付けば全部失っていたという事だ。

まるで浦島太郎のように、楽しみ続けた果てに現実に目を向けたときには、
近所の人や友人や兄弟でさえからも、すっかり誰からもかえりみられなくなってしまっていた。

父の葬式には、だれも参列せず、さみしく、関係者のたった5人だけで執り行ったということだった。

私とトイレの話

子どもの頃の自宅のトイレは外にあった。
しかも、隣の家と共同で使っていたので、庭の中央にトイレは建っていた。
公衆トイレのようなものではなく、仮設トイレを木造にしたようなタイプのものだ。
農家地域なので、泥汚れの野良着でも使えるように配慮してのつくり。

とはいえ、トイレにだれが入るかは、家の中からでも垣間見ることができるので、
小学生だった私は、庭先で近所の男子が遊んでいたりすると、
なおさら、入りずらくて何度か我慢しなければならないことが辛かった。

和式のぼっとんトイレだったこともあって、しょっちゅうウジまみれだったり、
そんな同時期に、はじめて見る友人宅の自宅内にある洋式水洗トイレで使い方が分からず、
困惑して失敗したり、
私の中で、トイレ問題の記憶は、重要な位置を占めている。

.

・内開きトイレは嫌い

どうして公共トイレは内開き扉が多いのかというと、
外開きでは、「いきなり開けたら外の人にドアがぶつかり、ケガをさせる危険があるから」、
「空室が分かりずらい」との理由だそうだ。
でも、「ドアがぶつかり--」は少し納得いかない。
トイレから出る前には、水を流す音がするし、鍵を開けるガチャガチャと音がするから、
子どものように走り回ったりしてなければ、事前に開くのがわかると思う。

内開きは、万が一、鍵をかけ忘れて開けられそうになっても、ドアを押し押さえて防ぐことができ、
防犯にもなる利点があるという。
昔、一回だけドアを開けられたことがあるけど、
和式トイレだったので、ドアが内開き関係なく、どうしようもなかった経験がある。
旅先のトイレで、鍵が壊れてて、友だちに見張っててと言ったのに、
他の客がさっと来て開けられてしまったのだ(汗)。

ともかく、潔癖症の私は、不衛生なトイレのドアや壁になるべく触りたくないから、
開け閉めするとき体にあたるほど内開きドアが嫌なのだ。
すり抜けて出なければならないようなトイレでは、着物やパーティドレスを着てる場合、
なおさら神経を使い、最悪な気分になる。
また、外開きでも便座に腰かけたひざ先からドアまで10㎝もないところは、
壁の圧迫感がすごくて閉所恐怖症起こしそうな感覚におちいりそう。
個室と個室の間の通路が広々してるのに、個室がやたらと狭いのは、
きっと設計ミスに違いない。
駐車場の端っこのスペースが、狭すぎて乗り降りに苦労するのと同じように。
.

・トイレ個室のドアの空室などを示す「赤青表示」は、なぜどれも小さめ?

よく見かけるのが、トイレのドアのとって付近に8ミリ大の穴に赤や青が見えるというもの。
なかにはすり減ってて色がよくわからないものもある。
穴が小さいものだから、ドアの近くに行って凝視しないと、空室かどうかわからない。
小さすぎて「凝視」。
便器周辺はウォシュレット機能とか進歩してるのに、
この青赤表示だけ、時代遅れ感が出ている。

・自動水洗トイレは嫌い

用を足し、立ち上がった瞬間に流れるものがある。
私は、出したのもを目で確認したいし、
まれにポケットの物が便器に落ちることがあるので、
使用直後便器の中を一応確認したいのだが、
流すタイミングがたいてい早いのだ。
姑は、「便利heart01」と喜んでいたが、年齢的に排泄物に異常がないか心配しないのかな?
おしりからトイレペーパーをたらしながら歩いてる人を何度か見たことがあるけど、
そういう人は、便座の中を確認しないタイプなんだろうと思う。

痴呆症になった人の中には、自分のうんちを自分の体などになすりつける人がいると聞く。
排せつした後に、便器からそれを取り出すから、
自動水洗トイレに替えることで、その問題を解決したという話を最近、何かで知った。

万が一のために、そういう自動水洗トイレの活用法もあることを覚えておこうと思った。

.

私と30歳

あのころ、30歳は「おばちゃん」だと思っていた。

だから、30歳までに結婚しなきゃと思ったし、
服装も30歳になったらジーンズはやめてスラックスにしなきゃ、と思っていた。

実際、30歳になると、私の場合、再就職の採用率はがくんと下がったし、
通りがかりの男性の視線ももらえなくなった。

どうやら、女性としての魅力が減ったらしい。

自分では、見た目的にたいした変化はないつもりだが、はたから見てみれば何かが違うようだ。

タレントの森尾由美さんは、昔、「30歳にはなりたくない!!」と号泣してたそうだが、
あのころは、だれしも「30歳はおばさん」と思ってた時代だった。

私には、そういった「30歳=おばさん」といった恐怖感はなかったが、
「30歳=雑誌ヴァンテーヌのようなファッションの女性」といった、
大人女性への一歩前進の期待を感じた。

オフィス街を歩くような、粋な大人の女性になれる気がして、夢見てた。

だが、30歳になってみると、身近すぎる家族の反応は世間とは別物で、
私が、店員見立てのちょっとしたおしゃれの数万円のスーツを着てたら、
「わぁ、おばちゃんの服装!私の方が若い格好だわheart01」と50代の姑につっこまれてしまい、
出鼻をくじかれてしまった。

それ以来、どこに行っても、カジュアルファッション。

親から見れば、30歳はまだまだ若者だし、未熟に見えるから、考えもなくそう言ったのだろうけど、
世間は、「30歳は完全大人」と見てるし、「大人のものごし」を求める。

そんな世間と親の感覚のギャップに戸惑う。

30歳過ぎても、
親から「同等の大人扱い」されることがないのは、どういうことだろう?

.

よくよく考えれば、昔、「30歳=おばさん」だったのは、「20歳=大人」だったからだ。

今の時代では、「20歳」と聞いて成人したのは理解できるけど、「大人」という感覚はない。

しかも、「一人前の大人」とは。

「30歳」でも「大人」というより「若者」だ。

若いという事はいいことだが、そのことで世の中みんな大人になるきっかけを失ってしまった気がする。

周囲の大人も当人も「大人として接する」タイミングがわからなくなったように思う。

大人には大人に対しての礼儀や距離感がある。

「30歳はおばさん」ではなく「30歳は大人への節目」という感覚は今も大事ではないかと思う。

たとえば、家庭や職場で、大の大人の部下や自身の成人した子どもに、
頭ごなしに叱るというのは、しなくなるのではないか?とか・・・。

少し、上下関係、主従関係が密着しすぎるあまり、厳しくなってるように思う。

「陽のあたる教室」という映画があり、内容は学級崩壊したクラスを、学生と見下さず大人として接したら
改善したという感動ストーリーが忘れられない。

と、そんなこと考えるのは、子どももいないこともあって、
親から毎週怒られてる現実があるから。

もう、「相手は成人しても自分の子供だから怒鳴って当たり前」、は、終わりにしてほしい。

はやく、一人前に見られたい。

すでに、中年でもあることだし。

(おわり)

.

おかしいな、軽い話にするつもりが、
AMEMYAの「冷やし中華はじめました」の歌みたいに重い内容が入っちゃったなぁ。

子供の頃の味は一生の思い出

昔、ある有名人が、
「‘子どもにはいいものを食べさせろ’ということで、大とろやフォアグラなど高級なものを
食べさせている」と発言していた。

そういう意味じゃないと思う。

子どもの頃に食べたものが、その人の人生の食の基本になるから、
インスタントばかりではなく、ちゃんとした一般料理を作って食べさせろという意味だと私は思うのだ。

たとえば、変になった例として、

聞いた話①
ある男性は、父親が魚嫌いのため子供時代に食卓に魚が出たことがなく、
そのせいで、食べてみたいにもかかわらず、
いまでも、焼き魚や煮魚、刺身さえも食べられないと言う。

聞いた話②
知人の女性は、オムレツには必ずひき肉が入っているものと思い込み、
シンプルオムレツを作った人にキレた。
母親が、出来合いのものしか食卓に出さなかったためだ。

また、勝手な想像だが、一時、世間で、「変な給食」が問題視されたことがあった。
もしかすると、家庭でちゃんとした食事をしたことがない人が作っていたのではないかと思う。
それより少し前に、「両親が仕事で不在なので出来あいの弁当をチンして食べることが多いので、
‘漬物は暖かいもの’と勘違いしている若者が増えた」とか、
「食事はひとりなので、白飯に牛乳やアイスなどをかけたり、アレンジして食べてる」とか、
「朝昼晩、おかしだけで食事を済ます」という話をテレビで見た。
そういう子たちが、給食で調理にたずさわったら、そういう結果になるかな、と連想する。

.

駄菓子といえば、子どもの頃のなつかしい思い出のひとつ。
どれが好きだったか、地域によって種類が違ったりして、食べたものはひとそれぞれ違う。

駄菓子ではないのかもしれないけど、テレビでよく話題に上がるのは「ハッピーターン」。
せんべいに甘じょっぱい粉がついてて、世間では大人気らしい。
小畑健の漫画「学糾法廷」にもハッピーターンの粉にまつわる話が出てくるほどだ。
そんなにおいしいのかと最近買って、はじめて食べてみたが、私にはそれほどでもなかった。
そもそも、粉っぽい食べ物は好みじゃないせいかもしれないが、
スーパーでレジ打ちをしてたときだって、めだって売れてなかった。
ここの地域では昔は売ってなかったのかも。
駄菓子の味は、なつかしい思い出があってこその味。
大人のなってからの久々に食べた駄菓子ってイマイチな味が多かったりする。
特にヨーグルトの姿をしたヨーグルの味は、
中身はただのショートニングと知ってビックリだったものね。
ヨーグルトじゃないんだよ!?

.

「ビバオール」という棒アイスが子どものころにあった。
三角のいちごクリームアイスの中心にいちごジャムが入っていて、当時1本30円。
クリームアイスの歯ごたえと口どけが品があってよかったのだ。
アイスと言えば、私はこれだったのだけど、大人になって思い出して探したときには、
もうどこにも売っていなかった。
しらず1997年に製造中止になっていたのだ。
2004年に復刻したらしいけど、まだ近辺の店では販売していない。
見かけたら買おうと思うけど、今さら写真をみたらイメージダウン。
形はともかく、色あいは、こんなだったかしら?バニラ入ってなかったっけ?
思い出が美化され過ぎたのかもしれない。
でも、きっと味は変わらず、おいしいはずだよ。

Photo

ねこつぶ(シロの肉球治る①)

今年、2016年3月1日時、シロの左手の肉球がひどいことになっていた。

形質細胞性皮膚炎。

原因不明、これといった治療法なし、自然に治ることもある、とか・・・。

Photo シロの左手。

最初の頃は病院へ連れて行ったりしてたが、注射は毎回2本だったりで金額が高い。

シロは、我が家の常連ねこだけど、もともとボディタッチはさせてくれない子で、
しだいに、捕まえることができなくなり、病気放置することになってしまったのだった・・・。

Cimg6012 病院での治療のシロ。

✿~~☆~~✿~~☆~~✿

2016年8月31日。

ふと見たら、シロの左手の傷がなくなり、きれいな肉球になっていた。

自然治癒したのだsign03

1


2


3


4

ちびが、シロの肉球を見にやってきました。


(つづく)

2016年9月 7日 (水)

ねこつぶ(シロの肉球治る②)

シロの肉球の病気が良くなったと言うので、ちびが見に来ました。

5


6


7 ※魔法の天使クリーミィマミOP「デリケートに好きして」の歌詞


8


9


10


(おわり)

2016年9月 8日 (木)

ねこつぶ(キス&クライ)

2016年7月15日。

※「キス&クライ」
フィギュアスケートの競技終了後の選手とコーチが結果を待つ席のこと。

2 ちびとくびわ


3


4


5


6


(おわり)

2016年9月 9日 (金)

ねこつぶ(マリアの猫草①)

2016年8月20日。

マリアは、毎日、草を食べます。 (吐き戻しはしません)

市販の猫草は食べず、野草の猫じゃらしの草(エノコログサ)が大好物です。

1


2


3


4 ※えん麦=市販の猫草


5


6

何が、思いついたのかな?


(つづく)

2016年9月10日 (土)

ねこつぶ(マリアの猫草②)

聞き覚えがある謎の音に、マリアはようやく思い出しました。

7


8


9


10


11


12

エノコログサは、漢字で「狗尾草」。

「犬の尾っぽ」という意味だけど、
日本犬の尾っぽには似てても、外国の犬の尾っぽには当てはまらなさそう。

だから、英名は、「green bristle grass (緑の剛毛の葉)」だって。

「秋のエノコログサ」(エノコログサより背が高く1mもある)は、
英名「foxtail grass (キツネの尾の葉)」というそうだ。

フサフサしてる尾っぽと言えば、外国ではキツネになるのかな?


(おわり)

2016年9月11日 (日)

テレビ番組は誰のため?

70代の母が、「今日はテレビで見るものがないから、夜つまんない」と言った。

母は一人暮らし。
趣味は、スーパーでの買い物と友達とのおしゃべりだから、
夜はテレビ見ることしか楽しみがないのだった。

本を読むにも、部屋は昼間ほどの明るさがないため字は見えず、
パソコンもないし、BSやスカパーなどもないから、楽しみは唯一の地上波のテレビが頼りなのだった。

母のような境遇の人は、めずらしくなく、独居老人が増えた今、多いと思う。

話す相手がいないからテレビを見る。ひとりでさみしいからテレビをつける。

だが、テレビをつけると、何がおもしろいのか分からないものばかり。

何もすることがないなんて、想像しただけでも、夜が長く感じられて、なんとつらいことだろう。

.

やや若い私でさえも、見るものがない曜日がある。

夜の7時から12時まで、全チャンネル、ひとつも見たいものがないときがある。

でも、そういう時は、ため込んでいた録画番組を見たり、パソコンで遊んだり、
いろいろやることがあり、忙しくしてるので、
むしろかえって「見る番組が無くて、よかった」と思うことさえあるので、私はそれほど困らない。
.

ただ、こんなにたくさんチャンネルがあるのに、
なぜ「見たい番組がない」ということが起こるのかというと、
それはテレビ番組の配置が、かたよっているからにほかならない。

テレビ局は、なぜか似たような番組を裏番組にぶつけて対抗させている。

分散させてくれれば、両方見ることが出来るのに、
同時間では、片方をあきらめなければならなくなる。

興味あるものはいくらでも見たい視聴者の気持ちは、すっかり置いてきぼりだ。

なので、見たい番組は、同じ日にまとまっていることが多いので、
ほかの曜日のテレビがつまらなくて、テレビをつけることさえしない日があるのだった。

テレビをつけることにより、その前後の番組に興味がわいて、おもわず見てしまうこともあるのに、
ひとつも見たい番組がないと、そいうことがおこらない。

テレビは、視聴者の減少をくい止めたいのではないの?

.

10月から、日曜日の7時のテレビ番組が、
テレビ朝日「アメトーク」、TBS「タレント名鑑」、テレビ東京「もやサマ」、日本テレビ「鉄腕ダッシュ」になるそうだ。

どれも、好きな番組なのに、全部見れそうにない。

これってひどすぎない?

人気番組を終結させるなんて!

いまの時代は、録画で視聴だから、リアル時間での視聴率競争は意味ないよ。

飛び交う、火の粉

‘自分で通報しなかった’

ということが、世の中の男性の腑に落ちないことらしい。

私も同じ立場だったら、自分で通報しないと思う。

パニックって混乱して、ふだん頼りにしている相手に、まず電話。

あわてふためいて、説明が支離滅裂になってる私の代わりに、その人が通報してくれるのではなかろうか?

実際、急病だとか火事だとかの時に、パニックって消防署の119が浮かばなくなる話は、よく聞く。

また、強姦被害を訴えると警察や周囲は必ずと言っていいほど、
「あなたが、誤解をまねく思わせぶりな態度や服装をしてたんじゃないの?」と、
女性側にも非があるようなことを言われてしまうものだ。

深く傷ついているのに、心が折れてしまうよ。

女性だけでは、なめられてしまうから、男性の味方は必要不可欠だ。

だが、そのことで世間から美人局(つつもたせ)と非難されてしまうとは!

その通報してくれた男性が、夫ではなかったから?

夫が頼りにならない場合もあるし、独身女性の場合どうしたらいいのだろう?

40代だから強くて、ひとりでなんでもできる人ばかりじゃない。

たとえば、芸人のいとうあさこさんは、46歳だけど、ひとりで解決できるようには見えないなぁ。(←失礼か)

示談金のことも、被害女性バッシングになってるようだ。

仕事が出来ない状態になってるわけだし、おそらく自宅も誹謗中傷の標的になってしまって住めなくなっているかもしれない。

この事件のせいで、今の職場を辞めざるおえなくなることもありうる。

現在から未来にわたる収入に対する弁償は、もらって当然だと思う。

もし、この先5年間失業してしまったとしたら、年200万円の給料だった場合、
自分で稼げたはずの1000万円を失うということ。示談金で儲かるかんじではない。

私には示談は、「一刻もはやく、この現状から抜け出て、いつもの生活を取り戻したい」だけなのだと思う。

美人局?

ふつう、自分の職場で、見つかったらクビになりそうな、そんなリスクの高い行動はとらないと思うし、
仕事モードの時の女性は、そんなこと出来る気分にはならないと思う。

出来るとしたら、たぶん相手は、恋人か不倫相手だったり、
はたは、過去に美人局の経験者じゃなかろうか。

しかも40代で簡単に若い男を落とせるなら、世の中の女性が婚活で苦労してないよ。

世の中の、特に男性にはなぜか、
昔から根本的なところで「女性のほうが悪人」というイメージがあるように思う。

真実は、当事者しかわからない。

報道されてる女性の対応に、私は違和感を感じないし、
私も同じ行動するだろうと思う。

だが、私から見れば、ふつうに思える行動が、なぜか世間からバッシングを受けている。

まるで元被害者が、狂言したかのようにおもわれている。

加害者と言われる男の普段の行動がかなり問題であっても、
女性側がすべて悪いと世間で騒がれてしまっている。

自分が同じ立場だったら、こんなことになってしまう結末を連想して恐怖に思う。

真実は当事者しかわからないし決着したのだから、もう周囲がどちらが悪いか追及することではない。

この先の、同じようなことが自分にふりかかった時のために、参考としてそれぞれ考えるだけだ。

もし、大切にしている女性が心の助けを求めてきた場合、
あなたは、代わりに立ち上がろうとは、思わないの?

.

PS:

虐待やDVでも、被害者というものは、おおごとにしたくなくて我慢してしまう傾向がある。
通報すべきかどうかは、周囲のほうがちゃんとした判断ができるものだ。
つまり、ふつうの生き方を取り戻すためには、他の人の手助けが必要ということ。

追記:

なぜ自分で通報しなかったのか、の理由に、もう一つこういう憶測がないだろうか。

『顔見知りの相手からの強姦は通報しにくい』といったようなこと。

日頃恨んだり憎んでたりしないかぎり、知り合いを即座に警察につき出すことは横暴に感じる。

悪意の強姦かたわむれ(悪ふざけ)か、想いを押さえきれずそういう行動に走ってしまったのか、
強姦の理由もそれぞれ。

酒の場でのまちがいもあるだろう。

妊娠したのでしぶしぶ強姦相手(知人)と結婚したという女性の話も聞いたことありますしね。

強姦相手が知り合いだった場合、「まず警察」ではなく、「話し合い」か「泣き寝入り」が普通ではないだろうか?

つまり相手が知り合いだと「これって、・・・犯罪だよね?」と思いはするものの、
警察に突き出すのも違う気がするから、他の人の意見を聞く(または、だんまり)
という流れになる。

まったく知らない相手ならば即警察なのだが、
この事件の場合、相手が有名人だったため、迷いが出たのでは?
と、私は思うのだ。

ねこつぶ(いそぎ雨やどり)

2016年9月7日。

下の白の子、とっちゃん。

2


4


5


(おわり)

2016年9月12日 (月)

常陸那珂港に飛鳥Ⅱがくる

2016年9月10日(土)

国内最大の豪華客船「飛鳥Ⅱ」が来るというので、見に行った。

情報入手が締め切り後だったので、残念ながら船内見学はできない。

それでも外側を見るだけでも価値はあるだろう。

といいつつ、先着300名までのオリジナルグッズを目指して出発。

ふだん一般人が入れない場所に会場はあるのだ。

1 ふだん入れない場所。

7時50分に着き、残りあと5名というところで、ぎりぎりオリジナルグッズをゲット。

少し楽しみにしていたクルーズ船での無料の海上湾内見学ツアーは、すでに完売(?)していて、
陸上バス見学ツアーは11時以降のものが残っていたが、時間的に無理だったのでやらなかった。

・・・何しに来たんだろう、遅く来た自分にがっかり。

とりあえず、展示してある重機を見る。

2日立建機


3コマツ重機3台


重機がうまく写真に納まらないなぁ。まぶしくてカメラの液晶画面が見えない。

4

なんかためし乗り出来るようなので、重機に乗ってみる。

5

写真を撮るサービスもあった。久々に写真写りがいい。

6 ご満悦♡

会場。

7

とりあえず、運転席の写真。

8

重機のうしろ姿。

9

日立建機 EX-5600の運転席だってさ。
子どもばかりが入っていたから、ちょっと試乗できなかった。・・・ま、いいか。

10

EX-5600のえびのはさみ・・・じゃなくバケット(大)

11


なんか高い高いされてた。平衡感覚ないので乗らない。

12

ようやく、はるかかなたに、飛鳥Ⅱの姿が。

13


小型船に誘導されて港に。

14


乗客もお出迎えも、手を振るのが、マナーらしい。

15


佐和高校吹奏楽部による演奏。

16


地面に並べた「ようこそ 那珂湊港へ」の紙を、見学者に持たせることにした瞬間の写真。
さりげなく、場所を離れる・・・。

17


「手を振って!」と係の人が見学者に指示していたが、
ぱらぱらとしか船の客が降りてこないので、みんな手を振れないでいた。

18


左を見たら、変なところから手が出てた。

19


ど、奴隷・・・?・・・まさか!?

20


と、本気で思ったわけではないけど(笑)。

しばらくして、その場所から、船に水を入れてんだか抜いてんだがしてた。

21


消防用のようなホースがつながれている。・・・どうでもいい話だが。

22


売店の笠間焼

23


日立建機のグッズ販売。

24


コマツのグッズ販売。
25


いつのまにやら、船上に旗がなびいていた。
26


先着300名のオリジナルグッズ。 ファイル1枚。

27 袋と裏。表。

ほんとに外側だけ見に行ったことになっちゃったよ。
ブログネタにならず。お粗末。

カメラのピントが合ってなくて、そろそろ買い替え時だな。まだ2年しか使ってないのに・・・。

ねこつぶ(オッドのドーナツ①)

2016年8月28日。

つつじのところにオッドの姿。

1


2


3


4


5

Photo_3 チュロスまたはチュロ、写真はウィキから。



(つづく) だらだらと全5話。

2016年9月13日 (火)

ねこつぶ(オッドのドーナツ②)

6Photo_2


7


8


9

10


11


(つづく)

2016年9月14日 (水)

ねこつぶ(オッドのドーナツ③)

12


13


14


15


16


17


(つづく)

2016年9月15日 (木)

ねこつぶ(オッドのドーナツ④)

18


19


20


21


22


23


(つづく)

2016年9月16日 (金)

ねこつぶ(オッドのドーナツ⑤)

24


25


26

後日。

27


28


(おわり)

2016年9月17日 (土)

ねこつぶ(ちびの護身術)

2016年9月10日

ちびが護身術を教えてくれるそうです。

1


2


3


(おわり)

2016年9月18日 (日)

ねこつぶ(お空がゴロゴロ①)

2016年9月7日

オッドとブルー兄妹。

1_2


2_2


3_2


4


5


6


7


8

次回、カミナリの原因があきらかに!


(つづく)

2016年9月19日 (月)

ねこつぶ(お空がゴロゴロ②)

カミナリが嫌いだというオッドの会話を、シロは立ち聞きしたのでした。

9


10


11


12


13


14


15


(おわり)

2016年9月20日 (火)

ねこつぶ(セレブな気分①)

2016年7月12日。

くびわがちびにマッサージしてもらってるのを見て、シロも頼むことにしました。

1


2


3


4


5


6

※セレブとは、本来「有名人」という意味だけど、
  日本では「富裕層」の意味あいが一般的なので、そのように使いました。

(つづく) 全2話。

2016年9月21日 (水)

ねこつぶ(セレブな気分②)

セレブにあこがれるシロは、ペティキュアをしたと告白しました。

7


8


9


10


11


12


(おわり)

2016年9月22日 (木)

ねこつぶ(モヌケノカラ)

2014年2月18日。

飼い猫のアリスが、腎臓病治療で病院に来ています。

1


2
※ススワタリ 黒く丸い毛玉のような実体。(千と千尋の神隠しやとなりのトトロに登場)

3


4


5


6


7

この時点では、まだ標準体重でした。

----今は亡きアリスの未使用写真から-----

(おわり)

2016年9月23日 (金)

ねこつぶ(うりふたつ①)

2016年9月9日。

野良猫マロが、驚いたように何かを見ていました。

1


2


3


4


(つづく)

2016年9月24日 (土)

ねこつぶ(うりふたつ②)

マロは、自分とそっくりなネコに一瞬、驚きましたが、
他人のそら似と思い、去っていきました。

5


6


7

8


9


(おわり)

2016年9月25日 (日)

ねこつぶ(スポックな前髪)

2016年8月27日。

とっちゃんが何かを見ておびえていました。

1_2 ごみ屋敷に住む猫ら。


2_2


3_2 ブルー登場。


4_2


5_2


Photo

出来がイマイチ・・・。

.

Photo_2 
スタートレックに登場する、バルカン星人のミスター・スポック 
前髪が特徴的。

・・・・・・一度もこの映画見たことないけど・・・。

(おわり)

2016年9月26日 (月)

ねこつぶ(永遠の友情①)

2016年9月7日

野良猫くびわに、呼び止められた。

1


2

3


4

なにかしら?

(つづく) 全3話。

2016年9月27日 (火)

ねこつぶ(永遠の友情②)

くびわに言われたまま手を出すと・・・。

5


6


7


8


9


10


(つづく)

2016年9月28日 (水)

ねこつぶ(永遠の友情③)

11

12


13


14


15 舌がでてるのねheart01


16

(おわり)

2016年9月29日 (木)

ねこつぶ(記念写真)

2016年9月12日。

シロとちびがカメラを前にポーズをとっていました。

1


2


3


4


5


6


7

写真をプレゼントしたかったんだね。


(おわり)

2016年9月30日 (金)

ねこつぶ(無謀なチャレンジ)

2016年9月11日。

ベンチの下に、ブルーがいました。

1_2


2_2 ※とっちゃん


3_2

※(ねこつぶ:とっちゃんの雨宿り)http://kamokujin.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-475d.html

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »