フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(本番と同じに) | トップページ | ねこつぶ(ものたりないの) »

2016年12月 4日 (日)

手が疲れる

利き手の右手の腱鞘炎が治らない。

ささいな動作で腕が疲れたなと思った次の日には、
ふりだしの頃の激痛に戻ってしまう。

家事は、つかんで離すのくりかえしだから、手は休めない。

というか、数分、ペンやマウスを持っただけで悪化ってかんじ。

なるべく左手で書いたり、ペンタブで代用してるのだけど、完全にはいかないから、ダメだね。

いろいろやりたいことがあるのに、困ったもんだ。

.

2週間前に、腱鞘炎を治そうと整形外科に行った時のこと、
検査のために、握力検査を受けた。

学校の体力測定でやったあれですよ。

右手‘にぎ~’、左手‘にぎ~’。

看護婦さんが「あら?左手が利き手ですか?」と驚いた顔で聞いてきた。

「いいえ、利き手は右手です」と答えたが、なんだろう?

右手、20㎏、左手21㎏・・・。

バカちからだったか?とおもいきや、ネットで調べたら成人女性の平均握力は30㎏だって。

私の握力、12歳並みだったよ。70代の女性よりないって・・・。

学校で体力測定は何度もあったけど、
平均とどのくらい差があるのかは教えてもらったことなかったので、
こんなに低いとは思わなかった。

当時も思ってたけど、平均を知っていたらば、「次回はもっとがんばろう」などと、
努力できただろうにと思ってしまう。

.

じつは、もの心ついたころから、字を書くのがおっくうでしかたなかった。

一文字一文字区切って書くのがしんどかったのだ。

みみず文字のようにすらすら力をかけず書ければいいのにといつも思っていた。

きっとこれは、この握力がないことが原因だったのかも。

小学校高学年の時は、漢字の練習の宿題も、1ページ書ききるのに30分かかっていた。

姉は5分で終わらせてたが、私は字が早く書けないので、1ページ書き終えたときには、
星飛雄馬の場面のように「腕が~~!!」の気分になっていた。

英語の筆記体を知った時には、感動を覚えたよ。

私が待っていたのは「これこれ!」ってね。

.

年末の年賀状の季節になると、毎年「宛名も手書きで書こう」という新聞投書をみかけるけど、
こういった理由から、嫌な気持ちになるんだな。

自分の腕の力が弱いのがいけないのだけど・・・。

« ねこつぶ(本番と同じに) | トップページ | ねこつぶ(ものたりないの) »

エッセイ」カテゴリの記事