フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(見張り番) | トップページ | ねこつぶ(イライラしちゃう) »

2017年2月 4日 (土)

お前、このところ変だよ

ツレのよさは、「記憶力」と「博識」だが、最近、その性能があやしい。

私はふだんから物事の名前を適当にしか覚えないので、
ここぞという時に名称などがでてこないのだが、
こういうとき、いつもツレが頼りになってた。

ヒントとして、私がサイコメトラーのように頭に浮かんだ断片的なものを言えば、
ツレはそれを頭の中でパズルのように組み合わせて、答えに導くことが出来たのだ。

それが、去年あたりから特に、ツレは、いくらヒントを出しても答えにたどり着けず、
しかも、ほとんど正解に近いというものであっても、ツレはわからない。

仕事が今忙しいときだから、脳が立て込んでいるのかな?

まさか、若年◯痴ほう症のはじまりじゃないよね?

先週、ツレがズボンを買いたいと言ってきた。

数日後、再びツレがズボンを買いたいというので、
「あぁ、白いスラックス買いたいって言ってたっけね。‘白って・・・(笑)’って思ったけど」
と答えたら、

「白?俺、そんなの言ってないよ」

「あら、そうだった?、ま、茶系のやつを買うつもりなんでしょ?」
と家にあるスラックスは茶色ばかりだったなぁと思いかえしつつ答えたのだが、

「茶色????」とすごい疑問顔。

私はあわてて「(ズボンって)スラックスのことだよね?」と言い直したが、

「スラックス?茶色?」

「茶色はもういいから、スラックスを買いに行きたいんでしょ?」

「スラックス?」

「いやいやいや・・・もうそうれはいいから、ジーンズじゃないのを買うんでしょ?」

と言い換えたらようやく、

「そうだよ」という返事がきたのだった。

あ~~、どうでもいい話にすごい時間と労力を使った・・・。

気持がもやもやしたので、後になってツレのタンスを確認したら、
なんと、茶色のスラックスひとつもなかった。

グレーとベージュ・・・。

ベージュが茶色の記憶に代わっちゃったのかな?

そもそも、1年に一度履くかどうかのスラックスの色なんか覚えてないよ。自分のじゃないし。

それにしても、「スラックス」で、わかってもらえないもの?

別の日に、「ひらき・・・あいり、みたいな名前」のヒントで分からず、
「カンナ役の」で、ようやくツレは答えにたどり着いた。

「平 愛梨 (たいら あいり)」・・・「平木 愛梨」。 

ヒントはほぼ答えだった思うんだけど、
ツレのヒントのストライクゾーンが狭まったなぁって思う。

去年までの3年間愛用してた冬のコートの存在もすっかり忘れてしまってたし、
外出時にだらしないファッションしたり、ツレの脳がやばいかんじ。

お出かけの時の準備は女性である私の方がいろいろ忙しいのだけど、
これからはツレの身だしなみにも目を配らないといけないのかなぁ、って気が重い。

.

このところのツレの頭の中は、仕事と趣味の「艦これ」ゲームでいっぱいで、
余裕がないからなのか、私が雑談でも話しかけようものなら、口げんかになる。

イライラしながら、私の話す内容や話し方にいちゃもんをつけてくるのだ。

男性能、女性能の違いからか、意見はいつも平行線になってわかりあうことはほとんどない。

先日見たテレビの「海苔好きなイギリス在住のイギリス男性」の話をしたところ、
「なぜ、日本のテレビでとりあげられることになったのか?」ばかりをこだわって知りたがり、

「最初の5分は見逃したからわからない。SNSじゃない?
ギネスもSNSから挑戦者を探すそうだから」と私が答えれば、

「ギネスは、登録料とれるからな。必死になるよ」とひねくれた意見をいう。

なんだかんだで、口げんかに発展して、過去のことまで掘り返してさらにケンカは悪化。

記憶力がいいツレは、「先週のことだって、お前は覚えてないじゃないか!」と怒鳴りはじめる。

「必要だと思うものは人それぞれだから、あなたが大事だと思っておぼえてることが、
私には大事じゃなくて覚えてないだけなことを、『忘れてる』ってあなたは思ってるだけなのよ。
私が覚えてて、あなたが覚えてないことって、たまにあるじゃない。
忘れてるんじゃない。記憶にとどめるところがちがうだけ。」

と私は持論をかえしたりした。

30分の口ケンカのあげく、締めくくりにツレはこんな言葉を言った。

「お前、このところ変だぞ。言わなかったけど」

‘えぇ!?変なのは、私のほう???’

自分が変わり者なのは自覚しているが、気が変なわけじゃない。

だけど、時々ツレは、「大丈夫か?お前」みたいな、さぐりを入れた顔をするときがある。

自分の異常は、きっと、自分では気が付かないものかもしれない。

じつは、「このごろ変」なのは、ツレのほうではなく、私のほうだった・・・!? まさか・・・。

ふと、「世にも奇妙な物語」のタイトルが脳裏に浮かんで見えた。

.

« ねこつぶ(見張り番) | トップページ | ねこつぶ(イライラしちゃう) »

つぶやき」カテゴリの記事