フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(悪魔の人形②) | トップページ | ねこつぶ(鳥の奪い合い) »

2017年2月11日 (土)

義弟の再婚祝いの食事会

Cimg1863


今週のこと、
義弟が昨年再婚して、今回初めて、九州に住むお嫁さんのご両親が、
観光がてら、義弟の生まれ育った地を見にきた。

お嫁さんは、義弟より20歳ほど年下なので、ご両親の年齢はなんと、
ツレとたった4歳しか違わない。

向こうのほうが、ぎりぎり年上だったが、ほぼ、うちらと同年代というわけで、
私とツレはちょっと複雑な気持ちになった。

Cimg1841 5000円のコース。

歓迎の食事会は、郷土料理が食べられる名店で行われた。

人数はたった8人だったのだが、店の都合上、テーブルは2つにわかれ、
義父母と義弟とお嫁さん、私たちとお嫁さんのご両親、という組み合わせになった。

「ご両親」と年齢が近いとはいえ、相手は「親」で、うちらには子供がいない「ただのカップル」のようなものだから、
どう対応したらいいの双方かわからなくて、きまずい表情はかくしきれなかった。

ただでさえ、バブルを経験した世代と、そうでない世代は、
どことなく価値観が違うから、なおさらだろう。

だが、相手の両親が釣りが趣味ということで、なんとかその話で盛り上がることができた。

Cimg1843

九州では、素人でも大きな魚がよく釣れるそうで、大物を釣り上げたときの写真を見せてくた。

同じ魚でも、九州と関東では名称が違うため、「どう言ったら伝わるのか」といった、
いくぶんクイズみたいになり、少しおもしろかった。

なんだか海外に住んでる人と話してるみたいに思えた。

事実、ときどき出る方言のせいで、旦那さんの話す内容の6分の1は、何を言ってるか分からなかった。

Cimg1842

食文化も九州と関東は違い、
九州はうどん屋ばかりなのに、こちらは見かけない蕎麦屋がたくさんあると驚かれた。

また、はんぺんは九州ではコンビニのおでん以外で見かけない、などと言う。

なので、ツレが「はんぺんにチーズはさんで焼くとおいしいのに(おいしさを知らないなんてもったいない)」
と説明したので、私も、
「おせちにある伊達巻も、(白身魚の代わりに)はんぺんを使って作ったりするんですよ」
と、言い足したら、
九州メンバーの頭のうえに「?」マークが浮かんでしまった。

Cimg1844

おや?なにが疑問だったのだろう?

理由を聞きそびれてしまったが、
『伊達巻には、すり身魚が使われてることを知らなかったのか』または、
『私の声が聞き取れにくかったのか』『九州には伊達巻がないのか』の、どれかだろう。

後でネットで調べたら、なんとこちらでは正月しか見かけない伊達巻が、
九州では年中あるらしい。

伊達巻を手作りする発想がなかったのかも。

それにしても、あのおかずにもならない甘いスポンジケーキのような伊達巻が年中あるとは、
さすが、カステラの町だ。

Cimg1850
.

疑問顔といえば、義弟が「兄より俺の方が身長が高い」と自慢げに話していたので、
私が「一般的に下の方が身長が高いんですよ。」と口を挟んだら、
九州メンバーにきょとん顔されてしまった。

私だけの思い込みだったか?

でも、実際に、私の周りのいとこや芸能人をみても、
『同性の2人姉妹、兄弟』の場合、下の子の方が身長が数㎝高い。

あくまでも『、同性同士の、長子と2番目の子の話』で、『2番目と3番目』、『3番目と4番目』は、
どうなのかは知らない。そもそも子だくさんが身近にいないから。

あと、私が子どものころから疑問に思っているものがもう一つあって、
『なぜ(長子の)長女は、勉学優秀なのに、学校を出るとすぐ結婚して専業主婦になったりして、
社会に出なくなる人が多いんだろう?』というのがある。

偏見かもしれないが、同じくまわりにそういう人が多く見受けられる。

誰か、これらを究明してほしい、と思う。

Cimg1852.

食事会のコースに、あんこう鍋がでた。

大きなホイルカップに、魚のあんこうと野菜がこんもり入れられてあった。

昔の卓上鍋といったら、きまって平らな鉄なべだったように思うが、
いつのまにこんな洒落たものになったのだろう。

発明した人は、すごいと思う。

これは沸騰してもぜんぜん吹きこぼれない。

が、しかし、欠点があって、大きいというのは煮立つまで時間がかかるということ。

「しめは雑炊で、どうぞ」と店員は言ったのだが、
固形燃料が消える30分の間に、誰も雑炊にたどりつけなかった。

魚に火が通るまで時間がかかり、
ようやく具材を食べ終えたころに固形燃料がつきてしまったのだ。

「これ、どうするの?」と心配したところ、
店員が半分に切った固形燃料を追加してくれて、
みんなは雑炊を作って食べることが出来たのだった。

さて、この時点でだれもが満腹になり、「デザートが入らない」とみなさん困って、
デザートの入った器をゆずり合いしはじめた。

「よかったら、食べて♡」

Cimg1857 デザート

4人分が、私のところに・・・うぅ~苦しい。

アイスクリームだったら、よかったのに・・・。

Cimg1856

コース料理ではないが、メニューで見かけた「徳川珈琲」を頼んでみた。

普通のコーヒーだった。

徳川将軍(?)が飲んだといわれるコーヒーはこれだと思ったのだが、違ったのかな?

勝手に、すこしすっぱいイメージしてた。

1杯500円。

Cimg1866

九州からのみやげをもらった。

あいかわらず、うちらがあげたものより、どことなく、おしゃれ感。

むむむ、次回はもっと、こちらも負けじといいものをあげないと。

それにしても、郷土みやげって、なにがあっただろう?難しい・・・。

« ねこつぶ(悪魔の人形②) | トップページ | ねこつぶ(鳥の奪い合い) »

エッセイ」カテゴリの記事