フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(寝てたんじゃない?) | トップページ | ねこつぶ(自慢の娘①) »

2017年4月21日 (金)

あ~ぁ、勘違いされたな・・・

ツレの仕事が、日勤と夜勤の交互のシフトなので、
それに合わせて、私の日常生活行動も変化させている。

たとえば、夜勤の場合、ツレが昼間に睡眠に入るため、
洗濯機は夜まわし、洗濯物を夜干す、というやり方に。

食事も、夜勤から戻った朝が「夕食メニュー」になるので、
朝早めに起きて、しっかりしたおかずを準備となる。

そのぶん、夜は、朝食のような軽めのメニューになるので家事は軽くなるが、
日常のペースが不規則というのは、全体的に慣れるまでが、しんどいのだった。

自分の自由時間をどの時間に持っていくかも難しい。

時間のやりくりを考えた結果、二度手間にならないのは
やっぱり、睡眠は別として、ツレのシフトに私もあわせるというのが、
節約面でも、妥当だと思い到った。

風呂の話になるが、夜勤の日だと、帰宅は朝になるので、朝にわかすことになる。

なので、夏の汗ばむ季節以外は、私も、朝にお風呂に入ることにしてるのだった。

冬場は、沸くまで時間がかかるので、これだとガス代節約になるのだ。

多少、無精にも思えるし、
はじめのころは、お風呂入らずに布団に入るのは気分が悪かったが、
顔と手足を洗えば、風呂に入った錯覚になり、ちゃんと眠れるのだった。

ま、私がいま専業主婦なので、合わせられることであって、
働き出したら、それはそれで変えるけどね・・・。

.

そんな夜勤の朝、ふだん通り、ツレが風呂から出たので、私も続けて風呂に入り、
そして出たときには、驚いたことに、午前の11時になってしまっていた。

いつもは9時半ごろなのだが、食後に二人、いつもよりのんびりと録画など見てたから、
時間がずれこんでしまったのだ。

『こんな時に、来客が来たら大変だ』と思った、その直後、なんと玄関チャイムが鳴ってしまった。

最近、配達物がよく来るので、湯上りのパジャマ姿で、
おそるおそるドアの隙間から外をのぞいてみた。

すると、20代前半と思われる若者が立ってて、よくよく聞けば、新聞の更新に来たという。

『そういえば、新聞の契約期限が迫って来てたし・・・、あ、でも、この格好では出られないしなぁ・・・、
ん~、化粧もしてないし・・・いまからスーパーのパンの値引きが始まるから出かけたいし・・・』

瞬時に、いろいろなことが私の頭の中でめぐらし、悩んだあげく、
「いま、取り込んでいるので、あとで・・・」
という言葉をしぼり出した。

ドアを閉めたと同時に、「取り込んでる」という言い回しが、不適切だったように思えてきた。

「取り込んでいる」・・・卑猥な意味にもとれなくもない・・・か?

【取り込む】
意味③:用事が重なって多忙である。  広辞苑より

使い方としては間違ってない思うのだが、問題は、シチュエーションである。

風呂上がりのホコホコな体で、昼の11時にまだパジャマという状況、
しかも「取り込んでる」って・・・・、これ、完全に、誤解されたよ。down

「今から出かけるから」という言い方をすればよかったのだ。

そうすれば、大事な用事の前に朝シャンは変じゃないし、パジャマも室内着として違和感なかっただろう。

あぁ、恥ずかしい。

考えすぎかな?

.

20年ほど前のこと。

そのとき配送の仕事をしてたのだが、
とある個人の家に配達に行ったが、いくらベルを押しても住民が出てこなかった。

地方特有の大きな一戸建の広い中庭には2台の車が停められてあった。

音はしないが、人がいる気がしたので、玄関の隙間から声をかけ続けてたら、
ようやく奥から一人の若い男が現れたのだった。

トランクスだけのほぼ裸の姿。

近づいた彼の体からはホコホコと熱気が漂って来た。

男は私に目線を合わせず、つぶやくように「あぁ、家のだね」と住所を確認すると、
はんこを押してくれたのだった。

‘もしや、最中に来ちゃったかな・・・?’

私は、そのとき、そう思った・・・。

というようなことを、今回の新聞の勧誘の若者も私に対して感じたのではないか、
と思い、私はひとり赤面しながらへこんでしまった。

(おわり)

« ねこつぶ(寝てたんじゃない?) | トップページ | ねこつぶ(自慢の娘①) »

エッセイ」カテゴリの記事