フォト
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ねこつぶ(オオカミ少年④) | トップページ | ねこつぶ(初エノコログサ①) »

2017年6月 5日 (月)

コマツフェア 2017

2017年6月4日。 「コマツ(10周年)茨城工場フェア」へ行ってきた。

会場へ8時50分に到着。駐車場はまだガラガラ。私たちは100人目くらい。
しかし開門待つ人たちで、入口ごったがえす。まるで、市民マラソンのスタートを待つかのよう。

が、しかし、ベビーカーを持った子供連れがほとんど。日本は少子化じゃなかったっけ?

1

9時45分。入口を通る時に試乗の抽選券をもらう。

毎年の大人気なイベントらしいが、試乗12時半からって・・・。
順番待ちしてたら2時にまでなりそう。

33

↑乗らなくてもいいかな、と券はもらったものの抽選には参加せず。

.

2

コマツは建築機械の会社。

.

3

試乗は出来るが、乗り込んでる大人見かけないなぁ。

Ma

日立建機フェアのときは大人いたけど、ここは子どもばっかだ。

今回は、体験せず、外から眺めるだけにした。

8

↑バカでかいタイヤ。

.

9

パトカーの運転席に座ることも体験できる。
(ふだんでは、後部座席なら、交通違反をしたときに座ることはあるけどね・・・sweat02

10

警察のサイドカーつきバイク。 

11

白バイ。

.
工場見学ツアーもできるらしい。

12

整理券配布開始5分で、①②の午前中の部、終了。 ・・・うそsweat02
産業スパイ(←なんてね)になれず・・・。

.

10時45分ごろ。 デモンストレーション。

19

重機で、砂利をすくって、トラックの荷台に載せたり、
砂山を乗り越えたり。

21

↑岩をトラックに落し入れたときは、胸板を叩かれたような衝撃波がきた。

25

この写真の3倍の人だかりがあった。

工事機械車なんて、そんなにめずらいい光景ではないが、大人気。

.

小さなこどもが体験するものがいろいろあって
自分で色を付けた缶バッチを作れるコーナー。

27


29

.

体験バーチャル溶接コーナー。

28

バーチャルで、溶接した気分になれるらしい。

ほかにもなにかしら、キーホルダーなど手作りできるコーナーがあった。
たぶん、料金はかからないのだろう。
子どもがいない私には、はじめて見かけるものばかり。

ひたちなか海浜鉄道のラッピング車に自分のイラストを貼るというものもあったが、
これも小学生向けだった。

全部を体験しようと思ったら、夕方までかかりそう、子どもは楽しいね。

そう、コマツフェアは子どものための祭りだったのだ。

どうりで、子供連れが多かったわけだ。

.
食事、休憩ブース。

13

海のそばだから、ホタテとか牡蠣の焼いたものもあったけど、
フライドポテトにすごい列が出来てた。やっぱり子供が多いからね。

子どもが喜ぶメニューでないと、売れ残っちゃうんじゃない?
(11時半には唐揚げなど値引きが始まってた)

.

なんか着ぐるみがいて、子供らに抱きつかれてた。
身を低くして中の人は大変だな、と見てたら、
後ろのおっさんが、空っぽの着ぐるみを、手で持ち上げたりしてただけだった。

16

.

ずっと気になってた、ここ数年人気のふわふわかき氷が売ってたので買うことにした。
が、初出店なのか、男女3人いながら、もたもたしている。
どうやら、完成した商品をどの客に渡したらいいか、わからなくなってしまうようだ。

私の番になって「キャラメルマキアート」を注文した。
20代と思われる女性は、その下に私の容姿をメモった。

「おばちゃん、青いワイシャツ、めがね」

お、おばちゃん!???

情報が多すぎるから分らなくなるのよ。数字札でも配ったら?

18

35歳過ぎと見える男性が、完成した商品を私に手渡そうとしたが、
私であってるのか不安げな表情をしている。

おもわず「おばちゃん、青いワイシャツ、めがね、は、わたしですよ」と言おうかと思ったが、
言わず、だまって受け取った。

まだまだ、本格おばちゃんになるには未熟だわ。

コマツとは関係ないけど、・・・・だいぶショック。

たしかに、若いとはいえないけどさぁ・・・。

(おわり)




« ねこつぶ(オオカミ少年④) | トップページ | ねこつぶ(初エノコログサ①) »

おでかけ・旅行」カテゴリの記事